苦しみを乗り越える道




こんにちは、鈴木です。

最近続けてあるテレビ番組を観ました。

一つは凶悪犯罪者の息子のドキュメント。

もう一つは冤罪で20年服役した女性のドキュメント。

二人に共通するのは、いずれも自分は直接悪くないのに、
社会の厳しい目にさらされたということです。

厳しい人生を強いられ、やっぱり心は荒みます。

人を信じられず、心を閉ざして生きていくことになります。

しかし、番組の中で、それぞれが変化を見せていきます。

閉ざした心が少しずつ開き始め、
以前よりも人を信じるようになっていきました。

その過程を観ていて感じたのは、
人の心を開くのは「人」なのだということでした。

犯罪者の子どもの心を開いたのは、
職場の同僚たちと結婚した奥様の温かさ。

冤罪の女性の心を開いたのは、
息子や息子のお嫁さんでした。

人に裏切られ、人に苦しめられた二人が、
結局は人に救われていくことになります。

心を閉ざした二人に共通した思いは、
「人が信じられない」という思いでした。

それは別の言葉にすると
「私のことは、誰も理解できない」というもの。

ということは、理解されることによって、
この二人は救いの道を歩き始めることになったのです。

つまり、私たちが何か追い込まれたときも、
心が救われるのは、自分の理解者が現れた時です。

正確にいうと、こちらが「理解者を得た」と実感できたとき。

カウンセラーはまさに、この「理解者」となる努力をしています。

傾聴や共感的理解に努めるのも、
カウンセリングという面接を続けるのもそう。

その目的は、相談者に
「理解者を得た」という実感をもってもらうためです。

この「理解者を得た」という実感は
私たちに力と勇気を与えてくれます。

私は養成塾の授業の中で
「寄り添うには寄り添える力が必要」とお伝えします。

この寄り添う力というのは、別な言葉でいえば、
「理解者となる力」ともいえます。

先の二人、犯罪者の子どもと冤罪だった女性。

この二人も「理解者を得た」という実感を持ちました。

そのことで、過酷な人生を生きるという宿命を背負いながらも、
顔を上げ、前を向いて生き抜こうと思うようになります。

両方の番組を観終わった後は、正直、いずれも言葉がありませんでした。

しかし、「理解者を得る」ということが、
どれほど大切なことかを改めて確認した思いでした。

そして、彼らはこうした経験から、
自分がいかに生きるべきかを学んだともいえます。

もし、過酷な試練が学びの宿題だとするならば、
やはりそれを解くことでしか前に進めません。

私たちは学ぶことによって人生を前に進みます。

苦しい時こそ、学ぶしかないようです。

そしてカウンセラーはその学びを
十分に経験できるようにサポートするのが仕事です。

手を貸し過ぎてはその人は学べないし、
手が足りなくても学びきれないでしょう。

適切な距離感で伴走することこそ、
クライエントが必要な学びを経験できるからです。

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください