ベーシックエンカウンターグループ(非構成)の実施要項です

 携帯電話の方はこちら


 なぜ参加者は自分に自信を取り戻せるのか?
 それは、「変われる」という確信がもてるから・・



※5月31日開催は満席となりましたので、受付は終了しました。7月27日開催の受付をスタートしています。


本当に今、増えています。

最近、ご相談内容で増えているのが、次の2つのテーマなんです。


1)自分に自信がもてない

2)職場などの人間関係



あなたのそうでしょうか?

実はこの2つ、全く別の悩みというよりは、互いに重なっている部分があります。

どういうことかというと、こんな風に連鎖していってしまうんです。

自分に自信がもてないコミュニケーションが上手くできない仕事や人間関係にも悩み始めてしまう。

あるいは、

仕事や人間関係が上手くいかない自分にも自信をもてなくなっていく。

このように、両者は互いにリンクし、負の連鎖を起こしやすいんです。

あなたも、思い当たることはありませんか?

そしてこの連鎖を止められないと、ある問題を引き起こします。


最悪の悪循環(負のスパイラル)とは?


こうした流れは、有効な手を打てないと、次のような悪循環(負のスパイラル)に陥ります。

自信がもてない⇒コミュニケーションが上手くできない⇒仕事や人間関係に悩む⇒さらに自信を失う⇒余計にコミュニケーションがまずくなる⇒ますます仕事や人間関係に悩む・・・・

中には仕事を辞めてしまい、転職先でもまた同じ問題で辞めるケースも出てきます。

うつになったり、転職の繰り返しで疲弊しきってしまう人もいます。


こうした悪循環(負のスパイラル)だけは、なんとしても避けなければなりません。


では、どうすれば解決できるでしょう?

多くの方が書籍を読んだり、インターネットに情報を求めます。

自己啓発の書籍や、人間関係・コミュニケーションを扱った書籍やネット情報ですね。


ところがです。


そうした書籍やネットの情報で、あなたの悩みや問題は解決したでしょうか?

解決できない場合が多いと思います。

なぜならそれは「知識を増やすだけではどうにもならない問題」だからです。

自分に自信をもつために必要なこと、それは経験値です。

仕事でも人間関係でも、経験を積むことによって自信がもてるようになります。

重要なことなので、もう一度。


「自信をもつために必要なのは経験値」


ですから、書籍を読んで知識を得るだけで、自信をもてたり、人間関係を改善できるわけではないんですね。

書籍やネットから方法論などの知識は、実際に日常生活や仕事の現場で試し、試行錯誤していくことで、自分のものになるのです

ただ、そこにはもっと難しい問題があります。

それは、「自分に自信をもとう」「相手にこう関わろう」と意識的な努力をしても、なかなか思うようにいかないということです。

自分を変えたいと意識的に努力しても、ちっとも変わらない。

一時的に変わったと思ってもちょっとしたつまづきで、また自信のない自分に戻ってしまう。

落ち込んだ気持ちが尾を引いてしまい、なかなか立て直せない。

そんなジレンマを何度も味わう。

そういう人が実に多いようです。

意識では「前向きになろう」「人に話しかけよう」と思っていても、それに行動が伴わない。

頭では「なんとかしよう」と思っていても、心がついてこない。

あなたもそんな経験はないでしょうか?


実は、自分を変えたいと思っている人たちの多くが、ここでつまづいてあきらめてしまうのです。


頭でわかっていても、心がついてこない。


では、このジレンマを解消し、自分を変えるには、どうすれば良いのでしょうか。

どのようにすれば、自分に自信を持ち、仕事や人間関係の悩みを解決できるのでしょうか?


経験する。これが答えです。


頭で思い込もうとするのではなく、実際に上手くできたという経験をすることです。

そうすれば「そうか、この感覚か!」という実感がわき、それが自分の中で「できる」という手応えに変わります。

つまり知識や理屈ではなく、心からの納得によって自分を変えることができるわけです。

そうした経験の場、納得の機会をもつことが、自分を変え、自信を取り戻す一番の近道になります。


心からの納得が「できる」という確信へと変わる


そして、ここからが更に重要な話になります。

自分に自信をもつためには、その前になぜ自信を失っているのか?どうして自信がもてずにいるのかを知る必要がありますよね。

また、人間関係・コミュニケーションを良好にするには、その前になぜ上手くできないのかを知る必要があります。

そういう意味でも実際に自分と向き合い、人間関係を結ぶという経験の場、気づきの機会をもつことで確認する。

それが最も確実な方法だと思いませんか?


