ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

共感と共感できたフリとの違いとは?




こんにちは、鈴木です。

先日、あるカウンセリングで、こんな話が出ました。

中学生の息子さんが不登校になられたお母さんが、
「共感」について、こう言いました。

よく「共感しましょう」って本に書いてあったり、
勉強会なんかでも言われます。

でも、それがなかなか出来ないんです。

なぜって、息子と会話がなかなか無いから・・・・

学校の話しも一切しないし、
会話があっても学校とは全然関係無い話ですし・・・

このお母さんは「共感しなきゃ」と思うあまりに、
とても焦っていたというのです。

そもそも、会話が十分できないのだから、
共感したくても難しいと・・・

この話には、いろいろな問題提起を感じます。

別な言い方をすると、ヒントが隠れているんです。

共感というのは「実感」が必要なんです。

共感できたという実感ですね。

あるいは「わかった」「そうだったのか」という反応です。

この実感や反応があるからこそ、
それが相手(息子さん)にも伝わる。

だから、お互いの関係性が変わっていくんですね。

実感のないまま、共感できるよって態度を取る。

それは「共感」ではないんです。

共感できた振りをするっていいます。

わかっていないのに、わかったような態度を取る。

それって、相手からするとすごく虚しいし、
場合によっては苛立つことなんです。

だから、実感もないまま、実感があったかのようにふるまうと、
特に思春期の子どもは、猛烈に反発するんです。

「わかってもいないくせに、わかったようなことを言うなよ!」

これ、不登校になっているお子さんだじゃなく、
思春期の子どもの一般的な反応です。

思春期じゃなくても、デリケートな心理状態にある子は、
こういうところ、すごく敏感なんですね。

ある意味「うそ」や「矛盾」に対して、
嗅覚がものすごく鋭くなっている。

こちらに「わかった」「そうだったのか」といった実感がない。

だったら、実感ないなあって言っていた方が、
まだ正直でウソがない態度ですよね。

信頼関係を築くには、そこに「ウソ」が無いこと。

これがとっても重要になってきます。

人間、本当に共感できたとき、
静かだけど確かな「そうか」って反応が起きるんです。

なるほどっていう実感は、大きくはないけど、
そこに「間違いない」って感覚があります。

もう、それ以外にあり得ない、そういうことなんだ。

こういう「確かな感覚」があります。

こういう実感があるから、それは自分の言葉になりやすい。

自分なりに理解を持てたからこそ、
その理解を自分の言葉で伝えられる。

これが「共感」です。

だからね、おうむ返しにはならないんです。

おうむ返しになりようがない。

自分の言葉がちゃんと浮かんでくるんです。

先の中学生のお母さんの証言。

実感がないのにある振りなんかできない。

そういう心情の吐露でもある。

共感は人から言われて出来るものではなく、
自分が実感するものなんですね。

どうぞ、自分の実感を大事にしてください。

そして、この実感を得るためには、
やっぱり相手を徹底的に観察できないとならない。

この観察の一つとして会話上でなされるのが
「話を正確に聞く」ということ、つまり傾聴です。

実態のある共感を得るためには、
徹底的に観察が要るし、
傾聴ってそのために必要なんです。

ということは、会話が成立しない状況であっても、
徹底的な観察はできますよね。

先の中学生のお子さんでいえば、
日々、家の中でどいう風に過ごしているかです。

昼夜逆転の有無、食欲の有無、顔つきや言動。

昼間や夜に多く過ごす部屋、過ごさない部屋。

どの話にどういう反応を示すか?

学校に関係した話題やワードには、
どの程度の抵抗を示すか、示さないか?

朝・昼・夕、そして夜の生活パターンはどうか?

外出する時は、どんな時か?

どの程度外出をするのか、しないのか?

学校の手紙を目にしたとき、どんな反応を見せるか?

先生が家庭訪問する時、どういう様子か?

友達が様子を見に来たときは?

その様子は、友達によって違うのか?

