うつ病チェック うつ病の症状、治療、克服法


 
うつ病は早めの診断・治療などの対処によって回復や寛解(かんかい)の可能性が高くなります。

つまり早めの対処が重要だということです。

対処が遅れれば遅れるほど、回復までも時間を要します。

先ずはうつ病に対して正しい知識と対処法の基本を知ることをおススメします。

以下に、基本の基本をわかりやすくお伝えします。


<目次>
うつ病の症状チェック 
うつ病の種類とうつ状態 
うつ病の治療は? 
うつ病へのカウンセリング、方法と効果 
うつ病になったら 
うつ病との付き合い方 
うつ病と仕事(休職、職場復帰、転職) 
うつの予防について 
職場の人間関係とうつ 


うつ病の症状チェック 

アナタはこんな症状(以下のチェック項目から五つ、それ以上のチェック項目)があてはまりませんか?>

チェック1:抑うつ気分

憂鬱である、悲しい(あるいは喜びも悲しみも感じない)、何の希望もない、落ち込んでいる、急に怒りっぽくなったりイライラする。

チェック2:興味や喜びの著しい減退

何事にも興味が持てなくなり、楽しいと思えなくなり、閉じこもりがちとなる

チェック3:食欲の減退、または増加

食欲自体が湧いてこない、体重減少が起こる。
一方、甘いものなど、食欲が増し、体重が増加する。

チェック4:不眠、または睡眠過多

なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまう、朝方(例えば通常より2時間以上早く)目が覚めてしまう場合。
一方で、睡眠時間が長くなり、昼間もほとんど寝ている。

チェック5:強い焦燥感や運動の制止

ジッと座っていられないほどの焦燥感、イライラ。また、明らかに身体の動きが遅くなる、口数が少なくなる、声が小さくなるなどの制止。

チェック6:疲れやすさと気力の減退

極度の疲労感、身体が重いなどの疲れやすさ。何もする気になれない、何をするにも億劫である。

チェック7:強い罪責感、無価値感

根拠なく自分を責めたり、過去の些細なことを思い出しては悩んだり。

チェック8:思考力・集中力の低下

注意散漫、集中力低下により、仕事や勉強などが思うようにできない。決断力の低下。

チェック9:死にたいと思ってしまう

一日中死にたいと思ったり(自殺念慮)、死のうと思って行動に移そうとする(自殺企図)。

以上のチェック項目に該当するような症状が1~2週間続くようであれば要チェックです。

その場合は一度、専門医に相談することをお勧めします。

早めのチェック、早めの診断が望ましいと思います。


うつ病の種類とうつ状態 

1)脳や身体(疾患)に原因のあるうつ状態

例えば心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞や脳内出血)、糖尿病、甲状腺の病気、肝機能障害、がんなどからくるうつ状態。

2)ひとりでに起こる(内因性)うつ状態

大きなストレスやこれといった原因からではなく、内因(遺伝体質的素因)などによって起きる場合。

この場合も、発症時にきっかけになる出来事がある場合が多い。

3)心因(原因・出来事・体験)によって起こるうつ状態

何らかのストレス(愛する人の喪失、事故や死ぬほどの恐怖体験、長い時間をかけて内面的に生じたストレスなど)がきっかけになって起きる場合。


うつ病の治療は? 

・薬物療法

うつ病は脳内神経伝達物質の異常が原因といわれていますので、基本的には、抗うつ剤や抗不安薬などの薬による治療が必要になるケースがあります。

効果が現れるのには、通常1~2週間ほどと言われていますので、副作用が少なく、効果が出る薬を、医師と経過を診ながら検証していくことになると思います。

※精神科の薬の賛否

薬を飲むということに対しては、いろいろな意味で賛否が分かれています。

これについて簡潔に書きます。

先ず、薬を飲むことにはメリットとデメリットがあります。

薬を飲むことで回復した人もいます。

逆に薬を飲むことで却って状態が悪くなった人もいます。

薬には副作用が伴います。

ですから、薬の効き目と副作用を十分に考慮して処方されることが望ましいです。

厚生労働省も、薬の乱暴な処方を問題視して処方制限を打ち出すなどの対策に乗り出しています。

一方、薬を飲まないことのメリットとデメリットがあります。

飲まないことで副作用に悩むことは無くなります。

また、一部に依存性が確認されているものもあるため、薬を飲まないことでこうしたリスクは回避されます。

しかし、うつ病には自殺念慮や自殺企図といった症状が現れます。

また、薬を飲まなかったことで予後が悪くなったり症状が長期化したケースも報告されています。

このケースの場合、適切な処方がなされることでこうしたリスクを回避できることになります。

また、うつ病ではなく軽度のうつ状態のケースでは、薬は必要なく生活環境の調整やカウンセリングによって回復することもあります。

他には内因性のうつ病の場合、薬によるコントロールで仕事や生活が保たれるケースもあるようです。

こうしたことを総合的に判断して薬の処方の仕方やその有無を決めていくことになると思います。

・精神療法(心理療法)

