苦しみを乗り越える道




こんにちは、鈴木です。

最近続けてあるテレビ番組を観ました。

一つは凶悪犯罪者の息子のドキュメント。

もう一つは冤罪で20年服役した女性のドキュメント。

二人に共通するのは、いずれも自分は直接悪くないのに、
社会の厳しい目にさらされたということです。

厳しい人生を強いられ、やっぱり心は荒みます。

人を信じられず、心を閉ざして生きていくことになります。

しかし、番組の中で、それぞれが変化を見せていきます。

閉ざした心が少しずつ開き始め、
以前よりも人を信じるようになっていきました。

その過程を観ていて感じたのは、
人の心を開くのは「人」なのだということでした。

犯罪者の子どもの心を開いたのは、
職場の同僚たちと結婚した奥様の温かさ。

冤罪の女性の心を開いたのは、
息子や息子のお嫁さんでした。

人に裏切られ、人に苦しめられた二人が、
結局は人に救われていくことになります。

心を閉ざした二人に共通した思いは、
「人が信じられない」という思いでした。

それは別の言葉にすると
「私のことは、誰も理解できない」というもの。

ということは、理解されることによって、
この二人は救いの道を歩き始めることになったのです。

つまり、私たちが何か追い込まれたときも、
心が救われるのは、自分の理解者が現れた時です。

正確にいうと、こちらが「理解者を得た」と実感できたとき。

カウンセラーはまさに、この「理解者」となる努力をしています。

傾聴や共感的理解に努めるのも、
カウンセリングという面接を続けるのもそう。

その目的は、相談者に
「理解者を得た」という実感をもってもらうためです。

この「理解者を得た」という実感は
私たちに力と勇気を与えてくれます。

私は養成塾の授業の中で
「寄り添うには寄り添える力が必要」とお伝えします。

この寄り添う力というのは、別な言葉でいえば、
「理解者となる力」ともいえます。

先の二人、犯罪者の子どもと冤罪だった女性。

この二人も「理解者を得た」という実感を持ちました。

そのことで、過酷な人生を生きるという宿命を背負いながらも、
顔を上げ、前を向いて生き抜こうと思うようになります。

両方の番組を観終わった後は、正直、いずれも言葉がありませんでした。

しかし、「理解者を得る」ということが、
どれほど大切なことかを改めて確認した思いでした。

そして、彼らはこうした経験から、
自分がいかに生きるべきかを学んだともいえます。

もし、過酷な試練が学びの宿題だとするならば、
やはりそれを解くことでしか前に進めません。

私たちは学ぶことによって人生を前に進みます。

苦しい時こそ、学ぶしかないようです。

そしてカウンセラーはその学びを
十分に経験できるようにサポートするのが仕事です。

手を貸し過ぎてはその人は学べないし、
手が足りなくても学びきれないでしょう。

適切な距離感で伴走することこそ、
クライエントが必要な学びを経験できるからです。

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

過去の挫折、トラウマを力に変えるには?




こんにちは、鈴木です。

「他人と過去は変えられない」

そういう言葉がありますね。

確かにそうなんですが・・・・・

カウンセリングでは、過去の経験について
いろいろな角度から検討するときがあります。

もちろん、無理に話してもらうのではなく、
相談者の意志で話されたことについてです。

そのとき、過去に何があったかということも大事なのですが、
その過去をどう捉えているかは、もっと大事なんです。

私たちにとって、過去に起きた出来事(事実)は、
変えることのできないことです。

でも、その出来事(経験したこと)をどう捉えるのか?

その「捉え方」は、変えることが出来るんですね。

過去の失敗やトラウマ、挫折、それによる劣等感。

失われた自信、信頼、人生への希望。

それらも、この捉え方が変わることで、
克服、そして前進するための道が見えてきます。

Gさん(40代女性)は、中学生のとき、
いじめを経験しました。

小学生の時は自由奔放に教室で楽しく過ごせたGさん。

ところが、中学生になって、クラスには
知っている子が一人もいなくなったそうです。

また、思春期に入ると、子ども一人一人は、
急激な変化・成長期に入ります。

そのため、クラスの人間関係も、
小学校のようにはいかなくなります。

複雑で難しい感じになっていくので、
中学生になって人間関係で苦労するケースも多いんです。

Gさんの場合は、特に人に何かしたわけではなかったようです。

しかし、何か自分の言動が周りと少し違っていたり、
目立つ子から疎ましがられたりしたそうです。

そして、段々と自分の周りから人が離れていき、
やがて孤立するようになったそうです。

そのうち集団で無視されたり、物を隠されたり・・・・・

結局、そういう状況が中学卒業まで続き、
Gさんは中学のメンバーが一人もいない高校に進学。

高校では楽しい学校生活を送れたそうです。

その後、進学した大学でも、特に問題はなかったそうです。

しかし・・・・・

社会人になってから、人間関係が徐々に行き詰るように。

周囲の目を気にし、自分を出せず、
親しい間柄に関係を深めること出来なかったそうです。

その根本には、過去のいじめの爪痕がある。

ある時、Gさんはそのことに気づき、
カウンセリングで解決したいと思ったそうです。

カウンセリングは半年間、十数回で卒業となりました。

Gさんは過去の辛い体験について、
自らの意志で話をしてくれました。

途中、涙交じりに話された時もありました。

話していくうちに、過去の辛い体験への捉え方が
少しずつ変化していくのがわかりました。

それまでは、いじめられる自分が悪いんじゃないか?

人は自分に危害を加える存在なんじゃないか?

