人と自分を比べ落ち込むのはもうやめよう




こんにちは、鈴木です。

先日、SNSで、こんな短い投稿をしました。

「他人と自分を比較して嫉妬したり落ち込むのはもうやめよう。

自分の器の大きさを知り、

本当にやりたいことを「真剣に」やってみよう。」

この投稿がfacebookやツイッターで
思わぬ反響を頂きました。

仕事でも、人間関係でも、あらゆる場面で
人と自分を比べてしまう。

そういうご相談がとても多いんです。

そして、比べては落ち込み、比べては落ち込み・・・・

そういうことを繰り返してしまうというのです。

私も自分と誰かを比べてしまうことはあります。

それで誰かを「うらやましいなあ・・」と
思うことだってあるんです。

ただ、それで悩む人というのはそれだけで終わらず、
自分を「ダメな人間だ」と責め始めてしまう。

それで悶々としてしまったり、
自暴自棄のような気持になってしまう。

やがて自分に自信を失ってしまうんです。

カリフォルニア大学の心理学者に
ソニア・リュボミアスキーという人がいます。

彼女は、このように人と自分を比べることを
「社会的比較」と呼んで、こう解説しています。

「社会的比較に注意を向けすぎる人は
いつも傷つきやすく、何かに怯え、不安を感じている」

そう、先ずこの「向けすぎる」というところ、
ここが問題になってきます。

先ほど、私も人と自分を比べることがあると書きました。

問題はその「程度」で、比べすぎるということです。

いつもいつも、人と自分を比べてしまう。

常にそれで自分を責めて、落ち込み、自信を失っていく。

この悪循環にはまることが、問題だといえます。

あなたは、いかがでしょうか?

こんなループに陥ったこと、ありませんか?

これを防ぐには、やっぱり
自分の物事の捉え方をしっかりすることが必要です。

他人との比較に頼らない価値観や人生観です。

なぜなら、私たちは自分が無意識にしている捉え方によって、
元気になったり落胆したりしているからです。

仕事でも人の業績や仕事ぶりを見て、
自分はダメだと落ち込むことはないでしょうか?

あるいは、なんであの人ばかり上手くいくんだと
嫉妬心から怒りが沸いてくることはないでしょうか?

この心理が強く働いてしまうと、
他人の成功や幸福を強く妬むようになります。

例えば、仕事で上手くいっている人が妬まれて、
足を引っ張るようなことを言われたり、されたりする。

実際にこういう話はよく聞きます。

こういうことをする人は、嫉妬心のあまり、
他人の成功や幸福を喜べないどころか、
許せないという気持ちになってしまうんです。

こういう捉え方こそが、実は不幸なのではないでしょうか?

では、どうすれば、そのようなネガティブループに
陥らないように出来るのでしょうか?

ここで、先ほどご紹介したソニア・リュボミアスキー氏が、
とても良いことを教えてくれます。

「最も幸福な人々は他人の成功から喜びを得ることができ、
他人の失敗を目の当たりにしたときは心づかいをする」

つまり、人の成功や幸福を我がことのように喜べ、
逆に人が困っているときは配慮した上で解決に協力する。

こういう価値観、人生観を、
幸福な人は持っているというのです。

これは非常に示唆に富んだ言葉だと思いませんか?

だったら、話は簡単なんです。

今日からそのようにふるまい、そのように捉え、
そのように生きようとすればいいんです。

例え辛いことがあっても、人の喜びに共感し、
「おめでとう」「努力が報われたね」
「心機一転、がんばって」という言葉を贈ろう。

幸福な人に、「あなたの生き方は素晴らしい」と、その秘訣を学ぼう。

そういう態度・コミュニケーションを選択し続けることで、
あなたの人間性も変化していきます。

私も若いころは、その辺が不器用でした。

人の成功を喜びつつ、どこか羨ましいって思っていました。

だから、ある時から「一緒に喜ぶ」「その人から学ぶ」という
捉え方、人生観、生き方に変えました。

周りを見渡してみてください。

そんな模範となる、学びの対象になる人は、いないでしょうか?

