成功するから幸せなのか?

こんにちは、鈴木です。

「成功するから幸せなのか?」

物事、上手くいくから幸せなのか?

それとも、幸せだと思えるから、物事上手くいくのか?

あなたはどちらだと思いますか?

何だか「鶏が先か、卵が先か」みたいな話ですが(笑)

しかし、このことを真剣に研究している人たちもいます。

アメリカでは「ポジティブ心理学」という研究分野があります。

そこでは「鶏が先か・・」ではなく、
「成功が先か、幸せが先か」が研究されています。

「成功するから幸せなのか?」それとも
「幸せだから成功するのか」という研究です。

いろいろな実験のデータなども踏まえて、
結論としては「幸せが先」だというのです。

つまり、幸せだという実感があればあるほど、
物事は上手くいく確率が上がる。

「成功するから幸せ」なのではなく「幸せだから成功する」ということです。

感情でいえば「ありがたい」という感謝に近いものでしょう。

感情が肯定的な状態であればあるほど、物事も上手くいきやすいようです。

しかし、どうなんでしょう?

私たちはそもそも、この感情のコントロールに苦労します。

物事が上手くいかなければ、落ち込んだり自棄になりたくもなりますよね?

思うようにいかない状態が続けば続くほど、感情は停滞します。

それに関わらず感情をプラスの状態に維持する。

これはそうそう簡単な話ではありません。

そこには、日本人と欧米人の思想的な違いがあるかもしれません。

欧米人は思考や考え方による感情のコントロールに長けているところがあります。

私たちは欧米人のようにはいかないところもありますからね。

これが欧米から入ってきた自己啓発の概念が、
日本人にフィットしない理由の一つです。

とはいっても、感情のなすがまま・・というわけにもいきません。

私たちには「理性」というものがあります。

その理性によって感情をコントロールすることは可能です。

感情がコントロールできなければ、物事は何をやっても失敗します。

感情のままでは、人間関係も上手くいきません。

すぐふてくされたり、逆切れしたり、自分の都合で不機嫌になったり・・・

そういうことだと、何も成就できないし、人が離れていきます。

社会生活を送る上では、ある程度の感情コントロールが求められます。

感情のコントロールについては、このメルマガでも何度となく書きました。

理性によって感情をコントロールできない時は、
鬱積した感情そのものにしっかりとフォーカスします。

そして、その感情の存在を否定せず、そのまま認識します。

自分は今、悔しいのだ、悲しいのだ、
虚しいのだ、やりきれないのだ・・・という具合です。

否定せず、抑えつけず、認めるだけでも、気持ちは楽になります。

認めてしまえば、その感情に囚われませんから、
新たなものの観方・捉え方が生まれます。

その結果、新たな解決行動を取れるようになります。

そうして鬱積した感情を、結果的にコントロールできるわけです。

ポジティブ心理学は、私たち日本人にはちょっとハードルが高いものです。

しかし、感情に振り回されず、もっと違った視点から物事を捉える。

そういう考え方は、参考にできるものだと思います。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1

関連記事

  1. 笑うから幸せになる?

  2. 自分を幸せにするために

  3. 幸せになるための引き出しって?

  4. どうしたら幸せになれるのか?

  5. 幸せとは気づくものだった

  6. これが確かな幸せかもしれない

  7. 幸せになるコツは捉え方にある

  8. これが幸せになれる生き方