人間関係の悩みを解決する技術(月刊『潮』2016年11月号)


こんにちは、鈴木です。

昨年の秋にインタビューを受け、掲載された記事を紹介させて頂きます。

【月刊「潮」2016年11月号掲載】

私は心理カウンセラーとして五〇〇〇件以上の相談にあたってきましたが、
中でも人間関係で悩む人は非常に多くいらっしゃいます。

そもそも、人間が何かに悩んでいる状態とは、
言い換えれば「感情的になっている状態」です。

イライラしたり、やりきれない気持ちになったり、
不安や恐怖心が生じて、感情が揺れ動いている。

そのため、視野が狭くなってしまい、
自分自身や周囲のことがよく見えなくなっているのです。

人間関係で悩んでいる人も、その多くは感情的になり、
自分や相手のことがよく見えなくなっています。

人間関係の悩みは多種多様ですが、突き詰めていけば
「自分のことをわかってもらえない」ということに行き着きます。

目の前の他人とコミュニケーションをとっていても、
相手のリアクションに違和感を覚えたり、
期待通りの反応がなかったりすると、人間は動揺してしまうものです。

「なぜそういう反応をするのかな」
「自分の言い方が悪かったのか?」
「そういえば、前からこの人は自分に対して冷たい対応だ」

等々、感情的になって悩みは深くなり、最終的に、
「私という人間のことをわかってもらえない」
と思いつめてしまうのです。

逆に言えば、「自分のことをわかってもらえた」という実感があったときは、
その人間関係が幸せを生む瞬間となるのです。

人間関係にはこの両極があり、人間の感情はその間を日々揺れ動くのです。

その中で感情をいかにコントロールするかが、
人間関係で悩まないための大きなポイントになってきます。

とはいえ、感情をコントロールするのは易しいことではありませんし、
一〇〇㌫コントロールすることは不可能です。

しかし、自分の感情に「気づく」ことは可能です。

「あー、腹が立つ」
「今、私は怒っているな」
「なぜこんなに腹が立つのだろう?」

と、現在の自分の感情がどういう状態で、
その感情がなぜ生まれたかを考えてみる。

たいていの場合「なぜ?」という理由の部分に、
自分の考え方の癖であったり、コミュニケーションの傾向、
さらにはこれまでの人生における経験などが影響を与えている場合があるのです。

例えば、年上の男性上司との人間関係にストレスを感じているとします。

自分では「あの上司がいつも不機嫌そうな顔をしているのは、
私のことを嫌っているからではないか」と思い込んでいる。

しかし、「なぜ自分はそう感じるのか」を突き詰めて考えていくと、

「昔から年上の男性が苦手だった」
「それは、幼い頃に父親から厳しく叱られたことから始まっている」

などというように、過去の経験が現在の感情に与える影響を自覚することができます。

すると、今まで自分がフィルターにかけて物事を見ていたことに気づき、
さらに視野を広げることができるのです。

視野を広げて見てみると、

「上司が不機嫌そうに見えたのは自分のことを嫌いだからではなく、
納期に追われるプレッシャーからだった」

などと、新たな発見により相手との接し方も変わっていくのです。

私たちが行っているカウンセリングも、いま述べたようなプロセスを
相談者とカウンセラーの対話の中で辿っているのです。

カウンセラーの存在は「鏡」のようなものであり、
最終的には対話の中で相談者ご自身が解決への道筋を見出されるのです。

感情をコントロールするというと非常に難しいことのようですが、
まずは自分の感情の状態に気づき、その感情が生まれた理由を考えてみる。

そうすることで、少なくとも日常的な人間関係のストレスを軽減する程度には、
感情をコントロールすることができるはずです。

人間関係において、言葉は非常に重要です。

しかし私たちは、ともすれば「何を言うか」にだけ関心が向きがちですが、
実はもっと重要なのは「誰が言うか」なのです。

同じ内容でも、誰が言うかによって受け止め方が違うのが人間です。

子どもに野球の指導をするとしても、プロ野球選手から教わるのと、
野球経験がない近所のおじさんから言われるのとでは、
同じ内容でも受け止め方は一八〇度違うでしょう。

