傾聴の反射神経を磨くには




傾聴に必要なのは、実は「反射神経」なんです。

そしてその反射神経は正しい方法で、誰でも磨くことが可能です。

生身の人間相手に深いコミュニケーションを取るには、心理学の知識がいくらあっても役に立ちません。

実際に相手の話や態度にこちらがどういう言葉や態度で応じるか。

傾聴やカウンセリングは、その瞬間的な反応の勝負なんです。

そのためにどういう反射神経をどのように磨けば、その瞬間的な反応を常に適切に出来るようになるのか?

以下にわかりやすくまとめてみました。


<目次> 
傾聴の反射神経を磨く王道とは 
傾聴の反射神経の磨き方 


傾聴の反射神経を磨く王道とは 

養成塾では「傾聴には反射神経が必要だ」とお伝えしています。

そして、その反射神経が十分に働く精神状態も。

この精神状態はどうすれば創り出せるのか?

答えは「集中力」なんですね。

つまりクライエントの話に集中するんです。

クライエントに対して自分の神経を全て向けるんです。

スポーツに例えると、とてもわかりやすいんです。

先日、テニスの全米オープンで、日本の大坂なおみ選手が優勝しました。

彼女はセリーナ選手が感情的になって騒然とした会場の中で、一人集中力を切らさず、感情的になりませんでした。

その結果、高度なパフォーマンスを発揮し、彼女が望む最高の結果を手に入れました。

カギは集中を切らさなかったことであり、集中力を持続したことだったといえるでしょう。

深く鋭い集中を維持することで、私たちは高いパフォーマンスを発揮できます。

スポーツもそうですが仕事もそう。

傾聴も例外ではないんですね。

クライエントに対する深く鋭い集中力を生み、それを面接の間、維持する。

それが正確な傾聴と深い共感を生み出します。

つまり、カウンセラーの「精神状態」がカウンセリング成功のカギを握るわけです。

別な言葉ではこの集中状態を「ゾーン」と呼んだり、「フロー」と呼んだりもします。

いずれにしても、こうした「状態」を創り出し、維持すること。

これが傾聴には欠かせないといえます。

そして、この傾聴における集中状態を創り出すために、クライエントの話を「一言半句正確に聞く」という姿勢が必要です。

深い共感を実感するにも、適切は応答を導きだすにも、この「一言半句正確に聞ける」集中状態が、先ず必要になります。

重要なことというのは、こうして説明すると概して簡単な説明になります。

「要は、集中できればいいんでしょ?」って話ですから(笑)

しかし、知ったからといってすぐに出来るわけでは、もちろんありません。

出来ないんですよ、これがなかなか・・・・

だから出来るようになるまで試行錯誤を続けるしかない。

出来るようになるには「出来るようになるまで続ける」しかありません。

そのために応答の問題演習があり、ロールプレイがあり、教育分析があり、逐語検討があるんです。

でも逆にいうと、これを延々と繰り返せば繰り返すほど、聞けるようになり、共感能力も応答能力も磨かれていく。

うん、説明するとやっぱりシンプルになりますね。

シンプルなことをどれだけ続けられるか?

単純なことをどれほど淡々と繰り返していけるか?

正しい方法をいかにブレずに貫いていけるか?

スポーツも仕事も、そして傾聴の反射神経も、大切なことは同じなんですね。 


※「反射神経トレーニングの様子」~傾聴スキルセミナーより~


傾聴の反射神経の磨き方 

ではそもそも、この傾聴の「反射神経」という言葉を、私はどういう意味で使っているのか?

ここで使う「反射神経」は、以下の意味で使用しています。

「無意識に(反射的に)起こる反応」

つまり、考えたり意識しなくても、自然に起こる反応のことです。

傾聴の反射神経とは、話を聞きながら起こる内的な反応のこと。

いちいち考えたり意識しなくても、適切な応答が浮かぶとか、的確な理解が起こるとか、そういう意味で「傾聴の反射神経」と言っています。

カウンセラーは相手の話を聞いたら、即座に何らかの反応を返します。

それはあいづちだったり、うなずきだったり、言葉だったりします。

その態度の一つひとつが、次のクライエントの反応を促すもの。

しかも、カウンセリングが適切な流れになるような反応かどうか?

