ストレスは敵か?味方か?




こんにちは、鈴木です。

あなたはストレスというものを、どう捉えていますか?

辛いもの、嫌なもの、出来れば消したいもの・・・・

どちらかというと、マイナスな存在です。

人によって、ストレスは違います。

何をどうストレスに感じるかは、
個人差があってみんな違います。

そのストレス、実は私たちにとって
必要なものだ・・というのが、今日のお話です。

一般的にはストレスは歓迎されないものです。

避けたいもの、嫌なものです。

ストレスによって様々な病気になることも。

2015年の12月から企業では
「ストレスチェック」が義務化されました。

50名以上の企業は年一回、社員へのストレスチェック実施が
厚労省より義務化されたんです。

メンタルヘルスを崩して休職、退職する人が絶えないからです。

実際、企業でメンタルを崩し、休職した場合、
その多くが上手く復職できずに退職するケースが多いんです。

だから、社員のメンタルヘルスを健康に保つために
過度のストレスを事前に見極めようということです。

ただ、先にも書きましたが、
ストレスは一方で私たちには必要なものなんです。

ストレスがあるからこそ、私たちは
自分を成長させようとする側面があるからなんです。

過度なストレスは健康を害します。

しかし適度なストレスは、きちんと対応できれば
人間的な成長につなげることも出来ます。

そもそも私たちは、よほど辛い目に遭わない限り、
自分のこと、人生のことなど、真剣に考えないところがあります。

ストレスは正直、苦痛です。

その苦痛が私たちの背中を押すことがあるということです。

ストレスによって起きる様々な否定的感情。

悲しみ、苦しさ、怒り、落ち込み、不安、焦り・・・・

この否定的感情が結果的に私たちを成長させる。

そんな風に考えたことはありますか?

否定的な感情自体、苦痛ですよね。

苦痛になると、何とかしなきゃと思う。

どうにかしないとって考えますよね。

この「何とかしなかきゃ」や「どうにかしないと」が
前に進む原動力になるんです。

人類の進歩の歴史って、もっと良くなりたいの前に
困ったことを何とかしたいが最初にありました。

困ったことを解決したいという思いによって
様々な発明、進歩が生まれたといってもいいでしょう。

私たちは困ったことや苦痛を経験することで、
より人間としても成長を起こしてきたともいえます。

長い間カウンセリングを続けてきて、
そう教わる場面が何度もありました。

振り返ってみてどうでしょう?

苦しかった経験によって、今の自分があるとか、
お陰で力がついたなんてこと、なかったでしょうか?

ストレスは苦痛ですが、同時に必要なものでもある。

そう捉えると、ストレスという存在の意味が
少し違ってくるのではないでしょうか?

ストレスをそうして受け容れることで、
私たちの成長の源にもなるといえないでしょうか?

【関連記事】
ワークライフバランスの実現と充実
精神的ストレス解消法
ストレスから学べること

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

精神的ストレス解消法


こんにちは、鈴木です。

電車に乗っていると、思います。

なにか、イライラしている人が増えたな・・と・・・

駅について降りる際に車内で人にぶつかっても、
何も言わずに出て行ってしまう人。

駅では車内から降りる人を待たずに、
強引に乗り込んで来る人。

そういう人が増えたなあと感じます。

10年、20年前は、もう少し違っていました。

ぶつかったら「ごめんなさい」「すいません」

そういう言う人は、もっといました。

駅に着いたら、降りる人が先。

それも当たり前の時代だったと思います。

いったいいつから、こんな殺伐とした雰囲気に
変わってしまったのでしょうか?

10ab83aaab982f391627b109ad52b478_s

みな、心に余裕がありません。

気持ちの余裕を失ってしまっている。

そう思わずにはいられません。

誰だって、時には感情的になることもあります。

私だって「5秒で整える」という本を書いていますが、
感情的になることはありますよ(笑)

以前、勉強会の時のことでした。

自分がイラッとしたエピソードを話したとき。

「鈴木先生もイラッとすることなんてあるんですか?」
って言われました。

ありますってば(笑)

ただ、その後、気持ちを切り替える。

そういう風にして日常生活は安定が保たれます。

ところが、電車で見かけることが増えたイラッとした感じ。

危惧すべきは、イラッとした状態が
「慢性的」になっていることです。

常に不安、常にイライラ、常にカリカリ・・・・

感情が、慢性的に否定的な状態にある。

これは極めて健康に悪い状態です。

ニュースを見ても、非難や批判が多い。

有名人が、いくら非難に値することをしたからといって、
あれではまるで「つるしあげ」です。

魔女狩りと紙一重だと思うのは、私だけでしょうか?

日常生活に不満がある人ほど、
人の「非」を責めたくなる心理が働きます。

自分のうっ憤が「正義」の名のもとに、晴らされるからです。

幸せな人は、人の失敗や不幸に興味がありません。

しかし、私たちの心から余裕を奪う情報が氾濫しています。

気づかないところで心のゆとりが失われていきます。

さらに、日常生活に目を向けてみます。

仕事のストレス、職場の人間関係などなど

これもイライラや不安のもとかもしれません。

ちょっとやそっとの気晴らしでは、解決できません。

一瞬解消はできても、解決はされないでしょう。

心に余裕やゆとりを取り戻すには、
余裕やゆとりを取り戻す「生き方」をすること。

これ以外に、方法はないと思っています。

お金をかけることなんかありません。

身近な人を大切にする。

周囲の人の役に立つことをする。

やさしい言葉をかける。

自分がやっている目の前のことを丁寧にする。

一つ一つに心をこめてやってみる。

自然の美しさに改めて目を向けてみる。

自分が今、この世で生きていることの奇跡を思う。

当たり前だと思っていたことが、
当たり前ではないことに気づく。

小さなことに、深い感謝の念をもつ。

いつもよりゆっくりと歩いてみる。

何気ないときに、微笑んでみる。

呼吸を静かにゆっくりと整えてみる。

これだけで、失われた心の余裕が戻ってきます。

忘れていたゆとりの感覚が蘇ってきます。

続けていくうちに、自分の人生観すら変わるかもしれません。

自分にとって、何が一番大切なのか?