ただ、「誰が言うか」と同じように大事なのは、
その人との「普段からの関係性」です。

先の例で言えば、たとえ野球経験がなかったとしても、
その子の野球の上達を真剣に願っている
父親から言われた言葉であれば、子どもは重く受け取るでしょう。

さらに、「どう言うか」も重要です。

上司が部下のもってきた企画を却下するとします。

それも、ただ単に「こんな企画じゃだめだ」と跳ね返すのか、

「今回はだめだったけど、この点はよかったと思う。
もう少しここを直してみれば?」

と声をかけるのかで、部下の受け止め方や意欲の持ち方は違ってくるでしょう。

整理すると、言葉をかけるにも、「誰が言うか」
「普段からの関係性」「どう言うか」という段階があり、
最後に「何を言うか」が来るのです。

「何を言うか」と内容ばかり考えてしまいがちですが、
そこでいったん立ちどまり、「普段の関係性」や「どう言うか」を考えるだけで、
人間関係はかなり円滑になるはずです。

とはいえ、人間関係において言葉が重要なことは言うまでもありません。

コミュニケーションの具体的な問題として、ほとんどの人が
「相手の言うことを正確に受け取っていない」ということが挙げられます。

私は「臨床カウンセラー養成塾」というプロ向けの研修を行っていますが、
そこで傾聴トレーニングというものを行います。

一五分程度、相手の話を真剣に聞き、その模様を録音するのです。

対話が終わって内容を聞き直してチェックすると、
ほとんどの人が正確に聞いていないことがわかるのです。

プロでもそうですから、特に訓練を受けていない人が
相手の言うことを正確に聞けないのは当然かもしれません。

「一言一句」とよく言いますが、カウンセリングの現場では
「一言半句」も聞き逃さないという集中力で臨みます。

相手の言葉を「どう聞くか」「どう受け止めるか」そして「どう言葉を返すのか」。

この三つが対話の生命線ですが、とりわけ重要なのが
「どう聞くか」です。

正確に聞けないと「どう受け止めるか」
「どう言葉を返すか」もわからなくなるからです。

まずこちらが話を正確に聞き、相手の言いたいことをしっかりと受け止める。

このことを意識するだけで、コミュニケーションの質は
かなり向上し、人間関係の改善にも役立つでしょう。

 現代人が抱えるストレスの多くが人間関係に起因するというのは、
私も日々のカウンセリングから実感しています。

なぜかというと、相手がある問題なので、
自分の努力だけでは解決できないからです。

 自分がどれだけ視野を広げ、コミュニケーションに気を配ったとしても、
相手が心を開いてくれない場合は往々にしてあります。

その場合は、「問題は自分だけではなく、相手の側にもある」
と考えなければいけません。

相手が、他者に心が開けなくなるような経験をしている場合は、
周囲ができることは限られてくるのが現実です。

たとえば職場であれば、そうした方が少しでも心の負担を軽くできるように、
チーム全体のデザインを検討するなどの対応が必要でしょう。

誰もがカウンセラーの役割をできるわけではありませんので、
個人対個人ではなく、全体でその人を包括し、
誰か一人に負担がかからないようにする組織づくりが求められます。