もし、一人もいないというのなら、あなたの捉え方を変えるか、
あなたの人間関係(お付き合い)を変えた方がいいです。

幸福な人は、必ずといっていいほど、
そうなるような心がけや努力をしています。

苦しい経験も必ずといっていいほどしています。

幸福な人ほど、それを敢えては口外しないだけです。

幸福というものも、努力や普段の心がけによって
自分の捉え方が変わることで感じられるものです。

幸福な人はいろいろな努力、経験をしてきた人です。

だから教えてくださいといえば、
惜しげもなく話してくれるのも、
こうした人たちの特徴です。

人の成功、幸福を我がことのように喜び、
その秘訣を学ぼうとする。

困っている人で、自分が助けになりそうなら、
配慮した上で声をかけたり、心遣いを示す。

そういう生き方を選んでみてはいかがでしょう。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

自信をつける第一歩

こんにちは、鈴木です。

自分にどうしても自信がもてない。

ずっと自信がないので、何事も上手くいかない。

そういうご相談がとても多いですね。

だから、自分に自信をもちたい。

自信つけて、人生を良くしていきたい。

相談に来られる方からは、そんな思いをヒシヒシと感じます。

では、どうしたら自分に自信がもてるのでしょうか?

ポイントとなるのは、主に次の二つです。

1)自分を信じると決め、それを貫く

2)経験値を増やし、そこから「できる」を当たり前にしていく。

私もそうですが、誰でも初めから自信はもてません。

自分が上手くできないこと、苦手なこと。

まだ経験したこともないこと。

そういうことに対しては、誰だって不安があります。

そんなとき、先ず自分の力を信じること。

そして、試行錯誤の経験から学び、上達していくこと。

自分に自信をつけるには、これが王道なわけです。

ところが・・・・・・

ちょっと考えてみてください。

自分を信じようと思っても、すぐに不安が湧いてくるかもしれません。

経験値を積んでも、失敗経験が頭から離れないかもしれません。

そうなると、この2つのポイントで自信が得られない。

そういう場合もあると思います。

あるというか、こうした経験をした人は、
むしろ、とても多いのではないかと思います。

なぜ、そう言い切れるのか?

それは、カウンセリングの中で、実に多くの方々から、
こうしたジレンマがあるとお聞きしてきたからです。

そこで、この2つのポイントをもっとさかのぼります。

つまり、2つのポイントを生かすために、
その前に大切なことが一つあるのです。

それは・・・・・

「目の前のやるべきことに心を一つにすること」

なんですね。

不安というのは、目の前のことに集中できないときに起こります。

余計なことをあれこれ考え始めたり、余計な思いが浮かんできたり・・・

その結果、集中が途切れ、不安や迷いが邪魔をするのです。

例えば、お皿を洗うときを考えてみましょう。

一枚一枚洗うのに、このお皿を割ったらどうしようと思ったら・・・・・

洗うことができなくなりますよね。

ビクビクやるから、手元が狂って、本当に割ってしまうかもしれません。

でも、普段あなたも、お皿を洗うときは、
余計なことは考えずに洗っていることが多いのではないでしょうか。

一枚一枚、それこそ淡々と洗って、流しを片づける。

毎日洗い続ければ、かなりの枚数を洗えたことになります。

これ、仕事にも、人間関係にも、全く同じことが当てはまります。

失敗したらどうしよう。

嫌われたらどうしよう。

そう思ったら、仕事も人間関係も、やっぱり上手くいかなくなります。

オドオド、ビクビク仕事したり、人に接したりする。

つまり、目の前の仕事、目の前の相手に、集中できていないんです。

だから、仕事が思うように出来ないし、
人とも思うようにコミュニケーションが取れない。

こうしたジレンマに陥っったことはないでしょうか?