こうしたことは、会話が出来なくても観察可能ですよね。

こうした観察から得られる情報をもとに、
どんなアプローチが可能かを判断していきます。

そして、こうした観察から
「そうか」「なるほど」ということが見つかった時。

「この子はこういう思いだったんだ」

「そんなことを考えていたんだ」

という実感が得られたとき。

これも一つの「共感(的理解)」になります。

実感もないのに、「辛いね」「苦しいね」っていう
そういう言葉を投げかけることじゃないんです。

つまり、実感が得られるまでは、
徹底的に観察する(話を聞く)しかないってことです。

こう捉え直せば、不登校で会話もない。

そういう関係の中でも、
出来ることはあるってわかってきます。

どんな小さな動きも見逃さないってことが
どれほど大事かってこともわかってきます。

共感というのは「わかったという反応」であり、
自分なりに得心(とくしん)がいったという「実感」なんですね。

だから相手にもそれが伝わるし、
相手も「わかってもらえた」っていう「実感」が持てるんです。

だから、いかにこの実感を得られるかを考えて
人と対話していくことが共感につながります。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

自分を変えたいあなたに必要なたった一つのこと




こんにちは、鈴木です。

自分を変えるには、何かを変えてみること。

カウンセリングに通う方も、セミナーに参加される方も、
皆さん共通するのは「自分を変えたい」ということです。

出来ないことを出来るようにしたい。

自分に起きた問題、トラブルを解決したい。

苦手なことを克服したい。

いずれも「自分を変える」ということで、
解決したり克服できます。

ある事が出来ない自分を、出来る自分にする。

問題を解決できない自分を解決できる自分にする。

苦手なことを克服できる自分にする。

つまりは、今とは違う自分になるということ。

ここに、人生を今よりも良くしていくカギがあります。

自分を変えることで、より笑顔で生きていけます。

自分を変えることで、より人と楽しく生きていけます。

自分を変えることで、より充実した日々になります。

自分を変えることで、そんな自分を信じて生きていけます。

では、自分を変えるためには、
どうすれば良いのでしょうか?

この問いに対する答え。

実は、意外とシンプルだったんですね。

自分を変えるために必要なこと。

それは「今までと違ったことをする」ことです。

そう、たったこれだけのことなんですよね。

シンプルに考えてみましょう。

今、上手くいっていないということは、
上手くいかないやり方をしているわけです。

今のやり方だから、上手くいかないのです。

それなら、今までとは違うやり方をしてみましょう。

思うようにできない仕事がある。

ならば、思い切って新しい仕事の仕方を取り入れてみる。

あるいは、あらゆる工夫を取り入れてみる。

子育てで、イライラしたり、自信がもてない。

ならば、子育ての勉強を徹底的にやってみる。

そして、そこで得たこと(新しいこと)を、
思い切って取り入れてみる。

人間関係で問題が起きた。

ならば、何が問題で、何が原因で、
今までやってこなかった事は何か?

人間関係を徹底研究し、自分をとことん掘り下げてみる。

もし、カウンセリングの勉強が役立つなら、
取り組んでみるのもいいでしょう。

仕事・人間関係、子育てや家族などのテーマは、
カウンセリングにその解決のヒントがあります。

そして、「今までとは違ったこと」をやってみます。

仕事のスケジュール管理を可視化して、
日々、チェックしていく。

管理ソフトやアプリを使用してもいいし、
付箋やメモ書きでもいいでしょう。

中途半端にではなく、やるなら徹底邸に。

子どもが泣いたり、駄々をこねたら、
今日はそれにとことん付き合ってみる。

自分の感情をできるだけ尊重されたら、
子どもは大人になって、自分に自信がもてる。

そう捉え直して、とことん付き合ったら、
面白い反応を子どもが見せてくれます。

人と話をするとき、自分がどう見られるかではなく、
相手が今、どんな状態で何を考えているか?

それをさり気なく、だけどしっかりと観察します。

すると、今まで見えていなかったこと、
気づいていなかったことが視野に入ってきます。

物事が上手くいかないとき。

そこには必ず、何らかの「視野の狭さ」があります。

その視野を広げるには、広げようと思うだけでなく、
「新しい行動や態度」を選択すると有効です。

結果として新たな視点や捉え方が生まれ、
それが自分の行動や態度を更に変えていく。

結果として「自分が変わる」という現象が起こります。

そのきっかけ、つまり第一歩は、
「今までとちょっと違うことをするだけ」です。

今までとはちょっと違うことをやってみる。

それだけで、何か小さな変化が、
既にあなたの中に起きるはずです。

逆にいうと、私たちは日常生活の中で、
思っている以上に、いつも同じことを繰り返している。

同じミスを繰り返したり、
同じ不適切な行動や態度を取り続けている。

そして、そのことに本人が
一番自覚がないものなんですね。

だからこそ、先ずは、違ったこと。

今までやってこなかったことを、一つ、取り入れる。

すると、自分が今までいかに
同じループの中に囚われていたかがわかります。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

マーケティングでも「傾聴」が必須?




