家事は家族の幸せを支えている尊い仕事




こんにちは、鈴木です。

先日、facebookである投稿をしたら、
それに大きな反響を頂いたんです。

どんな投稿をしたかというと、
「主婦業は偉大な仕事である」というものでした。

以下に、その投稿をご紹介します。

————————–
主婦業は偉大な仕事である

私はオフィス以外でも自宅にも仕事場がある。

だから、家事の一部を仕事の合間にすることがある。

といっても、お皿を洗うとか、ゴミ出しとか、
洗濯物を取り込むといった程度。

それでも、仕事に没頭するあまり、家の仕事を忘れ、
出がけに慌ててお皿を洗ったり、
洗濯物を取り込んだり、ゴミ出しすることがある。

主婦はこれを毎日絶えずやっている。

雨の日が続いた後の洗濯物の量といったら、
それはもう、ウンザリする程だ。

でも、主婦はこれを毎日やっている。

それほどスポットライトを浴びる仕事でもない。

毎日「ご苦労さま」と、労われることも、あまりない。

それでも、毎日毎日、家事はひたすら続く。

そして、これが家族を、家庭を下支えしている。

主婦業とは、偉大だ。

やってみてわかる。

やってみればわかる。

毎日の献立を考える。

これがまた、何と面倒なことか(^◇^;)

主婦業は偉大だ。

やってみないとわからない。
————————–

●鈴木のfacebookアカウント(日々配信中)
https://www.facebook.com/masayuki.suzuki.106
※フォロー大歓迎します

いかがでしょう(笑)

もちろん、私が主婦業の大変さを
よくわかっているとは言いません。

ほんの一部を手伝っているだけですからね。

でも、ほんの一部を手伝っているだけで
正直「大変だな」と思ったことも事実。

この投稿に対するコメントで一番多かったのは
「夫に読ませたい」でした(笑)

怖いですね(^^;

次に多かったコメントが「救われました」というもの。

いずれも女性のコメントがほとんどでした。

中には私のように在宅でも仕事をする男性は
「私もウッカリ家事忘れ、あります」
というコメントをしてくれましたが・・・・・

世の中、お金になることが価値があって、
お金にならないことは価値がない。

例えば、こういう捉え方があったとしましょう。

まあ、実際ありますよね(^^;

自分の家の家事をしている主婦は、
そのことで直接お金をもらえることは少ない。

そういうルールにしている夫婦もいるかもですが、
まあ、基本的には無給の仕事のようになってます。

じゃあ、お金をもらえない、お金にならない仕事で、
価値が無いかというと、そんなこと、ありませんよね。

ちなみに・・・・・

お金になる仕事が価値があるというのは、
実は、ちょっと乱暴な捉え方なんです。

ある人が、その金額を払うに値すると判断した仕事。

その金額を払ってでも、得たいものがあるということ。

このように、ある得たい者と与える者との間に、
そうした等価が成立しているということです。

だから、お金を支払ってそれを得たいという人にとっては、
それはそれだけの価値があるとはいえるでしょうね。

そして、そう思う人の数がどれくらいるか?

多いほど、与える側の売り上げや収入は増えますね。

しかし、支払う人の数が多いからといって、
それが普遍的な価値があるとはいえません。

払う人がたくさんいる商品やサービスでも、
人間の成長や人間性をダメにするものありますしね。

だから、人や組織の価値は、収入や売り上げ、
また、その規模の大きさだけでは、判断できません。

これはお金儲けを否定することではないんです。

お金儲けを真剣にやろうとしたら、
長い目でみて様々な努力は必要で、
同時に様々な苦労も経験しますからね。

そこにも「学び」があると思います。

ちょっと小難しいこと、書きましたね(笑)

要するに、お金になるかならないかだけでは、
図れない「価値」があるということです。

だから、専業主婦の皆さんも、
働きながら主婦している皆さんも、
自分のやっていることに誇りをもってほしいんです。

家事というと、地味ですし、
社会的なスポットライトは当たりにくいかもしれない。

でも、毎日地味に、同じことの繰り返しという行為が、
世の中の様々なことを下支えしてもいますよね。

目立つこと、目新しいこと、変化に富んだこと。

その方が価値があるとは、100%言い切れない。

地味で、変わり映えしないことでも、
価値があると思って見れば、価値があります。

毎日同じことの繰り返しを、
つまらないと思う時があります。

でも、それは、毎日同じだからつまらないのではなく、
「つまらないという捉え方」が自分にあるということ。

つまらないと思う自分の心があるってことです。

だから、主婦の皆さんは、
どうぞ胸を張って毎日同じことをしてほしいです。

また、その恩恵を受けている家族は、
その地味で同じことを繰り返す行為に、
リスペクトと感謝を覚えてほしい。

そして、時にはそのことを
「言葉」で相手に伝えてほしいのです。

食事なら、ちゃんと「いただきます」を言う。

感謝の気持ちを込めて言う。

「ん?これ、おいしい!」
と伝えたら、やっぱり作った人は嬉しいものです。

こうしたちょっとしたことが、
食卓を、家族を下支えしていきます。

こうした細かいことの積み重ねを大事にすることで、
家族がそれぞれにとって、一つの居場所になっていきます。

居場所というのは用意してもらうものじゃなく、
自分たちで一つ一つ築いていくものだと思います。

掃除、洗濯、食事、買い物、ゴミ出し etc

目新しくもなく、地味で、変わり映えもしないこと。

この一つ一つが家族を、
そして私たちの日常を支えているのではないでしょうか。

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

関連記事

  1. 家族の幸せとは?

  2. 幸せな家族になるためにカギを握ること

  3. 幸せな家族のカギ、それは「言葉」