共感的理解の真実~その1~※一部無料公開


カウンセリングでは共感的理解が重要です。

ですが、そもそもこの共感的理解が
なぜ重要なのでしょうか?

先ず、共感的理解とはなんでしょう?

共感的理解とは「感覚を伴う反応」のことです。

どういう反応かというと、言葉にするとこうです。

「ああ、なるほど」「そうか、わかった」「そういうことか」

この「わかった」という反応が共感的理解といえます。

私たちは、相手の話を聞いていて、
その話の核心が理解できたとき、
「そうか」という反応が内側から起こります。

話しの内容だけでなく、何か考えたり
出来事に遭遇したりした時も同様です。

物事に対してある種の理解を得た瞬間、
私たちは「なるほど」「そうか」「わかった」
という反応が内側に起こります。

共感的理解も、この反応のことだといってもいいでしょう。

特に、カウンセリングで聞くクライエントの話は
複雑で微妙な話が多いため、
繊細で深い理解が必要になります。

そうした話にふれて、聞いていくうちに
繊細で深い理解ができた時。

静かですが、確かな理解を得た感覚が生起します。

繊細で深い理解を得た時の反応は、
決して大きなものでも、強いものでもありません。

大きい反応の場合は「早合点」の場合が往々にしてあります。

つまりわかったのではなく「わかったつもり」の可能性があります。

~以下 会員限定サイトにて公開~

※この講義はオンライン講座会員のみが閲覧できる講義の一部を無料公開しました。すべての記事や動画をご覧になりたい方は、下記よりご入会ください。

オンライン講座に入会する