ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

立ち話にカウンセリングのヒントあり


カウンセリングというのはある意味、
カウンセラーとクライエントとの人間関係です。

言葉を介したコミュニケーションをメインにして
意思の疎通をはかり、様々な分ちあいを積み重ねていきます。

それこそ互いの感情、考え、経験、そして感覚などを
共にわかち合えば合うほど、その関係性は親密になります。

こうしたプロセスを経て、互いの間には
信頼関係が築かれていくわけです。

カウンセリングではこれを「ラポール」といいます。

フランス語ですが、互いの間に理解しあえているという
信頼感がある親密な関係のことですね。

私たちは自分のことを本当によくわかってくれる人間に対して、
心を開きたくなりますし、信頼感が出てくるものです。

自分にとって最良の理解者であるという実感は、
その人に対してやがて、絶対的な信頼感となっていきます。

カウンセリングではクライエントに
カウンセラーが最良の理解者だと感じて頂きます。

なぜなら、それによって生まれる濃い信頼関係があるから
クライエントの問題解決や自己洞察が促進されるからです。

傾聴や共感的理解は、それらの促進のために必要であり、
また有効な手段(スキル)だといえます。

例えば立ち話や井戸端会議、そして雑談。

他愛のない話、2~3分の会話。

内容は浅いし、本当に取り留めのない話です。

でも、こうしたところでも手を抜かずに、
しっかり丁寧に応対していくと、相手の心象も良くなります。

短い会話でも、たった一言に近いやり取りでも、
傾聴と共感は出来ますし、とても有効です。

相手が「また話してみたいな」という気持ちになりますし、
会う人会う人に同じように丁寧に接していけば、
あなたの人間関係は広がりますし、深まります。

嫌いな人、嫌だなと思う人には、無理することはないです。

しかし、丁寧に接することで
人間関係に広がりと深まりが生まれるのは確かです。

こう考えてみると、カウンセリングを学びたいというニーズは、
何もカウンセラーや医療・教育・福祉などの仕事の場面だけではありません。

日常の会話をより豊かなものにしたいというところにもあるのでしょう。

私たちのやることは、常に「一事が万事」です。

日常会話を疎かにしているカウンセラーは、
カウンセリングの場面でもそうした雑さが露呈します。

逆に、しっかりとした面接ができるカウンセラーは、
日常会話や雑談にも、その「しっかりさ」が見え隠れしています。

だから、カウンセリングの学習や練習は、
日常会話や立ち話でも出来るともいえます。

どんな会話でもカウンセリングの学習素材になるわけですね。

臨床カウンセラー養成塾の「オンライン講座」
※傾聴・カウンセリングの新しいイーラーニング(月額2980円)

カウンセリングマインド養成コース(短期集中個別レッスン)
※Skypeコース、対面コースがあります。

【関連記事】
傾聴とは?実践的な効果技法、練習法
カウンセリングとは(その効果と活用法)
共感的理解とは 
カウンセリングマインドとは(その意味と事例)
自己一致とは

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社


以上

粘り強くあきらめない心とは


目標を決め、それを達成しようと努力しても
なかなか結果が出ない・・てことないですか?

実はこれ、誰がやってもそうなるんです。

努力を始めると、私たちはどうしても
すぐに目に見えた結果が欲しくなります。

なぜなら、私たちは自分のやっていることに
「意味」を感じたいからです。

自分のやっていることを「無駄だ」と思いたくないのです。

自分のやっていることが無駄だと思ってしまうと、
私たちは途端にやる気を失います。

「どうせ頑張ったって、報われないさ」

「こんな苦労が何の意味があるんだ」

「こんな事やって、いったい何になるんだ」

こんな風な思いが頭をよぎってしまうと、
私たちの中にある意欲が失われていきます。

逆に、自分がやっていることは意味があって、
決して無駄ではない。

苦労はいつか、報われる。

そう思えることが、ある意味、モチベーションにもなります。

ところが、実際にやってみると、
これがなかなか結果が出ないものです。

仕事にしても、習い事にしても、勉強でも、
自分を向上させるということにしても、そうです。

目に見えた変化が出ないばかりか、大変なことばかりが続きます。

やがて「この努力、結果が出ないんじゃないか?」
「意味ないんじゃないか?」という迷いが出てくる。

そんな迷いを打ち消しながら、何とかがんばる。

それでも結果が出ないと、更に意欲がなくなってくる。

結局その努力の先に何があるかをみることなく、
その努力をやめてしまいます。

そんな経験ってないでしょうか?

