人生を後悔なく生きるには


こんにちは、鈴木です。

突然ですが質問です。

あなたは日々の生活の中で
自分の「やりたいこと」をやっていますか?

自分の「楽しみ」というものを持っていますか?

一口に「やりたいこと」とか「楽しみ」といっても、
人によって違うでしょう。

やりたいことが仕事の人もいます。

勉強と答える人もいるでしょう。

遊びや趣味、レジャーかもしれません。

美味しいものを食べること、旅行に行くこと。

誰かと心行くまで話すことかもしれません。

自分がやりたいと思う仕事かもしれません。

いずれにしても、あなたは日々の生活の中で
やりたいことをどれほどやれているでしょうか?

私は、人生というものは、やるべきことをやり、
やりたいことをやって生きていくのが
バランスの良い人生だと思っています。

やるべきことと、やりたいこととをやっていく。

そのバランスを考えながら生きていくと
とても健康的な生き方ができると思います。

もちろん、その人の状況や立場によって、
このバランスは変わってきます。

ある時はやるべきことの方を多く
やらなければならない場合もあるでしょう。

そうやって両者のバランスは、
その時々や状況によって変わってきます。

ですが基本的に人生は、やるべきことだけでなく、
やりたいことをやり、楽しみをもつことも大切だと思うのです。

しかし、カウンセリングでは、自分のやりたいことが
よくわからないという相談があります。

あるいは、自分はやりたいことなど
やってはいけないと思い込んでいる人も。

こうした訴えは、自己重要感が低かったり、
自分を否定的に捉えがちな人に観られます。

しかし、そうしてやるべきことや
やらなければならないことだけやっていく生活。

そういう生活を続けていくと、
だんだん疲れてきてしまいます。

朝起きて寝るまでの生活が
義務で縛られた日々になってしまいます。

また、自己重要感とは関係なく、
やらなければならないことに追われる人もいます。

例えば、小さいお子さんがいて、
なおかつ仕事をしているお母さん。

毎日が仕事と家事、そして育児に追われます。

お子さんがある年齢に達するまでは、
自分の時間もままならないでしょう。

でも、そういう場合でも、物事は捉え方次第。

育児を義務としか捉えないのか、
それともそこにいくつか「楽しみ」を見つけるのか。

それによって、日々の生活が全然違ってきますよね。

「楽しみ」が見つけられれば、それがやりたいことになります。

やりたいことというのはこうして
時には自分から見つける必要があったりします。

ただ待っていても見つからないこともあり、
自ら探しにいくことも必要です。

ともすると私たちは、義務をこなすだけで
毎日が過ぎていってしまいます。

やらなければならないことに忙殺され、
義務感に日々が埋め尽くされていきます。

そうすると、だんだんと心がすり減ってきて、
イライラしたり、無気力になったりしてきます。

そんな毎日では、あまりにも悲し過ぎると思いませんか。

もし、やらなければならないことがたくさんあっても、
どこかに「やりたいこと」「楽しみ」を見つければ
日々の慌ただしい生活に潤いを与えられます。

「やりたいこと」や「楽しみ」は
受動的な生き方では見つけられません。

自らが「見つけよう」と思って探さないと
もしかしたら、あっという間に年を取ってしまいますよ。

やるべきことをこなすだけでなく、
自分のやりたいことや楽しみによって
毎日の生活に彩を与えてみてください。

【関連記事】
人生の目的
人生の転機
生きがいを見つける

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください