自分に自信を持つには

こんにちは、鈴木です。

「自分に自信をもつには?」

自分に自信がないと訴えていた人が、自分に自信をつけていく。

そのプロセスを見ていると、実は、共通した歩みがありました。

自信がない人は、すぐに自信を欲しがります。

しかし、カウンセリングなどで少し自分と向き合っていくうちに、
「自信を欲しがっているうちは自信は得られない」と気づきます。

つまり、自信をつけるためには、自信を持ちたいという願望を
一旦脇に置くことが必要になってくるんです。

果たして、これはどういうことなのでしょうか?

自信というのは、自信が欲しいと思うだけでは得られません。

「自分に自信を持とう」と言い聞かせても、本当の意味では得られません。

なぜなら、自信というのは「経験」に裏打ちされたものだからです。

つまり、自信が欲しいという執着を一旦捨て、
目の前のこと、その一つ一つに持てる力を注ぐ。

この繰り返しと積み重ねによって、はじめて自信が得られるわけです。

つまり、自信をつけたいのであれば、自信がつくようなことをする。

自信が持てるような経験を積み重ねていくしかないわけです。

「自信がとにかく早く欲しい」という思いや執着は、
こうした経験に専念することを妨げる要因になってしまうんです。

自信が持てるような経験というのは、大きな成果を出すことでもく、
人から賞賛されるようなことでもありません。

ほんの小さなことでも手を抜かずに最後までやる。

人の見ていないところでも、物事を心を込めてする。

この「姿勢」こそが、自分を信じるきっかけにつながっていくわけです。

私たちは自分の持てる力を使わずに、人のせいにしたり、
中途半端に物事を終わらせたときほど、自分に嫌気がさします。

人はそんな自分自身に、嫌悪感を感じるものではないでしょうか?

大切なことは自信があるかないかではありません。

物事が上手くできるかでもなく、人からの評価でもありません。

大切なことは、自分の力を尽くして挑戦していくことそのものなのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

関連記事

  1. ダメな自分を変える心理学

  2. 自分に自信が持てない人がすぐ出来ること

  3. 自分に自信を持つにはどうすれば良いのか?

  4. 自信が持てない人のための心理学

  5. 仕事、自分に自信をもつには?