ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

仕事や人生の挫折を力に変える生き方




こんにちは、鈴木です。

プロゴルファーの松山英樹選手をご存じでしょうか?

世界のメジャートーナメントで、
歴代の日本人選手では段違いな安定感を見せています。

松山選手には、これまでの日本人選手との大きな違いがあります。

一つには技術的なレベルの高さです。

もう一つは恵まれたフィジカル(パワー)です。

そして、もう一つはメンタル面ですね。

今回、松山選手のメンタル面、捉え方から
精神的に強くなるためのポイントを考えてみます。

特にいま、精神的に不調であったり、
プレッシャーに押しつぶされそうという方。

あるいは、もっと強い人間になりたいと思っている方には、
必見の内容になります。

松山選手は、日本人選手の中では
突出した精神力を発揮する選手です。

他の日本人がこれまで何度もプレッシャーに押しつぶされ、
タイトルを逃してきた歴史があります。

しかし、松山選手はそうした日本人選手とは
明らかに異質なところがあります。

では、いったいどこが他の日本人選手と違うのでしょうか?

ヒントは松山選手の言動にあります。

どういうことか?

松山選手がインタビューなどで話をするとき、
ある特徴があるのです。

それは、松山選手がこだわっている部分に関してです。

松山選手がこだわっている部分は、
おそらく次のような言葉にできると思います。

「結果よりも内容」

そう、結果がどうであれ、松山選手は
いつも「内容」にこだわっているんです。

つまり自分が納得のいく内容であったかどうか。

具体的にいうと、スイング(打ち方)ですね。

ですから、例え結果が良くても、
内容、つまりスイング(打ち方)が良くない場合。

松山選手は「良くありません」と言います。

プレー中でもそうです。

打った球がピンそばという好結果でも、
本人は憮然とした表情を見せることが多い。

逆に結果があまり良くなくても、
内容に手ごたえを感じると、良い表情になります。

ここに、私たちが参考にできるものがあるんです

そう、つまり結果にこだわらない。

結果は二の次という捉え方ですね。

もちろん、本当に結果はどうでもいいと
思ってるわけじゃないでしょう(笑)

良い内容にできれば、結果は後からついてくる。

きっと松山選手はそう思っているのでしょう。

インタビューなどでも、松山選手は
「メジャー(トーナメント)は勝てると思います」
と、きっぱりと答えはします。

でも、それは結果に囚われているのではなく、
内容さえ良く出来ればという条件付きで言っているはずです。

翻って、私たちの生活に当てはめてみます。

仕事のプレッシャー、人間関係のストレス。

あるいは自分に自信がもてない。

こうした問題を解決する一つのカギが、
この「結果より内容」にあるんです。

普段の私の言葉で言えば、「結果よりプロセス」です。

仕事の結果というと、業績や評価や収入です。

人間関係の結果といえば、
多くの人に好かれるかどうかかもしれません。

自分に自信があるという状態=結果を求めることもあるでしょう。

でもね、これは結果なんです。

結果って、私たちの思い通りにいかない事の方が
圧倒的に多いですよね?

だから、思い通りの結果にしようというのは、
それだけで大変な重圧=プレッシャーになります。

また、もし結果が出なかったとき、
その事実をどう捉えればいいのでしょう?

仕事で目標を達成できなかった。

満足のいく評価や収入が得られなかった。

これでストレスを経験した人、多いのではないでしょうか?

人間関係で誤解をされた。

自分の思うとおりに相手が動いてくれない。

結果に囚われると、人間関係も息苦しくなります。

自分は思うような結果を出せなかった。

挫折した自分、評価されない自分は、ダメな人間だ。

結果ばかりに囚われると、自分すら大事にできなくなります。

だったら、結果ではなく内容に注目しましょう。

より良い仕事(の仕方・捉え方)をいかにするか?

より良いコミュニケーションをいかにできるか?

自分という人間の捉え方をどれだけ建設的にできるか?

