自分のやりたいことを見つける方法

こんにちは、鈴木です。

「やりたいことを見つける方法」

自分のやりたいことが見つからない。

自分の好きなことがなにかわからない。

そういうことをカウンセリングで聞くことがあります。

例えば、こうした理由で「転職を繰り返す人」の場合、問題は2つあります。

1)人間関係などの社会適応の問題

自分で社会的責任を負って働くということへの適応の問題。

あるいは人間関係でつまづいてしまうという適応の問題。

2)アイデンティティーの問題

年齢的な成熟を経ることができずに、物事に継続的に取り組めないという問題。

そこまでいかなくても「やりたいことが見つからない」という人には、
次のことをお勧めしたいと思います。

それは

「目の前のことに全力で取り組む」

ということです。

目の前の仕事、目の前のことを一生懸命やる。

手を抜かずに、一つ一つのことををしっかりとやる。

その先に、自分のやりたいこと、好きだと思えることが見えてきます。

こうして物事に全力で取り組んでいくと、いつの間にか力がついてきます。

この「力がつく」ことによって、自分の可能性が広がります。

そして、可能性が広がることによって、やりたいことが見えてきます。

また、目の前のことを一つ一つ、一生懸命やっていくことで、
そうしている自分に自信がもてるようにもなります。

私たちは自分にあまりにも自信がないと、何かをやりたいと考えても、
「どうせ自分にはできない」と思ってしまいます。

目の前のことをしっかりやれる自分であるという感覚があると、
やりたいことが浮かべば「やってみよう」という気持ちになりやすいのです。

先ずは、目の前のことを一所懸命やってみる。

おススメします。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

関連記事

  1. 10年後を見据えて、今できることは何か?