「どうすればいいか」の前に「なぜ上手くいかないか」を知る機会が必要。


そうした経験の場、気づきの機会を得ることで、自分に自信をもち、人間関係・コミュニケーションを良好にできるという手応えが得られます。

ただ、どうすればそのような場や機会を作りだせるのか・・・という問題があります。

実際に仕事で上手くいかない、職場の人間関係も思うようにいかない。

日々、自分に自信がもてず、自分なんか・・・と否定的な思いから抜け出せない。

それなのに、そんな場や機会を持てといわれても・・・

そう思われるのも無理のない話です。


でも、あきらめるのはまだ早いです。


心の底から納得し、「できる」と確信できる方法とは?


「エンカウンターグループ」というものがあります。

これは一言でいうと、自分と向き合う場であり、良好な人間関係を経験するものです。

グループカウンセリングをさらに掘り下げたもので、カール・R・ロジャーズ博士が考案したグループセッション。

もう60年以上の歴史と実績のあるセッションです。

年齢も性別も様々な人たちが一つのグループ(7~8名)となり、自由に語り合うセッションです。

自由ですから、何を話してもいいですし、話さないで黙っていてもいいわけです。




【写真】自由であたたかいエンカウンターグループの様子


私たちは日常生活で、気づかないうちに自分の気持ちや言いたいことをおさえたり、我慢したりしています。

それを繰り返してきたので、いつのまにか自分の本当の気持ちや本当に言いたいことまでわからなくなってしまっています。

だから自分に自信も失い、人間関係も上手くいかないわけです。

自由にいられる空間、自由に参加できる場を経験することで、心が解放され、気持ちが楽になり、あなたは自分の気持ちを素直に話すことができます。

素直に自分の気持ちを言葉にできるので、いつのまにか自分の本当の気持ちに気がつき、新たな自分を発見します。

そして時間と共に参加者同士のコミュニケーションが深まり、互いの心が通い合う心地よさを体感します。

そう、絆というものを肌で実感できるのです。

同時に普段、人と会話するときにどんな気持ちになっていた・・のかということにも気づくことができます。

つまり、本当の自分、新たな自分と出会い、あたたかい人間関係を心の底から実感できるセッションなんですね。

この「エンカウンターグループ」は参加者の反響が非常に高く、何度も参加したいという方が少なくありません。

論より証拠。

実際に体験した人たちの声をご紹介します。

-------------------------------------------------------------
自分自身の振り返りと、今の自分を見つめる

作業ができたような気がします。




■カウンセリングルーム Heart balance
 代表心理カウンセラー  橋本 ちかこ 様




違う考え方の方たちの話を聴いていると、それぞれのドラマを感じました。
「今でこそ、こう思っていますが~」などの言葉には、そう思えるようになるまで、たくさんの葛藤や悩んでいた時間の重さが伝わってきました。
それぞれのそういった話を、参加者全員で共有できたことは、とても有意義でした。
そして、話をしながら、本人が整理していっているような場面もあり、と同時に、笑顔がまさに違ってきた瞬間もあり、1人1人のエネルギーを感じ、みんな素敵だなあと思いました。

自分自身の振り返りと、今の自分を見つめる作業ができたような気がします。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------
とても充実していました。



■EFTプラクティショナー 南池袋クリニック心理士
復職プログラム専任講師 高牟禮 憲司 様



とても充実していました。
沈黙の時間も結構あったが、その中でふだん気づかない自分の思いに気づくことができた。
例えば、「何か自分が話したほうがいいのかな」とか、「言っても受け入れてもらえるだろうか」とか。

