人の心を動かす言葉とは?




こんにちは、鈴木です。

「カウンセラーほど、説得力のない存在はない」

カウンセラーは専門家です。

心理の専門家でもあり、人間関係の専門家でもあり、
こころの問題解決の専門家でもあります。

しかし、私はカウンセラーほど
説得力のない存在はないと思っています。

子どもが学校に行かなくなった。

どうすればいいのかと、相談される。

しかし、カウンセラーは、その子の親ではない。

その子の人生を、一生支えることはできない。

そういう意味では、非常に説得力に欠ける存在です。

職場の人間関係で苦しんでいる。

そういう人の相談に乗ることはできても、
その人の代わりに職場で働くことなどできない。

そういう意味でも、カウンセラーの存在自体には
説得力というものがありません。

これほど説得力がない立場なのに、
カウンセラーは何か言わなければならない。

人生がかかった相談事に対して、
きちんと対応していかなければならない。

カウンセラーという仕事には
こうした「矛盾」が大きくのしかかってくる仕事です。

しかし、これほど説得力のない存在にも関わらず、
カウンセラーには誰よりも説得力が求められます。

問題解決の伴走者として、カウンセラーのたった一言に、
深い説得力が求められます。

なぜなら、クライエントはカウンセラーのたった一言をも
固唾(かたず)をのんで待っているからです。

こんなにも説得力に欠ける存在のカウンセラーが
誰よりも説得力を求められる。

この大きな大きな矛盾に、多くのカウンセラーが、
何度も「葛藤」を経験します。

あるカウンセラーは辞めてしまう。

あるカウンセラーは、メンタルが参ってしまう。

あるカウンセラーは「てきとう」にやり始める。

あるカウンセラーは、
クライエントを「支配」し始める。

カウンセラーが社会的信用や信頼を失うのは、
こうした誤った選択をするからです。

しかも、本人は無意識であったり、
無自覚でやっているので、厄介です。

では、説得力がない立場なのに深い説得力を得るには、
いったいカウンセラーはどうすれば良いのでしょうか?

果たしてどんな選択を取るべきなのでしょうか?

答えは、自分なりの哲学、言葉をもつことです。

例えば、河合隼雄氏はこんな言葉を残しています。

「心理の専門家とは、人の心はわからないということを
骨身に沁みてわかっている人間のことを言う」

こうしたことが言えるのは、
カウンセラーなりの哲学を持つからです。

この哲学を別な言葉で言えば、
「自分の軸」といってもいいでしょう。

こうした哲学、自分の軸というのは、
「経験から学ぶ」という姿勢がなければ得られません。

何かのセミナーや教科書で学べるわけではないのです。

自分が様々な経験をしていく中で、
実感として得られたことが、自分の哲学になっていきます。

こうした実感が哲学になり、
自分の哲学を言葉にしていく。

ここに何にも増した「説得力」が生まれます。

私はカウンセラーのどの一言を取っても、
そこにその人間の哲学が必要だと思っています。

経験に裏打ちされた哲学が言葉になるからこそ、
苦しんだり、心閉ざしたりしている人間にも、
その言葉は響くのです。

これからのカウンセリングには、
この哲学、自分軸が必要だと考えます。

もっというと、傾聴や共感にも、
背景にカウンセラーの哲学が必要です。

哲学を背景にしているからこそ、
傾聴や共感、そしてカウンセラーの応答に
「深み」と「響き」が出てくるわけです。

悩み、苦しみ、絶望している人間には、
人の言葉を聞き、受け容れる余裕などありません。

そうした人たちの心に響く言葉。

それは、積み上げられた経験値と、
深い人間洞察に裏打ちされた
哲学を背景とした言葉です。

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


臨床カウンセラー養成塾「オンライン講座」
※月額2980円の新しいイーラーニング

カウンセリングマインド養成コース(短期集中個別レッスン)
※Skypeコース、対面コースがあります。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

関連記事

  1. 雑談でも傾聴が必要なわけ

  2. 共感的理解と寄り添う力の真実

  3. 共感と共感できたフリとの違いとは?

  4. なぜ様々な現場・職場で「傾聴」が有効なのか?

  5. マーケティングでも「傾聴」が必須?

  6. オウム返しの憂鬱