薬で症状を軽減させながら、医師またはカウンセラーとじっくりと話し合います。

うつ病の治療法としては、認知療法やカウンセリングがよく用いられています。


うつ病へのカウンセリング、方法と効果 

カウンセリングは、うつ病によって不安定な精神面をサポートする意味で行われます。

自分の性格傾向、今の辛い気持ちや不安、病気への取り組みへの考え方などを言葉にしながら、じっくりと精神的な安定や建て直しも図っていきます。

うつ病の方に対し、最も多く用いられている方法は、認知行動療法という方法です。

他には来談者中心療法という方法です。

いずれもその人の物事に対する捉え方を健康的、建設的、そして現実的なものに変えていくために、対話や記録によるチェックなどを用いてケアしていきます。

うつ病になる大きな原因の一つに、その人の物事に対する捉え方があります。

一言でいうと、視野が狭く、柔軟性がなく、感情的になりやすい状態に陥っています。

その根本にその人特有の物事の捉え方があるわけです。

カウンセリングはその捉え方を変えることでクライエントの視野を広くし、柔軟性をもたせ、理性的な状態になるために行います。

このサポートは薬を飲み続けるだけでは出来ません。


うつ病になったら 

先ず、信頼できる専門医(精神科・心療内科)を尋ねることをお勧めします。

うつ病は、病気ですので、専門的な治療やサポートが必要不可欠です。

また、いたずらに将来を悲観せず、今できることを落ち着いてやっていくようにしてください。

休む必要があるならしっかりと休む。

必要な治療を必要な期間受ける。

必要だと思ったら、セカンドオピニオンを受ける。

勤め先の人たちと必要な連絡を取る。

できれば休職や復職、お子さんの養育などに関して、信頼できる専門家や行政に相談しながら治療を受けましょう。


うつ病との付き合い方 

・うつ病の症状か性格かのチェック

上に記した九つの症状は、性格ではなく、うつ病という病気による症状です。
風邪を引いたら熱やだるさがでるのと同じです。うつ病になると、何でも自分の性格だと思い、自分を責めがちですので、医師に相談することをお勧めします。

・うつ病の波を知る

うつ病は波があります。基本的には、良くなったり落ち込んだりを繰り返す病気です。
自分の波(周期やタイミング・程度など)を知っておくことも有効で、これも専門医に相談できます。

・治るのには時間をかける

うつ病は急に良くなる病気ではありません(急に良くなる場合、薬の副作用か、躁うつ病の躁の可能性があります)。数ヶ月単位、年単位で、じっくりと推移を見ていきましょう。

・薬を勝手に止めない

副作用が強ければ、すぐ医師に連絡・相談してください。自分に合う薬が見つかるまでは、自分で「良くなった」と思ったり、「薬に頼るのは良くない」と勝手に判断しないで、その際も医師に相談することをお勧めします。通常、良くなっても再発防止を考え、一年位薬を飲み続けるということです。

以上、ここでは、基本的なことについて書きましたが、先ずは専門医への受診、専門医との相談が大切です。素人判断は危険です。この文章を読んで理解した気にならず、医師と相談することをお勧めします。


うつ病と仕事(休職、職場復帰、転職) 

精神状態が悪くなったら、出来るだけ早めに対策を講じます。

必要であれば、休職の措置を取りましょう。

その際、一人で抱え込むのはやめ、信頼できる専門医、専門家に相談しながら手続きなども進めていきます。

休職期間の過ごし方は、先ず初めは「休むことが仕事」と思ってしっかりと休みましょう。

この時一番の障壁は、自分の中にある不安や焦りです。

この不安や焦りが空回りして、十分に休めなかったり、十分にケアを受けないことにつながります。

この不安や焦りはカウンセリングを受けることで解決することを考えます。

ここはその人の物事に対する捉え方から生まれる不安や焦りですから、カウンセリングによってその捉え方が変わることで視野が広がり、柔軟性が生まれ、理性的な状態になることで不安や焦りも解消されます。

