人に心を開ける自分になるには

こんにちは、鈴木です。

「人に心を開く処方箋」

人に「心を開ける」ようになりたい。

自分自身をもっとオープンにして、人と話してみたい。

そんな風に思ったことはないですか?

周りの人たちを見ると、楽しそうに会話をしている。

自分は逆に、いつも警戒心をもってしまう。

どうしたらあんなに楽しそうに話ができるんだろう・・・

「職場の人間関係の輪に入れないのが辛くて・・・」

Kさん(40代女性)は職場の人間関係に悩んでいました。

それまで自己啓発や心理学の本をいろいろ読んだそうです。

しかしその内容に納得がいかなかったそうです。

「本に書いてあるような素晴らしいことはできない・・・」

そんな時、ネットでいろいろなページを読むうちに、
私のサイトを見つけてくださいました。

そして、直接相談して解決しようと思い、
カウンセリングに申し込んでこられました。

メルマガの冒頭のように、Kさんも人になかなか心を開けないようでした。

自分でも、なぜ心開けないのかわからない。

もちろん、人にどう接していいかもわからない。

いつも人の目を気にして、自分がどう見られているかばかり気になる。

自分の心をどうしても開けず、表面的な会話しかできない。

そんな会話では、やっぱり全然楽しくないわけです。

そうしてドンドン落ち込んでいき、会社に行くのも苦痛になってきた。

まさに悪循環にはまっていたのが当時のKさんでした。

Kさんとのカウンセリングが進むと、いろいろなことがわかりました。

中学生時代に自分がある発言をした。

そうしたら、その日から無視されるようになった。

それ以来、とにかく目立つことをしないように気をつけたそうです。

ところが、ずっと目立たないようにしていくうちに、
Kさんは自分の気持ちを押し殺すようになりました。

結果、自分が何をしたいのか、どんな気持ちなのか。

そういったことがわからなくなったと言います。

過去に強烈な自己否定を受ける。

自己表現、自己主張をしたら、周囲から否定される。

そういう経験をすると、自分の考えや気持ちを伝えられなくなります。

もう二度とあんな「嫌な思い」はしたくないと思うからです。

また、周囲から自己否定を受けると、こんな副作用が出てきます。

それは「自分が”ダメな人間”だから否定・批判されるのだ」と思うようになることです。

本来は、一方的に無視や否定をする相手側の問題です。

こちらは理不尽な仕打ちを受けているわけですからね。

こちらが悪いわけではないんです。

ところが、そうした仕打ちを受け続けていると、こんな想いが出てきます。

「自分に悪い所があるからいじめられるんじゃないか・・・」

自分に至らないところがあるのであれば、それは改善する必要があるでしょう。

でも、それは自分の課題として取り組むテーマであって、
いじめられる理由にはなりません。

しかし、長い間、自己否定にさらされていると、
いつしかそれは、自分のせいだと思うようになる。

自己否定していくようになってしまうんですね。

これは・・・・とても悲しいことです。

自分はいじめられるような人間なんだ。

自分は何をやってもまともに出来ない人間なんだ。

こうした自己否定感があれば、当然、人に心開けなくなります。

そういう自分を相手に知られたら、また否定されると思うからです。

だからこそ、自分をオープンにすることに消極的になります。

心を開けない、開かないのは、自分を守るためなのです。

心を開けない人には「自分を守るため」という
“ちゃんとした理由”があるわけです。

“心ない人”と接して”心ない態度”をされる。

そうすると世の中に”心ある人”はいないのではないかという気になります。

実際、心ある人もいるということは、頭ではわかります。

しかし「自分が経験していないこと」については、
リアルに認識したり、実感したりすることがしにくい。

こちらが心を閉ざしているので、なかなか見えにくいのです。

真っ直ぐな心で相手を見る。

すると、その人の人間性が見えてきます。

心ある人なのかが感じられてくるはずです。

Kさんは、自分がなぜ心開けないのかに気づきました。

そして、今の職場の人たちを冷静に観察していきました。

すると、自分が思い込んでいた世界と、実際に自分が住んでいる世界。

この両者には、いくつものギャップがあることも見えてきました。

そして職場の”心ある人”が誰かも見えてきました。

“心ある”と感じる人は、自分が思っていた以上に周りに居たそうです。

そこに気づくと、Kさんの警戒感が徐々に溶けていきます。

すると、そんなKさんの変化に、周囲が気づかないはずがありません。

職場の人間関係も徐々に好転し、過去の嫌な記憶も
Kさんをそれほど苦しめなくなったそうです。

つまり、物事の見え方・捉え方が変わると、
「過去の出来事や記憶に対する捉え方」も変わることがあります。

Kさんには、クラスメイトに無視されたという悲しい記憶がありました。

そこから学習してしまった捉え方によって、
自分を押し殺し、周囲と上手くコミュニケーションできませんでした。

これは本当に辛かったと思います。

しかし、その「捉え方」が変わったことで、
Kさんの言動や態度、表情も変わりました。

あれは周りが意地悪だったから、だから自分が理不尽な態度を取られたんだ。

たしかに、自分も気をつけなくちゃいけない所もあった。

けれども、だからといって無視していい理由にはならない。

自分はそんな理不尽な人間にならず、人に優しい人間でありたい。

Kさんは、こんな風に過去の記憶を整理、清算していったのです。

そして自分が自分を認めることの大切さや、
自分の気持ちと人の気持ち、両方を大切にすること。

そうした「捉え方の引き出し」をたくさん増やすことができました。

過去は変えられない。

確かにそうかもしれません。

でも、厳密にいうと「過去(に起きた事)は変えられない」ということです。

過去に起きた出来事は変えられません。

しかし、その出来事に対する受け止め方・捉え方は変えられます。

私たちはその受け止め方・捉え方が変えることで、
心のあり様やその態度・行動まで変えることができるのです。

Kさんはそれを身をもって実感したようでした。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1

関連記事

  1. 人に心を開くには・・