幸せな瞬間を増やす方法

こんにちは、鈴木です。

「全てを学びに変える生き方」

私たちは生きていく中で、いろいろな経験をします。

それは必ずしも快適なものばかりではなく、不快な場合もあります。

例えば人間関係がギクシャクしたり、仕事が上手くいかなくなったり、
日常生活や家族に問題が起きたりと、いろいろでしょう。

こうした嫌な出来事や問題を「運がなかった」と
片付けてしまうのではなく、「ここから(この経験から)
私は何が学べるだろう?」と捉えなおします。

すると、ただの嫌な経験、嫌な記憶としてだけではなく、
そこから何らかの学びや気づきが得られることが多いはずです。

実際そうした「学び」や「気づき」の多い人ほど、
人間的な成長を遂げますから、人生に幅が出てきます。

例えば、自分で言われたくない言葉を誰かから言われた。

「なぜそんなことを言うのか?」と腹立たしく思ったり、
とても傷つく気持ちになるかもしれません。

もちろん、腹が立ったり傷つくことは避けられないとしても、
同時に「この経験から学べることは?」と考えてみます。

ここ、本当に真剣に考えてみてください。

すると今まで気づかなかったことが見えてきます。

例えば、自分はそんなことあの人に言われる理由はないとしても
他の場面で自分が誰かに不用意な言葉を使っているな・・と気づきます。

職場の同僚から傷つくような言葉を言われた場合も、
よくよく考えてみると、自分が家族に辛辣な言葉を使っているとか・・・

あるいは、そうした言い方はしないにせよ、
自分が使う言葉にはこれから更に気をつけていこうと思いなおす。

こうした嫌な経験を自分の力に変えていける習慣が身につくと、
年齢を重ねれば重ねるほど、人間性が磨かれていきます。

こういう生き方を意識して選択している人は、
年を重ねることがそれほど嫌にならず、むしろ楽しみにもなってきます。

なぜなら、人間としての年輪を重ねるとは、
経験を力に変えていく生きることだという捉え方がもてるからです。

人生、その捉え方によって、大きく変わります。

捉え方一つで、辛いだけだと感じていた現実が
味方をしてくれることもあります。

自分の人生に起きることを学びに変えてしまう生き方は、
ある意味で最も賢明で強力な生き方だといえるかもしれません。

こうした生き方は、自分の人生で
「幸せだな」と思える場面も増えてきます。

捉え方を変えてみると(変わっていくと)自分が恵まれている面に
より目が向き、気持ちが向いていくようになります。

その結果、自分の人生の色が「幸せ」な色に変わっていきます。

学びの先には幸せが待っている。

幸せを掴むためには、人生に「学び」の場面を多くすることです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

関連記事

  1. 「開運」の真実、運は良くなるのではなく、良くするもの

  2. 夢がなくても幸せな人生にできる

  3. 幸せになる方法

  4. 幸せになるコツは捉え方にある

  5. 生きる苦しみの中にある勲章

  6. 大切な人が遺してくれたもの~Nさんの体験~

【メルマガ「幸せな生き方」】

幸せに生きるための知恵や心理学を配信中。
読者6500人以上で大きな反響を呼んでいるメルマガ「幸せな生き方」が下記のフォームからもご登録頂けます。



メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 

心理カウンセラー鈴木雅幸(コーチ・企業研修講師)のプロフィール

心理カウンセラーとして6000件以上(2020年4月現在)のカウンセリングを実施。
5年間にわたりスクールカウンセラーとして教育現場の問題解決にあたり、現在も個別に教育相談を受ける。
大手一部上場企業を始めとした社員研修の講師として10年以上登壇し、臨床カウンセラー養成塾を10年以上運営。
コーチとしても様々な目標達成に携わる。
 詳しいプロフィールはこちら