ここに注目するんです。

収入や評価は得られなかったけど、
自分に誇れる仕事はできた。

目標には届かなくて悔しかったけど、
今の自分の力は出し切った。

だからこそ、次への課題にまっすぐ向き合える。

松山選手なら、そういう捉え方をするでしょう。

多くの人から評価されはしなかったけど、
目の前の人、一人一人から信頼は得られる接し方をしよう。

人からどう思われるかじゃなく、
自分がどう人に接するかを大切にしよう。

人間関係はこの方が結果が後からついてきます。

逆にいうと、人間関係の結果がついてこない。

その場合、内容(関係の築き方・言動・態度、捉え方など)に、
必ずといっていいほど改善点があります。

自分は「自分を」大切にして生きていこう。

自分という存在に価値があるかではなく、
自分が価値あると思える生き方をしていこう。

そういう生き方をしていく自分だからこそ、
気がついたら自信をもてているわけです。

どんな悪条件のもとであっても、
精神的に安定し、ブレない松山選手。

それは、結果よりも内容のブラッシュアップに、
いつもいつも注意を向け続けている。

松山選手は結果ではなく、
打ち方(フォーム)に重きを置いています。

それで結果が後からついてきているわけです。

私たちも、同じことが言えないでしょうか?

私たちも、人生の結果ではなく、
生き方(生きざま)に重きを置いてみる。

すると、人生の結果も後からついてくるのではないでしょうか?

結果が出せなければ、何も意味がない?

本当にそうなのでしょうか?

そんなこと言ったら、世の中のほとんどの人が
意味のない人生を生きていることになるのでしょうか?

私はそんなことは無いと思っています。

人生は結果よりプロセス。

別な言葉でいうと、大切なのは「経験」です。

どんな結果であろうと、常に「経験」から
何を学べたかということが大切です。

何を学んだかによって、私たちは
人間としてどんな成長ができるかが決まります。

人間として成長し続けることこそ、
大きな結果を出すよりも深い喜びなのではと思うのです。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人生の転機を好転させる3つのカギ




こんにちは、鈴木です。

最近のカウンセリングのテーマとして、
「転機」というテーマが目立ちます。

「転機」といっても、相談者によっていろいろです。

転職という場合もあれば、
誰かとの関係を絶つというものも。

いずれにしても、人生の転機だなというほど
大きなテーマになっていることが多いです。

こうした人生の転機を「好転」させるためには、
いろいろなことをしっかりと振り返る必要があります。

振り返る必要があることは、主に次の3つです。

1)状況(問題)を振り返る

今の状況を正確に把握することですね。

どんな状況にあるのか?

そもそもなぜ、この状況(問題)が起きたのか?

こうしたことを正確に振り返ります。

2)人間関係を振り返る

どんな出来事でも、そこには必ず人間関係があります。

私たちは一人で生きているわけではなく、
いろいろな人との関わりの中で生きています。

だから、相手や周囲との関係性がどうなっているのか?

なぜそのような関係になったのか?