ここで「成長曲線」というものを知っておくと、
努力を続ける意味がもてます。

成長曲線は、初めは上昇しないんです。

上昇しないで低空飛行をしばらく続けるんです。

ここで、大抵の人が諦めてしまいます。

でも、そのまま努力を続けていく。

すると、かなりのタイムラグを経て、上昇を描き始めます。

カウンセリングに来ていた方でも、同じことがいえました。

カウンセリングの勉強をしていた方も、そうです。

上昇を待てずに努力をあきらめてしまった人を何人も観てきました。

私自身もこれまで、小さい努力から大きい努力まで、
成長曲線を待てずにやめてしまったものがいろいろありました。

そういう時は、他のことを始めるけど、やっぱり続かず、
次々と新しいことを見つけてはやめていきます。

やめてしまう人にしてみれば、いくら努力をしても結果が出ない。

つまり、成長曲線のタイムラグに耐えられないために、やめてしまいます。

しかし、成長曲線を経験し、よくわかっている人からすると、
その努力、まだまだ足りないってわかるんです。

あきらめてしまう人にしてみれば、いくらやっても結果が出ない。

でも、結果を出してきた人からすれば
「え?まだそんなに努力してないよね?」と見える。

「いやいや、まだ道半ば、これからでしょ?」と見えるんです。

望む結果が何かにもよりますが、最初の3~6ヵ月、
場合によっては1年~3年は結果が出ないことがあります。

例えば、努力が続かなかった私ですが、
カウンセリングの勉強や訓練は違いました。

実は、私がカウンセリングで相手の話を
「ちゃんと聞ける」ようになるまで、6年かかりました。

プロのしっかりとしたレベルで聞けるようになるまでですね。

この6年、人によっては永いと思うようです。

しかし、私は短い方だと思っています。

なぜなら、私の師匠も6年かかったと言っていたからです。

当時、師匠が6年というなら、自分は10年かな?と思ってました。

だから、10年やってものにならなかったら、
カウンセラーを辞めようと思ってました。

仕事でもスポーツでも、何かの技量を習得するには、成長曲線を経験します。

結果が出るまでコツコツと努力を重ねることで、
やがて結果が出せるようになります。

つまり、最初はいくら努力しても結果が出ないのは当たり前。

初めから結果が出ることなど、まずありえない。

あったとしたら、それはまぐれか、たまたま上手くいっただけ。

その結果も長くは続かず、また上手くいかなくなります。

そんなことの繰り返しになるんですね、誰がやっても。

だから私たちは結果が見えない中、
コツコツと努力していくしかないということですね。

最後に「成長曲線」に上手に乗る方法をお伝えします。

成長曲線の上昇時期を待てずに努力をやめてしまうのは、
結果が出ないのに耐えられないからです。

つまり、別な言い方をすれば「結果にこだわっている」ということです。

物事、結果が出なければ意味が無い。

結果が出なければ、何も無いのと同じだ。

そういう捉え方をどこか無意識に持っているのかもしれません。

よく言われる「100か、0か」という捉え方。

100じゃなきゃ、0(ゼロ)と同じというわけです。

1位になれなければ、努力は報われないという捉え方ですね。

この捉え方があると、努力を続けること自体を
単に「苦痛」「嫌な事」「我慢と忍耐」とだけしか思えないんです。

実際、努力には「嫌なことを耐えてがんばる」部分もあります。

でも、努力というのうは一方で、
私たちにかけがえのない「経験値」という恩恵をもたらします。

結果を出そうとする努力の過程で、
私たちは様々な「上手くいかないこと」を味わいます。

結果が全てだとどこかで捉えていると、
この「上手くいかないこと」に耐えられなくなるんです。

でも、結果よりもっと大切なことは、
努力の過程で得られる経験値だと捉えてみたら?

