ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

どうしても許せない人がいるあなたへ




こんにちは、鈴木です。

私たちは、いつも調子が良いとは限りません。

時には、やることなすこと、上手くいかなかったり、
いくつものトラブルが同時に起きたり・・・・

あなたにもそうした経験が、
今までにありませんでしたか?

スポーツ選手でいえば、スランプがそうですね。

何をやっても、思うように結果が出ない。

それどころか、今まで当たり前にやれていたことすら、
全く上手くできなくなってしまう。

そのうち、ケガなどの故障が発生したり、
登録抹消などの問題にも直面したり・・・・

私たちの例でいえば、仕事や人間関係で
やはり同じような事態にぶつかることがあります。

仕事も人間関係も、いつも順調にいってくれれば、
こんなに楽なことはありません。

しかし、思うようにいかなくなった時こそ、
私たちは真価が問われるところがあります。

先に書いた悪天候下での判断と同じです。

交通がマヒした際に、どうすればいいのか?

悪天候に際し、どんな対策や行動を取ればいいのか?

仕事や人間関係など、
ものごとが思うようにいかないとき。

私たちはどうしても、
イライラしたり、落ち込みます。

つまり、感情的になって、
冷静な判断ができなくなります。

感情的になると、視野が狭くなりがちです。

だから、自分の身に起きている事を
正確に見据えることが、
どうしても出来なくなります。

カウンセリングでも、多くの人たちが
狭い視野の中で苦しんでいるケースが目立ちます。

だから、カウンセリングで感情が落ち着いてくると、
自然に視野が広がる(戻る)ので、
いろいろなことに気づきが生まれてきます。

こうした気づきを経験することで、
更に感情が落ち着き、視野が広がります。

この好循環に入っていけば、
カウンセリングに通えば通うほど、
状態(や状況)が良くなっていくわけです。

逆にいえば、この段階にたどり着くまでが、
一つの踏ん張りどころといえます。

以前「仕事で裏切られた」という経験によって、
そのトラウマに苦しんでいる方が
カウンセリングに来られました。

40代のHさん(男性)です。

心の中に「許せない相手」や、
「許せない出来事」がある。

こういう時は、本当に苦しい感情に苛まれるものです。

許せないという感情は怒りの感情です。

誰かを責めずにはいられない。

これは苦しいことなのです。

そして、そういう自分をもまた、
責めてしまうことが多いです。

人を許せない自分、
そういう自分が嫌だなと思うんです。

つまり、自分自身をも許せていない状態。

こうした感情の状態がずっと続くわけですから、
何をするにも苦しさがつきまといます。

Hさんも、こうした感情に苦しみ続けてきました。

しかし、どうにも自分の努力だけでは解決できない。

そこで専門家の力を借りたいと
カウンセリングに来られたのです。

カウンセリングに通っていくうちに、
Hさんは思いもよらぬことに気づきます。

それは、自分が

「許せないという感情は、
人間が抱いてはいけない感情だ」

「許せないという感情は、
決して抱いてはいけない感情だ」

と捉えていたことです。

そのことに気づいたと同時に、
Hさんは、もう一つのことに気づきます。

「許せないと思ってもいいのではないか?」

「許せないという感情も、
人間の自然な感情なんじゃないか?」

Hさんは自然と自分の許せないという感情を
受け容れるようになっていきました。

許せないという気持ちがあってもしょうがない。

ならば、今はこの
「許せない」という気持ちと共に生きていこう。

そうすると、Hさんの精神状態が大きく変化しました。

「許せない気持ちを抱く自分」を「許した」ことで、
ものすごく気持ちが楽になったというのです。

その結果、過去に対する気持ちにも
少しずつ変化が出てきました。

許せないという気持ち一色だったその相手や出来事に対し、
もっと幅の広い捉え方が出てきたのだそうです。

そして、Hさんは、最後の面談でこう言って
カウンセリングを卒業されました。

「裏切られたことそのものは、今も辛く悲しいことです。

でも、あの経験やこの苦しみがあったからこそ、
今の自分があると思えます。」

「この経験があって良かったとさえ、今は思える。

過去のあの出来事に、一方で感謝の気持ちすら覚えます」

自分で認めたくない感情を
もう一度、丁寧に見つめ直していく。

すると、これほどの変化を経験することもあります。

思うようにいかない状況をどう捉えるのか?

