何のために働くのか?働く意味とは?

こんにちは、鈴木です。

仕事をするというと、結果ばかりに目を奪われがちです。

例えばお金だったり、評価だったり、数字的な成果だったり・・・・

もちろん、そうしたことを念頭におき(目標とし)、
全力で取り組むことが大切ではあります。

しかし、そうして目標に向かう中でする「経験」こそが、
実はとても大切なんです。

何のために仕事をするか。

その答えが「お金」「評価」「成果」だけだと、行き詰る可能性が高くなります。

こうした捉え方では、お金にならない仕事の価値を低く見ます。

社会的にも、周囲にも評価を受けない仕事は、疎かにしがちです。

目に見える成果が出ないと、やる気が失われていきます。

それは、「お金」「評価」「成果」のみに目を奪われているからです。

あなたにも、そんな経験はなかったですか?

これらのみに価値を置き、仕事をするならば、
そこに生まれるのは奪い合いです。

お金、評価、目に見える成果の争奪戦が繰り広げられます。

職場で次々とメンタルダウンを起こす人が生み出される。

その背景には、こうした偏った価値観(お金・評価・成果崇拝主義)があるともいえます。

そこで、メンタルダウンを起こさない。

それどころか、仕事をすることで幸せになる。

そのためには、仕事というものを、どのように捉えていけば良いのでしょう?

仕事をするためには、避けて通れないことがあります。

それは、困難と人間関係です。

仕事というのは、いつもいつも思い通りにはいきません。

むしろ、思い通りにいかないことの方が多いかもしれません。

「こんなはずじゃなかった」とか「やってしまった」とか・・・・

そうした苦い経験は、どうしても避けて通れないものです。

あるいは、仕事をしていくということは、一人ではできません。

必ず誰か他人との関わりを通して進めていくものです。

たとえ、個人事業主であっても、たった一人では仕事はできません。

そこにはお客様がいて、取引先があり、支えてくれるスタッフがいます。

一人ひとり人格も違うし、立場も思惑も違います。

そうした人たちと様々な形を通して関わり、それで仕事は成り立っていきます。

当然、こちらの思う通りに、全ての人たちが動いてくれるわけではありません。

様々な人格、立場、思惑を視野に入れながら、
いろいろな要素をコーディネートしていくことで仕事は回ります。

私は、仕事をするということは、そうした経験を通して、
自分自身の心を磨いていく意味があると考えています。

そうした苦労を経験し、心を磨くためには、いろいろな困難が必要になります。

そうした困難がトレーニング効果となって、心が磨かれていきます。

そういう意味で「お金」「評価」「成果」というものを目標に置けば、
それはトレーニング効果としては最高になるというわけです。

これはちょっとした違いなようで、大変大きな違いとなっていきます。

「お金」「評価」「成果」のみに固執してしまうと、
自分の思い通りに物事をしたくなります。

そうすると、人格も立場も思惑も違う人たちと衝突します。

ビジネスや職場で起きるトラブルや、人間関係の問題は、まさにその象徴です。

自分は、仕事を通して心を磨いていくんだ。

そのために「お金」「評価」「成果」を得るという目標を置き、
苦心惨憺していく経験こそに、意味があるんだ。

そうした苦労から気づけたこと、学んだことには、
それこそ千金に値する価値があるんだ。

仕事というものをそういう捉え方で見ていくと、
困難に直面したときの捉え方も姿勢も違ってきます。

そして、仕事を通して感謝や幸せを感じ、
メンタルダウンや人間不信、自信喪失などには陥りません。

真の自信というものも、こうした経験を通して備わっていくものなんですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む