これらを一発で解消する方法。

それがまさに、「目の前の事や人に心を一つにすること」なんです。

仕事でいえば、自分がするべきことをするべき順番で行う。

終わったら、きちんと出来たかを、冷静に確認する。

人間関係でいえば、相手がこちらに伝えたいことは何か。

自分が相手に伝えたい、伝えるべきことは何か。

その一点に心を集中させて関わる。

その後、やり取りが上手くできたかを振り返る。

仕事も人間関係も、シンプルにこれが一番大切かもしれません。

現に仕事や人間関係をしっかりこなす人は、
こういうところが実にシンプルで、集中してやっています。

自分に自信をもつには、実は、存外シンプルな方法が一番。

つまり、目の前のやるべきことにのみ、
自分の全神経を集中させることです。

次回の「自分に自信を深める心理学」の勉強会では、
こうしたところを深堀りし、実生活に結び付けていきます。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

自信のない自分を変える

こんにちは、鈴木です。

自分に自信を持ちたい。今の自分を変えたい。

そう思っている読者の方もいると思います。

現に、カウンセリングにお見えになる方々も、
そうした思い、願いを抱いて通われています。

ところで、今の自分を変えるというのは、いかにして出来ることなのでしょう?

多くの人たちがそれを望んでいます。

そして多くの人たちが、叶えられずにいるのも、また事実です。

努力すれば報われる。

願いは必ず実現する。

果たして、本当にそうなんでしょうか?

この場合、考えるべきなのは、努力することで
「何が」報われるのかということです。

願いが実現しなければ、その努力は本当に無駄なのかということです。

私たちは、どうしても目に見える結果に目を奪われがちです。

周囲からの評価、数値的な成果、学歴、地位、手にするお金・・・・

それらは結果として得られるかもしれないし、得られないかもしれない。

そこに目を奪われてしまうと、思い通りにならなかったということが、
どうしても受け容れられません。

実は、思い通りの結果になったり、周囲から評価がもらえる。

それは、本質的な自分の変化にはつながらないのです。

結果ではなく、そういう結果に至る過程、その際の経験が、
自分を変えることにつながります。

結果というのは、思い通りにいく場合もあれば、いかない場合もあります。

確かに、思い通りにいけば喜びも大きいです。

しかし、思い通りにいかなかったこと、それはとても悔しいものです。

実は、この悔しさも、思い通りにいった喜びも、
共に私たちを前進させてくれる貴重な経験となるものです。

思い通りにいけば嬉しいものです。

いかなければ、それはとても悔しいし、ショックを受けます。

いずれにしても、私たちの心は激しく揺り動かされることになります。

こうして、その嬉しさも、悔しさも、胸に深く刻まれていきます。

様々な経験、そこで感じた様々な思いが心に刻まれ、
それが私たちを変える原動力になるわけです。

私がなぜ、そう思うのか?