そういう捉え方を無意識にもっていたことに気づきます。

冷静に捉え直そうとしたとき、
その見方が偏っていたり、思い込みだったり、
自分の捉え方のクセにも気づいていきました。

捉え方が変わっていくことで、
Gさんの様子にも変化が出てきました。

話し方も簡潔でハッキリするようになり、
顔つきも穏やかになっていきました。

職場の人たちも、その変化に気づかないはずはありません。

少しずつ周囲との会話が増え、
職場の人間関係も良い方向に変わっていきました。

Gさんは徐々に、明るくなっていきました。

Gさんの捉え方の変化で、最も大きかったもの。

それは、

1)いじめは自分が悪いのではなく、する方(相手)の問題
⇒自己肯定感が上がった

2)人間はいろいろな人がいて、自分に優しく接してくれる人もいる
⇒人間観が肯定的に変化

という変化でした。

カギを握るのは、この変化が頭の中だけのものではなく、
実感として深く感じられたことでした。

カウンセリングには、ある程度の時間(継続)が必要というのは、
こうした気づきや変化を経験するためです。

腑に落ちる、腹に落ちる、得心するなど、
実感として認識するには、それだけの経験値が要るからです。

早く、短期間で良くなることを目的としてしまうのは、
そもそも、本末転倒なわけですね。

私たちが困難や苦しみから立ち直るには
立ち直るのに必要な時間(経験値)があるわけです。

Gさんの場合、そうした辛い経験を
中学生活のほぼ3年間経験しました。

しかも、それから30年の月日が流れています。

そんなに簡単に、早く解決できるはずもありません。

Gさんは、最後のカウンセリングの時に、
こんな風に話してくれました。

「最初、カウンセリングに通っているときは、ちょっと不安でした。
本当に通って自分を変えることができるのかと・・・・

でも、4~5回目あたりから、少しずつ変化を感じました。
そのころから気持ちも落ち着いて、じっくり取り組もうって思いました。

今、振り返っていえることは、辛い経験だったけど、
あのいじめと、これまでの苦労があったからこそ、
自分はここまで本気で自分と向き合えた。

ここまで追い込まれなかったら、
自分と本気で向き合おうとは思えなかったと思う。

そういう意味では、これまでの苦しみに感謝もしています。

もちろん、いじめた人たちは今も許せない。
嫌なことは、今も思い出したくもない。

でも「それ以上の捉え方」が自分にできたことで、
辛いことを力に変えるということの意味が、少しわかりました」

過去の出来事(事実)は、やっぱり変えることはできません。

その時経験した思いや感情も同じでしょう。

でも、同時に、捉え方は変えることができる。

捉え方が変わることで、新たに得るものも出てくる。

捉え方が変わることで、新たな思いや感情も芽生えてくる。

それが苦しみを力に変えることだと、
Gさんは学んだというのです。

私はこのカウンセラーという仕事を続けてきて、
こうした人間の可能性のすばらしさをいつも感じます。

人間というのは、学ぶことのできる存在。

過ちや失敗、苦難や苦しみからも、
成長することができる存在だということ。

だから、人生で経験したりぶつかることは、
全て無駄でも無意味でもないといえます。

過去は変えられない。

でも、過去の捉え方は変えることができる。

苦しみや困難、挫折経験も、力に変えることができる。

私はその可能性に賭け、その可能性をよりどころに、
これからも相談者の変化・成長の一助になれたらと思っています。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

怒りの感情コントロールに大切なこと


こんにちは、鈴木です。

人間というのは、精神が荒んでいくと、
狂気に走ることもあります。

だからこそ、自分の精神を荒ませずに、
日々、向き合っていくことが必要になります。

怒りの感情というのは、物事を破壊します。

人の心を傷つけ、自分の心も傷つけます。

やがてそれは憎しみに変わり、狂気へと人を駆り立てます。

bigstock-Very-angry-woman-19666925

日々のストレス、思うようにいかないこと。

そういったことは、私たちの日常ではいろいろあります。

思うようにいかない時こそ、私たちの精神が試されます。

「日常生活が一番の修行です」

ある住職が、そう言っていたと本に書いてありました。

山に籠ったり、滝に打たれたり、歩き続けたり・・・・

それはそれで、一つの経験として学びがあるでしょう。

しかし、最も厳しい修行は、日常の人間関係だったり、
思うようにいかない状況だったりします。

日常で起こる様々な問題を真正面から受け止め、
日々解決しようと生きていくこと。

私は、これこそが最も私たちを
成長させてくれるものだと思っています。

だから、日々のストレスや問題って、辛いですよね。

なんで自分の言うことをわかってもらえないのか?

どうして私がこんな目に遭わなきゃならないのか?

そんな経験、きっとあると思います。

だからこそ、それは私たちにとって、
難行であり、苦行です。

私は、人の悩みに大・小はないと思っています。

道端でつまづいたという事実が、
その人にとって人生の一大事だと思えば、
それはその人にとっての最大の悩みです。

道端でつまづいたという事実だけ見て判断すると、
それは「大したことじゃない」となります。

でも、その人にとってみれば・・・
というのが大事だと思っています。

人は、自分の苦しみを理解されたら、
立ち上がる力が微かに湧いてくるものです。

わかってもらえたという経験が積み重なれば、
人を再び信じることが出来るようにもなり、
やがてそれは大きな力にもなりえます。

狂気に走る人間には、確かにその人間の弱さもあります。

狂気(という行為)そのものは、
断じて許されるものではありません。

しかし、世の中には、もう少し理解さえ得られれば、
救われたり、立ち直れる人がいることも事実。

そんな他者との関わりも経験しつつ、
思うようにいかない日常から学ぶ。

これが一番の修行になるように思います。

大阿闍梨と言われた、故、酒井雄哉氏。

最も過酷と言われる千日回峰行を2回も経験しました。

その酒井氏も、

「2回やったからって、別に何も変わらない」

と証言しています。

もちろん、これは、修行が無意味ってことじゃないですよね。

日常生活に根を下ろしてこその修行。

そう言わんとしているのではないでしょうか?

だから、日々、私たちは苦労してますよね。

鈴木さんは悩みなんかないでしょ?て思われがちです。

何を言ってるんですか(笑)

私だって、日々、悩んでいますよ。

みんな悩んで、苦労して、何かを掴みます。

その営みだけは、どうか放棄しないでほしいんです。

もし、完全に放棄してしまったら、
怒りに任せて狂気に走ってしまうかもしれない。

それでは、何のために生まれて、生きてきたのか・・・・・

幸せになるためには、とにかく学ぶことです。

自分に足りなかった引き出しを、一つでも多く増やそう。

耳の痛い言葉にこそ、自分の学びがある。

そういう捉え方の引き出しを増やすこと。

幸せになるには、これに尽きます。

お金をたくさん得る。

大きな成果を上げ、賞賛される。

それは、気分がいいことだけど、
本質的な幸せに私たちを導いてはくれません。

どうせお金を得たり、賞賛されるなら、
そこに「学び」があった方が、後に残りものが出てきます。

それは、その後、お金や地位を失っても残るものです。

なんでそんなことが言えるか?

