ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

2018年8月動画セミナー(無料視聴版)

「乳幼児期の自己肯定感とは?」(無料視聴)

「甘えとスキンシップと理想の子育てとは?」(無料視聴)

「思春期の心理的問題の特徴」(無料視聴)

※この動画セミナーはオンライン講座会員のみが閲覧できる動画セミナーの一部を無料視聴用に公開しました。すべての動画を視聴されたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する

2018年7月動画セミナー(無料視聴)「人間が立ち直るために必要な事」

「人間が立ち直るために必要な事」(無料視聴)

※この動画セミナーはオンライン講座会員のみが閲覧できる動画セミナーの一部を無料視聴用に公開しました。すべての動画を視聴されたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する

カウンセリング(傾聴&共感)の反射神経を磨くの意味※無料公開


カウンセリングやコミュニケーションのカギを握るのは、反射神経である。

養成塾では、そうお伝えしてきました。

これは、私の経験則から導き出した概念ですが、認知心理学の中でもふれられているものです。

誰かの話や言葉、表情、周囲の状況などに接した際に、私たちは二種類の対応を見せます。

先ず、一つ目は無意識の反応的な対応です。

条件反射的な反応で、ここでは感情的な対応とします。

もう一つは、得た情報をしっかりと精査し、分析し、取捨選択した上での判断が働きます。

ここでは理性的な対応とします。

※「ファスト&スロー(上)(下)」ダニエル・カーネマン著(早川書房)という本に、この事がかなり詳細に解説されていますので、ガッツリ知りたいという方は読んでみるといいです。

例えば、相手の顔色が気になり、思わず消極的な反応をしてしまう。

これは、ここでいう感情的な反応、対応となります。

思い込みや決めつけで反応してしまった場合も、感情的な対応です。

理性的な対応は、自分の中に入ってきた様々な刺激や情報を、分析し、取捨選択します。

この分析や取捨選択は、瞬間的ですがそれ相応の「労力」を要します。

私たちはこの労力を無意識に嫌います。

その結果、こうした内定作業を省き、パッと反応的な対応にいきがちなのです。

相手のある言葉に反応してしまう。

これも感情的な対応につながります。

カウンセリングでも、カウンセラーがこうした反応に陥ることがあります。

~以下 会員限定サイトにて公開~

※この講義はオンライン講座会員のみが閲覧できる講義の一部を無料公開しました。すべての記事や動画をご覧になりたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する

「間」と「沈黙」が怖い?いえ、活用しましょう ※一部無料公開


雑談などの日常会話でも、「間」や「沈黙」は、誰もが避けたいと思うものかもしれません。

カウンセリングでもそれは例外ではなく、面接の途中で「間」や「沈黙」を 避けたいあまりに、焦って応答したくなることが、往々にして起こります。

日常会話でもそうなのですが、カウンセリングにおける沈黙というものは、実は避けるべきものではなく、 むしろ歓迎すべきものであるということをご存知でしょうか。

間のない会話は「間の抜けた会話」という言葉もあります。

間や沈黙のない会話は、血の通った会話にならないことが多いのです。

ロジャースも沈黙は有益なものでもあり、様々な意味あるものとして捉えていました。

しかし、 特に経験の浅いカウンセラーは沈黙を恐れ、嫌い、無意識に避けようとしてしまいます。

沈黙を避けようと焦るあまりに、不用意な行動、慌てた態度を見せ、カウンセリングの流れを見失ってしまうこともあります。

ではなぜ私たちは沈黙を恐れ、避けたくなってしまうのでしょうか。

沈黙を恐れ、 避けたくなってしまうのは、その沈黙がなぜ起きているのかと言うことが理解できていないからです。

会話やカウンセリングで起きる沈黙というものは、突如、唐突に起きるものではないです。

話の流れの中で起きるものであり、沈黙を理解するためには、そこまでの会話の流れを押さえている必要があるのです。

つまり、そこまでの話をしっかりと聞けていて、内容や流れも的確に理解ができていれば、そこでなぜ「間」や「沈黙」が生まれるのかもわかります。

沈黙そのものにも、いろいろな種類の沈黙があるものです。

会話の流れが押さえられていれば、今起きている沈黙はどのような種類のもので、ここで沈黙になることにどのような意味があるのかが理解できます。

沈黙に対してこのような理解が常にもてれば、怖れることも避けたくなることもありません。

それどころか、その沈黙をいかに生かし、次につなげていくかという捉え方を動きが可能になるはずです。

具体的にいえば、沈黙が起きた時にできる対応は2つ。

~以下 会員限定サイトにて公開~

※この講義はオンライン講座会員のみが閲覧できる講義の一部を無料公開しました。すべての記事や動画をご覧になりたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する

2018年6月動画セミナー(無料視聴)「認知心理学による傾聴の反射神経とは」

「認知心理学による傾聴の反射神経とは」(無料視聴)

※この動画セミナーはオンライン講座会員のみが閲覧できる動画セミナーの一部を無料視聴用に公開しました。すべての動画を視聴されたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する