あとは復職(職場復帰や転職)についても、専門家に相談しながら進めていくことがポイントです。

手続きの仕方もさることながら、自分の状態を的確に把握し、再発しないような段取りを組み、一つ一つ実行していくことが肝要です。

うつの予防について 

「”うつ”にならないために」

3年ほど前だったと思います。

とある中小企業支援機構にて「メンタルヘルス基礎講座」という職員研修を担当させて頂いたことがありました。

講座の内容については、私が自分で考えて実施。

その中で

「うつの診断される人は、国内で年間100万人にも及ぶ」

というお話をしました。

また、男女の内訳は、女性が男性の2倍の人数です。

100万人というのは大変な数です。

日本人のおよそ10人に一人が、うつだと診断されたことになります。

しかも、クリニックを受診するほどではないが、ストレスが溜まって体調を崩している人の数は、さらにいるはずです。

日本が1億総ストレス社会(国家)といわれても、不思議はないわけです。

今日は「うつ」にならないために、毎日の生活の中でできることをお伝えします。

また、うつの回復を促進する場合もあり、日常生活でのストレス解消にもつながります。

では、うつ予防とストレス解消につながることとは、なんでしょうか?

それは「気分転換」です。

え?と思われたかもしれません。

しかし、この「気分転換」は、あなたが思っている以上にあなたを支えてくれるんです。

気分転換というのは、それをすることでパッと気持ちが好転します。

ただ、気分転換は、しばらくすると気分がまた落ち込んでしまうことが多いでしょう。

気分転換なんて・・と思うのは、それを一時しのぎだと考えるからです。

しかし、この一時しのぎはとても大切です。

一時しのぎであっても、一旦は気持ちが良くなったり、心の洗濯につながります。

嫌なことを忘れ、楽しい気分になる。

そういう時間を少しずつ体験することは、うつ予防、ストレス解消には重要なんですね。

日常生活でちょっとした気分転換をチョコチョコと入れていく。

これがうつ予防の「コツ」なんですね。

では、具体的にどんな気分転換があるでしょうか?

ほんとうにすぐにできることから挙げてみます。

●深呼吸

ストレス状態、不安な状態、イライラしているとき、おそらくあなたの呼吸は浅く、そして速くなっているはずです。

ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。

コツは吸うより吐く方を長くすることと、吐くときに身体の力を抜くこと。

気持ちがスッと落ち着いてくるはずです。

●身体を動かす

腕を振る、肩を回す、関節を回したり伸ばしてみる。

ちょっとした時間でできることですよね。

血流が良くなり、緊張が解けやすくなります。

身体のコリ予防にもいいと思います。

ラジオ体操は、心身の健康にものすごく良いです。

●散歩する

とにかく歩くというのは、心身の健康にとても良いですね。

私などは仕事で煮詰まった時など、散歩することにしています。

すると、気分が落ち着いて、ものがしっかりと考えられるようになります。

ジョギングなど、軽く汗をかくのも良いでしょう。

●土にふれる

アナタは日常生活の中で、土にふれる時間がどのくらいありますか?

人間は土を離れては生きられないという専門家もいます。

土や植物、自然には癒しの効果があります。

土屋自然にふれる時間を、少しでも多く入れていくと、精神のバランスが取りやすくなります。

●お風呂にゆっくり入る

湯船に最低10分間は入ってみましょう。

それも毎日です。夏もです。

入浴で汗をかくことで、身体の毒素が出ていきます。

ですからゆっくりとした入浴は、ストレス解消、疲労回復にはとても有効です。

湯船のお湯の温度は40度前後が適切だといわれています。

いかがでしょう?

どれも日常生活の中ですぐにできることではないでしょうか?

どうか「散歩したから何になる?」などと思わないでくださいね。

実はスポーツ選手や経営者など、第一線で忙しくしている人たちも、こうした時間を敢えて生活の中に入れています。

忙しい人ほど、気分転換の時間をチョコチョコと入れていますね。

なぜ彼らは、忙しいにもかかわらず、こうした時間を持つのでしょう?

