人生を変えるヒントは今という一コマにある




こんにちは、鈴木です。

カウンセリングを受けたり、学んだりすると、
なぜ人生が変わっていくのでしょうか?

答えは、人生が「映画のフィルムのようなもの」だからです。

どういうことか、解説していきますね。

映画館も今はデジタル化が進んでいるので、
フィルムを使用しないのかもしれません。

しかし、以前はフィルムと映写機を使用して
映画を上映していました。

このフィルムは、一コマ一コマが静止画像で、
それらを高速で動かすと「動画」になります。

つまり、この一コマ一コマの連続によって
それが動画になり、そこにストーリーがつながり、
一つの映画となります。

私たちの人生も、映画のフィルムと同じです。

人生という映画のフィルムにも、
一コマ一コマが存在します。

その一コマ一コマによって、
どういう人生になるかが決まっていきます。

人生だけでなく、人間関係も同じです。

相手と会話のやり取りをすることで、
相手との関係性が決まったり、変化したりします。

一言の言葉のやり取りという一コマが会話という動画になり、
その会話の積み重ねが人間関係という映画(ストーリー)となります。

つまり、人間関係は、会話の一コマ一コマを
どういうものに出来るかで決まってくるわけです。

人生でいえば、自分が生きていく一つ一つの場面を
いかなるものとしていくかで決まります。

カウンセリングで学ぶのは、一つにはこの一コマ。

自分の人間関係や人生の一コマを
どんなものにできるかを学びます。

そして、一コマ一コマを学ぶと同時に、
ストーリー全体の捉え方も学びます。

カウンセリングを学ぶと人生が変わるのは、
こうした理由からです。

人間関係や人生もそうですし、
私たちの人格も同様です。

生活の一コマ一コマをどう捉え、どういう態度を選ぶかで、
それが自分の人格形成につながっています。

だから、自分の性格を変えようと思ったら、
一瞬一瞬にあたる生活の一コマを変えることです。

カウンセリングでは、こうしたことも学びます。

学び方として、カウンセリング面接を受けるか、
セミナーや講座・レッスンとして受けるかの違いがあるだけです。

そう、大切なのは、あなたの一コマ一コマです。

その一コマをどんな一コマとしていくかで、
その連続で見えてくる人格、人間関係、人生が変わります。

養成塾で逐語検討、録音検討、そして演習問題を通して
学んで頂きたいことは、この「一コマをどうするか」なんです。

一コマの中で私たちが気づいていないことは何か?

一コマの中で、どんなことが可能になるのか?

こうしたことをあきらめずに学び続ける。

これが養成塾でお伝えしていることなんです。

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

関連記事

  1. 共感と共感できたフリとの違いとは?

  2. カウンセリングで学んだ2つのこと