ここを「感情を入れずに」「理性的に」振り返ります。

3)自分自身を振り返る

実は、これが最も難しいことであり、
一番大事なところでもあります。

この3つの中で、自分自身を振り返ることが出来れば、
他の2つも正確に振り返ることが可能になります。

逆にいうと、1)と2)をいくら振り返ろうとしても、
この3)が出来なければ、
結局、1)も2)も振り返りが不十分になります。

私たちは、自分のことを一番よく知っています。

他の誰よりも、自分のことをわかっています。

しかし、同時に自分のことを一番知らないのも自分。

自分を一番わかっていないのも、
実は自分自身だったりするんです。

この両極が同時に存在するところが、
自分を振り返るのを難しくしているんですね。

でもね、やっぱり自分を振り返る。

そして、自分を変える(成長させる)。

これが一番大切なんです。

もちろん、どう変えるか(変わるか)ってことが大事。

どんな風に自分を成長させられるかが重要です。

でも、先ずは自分を変えようって
固く決意しちゃうと、あとがとっても楽です。

どうしてそんなことが言えるかっていうと、
そういう人をカウンセリングを通してたくさん見てきたから。

そして鈴木自身がそういう経験をしてきたから。

自分を変えるっていうのは、変えるまでは、
決して楽ではないんですよ。

何よりも「勇気」や「思い切り」が必要になるからですね。

でも、変えてしまえば、本当に楽になります。

というか、変えようって自分の中で「覚悟」できたら、
その瞬間からドンドン楽になっていきます。

楽になれないのは、まだ本当の意味で
自分の中で変えようと決まっていないから。

つまり、変える(成長する)覚悟が持ててない。

本気になりきれていないからなんです。

確かに楽ではないんですよ。

この壁を越えられるかどうかっていうのは。

ただ、自分で限界だと思っているところを超えられるかどうか?

それって、方法とか理論とか要りません。

大事なのは、先にも書いた「思い切りと勇気」です。

理論や見通しや方法論など持っていなくても、
思い切りと勇気さえあれば、大丈夫なんです。

方法論や見通しは、その後からついてきます。

そうして自分と向き合えると、
状況も人間関係も振り返ることができます。

そして、状況そのものを変える力を得ます。

ここまで自分で整えれば、
誰かの助けを借りることで乗り切れることも増えます。

この辺を整えないまま誰かに頼ると、
それは「依存」になってしまうんです。

先の3つを揃えてからなら、
人の力を上手に借りることもできます。

カウンセリングやグループコンサルでは、
状況&人間関係&自分という3つの振り返りから一緒に考えます。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

毒親の呪縛を断ち切って自立するには?




こんにちは、鈴木です。

「どうやってここを見つけてくださったんですか?」

私はカウンセリングやセミナーに来てくださった方に、
初めによくこの質問をさせて頂きます。

そうすると、ほとんどの方が
ホームページを観て・・と答えてくれます。

グーグルやヤフーなどで、何か情報を調べていた。

調べているうちに、鈴木のホームページを見つけた。

ホームページの文章を読んで、共感できた。

そこで、予約申し込みをしてくださったり、
メールマガジンを読んでから申込んでくださったり・・

そういう方がほとんどでした。

そんな私のホームページは2001年から、実はありました。

そのホームページの中で、10年以上、
ずっとアクセスが1日100前後あるページがあります。

そのうちの一つが、このページです。
↓   ↓   ↓
娘の幸せに嫉妬する母親の心理

このページはずっとアクセスが多いんですよ。

ということは、この問題で悩んでいる女性が
とても多いんだということになります。

先日、NHKでこうしたテーマをドラマ化したものがありました。

斉藤由貴さん、波留さんが、親子役で演じておられたようです。

このドラマ、ものすごい反響があったとか。

どういう反響かというと、番組の公式ページの掲示板に
「私も悩んでました」という書き込みが殺到したそうです。

「悩んでいるのは、自分だけじゃなかったと思えた」
という書き込みも多く見られました。

こうした悩みを抱える人は、潜在的にたくさんいます。

でも、表立って話したり、友達などに気軽には相談できない悩みです。

だから、結果として一人で抱え込んでしまいがち。

一人で抱えることで、悩みが深まることもありますね。

では、親に恵まれなかったな・・と思うとき、
いったいどうやって生きていけばいいのでしょうか?

選ぶ選択肢は3つです。

一つは、だからこそ自分は自立して、
自分の人生を生きるという選択。

もう一つは、親の言いなりになったり、
親を責める人生を生きるという選択。

三つめは、親ではなく「だから自分はもうダメだ」と、
自分を責めて生きていくという選択です。

先ず、どの選択をするのか?