それは、そういった経緯を踏んだ人たちとも、
カウンセリングをさせて頂いてきたからです。

彼らは、何が一番自分にとって大切なのかを、
身を以て知ることになったのです。

思うようにいかなくなった時こそ、
最も深い学びの経験のチャンスです。

その時は、辛いし苦しいし、自暴自棄にもなります。

それでも、人間って、どこかあきらめきれないものです。

やがて、そこから何かに気づきます。

気づくことで、何かを学び取ります。

そして、クライエントの皆さんは、最後にはこうおっしゃいます。

「この苦しみのお陰で、ここまで来れました」

幸せは、その峰の向こうにあるのかもしれません。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

苦難が与えてくれる力とは

こんにちは、鈴木です。

「苦難が与えてくれることとは?」

私たちは人生を生きていく中で、様々な苦難に遭遇します。

それは思いも寄らない出来事だったり、
とても不条理でやりきれない出来事だったりします。

こうしたことはいくら気をつけていても、
ある意味、避けて通れないものでしょう。

自分の発する言葉や態度、考え方などをコントロールすることで、
ある程度そうした出来事を回避できたりもします。

しかし、全て避けられるというわけでもなく、
どうしても自分が避けたい、受け容れたくない出来事は起こります。

そんな時、その出来事をどう捉えるかで人生が変わります。

避けたい、不条理な出来事に遭遇したときに、
その事に対し、ただ愚痴や不満、怒り、嘆きをぶつけるのか。

それともこの出来事は、自分にとってどういう意味があるかを
いろいろな角度から考えていくのか。

どちらを選択するかということが、私たちの精神状態だけでなく、
その後の歩みにも大きな影響を及ぼすと思います。

カウンセリングの最初の面接の折に、私は

「●●さんなら、きっとこの問題を
乗り越えていけると思いますし、私も微力ながら
一緒に取り組んでいきたいと思いますが、いかがですか?」

と確認をします。

これは継続してカウンセリングを続けていく意思が
あるか無いかを確認する場面ですが、そのとき私はこの

「●●さんなら、きっとこの問題を乗り越えていけると思いますし・・」

の部分は、私の心の深い部分からクライエントの心の深い部分に
語りかける感覚で伝えています。

相手の目をまっすぐに見て、
一言一言をかみしめるようにしています。

そして「よろしくお願いします。」という答え(応え)が返ってきた方と
カウンセリングを継続して問題解決に臨みます。

そして、これまで多くの皆さんと、様々な問題に挑戦し、
解決の道筋を捻り出し、苦難を克服してきました。

今日も、そして明日も、同様です。

そう考えると自分の目の前に現れた問題や困難にどう向き合うか。

避けたい、不条理な出来事から何を学んでいくのか。

この出来事が起きたことは、自分にとってどんなことを意味するのか。

こうした捉え方を持てるようになると、
避けたいことが避けたいことだけではなくなり、
不条理なことが不条理なことでなくなっていきます。

苦しいことが苦しいことだけではなくなり、
受け容れられなかったことが受け容れられるようになります。

本当にね、捉え方一つなんですね。

そう考えると人生とはこうした苦難から学ぶプロセスであり、
生きるというのはその苦難によって人間的に成長すること。

そう言ってもいいかもしれませんね。

カウンセリングに来られた方が、卒業間際によく口にする言葉があります。

「この経験がなかったら、今の自分はなかったと思います」

カウンセリングによって苦難を乗り越えた道のり。

その道のりを感慨深く振り返った時に、この言葉は自然と出てくるようです。

こうした言葉を何度も耳にしてきたことで、
やはり生きるとは「成長する」ということとイコールだ。

私はいつもそんな思いになるのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。