こんにちは、鈴木です。

先日、マーケティング界の大御所、
フィリップ・コトラーの最新刊を読みました。

コトラーが提唱する「マーケティング4.0」では、
共感的な傾聴が重要になるというのです。

つまり、顧客の、マーケットの声を拾うのには、
人と密接なコミュニケーションが必要。

コミュニティーの声、顧客とのコミュニケーションを密にし、
そのリアルな口コミ・評判などを
正確に拾って商品やサービスの開発に活かす。

そういうリサーチの力が、
今後ますます重要さを増してくるというんですね。

顧客はもはや、企業の広告を信用しない。

顧客同士の評判や口コミによって、
その商品の価値を図り、購買につなげる。

そして、その核になるものとして、
SNSは影響力を増していく。

マーケティングの大家、コトラーさんはそう言っているんです。

つまり「傾聴のスキル」が、必要になる。

まさかコトラーさんから「傾聴」とか「共感」といった
カウンセリング用語が出てくるとは(笑)

時代は動いているんですね。

ただ、私はこの捉え方、とても納得できるんです。

傾聴とは「相手の話を正確に聞くこと」です。

これ、正確なリサーチの大前提ですよね。

正確に聞くとは、別の言葉でいえば、
正確な「インプット」ということ。

それは知識や情報はもちろんのこと、
相手の感情、訴えたい事、考え、感覚、
背景になっている生活や人生まで含みます。

これだけのことを正確にインプットできれば、
かなりのビジネスのヒントが得られるでしょう。

私も実は、自分の仕事のリサーチに、
傾聴とSNSを活用しています。

それこそ、SNSでリサーチをかけて、
いろいろな人とコミュニケーションを取って、
それで新しいコンテンツを考えたりしています。

相手が本当に困っていること、必要なこと、
相手が本当に笑顔になれることは何か?という風に・・・

ビジネスで大事なのが、売れる商品と売れる売り方。

この足し算でモノやサービスは売り上げを伸ばします。

要素として大きいのは、売れる商品。

売ろうとしなくても売れる商品があれば、強いです。

でも、それに「売れる売り方」がプラスすれば、
もっと売れるようになりますよね。

お客様にとって、欲しいと思わる商品やサービスは、
お客様のすごく困っていることを解決するものだったり、
お客様が本当に楽しいという思いになれるものだったり・・・・

それが何か?というリサーチをするのには、
マーケットリサーチをかけるのではなく、
人とコミュニケーションを取ることだというんですね。

しかも、それは当然「血の通ったもの」である必要があります。

人と心を通わす中で見えてくること。

ああ、この人にとって、こういうことが
すごく困っていて悩んでいるんだな。

ああ、この人はこういうことが好きで、
癒されたり、楽しかったり、感動できることなんだな。

こういうヒントは、相手と本当に
心を通わせるコミュニケーションがないと見えてこない。

それこそ、ビジネスの目的など忘れて、
相手を心から大切にする対話に専念する。

そういうところから見えてくるものなのだと思うんです。

そこに必要なのは、相手への純粋な関心。

相手への尊重、敬意、好感、信頼。

真摯に耳を傾ける姿勢があってこそ生まれる人間関係です。

だからこそ、コトラーさんは「傾聴です」「共感です」と
マーケティングの書籍で訴えているのではないかと思います。

つまり、これからのビジネスは、より「人間性」が問われる。

商品開発の根っこに、人間味、人間の尊重が問われる。

売れればいいという時代じゃなくなる。

SNSの登場で、私たち顧客も賢くなってきました。

安くて売れていても、身体に良くないよとか、
高いだけで、ブランドの威力もあるけど、質は「?」だよとか、
多くの人が買ってるけど、自分には本当に必要かなとか・・・・

商品やサービスの寿命を決めるのは、
広告力ではなく、そうした声を大事にできるか。

コトラーさんの本を読みながら、
ある意味、良い時代になってきたなと思いました。

傾聴スキルは、今まで以上に、
様々なビジネスシーンでも、あらゆる人間関係でも、
必須のスキルとなっていくと思います。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人間関係は「ままならない」を学ぶ経験




こんにちは、鈴木です。

カウンセリングで多いご相談は、
やっぱり「人間関係」についてなんです。

仕事、学校、家庭、社交的なお付き合いなど、
そこには必ず人間関係があります。

だからでしょうか?