努力をすることそのものが目的に変ります。

そして努力することに意味を見出せます。

結果は気にせず、努力することそのものに意味をもたす。

だからこそ、数々の失敗にも意味を見出せます。

そうした試行錯誤に意味を見出せるからこそ、
結果が出なくても、コツコツと努力できます。

私もこの事に気づくようになってから、
以前より粘り強く物事に取り組めるようになりました。

結果ではなく、そこへの努力そのものが目的。

試行錯誤そのものに意味がある。

こうした価値観(捉え方)のシフトこそ、
粘り強さを身につけるカギにもなります。

このような価値観(捉え方)のシフトこそ、
自分(の行動)を変える原動力になりますね。

こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】
あきらめない生き方
メンタルを強くする方法
前向きに生きる

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社

以上

カウンセリングと教育は切っても切れない関係?


2020年の学校教育改革では
アクティブラーニング、教えない教育が目標になります。

この「教えない教育」は、カウンセリングの世界では
70年前から実践されてきました。

正確にいうと、カウンセリングの世界でも、
ここ40年は実践が不十分。

昭和40年代までは、実践に優れた臨床家がいました。

今はその実践がしっかり受け継がれなくなり、
カウンセリング界も知識や理論編重になってきました。

それはともかく、カウンセリングの出発点は
実は「教育」だったんですね。

元々は大学のキャリア支援からスタートしました。

そこから、学生の悩み全般への支援に応用され、
心理カウンセリングにつながっていったんです。

だから、カウンセリングとは「教育」といってもいいんです。

ちょっとここで、考えてみましょう。

カウンセリングに通うことで、
クライエントはなぜ、問題解決が出来るのでしょう?

新しい知識や情報を得るから?

その時々の対処の仕方を教えられるから?

確かにそういう側面もあります。

しかし精神状態が改善・回復するとか、
物事の捉え方が変わるとか、メンタルが強くなるとか。

こうした変化が起きるのは、クライエントの中で
「人間的な成長」が起こるからです。

私たちが悩みを解消したり、
直面している問題を解決したりできるのは、
私たちの視野が広がり、物事の捉え方が変わるから。

この視野と捉え方の変化こそが、
私たちの人間的な成長そのものなんですね。

こうした変化が粘り強さや冷静さにつながり、
「精神的な立ち直り」に直結します。

ですからカウンセリングで重視されることは、
直面した問題の解決を通して、
「いかに人間的な成長が起きる条件を整えるか」です。

その人間的な成長を整えるために大切なのが
カウンセラーとの人間関係、コミュニケーションであり、
そのコミュニケーションが「血の通った対話になること」です。

そして血の通った対話の要(かなめ)となるのが
傾聴であり、共感的理解なんですね。

傾聴と共感的理解は人間的な成長を起こす
条件を整えるための技法といえるんです。

だから、カウンセリングは教育といってもいいんですね。

カウンセリングの祖、ロジャーズが教育書を世に多く残せたのも、
カウンセリングのあり方が教育そのものだったからです。

つまりカウンセリングの学習は、
人がいかに育つかの探求といってもいいんですね。

ですからカウンセリングを実践したり学んだりする上では
この「人間の成長」ということを
常に意識して取り組まれるといいと思います。

精神的な機能の回復とか、問題解決は
そのプロセスの一つだといってもいいかもしれません。

そこが主目的ではなく、こうした苦難を乗り越える経験を通して
クライエントが人間的成長を重ねていくこと。

これがカウンセリングの主たる目的といえますね。

カウンセラーはそのサポートが役割となります。

臨床カウンセラー養成塾の「オンライン講座」
※傾聴・カウンセリングの新しいイーラーニング(月額2980円)

カウンセリングマインド養成コース(短期集中個別レッスン)
※Skypeコース、対面コースがあります。

【関連記事】
傾聴とは?実践的な効果技法、練習法
カウンセリングとは(その効果と活用法)
共感的理解とは 
カウンセリングマインドとは(その意味と事例)

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社


以上

自信がなくても幸せになれる


「何を話していいのかわかりません」

「自分が何か話したら、相手は気分を害するんじゃないかと・・」

こんなご相談をカウンセリングでは日々、伺います。

そして、こう訴える人の多くが、
自分に自信がないからだと考えています。

自分に自信がないという人は、
コミュニケーションにも自信がない場合が多いですね。

雑談が苦手で何を話していいかわからないとか、
自分から話しかけられないということで悩みます。

仕事でも積極的な行動が取れないために、
失敗が多かったり、上司と上手くいかなかったり・・・・

自分に自信がない人からみると、
積極的に会話が出来る人が本当に羨ましいんです。

なぜ、あの人はいろいろな人に話しかけられるのか?