さて、この数年、人間関係で悩んで
私の元にカウンセリングにこられる人の七割から八割が、
過去にいじめの被害を受けています。

私にスクールカウンセラーの経験があるから、
そのような方が多く訪れるのかもしれません。

それにしても非常に多い割合です。

いじめによる心の傷を、一〇年、二〇年といった
長い年月ずっと抱えてきたのです。

いじめを受けると、自尊心が深く傷つきます。

そのためどうしても自分に自信がもてず、
仕事や物事に消極的になってしまうことが多くなります。

人間関係においても、他者に心を開くことができなくなって、
周囲とうまく関係を築けなくなる人もいます。

一方で、カウンセリング等によって
過去のいじめ経験を乗り越える人もいらっしゃいます。

中には「いじめられた自分はダメな人間だ」と、
自分を責めてしまう人もいます。

しかし、いたずらに自分を責めるのではなく
「いじめはいじめる側の問題だ」と捉え直せると、
自尊心が回復し、過去の経験を乗り越えることができます。

そうやってカウンセリングを卒業される方が最後におっしゃるのは、
「苦しかったけど、乗り越えるという経験は自分にとって必要だった」という言葉です。

私はそういう方を何人も見てきましたが、いかなる悩みであっても、
受け止め方によって自分の糧にできるということを、みなさんの姿から学びました。

人間関係の原則は、「人は自分自身に最も興味・関心がある」ということ。

そして「人の心を変えることはできない。

変えられるのは自分自身」ということです。

その現実を嘆くのではなく、前提として理解した上で工夫していけば、
「これで限界だ」と思っていた人間関係にも、
まだまだ改善できる点が出てくるはずです。

一対一の関係でうまくいかなくても、少し視野を広げて
五人、一〇人といった組織の枠組みの中で人間関係を改善することも可能です
(これをグループアプローチといいます)。

最初に述べたように、悩んでいるとき、人間の視野は狭くなります。

狭くなっている視野を広げてみることで、自分の心も楽になり、
やっかいな人間関係がスムーズになる可能性は大いにあるといえるでしょう。

~以上 月刊「潮」2016年11月号より~

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

周りの人の目が気になる・・を克服




こんにちは、鈴木です。

昨秋から気候が穏やかではないですね。

一日の中でも気温差があったり、
とても暖かい日のあとに寒~い日になったり

私たちの身体には、正直、堪えます。

これだけの変化にさらされると、
私たちの免疫力は下がってきます。

この気候の影響は、脳にも出てきます。

精神的に不安定になりやすかったり、
何か気力が低下してしまったりします。

私も少し体調を崩したりして、
しばらく気力が低下していました。

ですので、仕事する時間も
少しセーブしていました。

カウンセリングでもよく出る話なんですが、
こういう状態のときは、無理は禁物です。

仕事も時には断る勇気も必要です。

何となく一人で仕事を抱え込んでしまうと、
それが周囲からも当たり前になってしまうんです。

「この人は仕事を断らない」

「上手く頼めば、何でもやってくれちゃうな」

もちろん、こんなズルい人ばかりじゃないでしょうけど(笑)

でも、あまり職場では
「都合の良い人」にならないことです。

この記事を読んでくださっている方は、
おそらく真面目で責任感の強い人が多いと思います。

メルマガ読者のタイプって、
書き手のタイプと似てくるからです(笑)

ビジネス書なんかでも、こんな風に書かれてます。

「頼まれた仕事は全て断らずにやると成長する」

確かにそうかもしれませんが、
自分がつぶれてしまったら、意味がないです。

仕事を抱え込むことで、イライラしたり、
ストレスで調子を崩したり・・・・・

もし、それで休職になっても、
会社が全面的に面倒を見てくれるわけじゃないんです。

ものすごく大手企業で余裕のある会社は、
けっこう手厚くしてくれるところもあります。

でも、そういう企業は稀であって、
最後には自分のことは、自分で守るしかありません。

私たちは、働くために生きているわけじゃありません。

生きるための手段の一つとして、働いています。

忙しくなり、生活が仕事に埋没してくると、
こうしたことがあべこべになっていきます。

もうこれ以上働くと、危ないな。

そういう感覚まで麻痺してくるんです。

カウンセリングでは、そうした判断基準を助言したり、
仕事の上手な断り方、頼み方も一緒に考えます。

仕事が断れないという人の中には
「嫌われたくない」という心理もあります。

この「嫌われたくない」という気持ち。

実は、私も含め、誰にでもあります。

こういう気持ちがある程度働くからこそ、
相手への配慮を考える部分もありますからね。

だから「嫌われたくない」と思ってもいいのですが、
問題はその「程度」なんですね。

家族や親友など、特定の人には嫌われたくない。

できることなら、なるべく人に嫌われたくない。

この程度ならいいんです。

問題は次のような場合です。

全ての人から嫌われたくない。

出逢う人全てから嫌われたくない。

こんなことは、不可能です。

不可能ですし、何の意味もないことです。

なぜなら、人生、嫌われることで
学べることもあるからです。

嫌いな人、苦手な人だからこそ、
学べることもあるからです。

では、なぜこれほどまでに
人に嫌われることが怖くなってしまうのでしょう?