それは、カウンセリングに来られた皆さんを見て、そう感じたからです。

皆さん、それこそテーマは様々。

苦しみも悲しみも、やりきれなさも、時には絶望も・・・人それぞれでした。

しかし、その苦しみ、その悲しみ、そうした痛みこそが、
実は本当の意味で人を創っていくんだ。

クライエントの皆さんが、それを私に見せてくれたのです。

先ほど、思いどおりにいけば、それは喜びだといいました。

感激や感動にもつながるでしょう。

でも、思い通りにいかないとき、実は、そこにも感動があるのです。

自分の思い通りにいかない。

そこで、私たちは思い悩み、いろいろなことを考えます。

思い通りにいかない時でも、いろいろな出会いもあります。

それは、人との出会いだったり、経験という出会いだったりします。

そこで言われた一言、経験して味わったこと。

そうしたことに考えさせられたり、ありがたみを覚えたりします。

その経験をきっかけとして、今まで考えなかったようなことを考えます。

今まで目を背けていたことに、目を向けるようになります。

今まで気がつかなかったことに気づかされたり、
新たなことに目を開かされたりします。

忘れていた大切なことを思い出すこともあります。

私たちはそうやって、様々な気づきを経験し、そこから大切な学びを得ます。

こうした経験、気づき、その一つ一つに心を動かされ、
自分というものが「変わっていく」のではないでしょうか。

私が普段から「結果よりプロセス(経験)が大事」とお伝えしているのは、
そこで心動かされることによって自分が変わっていくからです。

そういうプロセスあっての結果なんです。

結果だけに一喜一憂するのは、実にもったいない話です。

思い通りにいかない結果だからといって、
そこで経験したプロセスまで無駄だと切り捨てる。

もしそうだとしたら、それはとても悲しいし、もったいない話です。

思い通りにいくことで、喜びがあります。

上手くできたことは、確かに自信にもなるでしょう。

しかし、それと同等かそれ以上に、思い通りにいかないときこそ、
そこに自分が変わる(成長させる)経験をするチャンスがあります。

結果が上手くいけば、社会的な評価も得られ、
それによる恩恵もありますから、それは喜ばしいことです。

努力が報われたという思いにもなることでしょう。

しかし、上手くいかない中には、それ以上の学びがあります。

心動かされる経験があり、出会いがあり、本当に大事なものに気づく学びがあります。

私の胸に深く刻まれたのは、そうやって心震わせながら前に進もうとした
クライエントの皆さんお一人お一人の姿でした。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

どうすれば自信がもてるのか

こんにちは、鈴木です。

自分に自信がもてない。

だから自信をもてるようになりたい。

でも、どうしたら自信が持てるのか?

この堂々巡りにはまっていないでしょうか?

今日は結論から先に書いてしまいます(笑)

つまり、答えは「経験を積む」です。

自分に自信をもつには、いろいろ経験するのがベスト。

そうすると、自分というものがわかってきます。

自分の好きなこと、嫌いなこと。

自分の得意なこと、苦手なこと。

今の自分にできること、まだできないこと。

自分が大切にしたいと思っていること等・・・・・

例えば、自分の限界を正確に知るということも大切です。

自分はここまでは出来るけど、これ以上は出来ない。

自分に自信がないのは、この限界を知らないからです。

限界を知るとは「自分はここまで出来る」と知ることです。

それがわからないから不安になり、
何も出来ないと思いこんでしまうんです。

いろいろな人とコミュニケーションを取る。

すると、人間は本当に一人として同じ人がいないとわかります。

また、人によって自分に対する観方も違うとわかります。

人にいろいろ指摘されることで、自分が見えてきます。

時には、心無いことを言われるかもしれません。

その時は嫌な思いもするし、場合によっては傷つきます。

あまり経験してくないことですが(笑)

でも、そういう耳の痛い言葉からは、
意外に得られることって多いんです。

人が持つ印象というのは、ある意味、いい加減です。

だから、自分はそんなつもりじゃないのに・・
ということを言われることも。

しかし、言われた言葉が当たっていないとしても、
そこから「人は適当にものを言うことが多い」ということを学べます。

経験を積めば、それだけ気づけることが増えます。

更には、物事や人間関係の本質も見えてきます。

見えないことが減り、見えることが増えてくる。

だから不安が減り、安心感が出てくる。

結果として物事に対しても自信が出てきます。

経験を積む。

決して悪いことばかりじゃありません。

結果として自分に自信を深められます。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1

失った自信はこうして回復する

こんにちは、鈴木です。

自分に自信がもてない。

そういう相談内容は、やはり多いですね。

自分に自信がもてないと、いろいろな悩みが生まれます。

例えば、自分の判断に自信がもてず、物事が決められない。

人からどう見られているかが気になって、心が萎縮する。

失敗するのが怖くて、積極的に行動できない。

こういった悩みが二次的に発生します。

このような状態だと、人間関係でも悩みが出てきます。

仕事も思うようにできなくなることも多いでしょう。

仕事、そして人間関係というと、生活の大半を占めるもの。

この両方で悩んでしまうのは、かなり辛いことでしょう。

では、どうすれば自分に自信を取り戻せるでしょうか?