交通網がマヒしたとき、
過去のトラウマに向き合うとき。

何かを捉え直すことで、
新しい心境や道が見つかるかもしれませんね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

仕事、自分に自信をもつには?




こんにちは、鈴木です。

ここ最近、カウンセリング等で
ある共通のテーマが話になることが多いのです。

こういう時は、その話をブログに書くと、
多くの方が共感するという現象が起こります。

そこで、そのテーマについて、
書いてみたいと思います。

そのテーマとは

「自分に自信がもてない」

というものです。

これ、ここのところ、立て続けに聞きます。

カウンセリングの中だけでなはく、
仕事で誰かと話している時にもです。

自分に自信のない人。

読者のみなさんは、どんなイメージでしょう?

実は、仕事をバリバリこなす人でも、
自分に自信がないという人、いるんです。

お金をたくさん稼ぐ人でも、
自分に自信がないという人もいるんです。

気を張って一生懸命仕事をしているけど、
根っこのところは自分に自信がもてない。

自分に悩みがあるなんて、
周りの人は一人も気づいていないと思う。

そう打ち明けてくれる人が、
結構いらっしゃいます。

自信があるから頑張れるわけでもないし、
自信が無いから頑張れないわけでもない。

自信があっても頑張れない人もいるし、
自信がないから頑張る人もいる。

そう、人ってみんな違うんです。

だから、頑張れるか頑張れないかだけで、
その人を捉えることはできません。

そういう捉え方は、ある意味、
とっても狭い捉え方だと思うんです。

覇気があるから自信があるんだろう。

強気だから自信満々なんだろう。

それって、視野の狭い捉え方だと気づくと、
今まで見えなかった側面が見えてきます。

そして、自分に自信がない人には、
ある共通点があるんです。

仕事をバリバリするか、しないか。

そういう行動(見た目)だけでは
見えてこない共通点ですね。

その共通点とは「視野の狭さ」です。

それも、自分自身を捉える際の
「視野の狭さ」ということになります。

自分に自信がないという人のほとんどが、
自分を狭く捉えています。

つまり、自分のほんの一部にしか目が向いていない
そういう視野の狭さからくる「自信がない」です。

物事には、いろんな面があります。

それぞれの面に対して、私たちは、
自分なりの「意味づけ」をしていきます。

お財布に千円札が3枚入っている。

事実はそれだけです。

しかし、この事実を、私たちは
自分で意味づけして捉えていきます。

「お財布の中に、3千円しか入っていない」

Aさんは、そう思った(捉えた)とします。

事実は、「千円札が三枚入っている」ということです。

でも、「しか」という意味づけを
Aさんはしたことになります。

自分に対する捉え方でも、
同じことが起こります。

「自分なんて何も結果を出せない人間だ」

そう思った(捉えた)とします。

これも「三千円しか」と
同じような意味づけをしています。

「自分」という人間がいる。

その自分を「なんて」という意味づけをして、
限定的に捉えているわけです。

自分という人間には、いろいろな面があります。

頑張ってきた自分。

誰かを思いやってきた自分。

正直な自分。

一方で、怠けて(逃げて)しまった自分。

自分のことしか考えられなかった自分。

そして、不誠実な(ウソのある)自分。

「自分なんて」という意味づけをしていると、
否定的な自分にしか、目が向きません。

例えば、私(鈴木)の場合はどうか?

私も、自分には否定的な面がいろいろあります。

自分に満足などしていないし、
嫌だなと思う部分もいろいろあります。

でも、普段は「頑張った」「思いやった」
そして「正直な」自分に目が向いています。

そんな私も、時には
否定的な面に目を向けます。

でもそれは、そうする必要があるから。

自分のやったことを精査し、振り返り、
変えていく必要がある場合です。

自分の未熟さを責めたり失望したりせず、
真っ直ぐに向き合い、改める。

これができると、鬼に金棒です。

もちろん、それでも時には、
不要に悩んだり迷ったりもします。

自分に余裕を失い、
イライラしてしまうことも・・・・

焦ったり、不安になったりすることもあります。

でも、それも含めて「経験なんだ」「学びなんだ」と、
最近はずいぶんと捉え直せるようになりました(^^)

どこに目を向けるのかは、
あなたに「選択」する権利があります。

ただ、自信のなさは、自分を捉えている
無意識の「視野の狭さ」から来るんですね。

こうした視野の狭さからくる自信のなさは、
様々な副作用を起こします。

虚勢をはったり、カラ元気が必要になったり、

逆に、気力が出なかったり、
人を信じられなかったり・・・

こうした副作用とさよならしたいなら、
もう一度視野を拡げましょう。

自分という人間の、目を向けていない面に、
しっかりとフォーカスし直すんです。

自分のいいところ、気に入らないところ。

ちゃんと両方に目を向けてみてください。

片方だけでなく、両方にです。

それも「しっかりと」向けるのが秘訣です。

すると、視野が広がり、自分に対して
思わぬ発見があります。

そうして視野が「広がる」ことで、
自分の気持ちが落ち着いていきます。

自分に対する自信の無さを解消するために
最も大切なこと。

それは、自分に対する捉え方の
「視野を拡げること」に尽きます。

自信のない人は、自分というものを
実に狭い視野で、
極めて限定的にしか捉えていないんです。

私がカウンセリングやセミナーで
皆さんと一緒に取り組んできたこと。

それを一言でいえば、この
「視野を拡げる」ということになります。

無意識な意味づけをすることで、
視野が狭くなっている自分に気づく。

これが一番「自分を変える」ことになります。

自分は視野が狭いのかもしれない。

先ずはそう意識してみることがスタートです。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

完璧主義から「60%主義」へ




こんにちは、鈴木です。

今日は「60%主義のススメ」というお話しです。

これは、努力は60%でいい。

けれども、結果も60%でいいと受け容れる。

そういう「捉え方」のことです。

ものごと、なかなか行動に移せない。

そういう時は、無意識に「100%主義」に
囚われていることがあります。

100%頑張らなきゃとか、100%上手くいかなきゃとか・・・・

そう意識してしまうと、肩に力が入ります。

余計な力み、気負いは、焦りを生みます。

焦りだすと、失敗が怖くなります。

失敗が怖くなると、なかなか行動できなくなります。

失敗を恐れながらやっても、上手くいきません。

この原因が、実は「100%主義」であることがあります。

完璧を求めていないつもりでも、
気がつくと、いつの間にか完璧を求めている。

よくあるのが、人間関係での場面。

誰からも嫌われたくない・・というのも、
実はこれ、100%主義の典型です。

誰からも嫌われたくないと意識すると、
更に、誰からも好かれたい・・になります。

誰からも好かれたいという意識は、
いつの間にか

「誰からも好かれなければいけない」になります。

人間関係で、これほどのプレッシャーって無いんです。

こんなプレッシャーを自分にかけてしまったら、
私でも、誰と話すのも怖くて仕方ありません。

ここで、「60%主義」の登場です。

人間関係も、60%でいいや・・という意識です。

こういう意識で臨むと、余計なプレッシャーが減り、
「必要程度の緊張感」だけが残ります。

「必要程度の緊張感」があるからこそ、
相手に失礼のない配慮が保てます。

会話のやり取りも、100点中の60点でいい。

その努力も、60%位でいい。

その代わり、結果も60点、60%で満足するんです。

会話の60%はまあまあだった。

けれども、あとの40%は良くなかった。

すると、100%主義でいると、すごく落ち込みます。

なぜなら、そのやり取りは、
マイナス40点になるからです。

40点のマイナスというのは、
精神的なショックも大きいですよね。

でも、初めから60点でいいとします。

そうすると、50点の出来だったとしても、
マイナス10点程度の減点です。

それほど落ち込まず「まあまあだ」と思えます。

この「60%主義」のメリットは、
とにかく焦りや不安がグッと減ることです。

最初から高望みはしていないので、
上手くいかなくても落ち込みにくいのです。

落ち込みが少ないから、
次の行動へのモチベーションが落ちません。

コツは、結果も60%で満足することです。

初めから結果も60点で良しとすることです。

ただ、60%の努力はするという意味です。

全く怠惰にするということではありません。

また、手を抜くという感じとも、違います。

一つ一つ、丁寧に行うのですが、
焦らず落ち着いて取り組むための意識です。

60点という実績を、先ずは作ってしまうんです。

人にあいさつをして、無視されたらどうしよう・・・

そういう怖さがあるために、
人に声をかけられないとします。

こういう時も、60%主義でいきます。

あいさつをしても、こちらをチラッと見て、
少し頭を下げたとします。

結果としては、100%は、
こちらに応えてくれませんでした。

でも、60%は応えてくれたと捉えます。

ここでもう一度「コツ」をお伝えします。

「60%主義」というのは、
最初から60%の結果を満点とすることです。

だから、あいさつする際には、
既にこの程度のリアクションでも
十分過ぎると思っている状態です。

私たちは、気づかぬうちに、
相手に「見返り100%」を求めがちです。

だから、その希望値にちょっと届かないだけで、
大きな不満や落胆を覚えてしまいます。

しかし、初めから「60%で満点」としておけば、
50%でも80点以上となりますよね。

相手への期待値、結果への期待値が、
最初から60%だと、そんなに失望しなくなります。

この値、あなたの納得できる数値でOKです。

だから、50%でも、40%でもいいんです。

そうすると、自分の中でハードルが下がり、
焦りや不安がかなり軽減してくるはずです。

「60%主義」で、努力も結果も捉える。

すると、意外に結果が上手くいくことも少なくないんです。

なぜなら、余計な力みや緊張がほどけ、
必要な緊張感だけが残るため、
それだけ力を発揮しやすくなるからです。

感覚としては、「淡々と行う」感じでいいと思います。

過度な高揚感や盛り上がりには欠けますが、
その位の感じで丁度良いくらいです。

ちょっと物足りないくらいでいいということになります。

今、歓送迎会シーズン真っ盛りです。

しかし、この歓送迎会シーズンが
「憂鬱だ」という人もいます。

人との会話が苦手な人にとって、
こうした大勢の人が雑談を交わす場は、
居たたまれない時間になるからです。

こんな時も、60%会話ができれば十分と
最初から決めてしまうのも手です。

あとの40%が会話のない一人の時間でも、
60%は誰かしらと会話があったのならいいでしょう。

もちろん、この数値も、
自分の納得のいくものにすればいいと思います。

40%頑張れたと思えれば、合格としてもいいんです。

その方が、100%を意識して何もできないより、
どれほど前に進めるかわかりません。

苦手なことを克服するときにも、
この「60%主義」は武器になります。

自分がもし、100%主義に陥っていると気づいたら、
この「60%主義」という捉え方を意識してみてください。

自分の精神状態がずいぶんと違ってくるはずですし、
意外に良い結果が出たりするものです。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

大切な人が遺してくれたもの~Nさんの体験~




こんにちは、鈴木です。

先日、Skypeでカウンセリングを続けている
あるクライエントの方、Nさん(女性)から、
とても心に響くお話をお聞きしました。

今日は、Nさんに許可を頂いたので、
ご紹介したいと思います。

Nさんは、職場の人間関係のご相談で
カウンセリングを始めました。

遠方のため、Skypeによるカウンセリングです。

人の目や態度がどうしても気になってしまい、
自分の中で「怖い」といった反応が起きてしまう。

頭では「思い込み」とわかっていても、
心がどうしても反応してしまう。

そして、根底には自分に対する自信の無さや、
自己否定感が根強くある。

こうしたテーマと一つ一つ向き合い、
克服し始めていたときのことでした。

職場で5年間、闘病生活を送っていた同僚女性が、
つい先日、まだ40代の若さで、
お亡くなりになられたというのです。

難病を患い、まだお子さんもいらっしゃる方でした。

末のお子さんは、まだ中学生だそうです。

ということは、発病当時は
まだ小学生であったということです。

その5年間、仕事も休みがちになりながらも、
その同僚の方は周囲に迷惑をかけないように、
可能な限り働いていたそうです。

一方で、残された時間を、
今まで以上に家族と共に大切に過ごす。

そう覚悟を決め、全力で生き抜いた
そういう5年間だっただろうとNさんは言いました。

おそらくその方は、ご主人や親御さん、
そしてお子さんを残していくことに、
どれほどの心残りがあったことか。

その胸中や、察するに余りあるものがあります。

Nさんも、その方のことを思い起こしながら、
スカイプの向こうで声をつまらせながら、
その方との思い出を教えてくれました。

それは、Nさんが最も苦しい状況のときに、
「Nさん、元気ないよ!」と
何の気兼ねなくポン!と言ってくれたこと。

他の同僚が何となく距離を置く中で、
その言葉が真っ直ぐに心に残ったこと。

また、年賀状でその方が

「Nさんはホッとするところがあるから」

と、さり気なく言葉を添えてくれたこと。

そんなことを語りながらNさんは
更に声を詰まらせながらも、Skypeの向こうで、
振り絞るように、こう言ったのです。

「彼女の生きざまからすると、
私は自分のことだけで一杯になっていて、
いったい何をやっているんだろうと・・・・

もっとしっかり生きていかなくてはと思うし、
彼女のように人のために生きていけるような
そんな人間になりたいと、今、思います」

私はNさんのこの思い、そして言葉を聞きながら、
その方がNさんに遺してくれたもの、
その意味と重さを考えていました。

人はいつかはこの世を去っていきます。

それは、誰も避けることのできない宿命です。

だからこそ、私たちはそんな人生の砂時計を意識しつつ、
今を一生懸命生きたいと思うものです。

ですが同時に、今を生きるということが、
これがなかなか簡単ではないことも事実です。

ついつい目の前の雑事や迷い、将来の不安、
そうした迷路に心がブレてしまうのも常です。

しかし、身近な人間の死が、
そうした迷いから
ハッと目を覚まさせてくれることもあります。

当初は悲しみ、寂しさ、痛みが残ります。

やがて、時間の経過とともに、様々な葛藤の末、
自分がいかに生きていくべきかを考えます。
(これには数年かかる場合もあります)

残された人間は、残りの人生をどう生きるべきか?

あるいは、これから自分はどう生きていきたいのか?

そうした問いを、身近な人の死は、
私たちに遺し、問いかけてくるものです。

死と向き合うということは、同時に
「いかに生きるか」と向き合うことと同じです。

おそらく、亡くなられたNさんの同僚も、
自分の砂時計を横目で見ながら、
残された時間をいかに生きるかを考え続けたはずです。

そして、そうした生きざまが
周囲の人たちの目に焼きつき、
何かを遺していってくれます。

震災で大切な家族や友人、同僚を亡くした人たち。

彼らも当初は、絶望の淵から
なかなか這い上がれない日々が続いたことでしょう。

それでも、苦しい時を刻みながら、
少しずつ、残された自分たちがどう生きるのか?

そうした問いに向き合っていこうとしているはずです。

いかに生きていくのか?

普段、あまりこういうことは考えないかもしれません。

なぜなら、日々の「やらなきゃならないこと」や
「心配事」「不安」「後悔」に
どうしても心が奪われてしまうからです。

でも、時には考えてみましょう。

自分はこれからいかに生きていくのか?

自分の人生、このままでよいのか?

人生を変えるのなら、
いったいどう変えていきたいのか?

人の死にふれて、自分の生き方を考える。

ならば普段から「どう生きるのか」を
自分の中で熟成させていってはいかがでしょう?

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

前向きになる方法ってホントにあるの?


こんにちは、鈴木です。

どうしても前向きにはなれないとき。

そんな時ってありますね。

私も経験しますが、こういう時は参りますね。

頭では「前向きにならなきゃ」とか、
「しっかりしなきゃ」とわかっている。

でも、気持ちがついて来ない。

どうしても後ろ向きにしかなれない。

人間、正しいとわかっていても、
その行動がどうしても取れない時があります。

逆に、良くない事とわかっているのに、
ついついそれをしてしまう時もあります。

そんな時、人から正論を吐かれると、
時にはうんざりすることも。

そして、そんな時ほど、
私たちは自分を責めたりもします。

自分はダメな人間だな・・とか、
こんな自分は好きになれないな・・とか・・

人から責められるのも辛いですが、
自分で自分を責めているときも、
これも相当に辛いものです。

やがて、自分の将来を悲観するようになります。

こんな自分で、将来やっていけるのだろうか?