相談内容のほとんどが、人間関係についてです。

職場の上司や同僚と上手くいかない。

学校のクラスに馴染めない、先生に不信感がある。

保護者同士のお付き合いが苦痛な時がある。

夫婦の問題、嫁姑、子育て(親子)など・・・・

これらはすべて「人間関係」の問題になります。

こうして、日常生活の様々な場面で
必ずといっていいほど、人間関係は存在します。

一人でぼんやりしている時でも、
人間関係のことを考える時もありますよね。

私たちは一人だけで生きているわけじゃなく、
必ず誰かとの関わりの中で生きています。

そして、人と関わるという経験を通して、
自分自身を知り、成長していくともいえます。

だから、人間関係は避けて通れないテーマにもなっています。

また、カウンセリングで人間関係のご相談が多いのは、
「相手」がある問題だからです。

「相手」がいるわけですから、自分の思い通りにはいかない。

そういうところで悩んだり、困ったことが起きます。

一言でいうと「ままならない」ということを知ります。

この「ままならない」というのは、
ある意味、一番難しい条件です。

そして、難しいからこそ、そこに向き合うと
私たちに力がついてきます。

スポーツに例えると、わかりやすいと思います。

スポーツ競技も、ままならないことばかりです。

それは気象条件だったり、相手の強さだったり、
自分のコンディションだったり、チームメイトとの連携だったり・・・・

ままならないことばかりの条件の中で、
いかに望む結果を出していけるか?

そのためにトレーニングを積み、
練習もし、何度も挑戦を繰り返す。

そうすることで、競技者は実力を伸ばしていきます。

そう、だから、私たちも同じなんですね。

ままならない人間関係を通して、
人としての力をつけていくといえます。

人間関係を通して、学ぶことは尽きないわけです。

人間関係のご相談は、本当に一人一人違います。

人間関係あるところ、そこにテーマあり。

そういってもいいくらいです。

私自身も、私の人間関係の中に、
いろいろなテーマがあります。

そのテーマに、結局は一つ一つ向き合っていくしかない。

そういう日々でもあります。

ままならない人間関係に対して、
ああでもない、こうでもないと考える。

いろいろ試行錯誤を重ねていく。

自分の思い通りにいかないからこそ、
自分を変えて対応しようとしていく。

だからこそ、人としての「力」を伸ばしていけます。

スポーツ選手でも、伸びていく選手は、
ままならない状況を真正面から捉えて訓練を続けます。

人間関係の問題解決は、そうした訓練みたいなもの。

職場の人間関係、いろいろな人がいるから大変です。

学校の人間関係、成長過程の子どもたちにしてみたら、
実に厄介で難しいでしょう。

家族という人間関係となると、
逃れられない運命のもとで向き合うことになります。

人間関係、こうしてみると、どれもやはり大変ですね。

でもね、そこで悩み、苦しみ、試行錯誤する。

それだけの代償を払うわけですから、
必ず得られるものがあるわけです。

人間関係のままならいというのは、
主に過去や相手を変えることができないという場合。

そういったときに、ままならない難しさを感じます。

そうなると、今の、これからの「自分」を変えていくしかない。

自分を変えるといっても、それはそれは大変なことです。

でも、その大変な代償を払うからこそ、
得られるものがあることも事実です。

ままならない人間関係だからこそ、
自分を変えるという大きな代償が必要になる。

その代償をしっかりと(十分に)払うことが
人間関係の問題解決の秘訣かもしれません。

カウンセリングを始めた13年前と現在と、
その実感は変わらないですね。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

過去の挫折、トラウマを力に変えるには?




こんにちは、鈴木です。

「他人と過去は変えられない」

そういう言葉がありますね。

確かにそうなんですが・・・・・

カウンセリングでは、過去の経験について
いろいろな角度から検討するときがあります。

もちろん、無理に話してもらうのではなく、
相談者の意志で話されたことについてです。

そのとき、過去に何があったかということも大事なのですが、
その過去をどう捉えているかは、もっと大事なんです。

私たちにとって、過去に起きた出来事(事実)は、
変えることのできないことです。

でも、その出来事(経験したこと)をどう捉えるのか?