それは、これまでの人生の中で、
強烈に自己否定体験をした場合。

また、長い間、自己否定される経験が続いた場合。

そういう場合、これ以上自己否定されたくないし、
もう傷つきたくないという思いが出てきます。

そのため、人に嫌われたくないという思いが
余計に強くなり「全ての人から・・」となります。

でも、この捉え方は結局は、
自分を守っているようで、自分を傷つけていきます。

先にあげたように、仕事を断れず、頼むことも出来ず、
自分で全部抱え込んでしまう状況にもつながります。

職場の人の多くが意地悪で強引で、
断ることが難しい。

カウンセリングでそういう話も良く出てきます。

そういう場合は、いくら断る術を工夫しても、
そういうことが通りません。

その場合は転職も考えます。

ひたすら理不尽なことを耐えてばかりいると、
心が壊れてしまうからです。

ひたむきに働く。

そういう経験から得るもの、確かに多いですよね。

でも、一方で無理をしないということも大切。

自分を本当の意味で守れるのは、
自分しかいないというのも、また真実です。

自分が自分の最大の味方である。

自分こそが自分自身の最良の理解者である。

本当の意味でそういう自分になれるよう、
日頃から「無理をしない」ことも大切ですよね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング


鈴木雅幸の著書はこちら

以上

完璧主義から「60%主義」へ




こんにちは、鈴木です。

今日は「60%主義のススメ」というお話しです。

これは、努力は60%でいい。

けれども、結果も60%でいいと受け容れる。

そういう「捉え方」のことです。

ものごと、なかなか行動に移せない。

そういう時は、無意識に「100%主義」に
囚われていることがあります。

100%頑張らなきゃとか、100%上手くいかなきゃとか・・・・

そう意識してしまうと、肩に力が入ります。

余計な力み、気負いは、焦りを生みます。

焦りだすと、失敗が怖くなります。

失敗が怖くなると、なかなか行動できなくなります。

失敗を恐れながらやっても、上手くいきません。

この原因が、実は「100%主義」であることがあります。

完璧を求めていないつもりでも、
気がつくと、いつの間にか完璧を求めている。

よくあるのが、人間関係での場面。

誰からも嫌われたくない・・というのも、
実はこれ、100%主義の典型です。

誰からも嫌われたくないと意識すると、
更に、誰からも好かれたい・・になります。

誰からも好かれたいという意識は、
いつの間にか

「誰からも好かれなければいけない」になります。

人間関係で、これほどのプレッシャーって無いんです。

こんなプレッシャーを自分にかけてしまったら、
私でも、誰と話すのも怖くて仕方ありません。

ここで、「60%主義」の登場です。

人間関係も、60%でいいや・・という意識です。

こういう意識で臨むと、余計なプレッシャーが減り、
「必要程度の緊張感」だけが残ります。

「必要程度の緊張感」があるからこそ、
相手に失礼のない配慮が保てます。

会話のやり取りも、100点中の60点でいい。

その努力も、60%位でいい。

その代わり、結果も60点、60%で満足するんです。

会話の60%はまあまあだった。

けれども、あとの40%は良くなかった。

すると、100%主義でいると、すごく落ち込みます。

なぜなら、そのやり取りは、
マイナス40点になるからです。

40点のマイナスというのは、
精神的なショックも大きいですよね。

でも、初めから60点でいいとします。

そうすると、50点の出来だったとしても、
マイナス10点程度の減点です。

それほど落ち込まず「まあまあだ」と思えます。

この「60%主義」のメリットは、
とにかく焦りや不安がグッと減ることです。

最初から高望みはしていないので、
上手くいかなくても落ち込みにくいのです。

落ち込みが少ないから、
次の行動へのモチベーションが落ちません。

コツは、結果も60%で満足することです。

初めから結果も60点で良しとすることです。

ただ、60%の努力はするという意味です。

全く怠惰にするということではありません。

また、手を抜くという感じとも、違います。

一つ一つ、丁寧に行うのですが、
焦らず落ち着いて取り組むための意識です。

