傾聴の姿勢とコミュニケーション


こんにちは、鈴木です。

近年の社会問題を見てみると、
その多くが「こころの問題」に起因しています。

不登校や引きこもり、学校教育現場の問題、
職場のメンタルヘルス、人間関係、犯罪etc

その多くがこころの問題が発端となっていて、
そこから端を発して人間関係の問題となっています。

引きこもりはある意味、人間関係に裏切られたり、
人間関係を放棄してしまった状態ともいえます。

何度も裏切られ、長い年月傷つき続け、
その結果として引きこもりに陥ったともいえます。

職場のメンタルヘルスの問題も、
そのほとんどが人間関係です。

学級崩壊やクラスの人間関係の崩壊であり、
いじめも様々なトラブルも人間関係の中で起こります。

人のこころは人間関係の関係性によって育ちます。

その人の人間性がどう育つかも
どのような人間関係の中でどう成長してきたか?

ここに尽きるといってもいいでしょう。

その人間関係も、一つ一つの場面の連続で成り立っています。

どういうコミュニケーションをその時々で経験したか?

それが互いの人間関係を決めていきます。

そして、コミュニケーションの良否も、
その瞬間瞬間の言葉のやり取りにかかっています。

つまり、私たちが交わす一つ一つの言葉です。

この一つ一つの言葉をどう聞き、どう理解し、
そしてどう投げ返すかで、人間関係も決まります。

傾聴やカウンセリングの学習。

それらが様々な社会的な場面で見直されてきているのは、
こうした言葉の重要性が見直されてきているからです。

別な言い方をすれば、私たちは今、
言葉を介した意思の疎通が十分にできなくなってきている。

こうした背景が社会的な問題の陰には存在します。

養成塾ではセラピーや心理の分野だけでなく、
福祉や教育、医療、ビジネスなど、
様々な分野の方が学ばれています。

こうした多岐にわたる分野の方々が
傾聴やカウンセリングを学び始めたのには、
このような背景があるからです。

言葉を介した意思の疎通に様々な問題が発生しているのです。

傾聴の根本は何か?

それは相手に「まっすぐ関心を向ける姿勢」です。

相手に対するまっすぐな関心があるからこそ、
相手の話を集中して聞けるし、理解も深まります。

そして、まっすぐ関心を持たれた方(話し手)も、
そのことは肌で感じられるはずです。

私たちは自分自身にまっすぐ関心を向けられることで、
安心感を得ますし、相手に信頼も感じます。

そしてこの安心感や信頼感が積み重なることが
互いの信頼関係を築いていくことに通じます。

傾聴が知識やテクニックだけでは足りないといわれる所以です。

相手に関心をまっすぐ向けるということは、
どういうことなのか?

どんな感覚で、どんな意識が必要で、
どんな意味を見出せるのか?

そういうことをじっくり、丁寧に理解し、
自分のものとしていくことが大切です。

今年も臨床カウンセラー養成塾では、
こうした観点を大事に、
じっくり型の学習を大切にしていきます。

傾聴力を向上させるには、数をこなすことよりも、
一つ一つのケースをいかに深く丹念に学ぶかが大事です。

人に対する関心の寄せ方を含め、
寄り添い方、こころの向き合い方まで、
日々の生活に生きる学習を提供してまいります。

こうした内容をもっと知りたいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

>>無料メルマガを読んでみる 
 
メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。
購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。

興味のある方はご購読ください。 

【関連記事】
傾聴とは?実践的な技法、効果、練習法
傾聴スキル
人間関係を良くする方法

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください