沈黙が怖い、気まずいを解消




「間」や「沈黙」は会話の中で避けたいもの、気まずいもの、怖いものと思われがちです。

ところが、カウンセリングではこの「間」や「沈黙」を活用することで深い自己洞察を可能としていきます。

しかし、ほとんどのカウンセラーはそこまで沈黙を活かす力がついていません。

「間」や「沈黙」を活かせるか、活かせないかがカウンセラーの実力を測る一つの指標といってもいいかもしれません。
 
そこで「間」や「沈黙」の意味や活かし方、対処法を以下にわかりやすく解説します。 


<目次> 
間や沈黙への対処法(カウンセリング編) 
沈黙が怖い?避けたい?いえ、むしろ活用できます 
気まずい沈黙を会話に活かすカウンセリング 


間や沈黙への対処法(カウンセリング編) 

通常の会話では「間」や「沈黙」があると、気まずい雰囲気になりますね。

ですが、カウンセリングでは、この"間"や"沈黙"というのは、実はとても重要なんです。

経験の浅いカウンセラーは、この"間"や"沈黙"が怖くて待てないことが多いようです。

待ちきれなくて、「ところで・・」といって話出してしまったり、ついつい無駄な動きをしがちですね。

ところが、この"間"や"沈黙"を待てるようになると、カウンセリングのスキルが一段も二段もレベルアップしていきます。

以前ブログやメルマガにも書きましたが、この"間"や"沈黙"には、埋める必要のあるものと、待つ必要のあるものがあります。

どちらの種類のものかは、そこまでのカウンセリングの流れや、クライエントとのやり取りを正確におさえられればわかります。

特に、黙って自己洞察をしたり、そこまで話した内容から先を辿り始めたり、自分の内面を表す言葉を探しているような"間"や"沈黙"は待つべきです。

そこを粘り強く待っていると、クライエントの話が新たな展開を見せることが意外と多いんですね。

ただ、あまりに長い沈黙によって、クライエントを緊張させたり、気持ちを頑なにさせてしまってもいけません。

そういう場合は、こちらからちょっと動いてみます。

例えば、沈黙しているクライエントの内面を言葉にしてみます。

「なにか、言葉にするのが難しい感じですか?」
「何を話せばいいか、ちょっと困っちゃってる?」

あるいは、そこまでの話をもう一度簡潔に整理する。

「つまり、人間関係、中でも職場の上司の方との関係が思うように築けないのですね」

まあ、他にもいろいろ対応の仕方はありますが、こちらからこうした働きかけをして、クライエントの反応をみます。

いずれにしても、黙っているクライエントに対する「理解」が深ければ深いほど、カウンセラーも、適切な動き方ができるわけです。

こうしたことは、臨床実践の経験を積んだり、適切な指導者から学習することで、わかるようになります。
 

沈黙が怖い?避けたい?いえ、むしろ活用できます 

経験の浅いカウンセラーが最初に直面する課題があります。

それは「沈黙への対応」です。

ロジャーズはカウンセリングでの沈黙の場面はとても大切だと説いています。

なぜなら、沈黙の後に、クライエントから発せられる内容。

その内容は、洞察が深められたものであるいことが多いからです。

そして沈黙を活かしたカウンセリングは、やはり深まり方が違います。

ところが、経験の浅いカウンセラーは沈黙を怖れます。

また、沈黙の意味と対応について学ぶ機会のなかったカウンセラーも同様です。

彼らは沈黙に戸惑い、困惑し、つい不用意な言葉でその間を埋めようとしたくなります。

そして沈黙に狼狽するこちらの姿に、クライエントから「無能」と見られることへの怖れもあります。

沈黙は怖れるものではなく、生かすものです。

沈黙の意味、種類を見極め、どう対処すればいいのかを的確に判断することが大切です。

そして様々な沈黙に適切に対応できれば、クライエントの洞察を深めます。

また、沈黙に動じず、落ち着いているカウンセラーの態度に、クライエントは安心と信頼を覚えます。

こうした観点からカウンセリングでの沈黙というのは、非常に重要な場面であるといえますね。

沈黙を怖れず、存分に生かすカウンセリングをぜひ実践できるようになってください。
 

気まずい沈黙を会話に活かすカウンセリング  

日常の会話や雑談で「間」や「沈黙」があると、気まずい雰囲気になりますので、避けたいものの代表例です。

また、自分に自信がないために会話や雑談が苦手という人にとっては、この「間」や「沈黙」は「怖い」ものになります。

なぜなら「間」や「沈黙」があるとそんな瞬間を造った自分はダメな人間だと考えてしまったり、「間」や「沈黙」が起こることで相手が自分を「会話が下手な人間」「つまらない人間」と思うのではないかと考えてしまうからです。

