グループエンカウンター カウンセラー 研修

 携帯電話の方はこちら


  

  カウンセラー・ファシリテーターの方向け
 面接・グルーワークを深めるスキルを獲得する
  グループエンカウンターワークショップ



      カウンセリングの成否を決めるための
       究極の要素はセラピストの人間性。
     その人間性の土台を確立するワークショップ



カウンセリングやセラピー対面セッションを行う場合、
その成否を分けるのは、いったい何でしょうか?


成否を分けるのは、次の2つの要素です。


1)カウンセリングの技術

2)カウンセラーの人間性・姿勢



どういうことか?


1)カウンセリングの技術

これは面接技術のことですね。

傾聴力(聞く力)・共感的理解力・応答技能などです。
クライエントの訴えを正確に聞き、深く理解し、心のこもった言葉を返す。

これはカウンセラーや対面セッションを行う仕事では、基本的に必須の技能です。
どんな心理学の理論や知識をもっていても、対面の接触技術がなければ、
宝の持ち腐れにしかなりません。


これらの技能訓練としては、応答訓練やロールプレイが代表的です。
しかし、対人間相手の仕事は、理論や技術だけでの対応では不十分です。

その理論や技術を生きたものにするためには、
カウンセラーなどの対応する人間の人間性や姿勢が問われます。


2)カウンセラーの人間性・姿勢

何を言ったかではなく、誰が言ったかが大事だと言われます。
同じことを言っても、説得力を感じる人と、そうでない人がいますよね。

それは、この人間性の差であり、その人から醸し出される力の違いです。
こういうレベルでの面接を行うためには、
私たちは自己開発による人間的成長をとげる必要が出てきます。


では、人間的成長をとげるためには、どんな研修を受ければいいのでしょう?


多くのセラピストやカウンセラーは、そこが漠然としているんです。

人間的な成長は、人生経験と年齢的なものに
左右されると思っている人もいます。


でも、それでは経験を積めない人間はどうすればいいのでしょう?

臨床経験や年齢を重ねなければ、
自己開発や人間的成長は難しいと言うことなのでしょうか?


しかしです。ちょっと待ってください。


若いながらもなかなかの人物っていますよね。
彼らは人生経験がそれほど豊富ではないのに、それなりの器を持っている。

持って生まれたもの?天性のもの?
私はそうは言い切れないと思います。

もちろんそういう側面はあるかもしれません。
しかし、後天的に培われた要因は少なくないと思っています。


彼らの特徴をみていくと、一つのことがわかります。
それは、他人に対して自分自身が開放的だということです。


自分の感情を受け容れていて、時には率直にその思いを語れる。
他人の思いをありのまま受け止めて糧にできる。


こういう姿勢が身についているようです。

つまり、発信(アウトプット)と受信(インプット)の能力に
それぞれ優れているといえるのです。


率直な意志の疎通という経験は、その人間を成長させ、
コミュニケーション能力をも高めてくれます。


このワークショップは、そんな究極の心通わすコミュニケーションが
体験できる場なんです。


そしてここに、カウンセラーやセラピストが自らの人間性を上げるための
大きな大きなヒントが隠されているわけです。


つまり、こういうことです。


自分をオープンに出来る環境の中で、ありのままの自分を伝え、
他人をありのままに感じる機会を体験学習すればいいわけです。


グループエンカウンターがカウンセラーの研修の中心をなすのも、
こうした要因があるからなんですね。


私自身、師匠が主催したグループエンカウンターに、
参加者として何度か参加してきました。


カウンセラーとしての人間性、内面を磨くためです。


これまで私はカウンセラーとして、様々な壁にぶつかりました。
難しいケースにぶつかり、悩むこともたびたびでした。


でも、結局は自分を高め、人間的に成長することでしか、
それらの壁は越えられないと知りました。


そこで、グループエンカウンターに積極的に参加し、
お互いが心を開いて通わせることの心地よさ、
感動すら覚える、その体験を重ねてきました。


そう、すごく感動する、感動体験なんですね。


そして、つい先日、カウンセラー向けの勉強会を行った際に、
あるカウンセラーの方が、わたしのことをこんな風に感じて下さいました。

「私が初めてお目にかかった鈴木さんは、写真で見る印象より、
もっとどっしりとした存在感を感じました。

愛想のいいタイプではありませんが(鈴木さん、ごめんなさ~い)
威圧感もまったくなく、立たずまいが凛としていました。

冷静さの中に、相手を受け入れてくれそうな
温かさと大きな器を感じました。

哲学者のような、高僧のような印象を受けました。」



愛想がないつもりはないんですが(笑)
こんな風に感じて頂けたとしたら、やはり訓練の積み重ねのお陰です。


セラピストやカウンセラーから醸し出されるものが、
カウンセリングやセラピー、対面セッションの成否を決める。

改めてそう言ってもいいと思います。


自分の人間性や姿勢を磨かないで心理学や技術に頼るのは、
体力トレーニングをせずにプロスポーツの試合に臨むようなもの。

根本に不安を抱えては、良いパフォーマンスなど生まれないでしょう。


カウンセリングでは数分間の沈黙は当たり前。
沈黙で勝負できないようでは、深い面接など出来ません。


沈黙でも勝負できる。応答でも勝負できる。
そういう本当の臨床実践の力をあなたにつけて頂きたい。


だからこそ、そうした体験学習の出来る場を、
鈴木は自ら積極的に開いていきたいと思ったのです



論より証拠。

体験学習を実際に体験した人たちの声をご紹介します。
※一般の参加者の声も掲載しています。

-------------------------------------------------------------
自分自身の振り返りと、今の自分を見つめる