60点という実績を、先ずは作ってしまうんです。

人にあいさつをして、無視されたらどうしよう・・・

そういう怖さがあるために、
人に声をかけられないとします。

こういう時も、60%主義でいきます。

あいさつをしても、こちらをチラッと見て、
少し頭を下げたとします。

結果としては、100%は、
こちらに応えてくれませんでした。

でも、60%は応えてくれたと捉えます。

ここでもう一度「コツ」をお伝えします。

「60%主義」というのは、
最初から60%の結果を満点とすることです。

だから、あいさつする際には、
既にこの程度のリアクションでも
十分過ぎると思っている状態です。

私たちは、気づかぬうちに、
相手に「見返り100%」を求めがちです。

だから、その希望値にちょっと届かないだけで、
大きな不満や落胆を覚えてしまいます。

しかし、初めから「60%で満点」としておけば、
50%でも80点以上となりますよね。

相手への期待値、結果への期待値が、
最初から60%だと、そんなに失望しなくなります。

この値、あなたの納得できる数値でOKです。

だから、50%でも、40%でもいいんです。

そうすると、自分の中でハードルが下がり、
焦りや不安がかなり軽減してくるはずです。

「60%主義」で、努力も結果も捉える。

すると、意外に結果が上手くいくことも少なくないんです。

なぜなら、余計な力みや緊張がほどけ、
必要な緊張感だけが残るため、
それだけ力を発揮しやすくなるからです。

感覚としては、「淡々と行う」感じでいいと思います。

過度な高揚感や盛り上がりには欠けますが、
その位の感じで丁度良いくらいです。

ちょっと物足りないくらいでいいということになります。

今、歓送迎会シーズン真っ盛りです。

しかし、この歓送迎会シーズンが
「憂鬱だ」という人もいます。

人との会話が苦手な人にとって、
こうした大勢の人が雑談を交わす場は、
居たたまれない時間になるからです。

こんな時も、60%会話ができれば十分と
最初から決めてしまうのも手です。

あとの40%が会話のない一人の時間でも、
60%は誰かしらと会話があったのならいいでしょう。

もちろん、この数値も、
自分の納得のいくものにすればいいと思います。

40%頑張れたと思えれば、合格としてもいいんです。

その方が、100%を意識して何もできないより、
どれほど前に進めるかわかりません。

苦手なことを克服するときにも、
この「60%主義」は武器になります。

自分がもし、100%主義に陥っていると気づいたら、
この「60%主義」という捉え方を意識してみてください。

自分の精神状態がずいぶんと違ってくるはずですし、
意外に良い結果が出たりするものです。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

あなたは一人じゃない

こんにちは、鈴木です。

「一人じゃなかった」

私が主催するセミナー、ワークショップに参加される方の中に、
時々このようなことをおっしゃる方がいます。

「悩んでいるのは私だけじゃなかったんですね」

あるいは、カウンセリングに相談に来られる方でも、
こうおっしゃる方がいます。

「他の人も、こんなことで悩むのでしょうか?」

人の目を気にしてばかりいるのは自分だけなのか?

落ち込んでいるのは、自分だけなのか?

仕事が辛いと思ってしまうのは、自分だけなのか?

何かに悩み始めると、私たちはそんな風に考えてしまうようです。

こうして問題を一人で抱え込む格好になってきて、
更に袋小路にはまっていくわけです。

逆にいうと、悪循環や袋小路から抜け出すには、
一人で抱え込むのではなく、悩みを分かち合えたらいいということになります。

先日行われた「幸せな生き方創造セミナー」で、
セミナーの最後にある参加者が、こうおっしゃっていました。

「今日は、みんなそれぞれに悩みを抱えているんだと、
それがわかっただけでも・・参加して良かったです」

人間は一人になることが辛いというよりも、
自分で「孤独だと思ってしまう」時が、一番辛いものです。

悩み始めると、どうしても人との接触に消極的になるものです。

しかし、自分の気持ちを誰かと分かち合えたとき、
やっぱり私たちは救われる思いがするのではないでしょうか。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。