それは、バリバリ働き、活躍していても、時間に忙殺され、疲労やストレスが溜まります。

無理にでも気分転換をしていかないと、心身がもたなくなってくるからです。

健康を維持し、心のバランスを保つには、気分転換を細かくと入れることが大切。

そのことを彼らは身をもって経験から知っているのですね。

ですから「深呼吸したって何も変わらない」などと思わないでください。

小さなことを整えていけば、いずれ大きな変化につながっていきます。

気分転換をマメに続けていく習慣は、あなたを見えないところでしっかりと支えてくれることでしょう。 


職場の人間関係とうつ 

年間でうつ診断数が100万人を超えた。

そのことは、先にも指摘したとおりです。

この数字は今後、増えることはあっても、減ることはなさそうです。

その根拠は、昨今深刻になっている労働力不足です。

これは業種によって「この賃金(時給)では合わない」といって敬遠されているケースもあります。

しかし、話はそれだけに終わりません。

確かに運送業や飲食業を筆頭に、看護師や介護職、保育士など、労働力不足が顕著です。

ですが業種に限らず、日本では全体的に「労働人口の減少」という問題を抱えています。

この「労働人口の減少」による労働力不足が今後加速します。

労働力不足によって、各職場では、様々な問題が発生するでしょう。

すでに現在、業種や会社によっては、そうした問題が深刻化しています。

その深刻な問題をメンタルな分野で見ていくと、次の3つが大きな問題になってきます。

1)長時間労働による疲弊からくるストレスの増大

人が減ったからといって、仕事の量は減りません。

ですから一人当たりの仕事量がどうしても増えてきます。

その結果、従業員の補充、業務効率や作業・分業やマネジメントの見直し等をしない限り、長時間労働を強いられます。

その典型的な例が外食チェーンの「すき家」で発生した深夜営業の中止でしょう。

メンタル面でいえば、筆舌に尽くしがたいほどの「疲弊」を経験します。

これは精神的な健康にはとても良くない状態に追い込まれるリスクをはらんでいます。

2)パワハラの増加によるストレスの増大

業務量の急増により、職場の雰囲気は悪くなります。

完遂しない業務が発生すれば、上司も神経質になり、パワハラが生まれやすくなります。

パワハラによる自殺訴訟の中で公開される内容。

それによると、長時間労働の強要によって精神的に追い込まれたケースも多いですね。

3)職場の人間関係の悪化によるストレスの増大

一人一人が一杯一杯で余裕が失われるため、人間関係も当然ギスギス、ピリピリしてきます。

作業を完遂できない事態が頻発し、それによって居たたまれない人が出てきます。

その人たちは、いわゆる「針の筵(はりのむしろ)」のような心境になり、ストレスが増大します。

このように職場の人間関係は、コミュニケーションスキルの改善だけでは解消できないケースがあります。

逆にいえば、労働環境や業務改善が行われれば、自動的に人間関係の問題もある程度解消される。

そういうケースも多々存在するといえます。

しかし、こうした改善は個人の力では限界があります。

やはり企業努力、経営陣の改善努力が必要になるところに、この問題の難しさがあります。

私の所で相談を受ける場合、様々な検討を行った結果、転職によって解決できたケースもあります。

もちろん転職もいろいろなハードルがあるので、その一つ一つを話し合っていきます。

しかし、経済的な事情から無理をして精神が破たんしてしまうのは、とてもやりきれないことだと思います。

こうした問題で一番深刻なのは自尊心が打ち砕かれることと、人間不信に陥ることです。

この深い心の傷、精神的なダメージをどこまで回復していけるのか。

これも大きな社会問題として考えていかなければなりません。 


メンタルヘルスや心理など、こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】
対人恐怖症の克服と治し方  
ストレスに強くなる(発散・解消)法 
人に心を開けない人が心を開くには 
自信がない人が自信を持つために 
意地悪な人との付き合い方、対処法 


メルマガの購読をご希望される方は、下記の登録フォームからもご登録頂けます。
メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              


そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した 悩み別 無料心理テスト&診断 今なら無料でできます。
今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。
 

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール  

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧
鈴木雅幸の個別カウンセリング
鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社)
 





参考文献:
『うつ病をなおす』   野村総一郎 講談社現代新書
『「うつ」を治す』   大野 裕  PHP新書
『軽症うつ病』     笠原 嘉  講談社現代新書
『精神医学ハンドブック』山下 格  日本評論社
 




以上 















このエントリーをはてなブックマークに追加