どうして楽しそうにいろいろな会話ができるのか?

仕事にしても、積極的に行動する人をみて、
あの人は失敗が怖くないのだろうか?と不思議に思う。

なぜあんなに失敗してもめげずに
行動的でいられるのだろうか?と不思議に思う。

自分に自信がない人からみれば、
そんな人たちは別世界に住んでいるように映るんです。

そこで多くの人たちが、どうしたら自分に自信が持てるかを考えます。

実は、ここに一つの誤解があるんですね。

どういう誤解かというと、快活に会話し、行動する人たちも、
別に自分に自信があるわけではないんです。

試しに、快活に行動できる人たちに、確かめてみるといいです。

おそらく「自分に自信があるわけではない」と答えるはずです。

もちろん、自分に自信があると答える人もいるとは思います。

しかし「無い」と答える人の方が多いと思います。

現にカウンセリングで態度・行動が積極的になった人も、
自分に自信がもてたというわけでもないんです。

これは、にわかには信じられない話かもしれません。

でも、本当の話なんですね。

つまり、自分に自信がなくても、
積極的な態度・行動が取れるようになるということです。

自分に自信がなくても、雑談が出来るようになったり、
コミュニケーションが良くなったりするということです。

自分に自信がなくても、今より仕事が出来るようになるということです。

ではなぜ、自分に自信が無い人でも、
積極的に行動やコミュニケーションが取れるのでしょうか?

どうすれば、今よりもしっかりと仕事が出来るようになるのでしょうか?

カウンセリングで自分に自信がなくても、
行動が変わっていった、そのカギはどこにあるのでしょうか?

カギを握るのは「視野」です。

そう、つまり視える範囲であり、目が届く広さですね。

コミュニケーションが上手い人、行動できる人は、
視野が広い人ともいえるんです。

「目が行き届く」という表現がありますよね。

これは細かいところまで注意が行き届いていることを意味します。

視野が狭いと、そうはいきません。

「目が利く」や「見る目がある」という言葉もあります。

どちらも観察眼を持っていて、
物事の本当の価値や本質を見抜けるということです。

目が曇っていると、そうはいきません。

つまり、私がいう「視野が広い」とは、
注意が行き届き、本質がわかるという意味です。

コミュニケーションの良さや行動力の源といえるのは、
この視野の広さにあるというわけです。

自分に自信があるかどうかよりも大きいんですね。

だから自分の内面も相手の内面も状況もよく見えていて、
それでその関係性や状況にあった言動が取れるわけです。

そしてここからが大事な話になります。

では、私たちの視野を狭くし、曇らすものは、
いったい何なのか?・・ということです。

答えは「葛藤」です。

これは私の拙著「感情は5秒で整えられる」にも書きました。

こころに葛藤があると、私たちは感情的になりやすく、
結果として視野が狭くなってしまうのです。

この「葛藤」ですが、人によって様々です。

例えば、

・親や家族に対するマイナス感情
・人間関係で受けたこころの傷から生まれる怒りや怖れ
・仕事や人生の挫折感からくる不安や焦り、失望

等が考えられます。

こうした様々なダメージやストレスがあると、
私たちは普段から感情的な状態になりやすいのです。

いつも不安だったり、イライラしていたり、
漠然とした怖れに襲われたり・・・・・

つまり、こころの余裕が無い状態ですね。

こうした感情は、ただ抑えようとしたり解消しようとしても、
一時的な効果しか得られないことが多いんです。

なぜなら、こうした感情が生まれる「原因」があるからです。

その原因を詳しく書くと長くなるので、
以下に簡単に書きます。

否定的な感情が生まれる原因は、
否定的な思考を働かせているからです。

私たちは一日に2万回~10万回も思考を重ねるといわれています。

しかも、ほとんどは無意識に行われているもの。

不安になるのは、不安になることを考えているからです。

怖くなるのは、怖くなるようなことを考えているからであり、
焦ってくるのは焦るようなことを考えているからです。

いかがでしょう?