人と接するときに、いつもバックグラウンドで働いている自分の思いに気づくことで、今まで陥っていたパターンが変わりそうです。
もし人から指摘されたとしたら、とても不愉快な経験だったかもしれません。
でも自分で気づけたことは、新しい発見として喜びですらあります。
このような場をもうけて頂き、ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------

人生の好スタートの足がかり、かつ

素敵な出逢いの場にもなりました。


■I・Mさん 31歳 男性



普段日常会話で漏らせない自分の本音をさらけ出す絶好の機会だと思いました。
悩んでいるのは自分だけではない同胞意識からスタートできました。
また、“仲間”との対話の中で、自分との対話をすることで、単なる頭の中での知識(好きなことをして生きてよい、感謝することなど)が、少しずつ心の中に落ちていくのを感じました。
単なる傷の舐め合いではなく、“仲間”のリアルな経験をお聞きできて、もっと人生経験を積極的に積んでいこうと思いました。

今日のワークショップを「たった1日の癒し」に終わらせず、自分なりに得た教訓をしっかりと行動に移そうと思います。
人生の好スタートの足がかり、かつ素敵な出逢いの場にもなりました。

-------------------------------------------------------------

自分がどう考えているかなど、自分を見つめる

こともできて、とっても貴重な時間でした。


■M・Oさん 23歳 女性



自分だけではなく、色々な年代の方も同じような悩みだったりを持っていることを知って、少しほっとしました。
始めはどうなることかと思いましたが、色んな人の色んな考えや見方を聞いて、自分の新しい見方ができるようになったと思います。
自分が好きな事、こうしたいと思う事があれば、遠回りや人とは少し違っても大丈夫だろうとプラスに考えられそうです。

人の話を聞くということの大切さ。それをするためには、自分を開示することが必要であるということを、改めて思いました。
自分がどう考えているかなど、自分を見つめることもできて、とっても貴重な時間でした。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------

取り組み方の幅が増えた様に思うので、今以上

に悩み解決に励んでいきたいと思います。


■W・Nさん 26歳 男性



正直、今日のセミナーはこれまで受けたセミナーと全然違うので、終始戸惑ってばかりだった様に思います。
なので、セミナー受講中の自分の立ち位置とか、どんな事を言うべきかというのが分からないまま終わってしまったのが残念です。
しかしながら、他の悩みを抱えている人がどうやってその悩みを解決していっているのかという話を聞いていると、“そういう様に考えてもいいのか”という気持ちになり、少し気持ちが軽くなりました。
今も悩みは解決していませんが、
取り組み方の幅が増えた様に思うので、今以上に悩み解決に励んでいきたいと思います。
29日のセミナーでは、もっと色々な事を掴んでいきたいと思います。

-------------------------------------------------------------

これからも苦しいことがあると覚悟を決めて、

ひたむきに歩んで行こうと思います。


■O・Aさん 44歳 男性



本日はありがとうございました。年齢・性別に関係なく、参加メンバーと交流できたことは、貴重な体験となりました。
時間も十分にとって頂きましたが、続けていけば、まだまだ話合いは続いていったような気もします。
自分自身を振り返ることのできる時間をもつこと、体験することによって、気がつくこと、学びがあるんだと思いました。
人にはそれぞれの悩みがあり、苦しみがあることを改めて感じ、自分だけの考え、視野にとどまってはいけないということを再認識しました。
また、
これからも苦しいことがあると覚悟を決めて、ひたむきに歩んで行こうと思います。また、機会があれば、参加させて頂きます。

-------------------------------------------------------------


全体を見る、話を聞く。この2点は特に重要

かなと、自分に足りていないかなと思いました。


■H・T さん 25歳 女性



最初に、他の人の悩み、考え、状況を聞くことができて、なかなか無い体験ができたと思いました。
特に色んな立場、人生的なところを聞けて、今の自分について振り返ることができたと思いました。
D・Sさんの「無心になる」っていう話を聞いて、今の自分は無心になれてないと思いましたし、今の状況が自分では変えられないという事に気がつくことができたと思います。
自分では何とかできる事と、できない事があるから、場所を変える事もできるのかと思いました。
全体を見る、話を聞く。この2点は特に重要かなと、自分に足りていないかなと思いました。
今、仕事で嫌な環境にいると思っていましたが、自分の話題で出てくる機会が多かったなと思いました。
だから嫌な事からも学ぶ機会はあると思いました。
自分の良い事として、気づいた事が自分の気持ちか感情をオープンにできている。
言葉にする事ができることかなあと思いました。本日はありがとうございます。

