悩まない生き方の秘訣

「どうしてこんなことになるのだろう」

辛いことや悲しいことが起きると、
私たちはこんな風に思いがちです。

特に、いろいろ努力したのに、
結果が思うようにいかないとガッカリします。

また、普段真面目に生きているつもりなのに、
トラブルやアクシデントに見舞われると悲しくなります。

しかし、こうした気持の背景には、
実は、こんな思いが隠れていることがあります。

「結果が自分の思い通りになってほしい」

あなたはいかがでしょう?

思い通りになってほしいから、思い通りにならないと
「どうして思い通りにならないのだろう」と思うようです。

「どうしてこんなことになるのだろう」となるのは、
「こうなってほしい」という思いがあるからです。

その「こうなってほしい」の思いの通りにならないから
「どうしてこんなことになるのだろう」という気持ちになるわけです。

私も「こうなってほしい」という思いを持つと、
その思い通りにならなかったときにガッカリします。

努力し続けてきた結果が思い通りの結果にならないと、
失望感や挫折感を感じてしまうことすらあります。

しかし、それは物事を思い通りにしようとする
自分の「思い」があるからだと気づきました。

そこに気づいてからは、思い通りにしようとするのを止め、
ただ流れに委ね、起きることをそのまま受け容れることにしました。

そうすると、気持ちがとても楽になったんですね。

「こうなってほしい」というものが無くなるわけですから、
ある意味「どうなってもいい」という気持ちになります。

それは自棄(やけ)になるということとは違って、
どんな結果でも受け容れられる心境になるということです。

やるべきことはやろうと思いますが、結果は「お任せ」する。

そうすると、ストレスを感じることが、グッと少なくなりました。

「こうなってほしい」「こうじゃなきゃ嫌だ」と思うのではなく、
起きた出来事を受け容れ、最善を尽くす。

その連続で生きていった方が、生きるのが楽になりそうです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です