それがカウンセラーの応答の適切さだといえます。

つまり、カウンセラーのあいづち一つ、うなずき一つ、言葉一つがクライエントに十分に満足されるものであること。

その満足がクライエント自身の洞察を深めたり、気持ちの整理をつけたりするもの。

そういう流れを滞らせずに促進させる応答が、カウンセラーには必要になります。

私が「カウンセラーのたった一言がカウンセリングの流れを変える」という所以です。

その応答の導き出し方のポイントが「反射神経」にあります。

カウンセラーは特に考えたり意識したりせずに、無意識に(自然に)反応(応答)する。

そういう反応(応答)が出来るようになることが必要です。

かつて、私の師であった吉田哲は、応答に関してこう言っていました。

「応答しているときは、何も考えていない」

「勝手に言葉が浮かんでくるが、それがだいたい適切なものだった」

私もはじめは、その師匠の言葉を実感として理解することは出来ませんでした。

しかし、ある時からその言葉を実感として理解できるようになりました。

クライエントに深く集中し、鋭く注意を向け続けていると、そういう感覚が出てきます。

物事なんでもそうですが、上達する際には、皆同じステップを踏みます。

先ず、最初は一生懸命意識してやっても、なかなか上手くできません。

それでも続けて努力していると、意識すると少しできるようになってきます。

さらに努力を続けると、意識するとかなりの確率で出来るようになっていきます。

もっと努力していくと、そのうち意識しなくても上手くできるようになります。

スポーツ技術の習得でも、仕事のスキルアップでも、全て同じです。

最初はどうやっても出来なかったことが、最終的には鼻歌交じりでも勝手にできる。

これが上達(レベルアップ)の階段の上がり方ですね。

傾聴や共感、そして応答も例外ではありません。

このステップを上がっていくことで、最終的には無意識に出来るようになる。

自然な反応としてできるようになっていきます。

自然に最適な理解が生まれ、自然に最適な応答が浮かびます。


クライエントの話を聞いていると、勝手に(自然に)理解と言葉が浮かびます。

その言葉を口にする(応答する)と、クライエントの反応はだいたい良好です。

「そう、その通りです。それで・・・」という具合に、話が進んだり、深まったりします。

この反射神経を、どうしたらカウンセリングを学んでいる人たちに解説できるか?

どうすれば傾聴を勉強する人たちの反射神経を磨くことができるか?

それを今まで試行錯誤し、その指導法を随時バージョンアップしてきました。

そして、反射神経は分解して説明できるし、分解して練習することで、磨くこと(レベルアップ)が可能なのだとわかりました。

かつて師が伝えようとしていた感覚を、私なりに言語化し、分解し、わかりやすくお伝えできるようになりました。

そしてその概念を具体的な指導プログラムに置き換えて、それを受けた人の成果(上達)も出せるようになりました。

クライエントとの対話に臨むには、理論や小手先のテクニックは通用しません。

生身の人間同士の血の通った対話には、常に反射神経が求められます。

それは「心ある反射神経」とか「あたたかい反射神経」などといえます。

そしてこれらは訓練と経験値で獲得できるものです。 


※「応答訓練の様子」~傾聴スキルセミナーより~


カウンセリングや心理学について、さらに情報が欲しいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

>>無料メルマガを読んでみる 
 
メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。
購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。

興味のある方はご購読ください。 

月額2980円(初月無料)のカウンセリングのオンライン講座にて、実践や現場で活用できるノウハウやスキルを公開しています。興味ある方は下記でご覧ください。

https://counselinglife.com/i-phone/?page_id=21248     


<関連記事>
カウンセリングとは(その効果と活用法) 
傾聴とは?実践的な効果技法、練習法
共感的理解とは  
カウンセリングマインドとは(その意味と事例)     


追伸:
傾聴についてさらに皆が知らない真実を、今回一冊のレポート
(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
こういう話は、おそらく他では知り得ないと思います。
本当の意味で、現場で使える傾聴を身につけたい、
そのために必要なことを知っておきたいという方。

無料PDFレポート
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」
~形だけの傾聴から、人と心通わす傾聴へ~  

下記よりそのレポート(サポートメルマガつき)が入手できますので、
読んでみてください。
メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
 

 








 




 



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です