-------------------------------------------------------------



そうなんですね。

日常生活ではなかなか出来ない体験ができるんです。

ギスギスした関係では経験できない、暖かい、血の通った交流。


そこで織りなされるコミュニケーションからは、今までに経験できなかった心満たされる体験が得られるのです。




【写真】自由に語り、自分の気持ちに気づいていく参加者たち


エンカウンターグループであたたかい時間を経験すること。

それであなたは新しい人間関係の築き方、コミュニケーションの方法を知り、新たな自分に出会えます。

職場で感じる人間関係の余計なストレスを、心の交流を経験することで解消できます。

参加してみようと思われたら、ページ下部の「お申込みフォーム」より、必要事項を記入してお申込みください。

小人数のほうがセッション効果が高いため、【限定8名】で募集しています。


定員に達したら受付終了となりますので、締め切り前にお申込みください。


 エンカウンターグループ概要


【このセミナーで得られるもの】
●より深い対人関係を結ぶ経験
●対人関係のストレスとの決別
●自己開発、自己啓発


【こんな方が対象】
■先生業(コーチング・セラピスト・講師・カウンセラー)
■自己成長を目指す方、自分を見つめ直したい方
■対人関係スキルを高めたい方(ビジネスマン・OL他)


【経験出来ること】
■集団における血の通った新しいコミュニケーション
■集団の中でのより深い自己理解と他者理解


【セミナーの内容】
●講義:イントロダクション
●セッション:エンカウンターグループ
※昼食(休憩1時間)は各自でご用意ください。

【開催要項】
■日程:2014年7月
27日(日)
■開催時間:10:00~17:00 
■開催場所:最寄り駅(原宿・表参道・明治神宮前)
※会場の詳細等はメールにて個別にご案内します。
■受講料:(事前の銀行振り込み)
12000円(2回目以降の参加者は1万円)
■定員:8名
【残席5名】


 
【最後に鈴木から】

暖かい心の交流を知るには、実際に経験するのが一番の近道です。

そのためには、決められた講義やワークを行うのではなく、参加者同士の自由なコミュニケーションの場を経験することが一番です。

今まで知らなかった、経験できなかった人間関係を知ることで、そのままあなたの実生活も、世界観も一変します。

こうした経験を知らずして心を閉ざしたままでは、あなたの心はますます頑なになるばかり。

そうなると、心ある人たちまであなたの元を去ってしまうかもしれません。

そうした不安、さびしい運命を断ち切るするためにも、あきらめるのはまだ早いのです。

ぜひ、このエンカウンターグループにご参加ください。

お申し込みは下記のフォームから。

       <お申し込みフォーム>


※個人情報は責任をもって管理しておりますのでご安心ください。

 
お名前  必須

 
ふりがな 必須

 
アドレス  必須
※ご案内が届かないことがあるので、アドレスの記入ミスにご注意ください。

 ご年齢 
例)38歳 必須

 性別  女性  男性 必須

 ご住所  必須


 お電話番号 必須 
例)002-1234-5678
(携帯電話OK)
  ※メールの不具合により、連絡が必要になることがあるためで、こちらから催促の連絡をしたり、許可なく郵送物を送ることなどは一切ございませんのでご安心ください。


      ●参加理由などご自由に
       


            
※携帯の方は、PCメールが受信できるよう設定をご確認ください。
 

※セッション効果を高めるために【限定8名】のみの受付となります。

定員に達し次第、受付終了となりますので、締め切り前にお申込みください。

【残席5名】

※個人情報及び相談内容については守秘義務は厳守させて頂きますので、どうぞご安心ください。




                                 





HOME - ■無料心理テスト■ - ■メール講座■ - ■受講者の声■ - ■カウンセリング ブログ■ - ■鈴木の無料個別相談■