結論から言ってしまうと、行動することなんです。

様々な行動からいろいろな経験を積んでいくこと。

その経験が自分の確かな自信となりますし、
経験を積み重ねることで、さらに自信が深まります。

ところが、自信がもてない時というのは、
その行動を起こせない状態であることが多い。

それは前述のように、人の目が気になったり、
失敗が怖かったりするからです。

そのせいで、行動が起こせず、自信獲得に必要な経験も積むことができない。

この悪循環のジレンマ。

自分に自信が持てない人には、こうした苦労があるんです。

数年前カウンセリングに通っていたFさん(30代女性)。

Fさんは、転職して2年目の会社で営業事務をしていました。

自分に自信がもてず「職場の人間関係」が相談内容でした。

営業の方々と上手くコミュニケーションが取れないと悩んでいたのです。

営業の人たちは結構元気がある人が多いので、
Fさんはその勢いに押されている部分もありました。

また、幼い頃にいじめを受けた経験もあったそうで、
そこから「自分はダメな人間だ」という思い込みが染みついていました。

いじめを受けた人によくあるのですが、
当人はいじめを受けたのは、自分がダメな人間だからだ・・・と思いがちです。

しかし、いじめはやる側の問題なので、
そう結びつけてしまわない方がいいでしょう。

例えば、何かをやるのが人より遅いとか、会話が苦手だといったこと。

それは自分が克服したいと思うテーマにはなっても、
人からいじめの材料にされるものではありません。

勝手に向こうがこじつけてきたことです。

ここを切り離して考えないと、自己否定感に悩まされます。

とはいっても、Fさんは自分がダメな人間だという思い込みがありました。

そこで、カウンセリングの中では、そこを一緒にじっくり考えました。

人間には、不思議なところがあります。

自分の苦しみ、劣等感についてじっくりと向き合えると、
却って気持ちが楽になっていくものです。

私たちは自分が何を怖れ、なにを嫌がり、何が苦しいのか?

そのことがきちんと見えてくると、恐れや嫌悪、苦しみが軽減していくんです。

Fさんもまさにそうでした。

自分と向き合っていく中で、物事に対する捉え方のクセに気づきました。

営業の人たちは積極的な人たちなので、
消極的な自分をダメな奴と思っている・・・のではないか・・・

こういう思い込みを、無意識に持っていることに気づきました。

実際、営業の人たちに確かめたわけではありません。

彼らがそう感じているという実感が、Fさんの中にある・・わけでもないんです。

でも、Fさんはそう捉えていたんですね。

その捉え方が思い込みで不確かだと感じ始めたFさん。

徐々に営業の人たちとコミュニケーションを始めます。

すると、Fさんの思いこんでいたものとは違い、
営業の人たちは普通に応じてくれたそうです。

「自分で勝手に壁を作っていたんです」

Fさんはしみじみと、そう言いました。

そして、その後、3回カウンセリングに来られ、
Fさんはトータル11回で、カウンセリングを卒業されました。

では、Fさんはなぜ、自信のなさを克服できたのでしょう?

それは、思い込みに気づいたことで、行動を起こせたからです。

Fさんは、営業の人たちとのコミュニケーションを、自ら取ろうとしました。

その結果「大丈夫だ」という経験を積めました。

私たちの中には、前に進もうという力が眠っています。

その力を呼び起こせれば、行動につながり、自信を取り戻せます。

物事の本質や真実が見えてくると、
どうやらその力は立ち上がってくるようです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1