作業ができたような気がします。




■カウンセリングルーム Heart balance
 代表心理カウンセラー  橋本 ちかこ 様




違う考え方の方たちの話を聴いていると、それぞれのドラマを感じました。
「今でこそ、こう思っていますが~」などの言葉には、そう思えるようになるまで、たくさんの葛藤や悩んでいた時間の重さが伝わってきました。
それぞれのそういった話を、参加者全員で共有できたことは、とても有意義でした。
そして、話をしながら、本人が整理していっているような場面もあり、と同時に、笑顔がまさに違ってきた瞬間もあり、1人1人のエネルギーを感じ、みんな素敵だなあと思いました。

自分自身の振り返りと、今の自分を見つめる作業ができたような気がします。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------
とても充実していました。



■EFTプラクティショナー 南池袋クリニック心理士
復職プログラム専任講師 高牟禮 憲司 様



とても充実していました。
沈黙の時間も結構あったが、その中でふだん気づかない自分の思いに気づくことができた。
例えば、「何か自分が話したほうがいいのかな」とか、「言っても受け入れてもらえるだろうか」とか。

人と接するときに、いつもバックグラウンドで働いている自分の思いに気づくことで、今まで陥っていたパターンが変わりそうです。
もし人から指摘されたとしたら、とても不愉快な経験だったかもしれません。
でも自分で気づけたことは、新しい発見として喜びですらあります。
このような場をもうけて頂き、ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------

人生の好スタートの足がかり、かつ

素敵な出逢いの場にもなりました。


■I・Mさん 31歳 男性



普段日常会話で漏らせない自分の本音をさらけ出す絶好の機会だと思いました。
悩んでいるのは自分だけではない同胞意識からスタートできました。
また、“仲間”との対話の中で、自分との対話をすることで、単なる頭の中での知識(好きなことをして生きてよい、感謝することなど)が、少しずつ心の中に落ちていくのを感じました。
単なる傷の舐め合いではなく、“仲間”のリアルな経験をお聞きできて、もっと人生経験を積極的に積んでいこうと思いました。

今日のワークショップを「たった1日の癒し」に終わらせず、自分なりに得た教訓をしっかりと行動に移そうと思います。
人生の好スタートの足がかり、かつ素敵な出逢いの場にもなりました。

-------------------------------------------------------------

自分がどう考えているかなど、自分を見つめる

こともできて、とっても貴重な時間でした。


■M・Oさん 23歳 女性



自分だけではなく、色々な年代の方も同じような悩みだったりを持っていることを知って、少しほっとしました。
始めはどうなることかと思いましたが、色んな人の色んな考えや見方を聞いて、自分の新しい見方ができるようになったと思います。
自分が好きな事、こうしたいと思う事があれば、遠回りや人とは少し違っても大丈夫だろうとプラスに考えられそうです。

人の話を聞くということの大切さ。それをするためには、自分を開示することが必要であるということを、改めて思いました。
自分がどう考えているかなど、自分を見つめることもできて、とっても貴重な時間でした。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------

取り組み方の幅が増えた様に思うので、今以上

に悩み解決に励んでいきたいと思います。


■W・Nさん 26歳 男性



正直、今日のセミナーはこれまで受けたセミナーと全然違うので、終始戸惑ってばかりだった様に思います。
なので、セミナー受講中の自分の立ち位置とか、どんな事を言うべきかというのが分からないまま終わってしまったのが残念です。
しかしながら、他の悩みを抱えている人がどうやってその悩みを解決していっているのかという話を聞いていると、“そういう様に考えてもいいのか”という気持ちになり、少し気持ちが軽くなりました。
今も悩みは解決していませんが、
取り組み方の幅が増えた様に思うので、今以上に悩み解決に励んでいきたいと思います。
29日のセミナーでは、もっと色々な事を掴んでいきたいと思います。

-------------------------------------------------------------

これからも苦しいことがあると覚悟を決めて、

ひたむきに歩んで行こうと思います。


■O・Aさん 44歳 男性



本日はありがとうございました。年齢・性別に関係なく、参加メンバーと交流できたことは、貴重な体験となりました。
時間も十分にとって頂きましたが、続けていけば、まだまだ話合いは続いていったような気もします。
自分自身を振り返ることのできる時間をもつこと、体験することによって、気がつくこと、学びがあるんだと思いました。
人にはそれぞれの悩みがあり、苦しみがあることを改めて感じ、自分だけの考え、視野にとどまってはいけないということを再認識しました。
また、
これからも苦しいことがあると覚悟を決めて、ひたむきに歩んで行こうと思います。また、機会があれば、参加させて頂きます。

