嫌いな自分を好きになれる

こんにちは、鈴木です。

「嫌いな自分を好きになる」

プロは道具を信頼します。

自分の使う道具を信頼し、大切に扱います。

イチロー選手のバット、錦織選手のラケット。

それぞれ大切に扱い、その道具を信頼していますよね。

だから彼らは結果を出します。

道具を深く信頼し、道具に自分の命運を預けます。

その道具が本領を発揮し、結果を出します。

ここで、ちょっと考えてみてください。

私たちが生きていく上で、プロの道具に相当するもの。

それはいったい何だと思いますか?

その道具は「自分自身」であるといえないでしょうか?

私たちが生きていく上で大切な道具。

それはまさに、自分自身ではなのです。

何かしたいことをするにも、自分が必要です。

自分が考え、判断し、行動を選択する。

自分がそうやって動くから物事が動いていくわけです。

では、自分を信頼できないとどうでしょう?

これは道具を信頼できないのと同じ。

良い結果にはつながりにくいのではないでしょうか?

それは、バットを信頼できないイチローと同じ。

ラケットが嫌いで無造作に扱う錦織選手と同じです。

まあ、そんな両者は、ちょっと想像できないですね。

でも、もしかしたらあなたは、
それと同じことをしていないでしょうか?

自分という最も信頼できる道具を信じていない。

最も愛すべき自分自身を
「嫌いだ」「こんな自分は嫌だ」としか思えない。

これでは、上手くいくものも、
上手くいかないのでないでしょうか?

おそらく、イチローも錦織選手も、
今の道具に行き着くまでには、様々な道具を試したでしょう。

その試行錯誤の中から、自分が最も信頼できる道具を見つけ、
最も信頼できるよう調整して、磨き上げたはずです。

もちろん、私たちの場合、道具は自分自身です。

いろいろ試したり、とっかえひっかえにするわけにはいきません。

今の自分自身というものをとことん観察し、
自分の特徴、持ち味、そういったものを発見するのです。

傷んでいる箇所があれば、修理します。

ズレているところがあれば、修正します。

そういう試行錯誤の連続で、道具はやがて真価を発揮します。

自分のことが嫌い。

自分を信じることができない。

そう決めてしまう前に、もう一度自分自身をよく知ることです。

10年以上カウンセリングをしているとわかります。

自分が嫌いだという人ほど、自分のことがよくわかっていません。

自分のことがあまり見えていない状態なんですね。

それなのに、自分を全て知っているかのように「嫌いだ」となります。

ある意味錯覚の中に要るんです。

これは、本当にもったいない。

ぜひ、改めて自分自身を点検しましょう。

それも徹底的に。

私は10年以上カウンセリング、勉強会などをしてきました。

今も多くの人が「自己点検」を目的に、通っています。

その「自己点検」は、一人では難しいものだからです。

今のストレスや悩みから脱出する。

その近道は、本を読んだりして、
新たな知識や方法論を知ることではありません。

自分という道具の素晴らしさを再認識すること。

近道はそこにあると気がつくかどうかです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1

関連記事

  1. 自分を安定させる

  2. 自分を変える3つのカギとは

  3. 自分が嫌いな人が自分を好きになる秘訣

  4. 仕事、自分に自信をもつには?