あなたが不安な時、焦っている時、イライラしている時というのは、
「そのようなこと」を(無意識に)考えていないでしょうか?

この思考、つまり考えていることの大半が
否定的な内容であれば、そこから否定的な感情が生まれます。

そして否定的な思考が生まれる原因は、
これも無意識にもっている自分自身の「捉え方」です。

自分が持っている人間関係や仕事、自分自身、
そして人生に対する無意識な否定的捉え方。

この捉え方が否定的な思考・考えを生み出します。

さらに言えば、この否定的な捉え方は、
私たちの「経験から無意識に学習してきたもの」です。

過去に、とても怖い体験をしたり、
長い年月自分を否定される経験を重ねた場合。

私たちはこの世界を否定的に捉えてしまい、
自分自身に対しても否定的な捉え方を持つようになります。

この捉え方を変えることができたら、
思考も感情も行動もオセロのようにひっくり返ります。

怖れを抱いていたものに怖れを抱かなくなり、
不安に思っていたことを不安に思わなくなります。

焦りや気負いがなくなり、失望が希望に変り始めます。

カウンセリングでは、この一連の取り組みを行うために、
自分に自信がないままでも、行動が変わるんです。

ポイントは「無意識に抱いている」というところ。

無意識だから、自分ではなかなか気づけないんです。

気づけないから、変えようがないし、
変えられないから余計に焦ったり、不安が増したりします。

無意識に持っている捉え方に気づき、
その正体がわかれば、人は変わります。

少なくとも変えるための方法を考えることができます。

捉え方が変われば、思考も感情も、そして行動や態度も変ります。

行動や態度が変われば、コミュニケーションも
仕事の仕方も、生き方そのものが変わります。

そういうあなたに接する人たちも、
目に見えない影響を行けて態度や関係性が変わります。

自分には無理だと思っていた人たちが、
粘り強く取り組むことで、人生を変えてきたのです。

カウンセリングでは、この一連のアプローチが出来ます。

自分に自信がないから変えられない?

いえ、決してそうではありません。

自信は無いよりはあったほうが便利ですが、
無くても自分を変える方法はあるんですね。

こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】
自分を好きになれない
自分に自信がない
自己肯定感を高める方法

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社

以上

人生を変えるプラス・マイナスの法則とは?


なぜオリンピック競技を観ると感動するのでしょう?