自分に自信をつける

こんにちは、鈴木です。

「自分に自信を持ちたいんです」

最近カウンセリングに来られる方は、
その多くが20代~30代の方が多い傾向にあります。

そして、彼らは「自分に自信をもちたい」というテーマで、
カウンセリングで継続的な取り組みを続けていきます。

主に、社会人としてしっかりとやっていくために、
あるいは職場でしっかりと働いていくためにです。

そして、回を追うごとに様々な学びや気づきを経験し、
ある意味「生まれ変わって」卒業していかれます。

この「生まれ変わって」という表現は、誤解を招くかもしれません。

しかし、私としてはクライエントの皆さんお一人お一人が、
カウンセリングを通してゆっくりと、しかし着実に変わっていかれる。

その変わっていく様を目の当たりにしてきて、
「生まれ変わった」という表現は、決して誇張ではないと感じています。

そして・・・・

10年にわたり、カウンセリングで様々な取り組みをしてきてわかったことがあります。

私たちが遭遇する問題や困難。

その対処法を知ったからといって、対処や解決ができるわけではないということです。

問題というのは、自分が人間的に成長することで問題ではなくなる。

そのことに気づいた人こそが、問題や困難を克服できる。

それが、10年にわたって数多くの人たちと取り組んできてわかったことです。

カウンセリングの中で、自分が経験したこと、自分が考えたこと、
自分の内面の感情、そして自分自身、その一つ一つを深く見つめ直す。

そうした取り組みを通して、物事の捉え方が建設的になり、自分に対する自信が深まる。

だからこそ問題が問題ではなくなり、困難が困難ではなくなるわけです。

こうした変化・成長を経験することで、自分に自信をもつことができます。

ですからそれは人と比べて何かができるという種類のものではなく、
自分を強く信じられるようになるという意味での「自信」です。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

自分に自信を持つにはどうすれば良いのか?

こんにちは、鈴木です。

【自分に自信を持つには・・】

あなたは自分に自信がありますか?

それとも自分に自信がないですか?

私のところの最近の傾向として、
自分に自信がないという相談内容が増えています。

年齢的には20代後半の男女が多いですが、
30代、40代の方もおられます。

多くが「スマホで検索して予約しました」と回答していて、
ここにも時代を感じます。

ただ、ネットや端末の機能は進歩しても、
人間の内面で起きることに大きな変化はないようです。

自分に自信がないと悩む人は、いつの時代にもいます。

さて、ここでちょっと
角度を変えて考えてみましょう。

そもそも、自信というものは、
そんなに必要なものなのでしょうか?

結論からいうと、無いよりはあった方が良いと思います。

自分に自信をもつとは、自分を信じられるともいえます。

自分がなにかできると信じられる方が、
様々なことにチャレンジもし、成果もあがりやすい。

逆に、著しく自信を失うと辛いでしょう。

自分はダメな人間、
何をやっても上手くできない人間だと思ってしまう。

そこから自分を責めはじめ、
自責の念に歯止めがかからない。

こうなると、元気も心の安息も失われ、
最悪「うつ状態」になりかねません。

しかし、もう一度ここで考えてみてください。

自信がなければ生きていけないか?というと・・
そうでもなさそうです。

自分に自信がなくても、
仕事や生活を人並みにこなすことはできそうです。

現に多くの人たちが、自分にそんなに自信がなくても、
しっかりと日々を過ごしています。

では、自分に自信がないままで、
自分の生活を回していくには、何が必要になるでしょうか?

それは「役割意識」「責任感」だと思います。

自分がやるべきこと、任された役割、
それを誠実にこなそうとする。

そういう意識を保つことで、
仕事や生活は成り立つ部分が大きいはずです。

例え思うようにできなくても、
評価がもらえるほどに上手く出来なくてもです。

自分なりにしっかりやろうという意識が、
気づかないところで自分を支えていたりします。

「自分に自信なんかもてないけど、
せめてやるべきことはしっかりやらなきゃ・・」

こういう意識は自分自身をけっこう支えてくれたりします。

自分の役割をしっかりとこなし、その責任を果たす。

そういう意識が自分の生活を引き締めてくれます。

こうした「引締め感」が、心を整えてくれて、
自信はないけど、やっていこう・・となります。

何も大きなことを成し遂げる必要もありません。

時間をしっかり守るとか、お礼、お詫び、
日々のあいさつはちゃんとする。

後片付けを丁寧にするとか、言葉遣いを丁寧にする。

こういう小さな、
すぐにできることからで問題ありません。

こうした小さな積み重ねが、
自分の役割や責任を果たすための力になると思います。

ですから、自分に自信が持てず、
不安や焦りがあっても大丈夫です。

日々の目の前のことを誠実に行うようにしてみるだけで、
何か、心が穏やかさを取り戻していきます。

不安や焦りを感じながらも、
同時に目の前のことは丁寧にやってみる。

自信はないままだけれど、
時間やあいさつ、言葉遣いはきちんとしてみる。

つまり、こうした「引締め感」が
あなたを救ってくれるかもしれません。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。