意地悪な人の心理、特徴と人間不信



意地悪な人の心理・特徴と人間不信


~暴君タイプの人との付き合い方~

-暴君タイプの人たちのエネルギーは「怒り」-

何かしらないけれどいつもイライラしている。ちょっとした事に必要以上に腹を立てたりキレたりする。

人の失敗をことさら取り上げたり、バカにしたりする割に、自分のミスを認めようとしない。

人のことを不誠実だと騒ぐくせに、自分の不誠実さには鈍感だ。

いじめや意地悪をしてくる。

人の話を聞かないで自分の話を延々と話し続ける。ゴシップが好きで、何かやろうとすると、反対意見や文句ばかり言ってくる。

その他挙げればキリがありませんが、このような困った人たちが、あなたの身近にも必ずと言っていいほどいると思います。

こういう人たちというのは、概してとてもパワフルでしつこく、廻りの人間をの
み込んでしまうように巻き込んでいきます。

こちらとしては、そんな人たちの言動が理解できません。何故そこまで自分中心で勝手なのだろう。

ちょっと意見しようものなら100倍になって返ってきます。

では言わないでおこう。

ところが言わないでいると、そういう人は益々ワガモノガオでパワーを発揮し始めます。

その人一人のせいで、職場やクラス、近所の雰囲気が険悪なものになったり、起きる必要のないトラブルが頻発したりします。

では、何故、そういう人は、それほどまでに自己中心的なのでしょうか。

人が何かをする時というのは、その動機に二種類あるのです。

一つは悦びです。

それをするのが自分の悦びにつながるからするというものです。

もう一つは怒りです。

人間不信があったり、意地悪な人の心理・特徴として、自分の中にある怒りを吐き出すため、或いは、怒りそのものに突き動かされて行動してしまうところがあります。

廻りの人間にとって困ったことばかりする人。

そういう人の人生の動機は怒りなのです。

それでは、怒りを動機に行動してしまう困った人たちを、もう少し考察してみましょう。

-怒りが発生するメカニズム-

まず、その怒りというのはどこから発生するものなのでしょうか。

メカニズムはこうです。

人間と言うものは、本来人を愛することに大きな悦びを感じ、そんな自分の人生に満足を覚える動物です。

そして、心に傷を負う経験をして、そのために怒りを募らせていく場合、人はだんだんひねくれてきて、不満や怒りが溜まっていきます。

そして、溜まったもの(怒り)は吐き出したくなるものです。

そこでどうするか。

先ず怒りを自分自身に向ければ、自らの心身に影響が出ます。精神的な疾患(パニック障害、自傷行為、鬱、ストレス性の疾病、重度のアレルギー疾患、対人恐怖症、分裂病 他)や、不登校、引きこもり、自己否定感、自己弱少感に悩まされます。

次に怒りを行動に出せば、非行、犯罪、暴力、虐待、いじめ、依存症、摂食障害、セックス依存、恋愛依存、匿名による誹謗中傷 等です。

さらに怒りを他人や社会にぶつけると、自己中心的、身勝手、仕事依存、出世や昇進への固執、社会批判、執拗な議論をふっかける、過激な改革論をかざす などが考えられます。

もちろんこれらの事象が全て怒りを動機にしているわけではありませんが、怒りを背景にこれらの症状や行動を生み出している人たちもいるということです。

この中でも、人に対しての攻撃性が激しく、自分ではまったく悪いと思わず、怒りを自分以外の他人にぶつけてくる人を「暴君タイプの人」とします。

そういう人は悩んだり「自分が悪い」などとは天地がひっくり返っても思わないひと
です。

また、暴君タイプの人は、心にダメージを受けた経験からくる不満、寂しさ、憤りから、強い人間不信を形成してしまいます。

人間不信というのは、自己不信からくる他者不信です。

自分の心の中に怒りや複雑なウソがあるため、人の心の中も自分の心の中と同じように複雑で怒りに満ちた信用できないものだと思ってしまうのです。

また、そうした根強い不信感から、「自分は愛されなかったのだから、世の人たちも自分を受け入れてくれるはずがない」と思って、人間不信、社会不信に陥っているのです。

-怒りが更なる怒りを生む-

そして、このようなメカニズムから考えると、そういう人は相手に対して怒っているのではなく、自分を愛してくれなかった親に対して怒りをぶつけているのかも知れません。

目の前にいる相手や出来事に怒っているようで、実は目の前には居ない自分を傷つけた人間への怒りに自分を失っているといえるのです。

そして噴き出してくる怒りにイライラしたり、何故イライラするのかもわからない自分自身にジレて、ますますイライラしてくるわけです。

怒りが更なる怒りを生み出してしまうのです。いわれのない怒りやイライラをぶつけられたりいじめに遭う廻りの人間はいい迷惑です。

ここで気をつけなくてはいけないのは、同じ怒りを自分に向けている悩める人たちです。

彼らは自分に自信がなく悩み易いため、そのような暴君タイプの人から怒りをぶつけられるとひとたまりもありません。

また、暴君タイプの人というのは、同じ怒りを自分に向けている悩める人を見ると、自分の怒りが刺激されて意地悪をしたくなってしまうのです。

ではこういう攻撃性の高い、暴君タイプの人にはどう対処していけばよいでし
ょう。

基本的には対処療法しかありません。

あまり深く関わらないことです。

必要以上に関わると、ロクなことがありません。

そんな意地悪な人からは嫌われて相手にされないくらいが健全です。

もしどうしてもある程度の関係を維持しなければならないのなら、おだてることです。

こういう暴君タイプの人は歯が浮くようなおだてや誉め言葉にも本気でよろこんでしまいます。

それは、こういう人は常に人に対して優越感を感じていないといられないからです。

自分を高い位置に置いてくれないと、その相手を攻撃せずにはおれなくなるからです。

また、こういう暴君タイプの人は、悩むということがありませんし、人に好かれたいと思うこともありません。

だから、平気で無神経な言動をしたり、人を傷つけても平気ですし、ひたすら自分を大きく見せることに躍起です。

人間関係を上手くやるには、人との付き合い方に幅を持たせた方が良いと思います。

人によって付き合う深さを浅くしたり深くしたり。

特にこのような意地悪な人、人間不信の心理で人を責める特徴を持った人とは適度に距離を保つことです。

人間関係が苦手な人は、それができずにだれからも一様に深く関わらなければならないと思い込んでしまいますが、自己実現した人は、深い関係を結んでいる友人の数が意外に少ないものです。

千人の友より一人の親友。

これが人間関係を考えるポイントですね。



 
心理カウンセラー&講師 鈴木雅幸

※facebookをご利用の方は、フォロー大歓迎です。
 


職場の人間関係の悩み・問題に対する回答をすぐに欲しい方は、下記のボタン無料心理テストに進むをクリックしてください 
 
無料心理テストQ&A 

あらゆる人間関係の問題や悩みを解決したい、自分に自信を取り戻したいと考えている人向けのメルマガ(読者3706人)を配信しています。

スマホ・タブレット・PCなどで、すぐに無料で読むことができます。空いた時間でいつでも心の支えとして頂ける内容です。

下記よりすぐに登録できます。↓ 


メルマガを読む 

 
職場の人間関係の悩み・ストレスを徹底排除し、余計なストレス・悩みを完全解消しましょう。

職場の人間関係の悩みを直接相談したい、個別のアドバイスが欲しいという方は、下記のボタンカウンセリングの詳細へをクリックしてください。 

カウンセリングの詳細 





 







このエントリーをはてなブックマークに追加