どの道をあなたが選ぶのか・・ということになります。

そして、いずれかの選択肢を選んだとしたら、
選んだ選択の先にある道を歩むことになります。

どの道を歩んでいくのかは、
どの道を選ぶのかで決まります。

どういう人生を生きていくのかは、
どういう人生を生きることを選ぶのかで決まります。

私としては、やっぱり一つ目の選択肢がおススメです。

そう「だからこそ自分は自立して、
自分の人生を生きるという選択」ですね。

ポイントは「親を反面教師にする」ということです。

「親はこうだったから、私はそういう生き方はしない」というものです。

そして、より良い生き方を選び、
より良い自分になる生き方を選びます。

この選択をすれば、最終的に自分が一番得します。

ただ、親子というのは、そうそう単純なものではありません。

ただ、親を突き放せばいいというわけでもなく、
ただ親と違うことをすればいい
(反発すればいい)というわけでもありません。

反面教師も、そこに余計な感情が入ってしまうと失敗します。

大切なのは、自分の人生は自分で選ぶってことです。

自分がどう生きていきたいのかを、
改めて一から、いえ、ゼロから考えましょう。

そのために、必要なことは勉強すればいいし、
信頼できる人の力も借りたらいいんです。

精神的に自立する。

まず、そういう道を選びましょう。

その上で、親といかに付き合っていくかを考えます。

適度な距離感を保って付き合うとか、
一時的に連絡を絶つとか、いろいろあります。

それは私も、一律にアドバイスできるわけではないんです。

カウンセリングの中で、じっくりと話し合って決まります。

こういう問題と向き合うとき、
先ずは一旦「一人で生きていく」という気持ちが必要です。

それは「精神的に自立する」ためには、
ぜひとも必要な捉え方です。

しかし、これは「孤独になる」ということとは違います。

言葉でいえば、孤独ではなく「孤高」ですね。

一人ぼっちになるのではなく、
一人で生きていくということです。

一人で生きていくというのは、
自分の面倒は自分でしっかり見るということです。

自分はこういう人間になろう。

そのために、自分はこう生きていこう。

そういう孤高の精神ですね。

このテーマは、カウンセリングで
すごくたくさん話し合ってきました。

その結果、母親の呪縛から自分を解き放つ過程で、
どうしてもこの「孤高」という意識が必要になります。

母親に何かを求めない、期待しない。

母親ではなく、自分の人生は自分で満たしていく。

はっきりいって、親でも愛情の無い人間はいます。

親だから子どもを愛せるなんて、
そんな保証ってどこにもないんです。

愛せる人間は人を愛せるし、
愛せない人間は人を愛せない。

人を愛せない人間が親になったからといって、
自動的に愛情が製造されるわけじゃないですよね。

愛は動詞だっていう言葉がありますが、
「人を真に愛そう」と思って生きている人が、
やがて人を真に愛せるようになるんです。

愛も受動的な生き方じゃ、得ることもできないし、
人を本当に愛することもできません。

親なんだから子どもを愛せるはずというのは、
幻想にすぎないといってもいいんです。

でもね、自立すると、ほんとにいいことがたくさんあります。

人に感謝できる人間になれたり、
自立心のある人たちに囲まれたり・・・・

本当にいいことがいろいろ起こるようになります。

そして最終的には、
親を反面教師にしたからこそだと気づきます。

カウンセリングを卒業される方は、
「あの親のお陰で今の自分になれた」と仰います。

反面教師は、やっぱり「教師だった」ということなんでしょうね。

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人生を変えるカギは想像力




こんにちは、鈴木です。

50歳になってみると、若い頃にくらべ、
人生観も少しは骨太になったな・・と思います。

その一つは、思い通りにいかないこと、ままならないもの。

そういう経験こそが、
人間を磨いてくれるんだという人生観です。

思い通りにいかず、葛藤と苦しみの渦中にいるときは、
なかなかそんな風には思えないものです。

感情的にもなるし「なんで自分が・・」とか、
「もう、うんざりだ・・」などと思いがち。

ただ、そういう感情体験そのものも、
実は意味があるんだなと、後でわかります。

・・・そう、後になってわかるんです。

なぜなら、苦しかったからこそ、
見えてくるものがあります。

苦しんだからこそ、手にしたもののありがたみも増します。

苦しければ苦しいほど、
その結果得られる「学び」も、自分の心に深く刻まれる。

カウンセリングに来られた多くの方を見ていて、
まさに、そう感じています。

思い通りにいかないことにこそ、
自分が学ぶべきことがある。

ままならないものにこそ、
自分を飛躍させる答えがある。

そういう事例をたくさん、この目でみてきました。

そして、私自身の人生でも、
苦しい経験ほど、自分に”得”になりました。

そう、人生、捉え方次第で、同じ出来事でも、
それが得に思えたり、逆に損に思えたりしますよね。

よく例えられるのが、コップの中の水。

もう半分しかないと思うのか、
まだ半分もあると思うのかで違ってくるというもの。

この捉え方によって、感情的になってしまうのか、
それとも冷静に考えられるのかも違ってきます。

こうした捉え方のコツ。

それは、建設的な想像力を、
いかに働かせられるかということなんです。

出来ないことに目を向けるのではなく、
「まだ出来ること」に目を向け直す。

足りないことを嘆き、不安に思うのではなく、
既に持っているものに目を向け直す。

そして「何ができるか」を、改めて考えていく。

これって、建設的なことをいかに考えられるか。

いかに「想像」できるか?ってことがカギです。

もっとこうできないか?

もう少し改善できないか?

新たにこうしてみたらどうか?

会社の会議なんかでは、本当はこういう発言が多いと
会議室の雰囲気も、ずいぶん変わるでしょうね。

一人一人が、いかに建設的な視点に目を向け、
そこからいかに建設的な想像力を働かせるか?

ある意味、私たちは常に、
そういう選択を迫られているのかもしれません。

時々人生って「厳しいなあ・・・」って思うことがあります。

相談に来られる方、セミナーに来られる方とお話していて、
本当にそんな風に思うこともあります。

どうしてこの人に、こんな試練がやってきたのだろうと・・

しかし、同時にこうも思います。

この厳しさの中に、この試練の先に、
きっとこの人の学ぶべきものがある。

この厳しさを経験することで、
この人は本当の幸せに気づくことができる。

ここを乗り越えたら、
この人はどんなに人生の素晴らしさに驚くことだろう。

本当の生きる喜びとは何かかを
骨身に沁みて実感することだろう。

そして、この人はそれに必ず気づくはず・・・・

そんな思いでいつも一緒に問題解決に取り組んでいます。

人生には常に「先」があります。

辛くて、苦しくて、悲しいとき。

そんな時でも「その先」が人生にはあります。

渦中にいる時、そんな風には思えません。

渦中にいると、「先がない」って感じになるからです。

でも、やっぱり人生には常に
「その先」ってあるんです。

ただね、その先をどう描けるか?

それによって「先の中身」が変わります。

どの道を選ぶかで、行く先が変わるのと同じです。

少しでもいいんです。

想像力を働かせてみましょう。

それも、ちょっと頑張って「建設的な」想像力。

人が踏みとどまることが出来るのは、
そこでちょっと想像力を働かせるから。

すると希望的なものが少し描けてくる。

その結果、生きる意味、希望、やりがい、
自分がこの先がんばる価値が、少し見えてくる。

だからやっぱり前に進もうって
少しずつでも思えるようになってきます。

カウンセリングでも、一緒に想像力を働かせ、
多くの方が、道なき大地に自分の道を開拓していきました。

「自分にできることは、まだないか?」

ちょっと深呼吸して、座り直して、
建設的な想像力を働かせてみてください。

「人生を変えるグループコンサルティング」8/5 東京

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

上手くいかない人間関係を良くするには?