-------------------------------------------------------------

これからもこの姿勢を崩さないというか、

汗水垂らして身につけたいと思ってます。


■D・Sさん 22歳 男性



最初はどうなることやと思って、ヒヤヒヤしてました。
参加者の皆さんへ話を聞いているうちに、“理解しよう”とか、“学ばせてもらおう”“教えてもらおう”という思いが湧いてきまして、午後はひと言も喋りませんでした(笑)
セミナーに向かうときは「何か得て帰ってこよう」「勉強しよう」という気持ちでいましたが、今回はその姿勢が身につけられたと思っています。

1/1000 か 、1/10000 か、本当に小さい事しか理解出来なかったけど、今日は来て良かったです。
これからもこの姿勢を崩さないというか、汗水垂らして身につけたいと思ってます。
今日は本当にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------

全体を見る、話を聞く。この2点は特に重要

かなと、自分に足りていないかなと思いました。


■H・T さん 25歳 女性



最初に、他の人の悩み、考え、状況を聞くことができて、なかなか無い体験ができたと思いました。
特に色んな立場、人生的なところを聞けて、今の自分について振り返ることができたと思いました。
D・Sさんの「無心になる」っていう話を聞いて、今の自分は無心になれてないと思いましたし、今の状況が自分では変えられないという事に気がつくことができたと思います。
自分では何とかできる事と、できない事があるから、場所を変える事もできるのかと思いました。
全体を見る、話を聞く。この2点は特に重要かなと、自分に足りていないかなと思いました。
今、仕事で嫌な環境にいると思っていましたが、自分の話題で出てくる機会が多かったなと思いました。
だから嫌な事からも学ぶ機会はあると思いました。
自分の良い事として、気づいた事が自分の気持ちか感情をオープンにできている。
言葉にする事ができることかなあと思いました。本日はありがとうございます。

-------------------------------------------------------------



人間関係やコミュニケーションの究極のものって何だと思いますか?
阿吽の呼吸とか以心伝心という言葉がありますよね。

つまり、言葉は要らないという世界です。

言葉がなくても通じ合える。そういう人間関係の機微にこそ、
コミュニケーションや人間関係の奥深さがあるわけです。


そうした感受性を磨く意味でも、グループエンカウンターは
カウンセラーやセラピストには必須の研修になるわけです。


新たな土台作りと感受性を磨き、クライエントの深い信頼を獲得します。
人間的に成長することで、経験不足をカバーし、面接への不を解消します。



 第4回グループエンカウンター概要


【このセミナーで得られるもの】
●より深い対人関係を結ぶ経験
●対人関係のストレスとの決別
●自己開発、自己啓発


【こんな方が対象】
■先生業(コーチング・セラピスト・講師・カウンセラー)
■経営者・起業家・マネージャー
■対人関係スキルを高めたい方(ビジネスマン・OL他)


【経験出来ること】
■集団における血の通った新しいコミュニケーション
■集団の中でのより深い自己理解と他者理解


【セミナーの内容】
●講義:イントロダクション
●ワークショップ:グループエンカウンター
※受講後、懇親会あり。(居酒屋に移動)
※昼食は各自でご用意ください。

【開催要項】
■日程:11月28日
(日)
■開催時間:10:00~17:30 ■懇親会:18:00から
■開催場所:東京原宿・表参道会場
■受講料:12000円(終了後の懇親会は別途3000円) 

■定員:8名
(残席3名)


 
【最後に鈴木から】

こうした土台作りは地道なものです。

だからといっていつまでも取り組まなければ、不安を先送りするだけ。
やがて行き詰り、1人で抱え込み、やがてつぶれてしまいます。


あなたがそんな運命をたどることがあっては、断じてならないのです。


今から土台作りを並行して取り組むことで、
ある時、磨いてきた技術と相乗効果を発揮する時がやってきます。

今取り組めば、その分、他を圧倒する人間力を手にできます。

お申し込みは下記から。

       <お申し込みフォーム>


※個人情報は責任をもって管理しておりますのでご安心ください。

 
お名前  必須

 
ふりがな 必須
(ひらがな)        
 
アドレス  必須
※入力ミスがあると確認メールが届かないばかりかこちらから連絡も取れません

 ご年齢 
例)38歳 必須

 性別  女性  男性 必須

 ご住所  必須


 お電話番号 必須 
例)002-1234-5678
(携帯電話OK)
  ※メールの不具合により、連絡が必要になることがあるためで、こちらから催促の連絡をしたり、許可なく郵送物を送ることなどは一切ございませんのでご安心ください。

   ●参加の仕方をお選びください

     セミナーのみ参加
    
     セミナー&懇親会参加


      ひとこと
       


            
※docomoの携帯の方は、こちらからのPCメールが受信できるよう設定をご確認ください。
 

※個人情報及び相談内容については守秘義務は厳守させて頂きますので、どうぞご安心ください。




                                 





HOME - ■無料心理テスト■ - ■メール講座■ - ■受講者の声■ - ■カウンセリング ブログ■ - ■鈴木の無料個別相談■