最悪だと思っていたことは、
自分にとって、本当に最悪なのか?

気づかないところで、多くの人に
下支えしてもらっていないだろうか?

視野を拡げるだけて、幸せは向こうからやってくる。

きっけは日常の「ちょっとしたところ」にあるものです。

これからは、こうしたお話を、
もっといろいろな所に出向いてお話しします。

日本全国に足を運んで、伝え続けていきます。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

最も優れた気分転換の方法

こんにちは、鈴木です。

一つ、質問させてください。

あなたにとって、一番の気分転換とは何ですか?

趣味に没頭したり、時間を忘れて何かに打ち込むこと。

散歩やジョギングをすること。

好きなものを食べたり、旅行に行ったりすること。

いろいろな気分転換がありそうです。

ところで、気分が転換するとは、どういうことでしょう?

嫌な気分がスッキリする。

悶々とした気持ちが晴れる。

イライラした感情がおさまる。

これが気分が転換できたといえますね。

こうした転換には、私は2種類あると考えています。

一つはここまでお伝えした「仮の気分転換」です。

好きなことや楽しいこと、頭が考える暇を与えない時間の過ごし方。

そうやって過ごして一時的に気分を持ち直す場合です。

そして、気分転換には、もう一つあります。

それは「本質的な気分の転換」です。

まあ、呼び方はどうでも良いのです。

要は、一時的、一時しのぎのレベルではなく、
気分を滅入らせる原因を解消した結果の気分転換ですね。

この気分転換は、一度転換したら、基本的には元に戻りません。

つまり、気分が晴れたら、その件ではずっと気分が晴れている。

再び大きく落ち込んだり、モヤモヤしたりしないということです。

例えば、人間関係で嫌な思いをし、傷ついた。

それが心にずっと残り、永い間、悶々とし、気持ちが晴れない。

この場合、好きな事や楽しいことをすれば、一時的に気分転換はできます。

しかし、しばらくして、嫌な思いをした経験を思い出す。

すると、また悶々とした気持ちに戻ってしまいます。

そういう経験が、きっとあなたにもあると思います。

これは、一時的な「仮の気分転換」が、無意味だということではありません。

適宜、気分を転換することで、日々、元気で過ごせる部分もありますからね。

また、ちょっとした落ち込みや感情の乱れであれば、
「仮の気分転換」で解消されることもあります。

しかし、こうした対処療法が通用しないモヤモヤもあります。

その場合は、そのモヤモヤにつながる問題を、根本的に解決する必要があります。

根本解決するために、一番必要なのが「学び」なんですね。

人間関係で嫌な思いをした。

なぜ、自分がこんな目に遭わなければならなかったのか?

そうやって悩み、考え、苦しむ日々が続くかもしれません。

でも、その試行錯誤の果てに、ある時、
何か大切なことに気がつくかもしれません。

自分にも、相手のような傲慢なところがあった。

自分も、相手を怒らせる態度を、知らず知らず取っていた。

自分にも、そのトラブルを起こす要因があった。

こんな風に、相手の非ばかりでなく、「我がこと」として問題を捉えなおす。

そう捉えなおすことで、新たな一面に気づくこともあります。

これはある意味、とても厳しい捉え方です。

世間の常識では相手に非がある。

それでも、自分はどうだったかを、新たな観点や視点で捉えるわけですからね。

しかし、自分が嫌な思いをしたこと、苦しんだ経験。

そこから大切なことに気づき、我がこととして捉え、何かを学ぶ。

そうすると、ただただ嫌で苦しかったことが、貴重な学びの機会だと気づきます。

その時、モヤモヤした気持ちが、不思議なほど「スッ」と晴れます。

あれほどイライラしていた感情が、驚くほど穏やかで静かに変わります。

ある意味、これは最も優れた気分転換の方法です。

嫌なこと、理不尽なこと、苦しいこと。

もし、あなたがそんな経験をしたら、こう捉えなおしてください。

「自分はここから何に気づき、何を学べば良いのだろう」

たとえ、相手にどんなに非があったことであってもです。

この問いかけをもって、経験したことをもう一度捉えなおしてみるのです。

心を落ち着けて、冷静になって振り返ってみます。

するとやがて「フッ」と、何かに気がつきます。

「もしかしたら、このこと?」ということが思い浮かびます。

そうしたら、気づいたり浮かんできたことに、素直に向き合ってみてください。

ここでのポイントは「素直に」「謙虚に」ですね。

なかなか初めは難しいものです。

すぐには思うようにできないかもしれません。

それでも、あきらめずに粘り強く、何度でも向き合ってみてください。

あきらめなければ、必ず「気づき」と「学び」が得られます。

その瞬間、心がフッと軽くなったり、落ち着いてくるはずです。

これこそが、最も優れた気分転換の方法ではないでしょうか。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む