こんにちは、鈴木です。

5月に開催した「人生を変えるグループコンサルティング」。

5名の方の人生と、じっくりと向き合った感じです。

参加者、お一人お一人のお話を伺い、
私の方から、その場でアドバイスをします。

そしてその後、他の参加者から
暖かい言葉が送られます。

非常に濃い、充実したやり取りとなったので、
参加者の満足度がとても高かったようです。

参加者の感想文の中で目立った言葉が

「深くて感動した」「すごく響いた」「気づかされた」

「本当に驚いた」「参加して本当に良かった」というもの。

中でも、こんな印象的な言葉もありました。

「参加されている人たちがとても優しくて
人ってこんなに優しい、捨てたもんじゃないなと思いました」

最近ますます・・・なんですが、
セミナーやグループワークなどをすると、
会場の雰囲気がとても良いんです。

暖かくて安心できて、何か大事なものを
みんな「しみじみ」と、わかち合えている感じ。

今回も女性の方全員が、涙しながらのコンサルに。

でも終始、場の雰囲気は暖かい。

だから涙も含め、安心して「自分自身」を皆とわかち合える。

これって最高の人間関係といえます。

人間関係というと、いろいろな関係がありますね。

親子や友達や、夫婦も人間関係。

学校の先生と生徒も、会社の人間関係も同じ。

どの人間関係も、最も良い関係というのは、
そこに「暖かさ」と「安心感」があることです。

「暖かさ」と「安心感」があるってことは、
ある程度、自分自身を表現しても大丈夫ということ。

自分をある程度さらけ出しても、
大丈夫な関係性ってことですね。

わかち合える自分の感情の種類が
多ければ多いほど、その人間関係は「良好」ってことです。

今は学校でも会社でも、そして家庭でも、
こうした人間関係が失われつつあります。

いえ、失われつつあるというよりも、
かなり失われて”末期症状”といってもいい。

私はそう感じています。

なぜ、そんなことになったのか?

一言でいうと、みんな、こころに余裕がなくなった。

そう思います。

朝起きてから、夜眠りにつくまで、
やることに追われて、ゆっくりする時間もない。

何かゆっくりものを考える余裕もない。

先ずはそういう生活、つまり「時間」の問題です。

しかし、こころの余裕というのは、
時間的なことだけでは、測れないところもあります。

時間的に余裕のある人でも、
イライラしたり、感情的になりやすい場合も。

その場合は、何か感情をゆさぶるような問題や
感情的になる経験が原因だったりします。

時間的(物理的)な理由にしても、心理的な理由にしても、
余裕がない状態で人と接すれば、ギクシャクします。

殺伐とした職場など、その典型的な例。

職場の人たちが、一様にこころの余裕を失っているんです。

だから、暖かい人間関係を取り戻すには、
やっぱり一人一人のこころに余裕が必要。

どうしたら、その余裕を取り戻せるのか?

このことを真剣に考えるしかありません。

そういうこと、そろそろちゃんと考える時期に
私たちは来ているんじゃないかって思います。

改めて、自分の人生、どうしていきたいのか?

自分はどんな人間になりたいのか?

自分を変えるのに、遅すぎるなんてことはありません。

いくつになっても、「変えたい」と思ったら、
そこにスタートラインがあるわけですから。

スタートラインが見つからないのなら、
自分で引いてしまうことです。

引いてしまえば、後は自分でスタートを切るだけ。

人生なんて、何事もそんなものかもしれません。

周囲の人間にあまり影響されずに、
自分の考えや哲学に生きる。

そういう生き方が出来ると、
周囲の雑音や多少の騒動の中にあっても、
落ち着いた自分でいられるようになります。

先にお伝えしたグループコンサルティングの面々。

年齢も性別も、その半生も様々でした。

家族構成だって、仕事だって違う。

しかも、お互いは「初めまして」だったんです。

でも、たった4時間で生まれた、あの一体感。

私も含め、6人でわかち合った、あの暖かさ、安心感。

しかも、一人目のコンサル位が終わる頃には、
もう皆が一体感と暖かさをわかち合い始めてました。

グループコンサルティングが始まった時の
少し緊張気味だった皆さんの顔が、
終わりの頃には晴れやかで柔らかい表情に。

こういう人間関係の輪が、
もっともっと広がっていったらなあ・・と思いました。

今の時代、本当に必要な人間関係です。

「人生を変える幸せな生き方」(開運の法則)7/29 東京

「人生を変えるグループコンサルティング」8/5 東京

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上