メダル獲得に向けて、全力で挑むアスリートの姿は
いろいろなことを私たちに教えてくれます。

メダルを手にするという目標のために、
あるいは自分で掲げた目標の成績を残するために、
彼らは4年間全力で練習や実践を重ねて臨みます。

だからこそ、メダルを獲得できた時の喜びは大きく、
目標に届かなかったときの悔しさは深いものがあるでしょう。

この心の躍動や動きこそ、感動そのものではないでしょうか。

もちろん、メダルを獲得できるのは、
ごく限られたアスリートだけです。

多くのアスリートが手にできずに終わったり、
失望や挫折を味わうことも事実です。

メダルを手にしたり、目標の成績をあげるには、
それだけの努力と忍耐が必要になります。

例えば、金メダルを取ろうと思えば、
当然、他の競技者の誰よりも努力が必要になります。

練習メニューの研究、トレーニング方法の選択、
食事や日常生活の仕方、膨大の練習量。

身体のメンテナンスを適宜行ったり、
競技そのものの技術向上や、戦略の練りあげ、
メンタルトレーニングなどなど・・・・

本当に様々な努力と工夫、忍耐、知恵を総動員して、
オリンピックの本番に臨むはずです。

そして少なくとも金メダルを取るためには、
誰よりも質の良い練習を誰よりも多くこなす。

そうした努力と引き換えに・・という話になると思います。

さて、私はこの世界はプラスとマイナスの
両方で成り立っていると思います。

私たちが何かプラスを得ようと思ったら、
それと引き換えにマイナスが必要になるというものです。

オリンピックで金メダルというプラスを手にするためには、
それ相応の努力や忍耐というマイナスが必要になります。

厳しい練習を続けるというマイナスと引き換えに、
金メダルや目標達成というプラスを手にできるといえます。

そしてこれは、何もオリンピックだけの話ではないでしょう。

仕事で成果を上げるためには、
成果が上がるだけの努力や工夫が必要です。

成果というプラスを手にするには、
努力や試行錯誤といったマイナスが必要です。

いろいろなことを我慢したり、新しいことに挑戦したり、
そのための勇気やセルフコントロールが求められます。

大きなプラスを得るには、
大きなマイナスを支払うことが必要になります。

大きな買い物をするには、
大きな金額を支払いますよね。

リターンというプラスを得るために、
それ相応の投資というマイナスが必要になります。

いずれにしても、プラスを得るためには、
それ相応のマイナスを支払うわけです。

何事も「等価交換」ということになりますね。

心の問題解決も、基本的には同じです。

ネガティブな気持ちを明るく前向きにするには、
それだけの努力というマイナスが必要になります。

落ち込みそうな気持をグッと堪えるとか、
前を向こうと意識に注意するとか、
捉え方の幅を広げる工夫や勉強を続けるなどですね。

人間関係を良くしたいのであれば、
自分の態度、行動、言葉をチェックして改めたり、
難しい人との付き合い方に工夫を施す必要が出てきます。

コミュニケーションを良くするには、
いろいろな「セルフコントロール(自律)」がカギです。

加えて、相手の人間性の観察・研究や、
人間心理の勉強や理解に努める必要も出てきますね。

自分に自信がなく、自己否定観がぬぐえないのであれば、
自分自身に対する捉え方の幅を広げたり、
自己理解を深め、自分との付き合い方を工夫する。

子育てで子どもとの関係を良くしようと思えば、
親として様々な努力が要る。

何か問題や困難に直面し、克服しようと思うなら、
乗り越えるための努力や工夫を粘り強く続ける。

こうした「努力」や「工夫をする」というマイナスと引き換えに、
良好な人間関係や自信、問題解決というプラスを手にできます。

手にできるだけの努力や忍耐、勇気が必要になります。

しかし、実際はというと、なかなか
思うようにいかないことも多いでしょう。

気持ちが滅入っているとき、余裕がなかったり、参っているときは、
なかなかこうしたマイナスを引き受けることができません。

それ相応の努力や負担を
引き受けなければならないとわかっていてもです。

そんなとき、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

ポイントは「焦らないこと」です。

いきなり大きな結果を出そうとしないことです。

先ずは小さな結果、自分が無理なく出せる程度の結果です。

いきなり100の結果ではなく、先ずは1の結果からです。

辛い時は早く大きな結果が欲しくなるものです。

大きな結果を出せないと不安になるからです。

でも、100の結果を出すということは、
100のマイナスを引き受けなければならなくなります。

100のマイナスを引き受けなければと思うと、
ハードルが高すぎて挫折してしまいます。

例えば、メンタルの不調で休職した人が復職する際に、
この失敗を犯しやすいんです。

周りに迷惑をかけたとか、自分の居場所がなくなるとか、
そうした自責の念や焦りから無理をするからです。

100ではなく、先ずは1のマイナスを引き受けてみましょう。

マラソンでいえば、いきなりフルマラソンとか
ハーフマラソンを走ろうとするから、めげてしまうのです。

先ずは100メートルから練習を始めることです。

これでは少な過ぎるかな?というところから始めてみます。

別な言い方をすれば、絶対に出来るというレベルからスタートするんです。

今の自分なら、これくらいなら出来るという目標です。

オリンピックに出場するアスリートでも、
ケガなどで休んでいた場合も、同じです。

いきなりメダルを・・と焦っても、またケガをします。

先ずは、1の目標をクリアする。

1という小さなマイナスをクリアすることに、
自分の気持ちを集中させることです。

そして、1をクリアすることを低く評価せずに、
本気で1をクリアしにかかります。

結果、クリアできたら、気持ちは思いのほか楽になるものです。

自分が0か100かという思考に陥っていないか?

1なんかクリアしても意味がないと思っていないか?

結果が全てだと、結果に縛られていないか?

もう一度、自分の無意識の捉え方をチェックしてみてください。

こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】
人生の目的
前向きに生きる
生き方がわからない

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社

以上