なぜ様々な現場・職場で「傾聴」が有効なのか?




こんにちは、鈴木です。

職場の人間関係での悩み、仕事の業績や評価、
家庭のコミュニケーション、社交的なお付き合い。

こうしたあらゆる場面で「傾聴」は必須です。

逆にいうと「傾聴」さえマスターできれば、
人間関係でも仕事でも、かなりのことが出来ます。

家族関係も良好になるし、社交的なお付き合いも楽しくなる。

子育てだって、親の傾聴によって
子どもの心の成長は著しく違ってきます。

では、なぜ「傾聴」が、生活の様々な場面で
それほどまでに影響を及ぼすといえるのでしょうか?

先ず、傾聴というのは、相手の話を正確に聞くことです。

それは同時に、相手を正確に理解することでもあります。

相手に関する様々な情報を
出来る限り正確にインプットすることです。

つまり、そう考えてみると、
傾聴というのは「観察」の一つなんです。

いえ、傾聴とは相手や出来事に対する
正確な観察そのものともいえます。

聞くという行為だけでなく、観る、察する、
感じる、捉える、洞察するなど・・・・

様々なことを同時に行っているともいえるんです。

わかりやすい例を書きます。

ある中学生2年生の男の子が、
こんな風な言葉をお母さんに言いました。

「(自分は)学校のこと考えると、不安なんじゃないかと思う」

この言葉を聞いて、あなたはどう思いましたか?

この子はどうして「不安になる」ではなく、
「不安なんじゃないかと思う」と言ったのでしょう?

なぜ、まるで他人事のようにも聞こえるような
このような表現になったのでしょう?

こんな風な疑問が浮かんでくるのなら、まだいいんです。

そもそも、この「不安なんじゃないかと思う」を、
正確に聞けず「不安なんだ」と聞いてしまう。

こういうことが、おそらく日常会話の中で
そこ、ここに溢れかえっているはずです。

「不安なんじゃないかと思う」を、不安なんだと聞いてしまう。

そうすると、この子の微妙なニュアンスを選んだ感覚や、
複雑な胸の内などには、思いが至らなくなります。

意思の疎通は、こうしたすれ違いによって、
ドンドンと難しくなっていってしまいます。

傾聴の講座などで、ロールプレイをやると、
こうしたすれ違いがたくさん見られます。

中には「不安なんだ」という微妙な聞き間違いでなはなく、
こちらの言いたいことをいつ言おうかという体で聞いている。

すると、もうそれは、相手の話自体が、
全然入ってきません。

もっと怖いのが、入っていないにも拘わらず、
聞き手本人は、しっかりと聞き、理解したつもりになっている。

ここに生まれるギャップの、なんと大きいことか・・・・

そしてこれは何も極端な例ではなく、
日常生活で多くの人が頻繁に経験していることです。

しかも、そこに「自覚」すらない場合も多い。

一つ一つの会話のやり取りのズレに、
全く無自覚なまま、会話が進んでいくわけです。

これではもう、お互いの意思疎通もなければ、
お互いを理解しあうこともできない。

これが職場、家庭、社交的な人間関係など、
あらゆる場面で起こっているわけです。

これでは、人間関係で様々な問題が起きるし、
そのためにストレスも絶えることがないでしょう。

だから、もう一度話を戻すと、傾聴というのは
限られた現場で必要な専門スキルなどではないんです。

もうすでに、誰もが日常生活のあらゆる場面で
必要とされている「あり方」であり「姿勢」です。

人と関わるとき、子どもと接するとき、
必ず求められる「あり方」「姿勢」であり、必須のスキルです。

私たちは意思の疎通がしっかり出来れば出来るほど、
「ふれあい」「つながり」「絆」を実感できます。

この実感こそ、人生を本当の意味で豊かにし、
こころに安心と平穏をもたらし、
将来の希望と今の幸せをしみじみ味わわせてくれるわけです。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です