その「捉え方」は、変えることが出来るんですね。

過去の失敗やトラウマ、挫折、それによる劣等感。

失われた自信、信頼、人生への希望。

それらも、この捉え方が変わることで、
克服、そして前進するための道が見えてきます。

Gさん(40代女性)は、中学生のとき、
いじめを経験しました。

小学生の時は自由奔放に教室で楽しく過ごせたGさん。

ところが、中学生になって、クラスには
知っている子が一人もいなくなったそうです。

また、思春期に入ると、子ども一人一人は、
急激な変化・成長期に入ります。

そのため、クラスの人間関係も、
小学校のようにはいかなくなります。

複雑で難しい感じになっていくので、
中学生になって人間関係で苦労するケースも多いんです。

Gさんの場合は、特に人に何かしたわけではなかったようです。

しかし、何か自分の言動が周りと少し違っていたり、
目立つ子から疎ましがられたりしたそうです。

そして、段々と自分の周りから人が離れていき、
やがて孤立するようになったそうです。

そのうち集団で無視されたり、物を隠されたり・・・・・

結局、そういう状況が中学卒業まで続き、
Gさんは中学のメンバーが一人もいない高校に進学。

高校では楽しい学校生活を送れたそうです。

その後、進学した大学でも、特に問題はなかったそうです。

しかし・・・・・

社会人になってから、人間関係が徐々に行き詰るように。

周囲の目を気にし、自分を出せず、
親しい間柄に関係を深めること出来なかったそうです。

その根本には、過去のいじめの爪痕がある。

ある時、Gさんはそのことに気づき、
カウンセリングで解決したいと思ったそうです。

カウンセリングは半年間、十数回で卒業となりました。

Gさんは過去の辛い体験について、
自らの意志で話をしてくれました。

途中、涙交じりに話された時もありました。

話していくうちに、過去の辛い体験への捉え方が
少しずつ変化していくのがわかりました。

それまでは、いじめられる自分が悪いんじゃないか?

人は自分に危害を加える存在なんじゃないか?

そういう捉え方を無意識にもっていたことに気づきます。

冷静に捉え直そうとしたとき、
その見方が偏っていたり、思い込みだったり、
自分の捉え方のクセにも気づいていきました。

捉え方が変わっていくことで、
Gさんの様子にも変化が出てきました。

話し方も簡潔でハッキリするようになり、
顔つきも穏やかになっていきました。

職場の人たちも、その変化に気づかないはずはありません。

少しずつ周囲との会話が増え、
職場の人間関係も良い方向に変わっていきました。

Gさんは徐々に、明るくなっていきました。

Gさんの捉え方の変化で、最も大きかったもの。

それは、

1)いじめは自分が悪いのではなく、する方(相手)の問題
⇒自己肯定感が上がった

2)人間はいろいろな人がいて、自分に優しく接してくれる人もいる
⇒人間観が肯定的に変化

という変化でした。

カギを握るのは、この変化が頭の中だけのものではなく、
実感として深く感じられたことでした。

カウンセリングには、ある程度の時間(継続)が必要というのは、
こうした気づきや変化を経験するためです。

腑に落ちる、腹に落ちる、得心するなど、
実感として認識するには、それだけの経験値が要るからです。

早く、短期間で良くなることを目的としてしまうのは、
そもそも、本末転倒なわけですね。

私たちが困難や苦しみから立ち直るには
立ち直るのに必要な時間(経験値)があるわけです。

Gさんの場合、そうした辛い経験を
中学生活のほぼ3年間経験しました。

しかも、それから30年の月日が流れています。

そんなに簡単に、早く解決できるはずもありません。

Gさんは、最後のカウンセリングの時に、
こんな風に話してくれました。

「最初、カウンセリングに通っているときは、ちょっと不安でした。
本当に通って自分を変えることができるのかと・・・・

でも、4~5回目あたりから、少しずつ変化を感じました。
そのころから気持ちも落ち着いて、じっくり取り組もうって思いました。

今、振り返っていえることは、辛い経験だったけど、
あのいじめと、これまでの苦労があったからこそ、
自分はここまで本気で自分と向き合えた。

ここまで追い込まれなかったら、
自分と本気で向き合おうとは思えなかったと思う。

そういう意味では、これまでの苦しみに感謝もしています。

もちろん、いじめた人たちは今も許せない。
嫌なことは、今も思い出したくもない。

でも「それ以上の捉え方」が自分にできたことで、
辛いことを力に変えるということの意味が、少しわかりました」

過去の出来事(事実)は、やっぱり変えることはできません。

その時経験した思いや感情も同じでしょう。

でも、同時に、捉え方は変えることができる。

捉え方が変わることで、新たに得るものも出てくる。

捉え方が変わることで、新たな思いや感情も芽生えてくる。

それが苦しみを力に変えることだと、
Gさんは学んだというのです。

私はこのカウンセラーという仕事を続けてきて、
こうした人間の可能性のすばらしさをいつも感じます。

人間というのは、学ぶことのできる存在。

過ちや失敗、苦難や苦しみからも、
成長することができる存在だということ。

だから、人生で経験したりぶつかることは、
全て無駄でも無意味でもないといえます。

過去は変えられない。

でも、過去の捉え方は変えることができる。

苦しみや困難、挫折経験も、力に変えることができる。

私はその可能性に賭け、その可能性をよりどころに、
これからも相談者の変化・成長の一助になれたらと思っています。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上