ですから、一般的な日常会話では、相当に親しい間柄(家族、恋人、心許せる親友)ではない限り、「間」や「沈黙」を避けたくなるのです。

しかし、カウンセリング面接を行うと、間や沈黙が頻繁に起きます。

日常会話で沈黙が起きると、少しでも早くそれを埋めようとします。

日常会話での沈黙は、気まずさにつながることが多いからです。

しかし、カウンセリングでは、沈黙は一つの大切な場面です。

沈黙をいかに生かしていくかが、カウンセラーの腕の見せどころです。

実力のあるカウンセラーは、この沈黙をむしろ十二分に活用していきます。

経験の浅いカウンセラーは、初めのうち、この沈黙に耐えられません。

話しが途絶えてしまうと、途端に落ち着かなくなります。

それはなにか自分の無力さが露呈している場面に感じるからかもしれません。

沈黙が起きると耐えられないカウンセラーは、すぐにその沈黙を埋めようとします。

単に沈黙を埋めようとして何かを言うので、その言葉は結果的に不用意な言葉、対応となってしまいます。

カウンセラーの発する一言は、たとえそれがどんな場面のどんな一言であっても、必ず次につながる一言である必要があります。

なぜなら、カウンセラーの発する一言によって、面接の流れが大きく左右されてしまうからです。

カウンセラーの一言は全て、面接の大切な流れを生む「置き石」です。

一つ一つ丁寧に、そして意味のある場所に置いていかなければなりません。

クライエントが確かな道のりを歩むための「置き石」となるように・・です。

ですから、そこまでの会話の流れやクライエントの内面に十分な注意もなく、単に沈黙を埋めようとする言葉や対応は、やはり不用意になるといえます。

カウンセラーの力量を見極めるには、沈黙の場面でどんな対応を見せるか?

すぐに動いてしまうのか、じっくりと構えていられるのか。

その態度によってその実力のほどが伺われるといってもいいでしょう。

力のあるカウンセラーほど、沈黙の後におとずれる場面がカウンセリングの進展につながることが多いことをよく知っています。

だから沈黙に対して落ち着いて待っていることができるわけです。

もっというと、待つべき沈黙か、埋めるべき沈黙かをしっかりと見極められる力を持っているということですね。

今、生まれているこの沈黙にどんな意味があるのか?

この沈黙までの面接の流れはどういったものだったのか?

こうしたことをしっかり押さえられれば、沈黙に動じることはないでしょう。

私のカウンセリングでも、よく沈黙の場面に遭遇します。

場合によっては30分も沈黙が続くこともあります。

しかし、その沈黙の意味が理解できていれば、いくらでも待つことができます。

そういう沈黙の後に出てくるクライエントの言葉は、一歩深まった内容になることが多いんです。

沈黙に遭遇した際に、いかに落ち着いていられるか。

これは本当にカウンセラーの力量が問われるところですし、カウンセリングの成否を左右します。

沈黙の時間がクライエントにいかに大切であるかを、ぜひ知っておいて頂きたいと思います。

 
こうした内容をもっと知りたいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

>>無料メルマガを読んでみる 
 
メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。
購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。

興味のある方はご購読ください。 

月額2980円(初月無料)のカウンセリングのオンライン講座にて、実践や現場で活用できるノウハウやスキルを公開しています。興味ある方は下記でご覧ください。

https://counselinglife.com/i-phone/?page_id=21248     


<関連記事>
カウンセリングとは(その効果と活用法) 
傾聴とは?実践的な効果技法、練習法
共感的理解とは  
カウンセリングマインドとは(その意味と事例)     


追伸:
傾聴についてさらに皆が知らない真実を、今回一冊のレポート
(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
こういう話は、おそらく他では知り得ないと思います。
本当の意味で、現場で使える傾聴を身につけたい、
そのために必要なことを知っておきたいという方。

無料PDFレポート
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」
~形だけの傾聴から、人と心通わす傾聴へ~  

下記よりそのレポート(サポートメルマガつき)が入手できますので、
読んでみてください。
メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
 

 








 




 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です