考えれば考えるほど不安になってきます。

こうしてどんどん悪循環にはまります。

この悪循環、どうやって抜け出せばよいのでしょうか?

先ず、この悪循環の元を考えてみます。

何らかの出来事や経験から、
こうした悪循環は起きています。

多くは失敗経験、挫折体験だったり、
傷つくような経験だったりします。

そのことによって、私たちは
自分自身を「否定している」のですね。

自分はダメなんだと責め、
自分に「ダメの烙印」を押しています。

ですから、悪循環脱出のカギは、
この烙印を消し去ることです。

どうしたら「自分はダメ」と思わなくなるか。

ここが重要になってきます。

多くの人が、ここで前向きになろうとします。

そのために、自分を鼓舞したり、
自己啓発系の本を読んだりします。

しかし、どれもピンとこない。

自分の心が、それでも動かないのです。

頭でわかっていても、
心が動いてくれない、行動できない。

そこでまた、自分自身に失望するんです。

つまり、前向きにあろうとすればするほど、
後ろ向きになってしまう。

更なる悪循環にはなっていきます。

こんな苦労を経験したことはないでしょうか?

では、そうすれば、この悪循環から抜け出せるのか?

前向きになるためには、
前向きになろうとしないことです。

逆説的ですが、本当です。

実は、私たちは前向きになろうとしないことで、
逆に前向きになれるのです。

それはどういうことなのか?

後ろ向きな部分を受け容れることで、
私たちは後ろ向きではなくなるのです。

自分でダメだと思っていた自分を、
ダメだと思わなければいいのです。

そんなに簡単にできたら苦労しない?

まあ、もう少しこの先も読んでみてください。

自分は心が弱い人間なんだと、
あなたがそう思っていたとします。

でも、弱くても別にいいや・・・・と、
そう思えたら、自分を責める根拠が一つ消えますね。

弱いことがダメだと思っているから、
弱さが受け入れられず、嫌だなと思うわけです。

ダメだと思わなくなれば、
弱さはあなたの一部になります。

指先に擦り傷があったからといって、
自分はダメな人間だとは思わないですよね。

ああ、擦り傷があるとか、
擦り傷を作ってしまったと思うだけでしょう。

自分の弱さも、ただの擦り傷と同じ。

「ただの弱さ」であるわけです。

ああ、自分には弱さはあるなあ・・・

先ずはそういう自分でもあると、
そのまま認識することが第一歩です。

私も、自分の中にあるたくさんの弱さと
そうやって付き合っています。

これは、弱さがあるのを
良いことだと思うのではないんです。

弱さがあるなら、弱さがあるなと、
そのまま正確に認識するということです。

悪いとも良いとも思わない。

ダメだとも優れているとも思わない。

つまり、無意識にしていた
「ジャッジ」に気づくんです。

そう、自分で自分のことをジャッジ(批評)していた。

だから、結果に一喜一憂したり、
人の目や評価に左右されてしまうんです。

このようなセルフジャッジが減れば、
それだけ心は安定しやすくなります。

正直、自信はなくても、
私たちは生きていけます。

当分自信がない状態で生きていこう。

そう思うだけで、ずいぶん心が軽くもなります。

このセルフジャッジは、
なかなか自分では気づけません。

私たちはほぼ無意識に
自分のことを常に評価しています。

ですから、今まではおそらく、
批判という選択肢のみがあったはずです。

その選択肢を横に置き、
そのまま正確に認識するという捉え方。

これをあなたの選択肢に加えます。

コツは「そのまま正確に認識する」です。

そこに感情を入れずに、客観的に見るわけです。

客観的に見ようとすると、
却って自分の無意識の観方に気づきます。

瞬間的に「自分はダメだ」と捉えようとする
自分の心の反応に気づきます。

自分で自信を失わせている自分に気づきます。

悩むとき、自信を失うとき、
私たちは視野が狭くなっています。

視野が狭くなると、感情的にもなるし、
感情的になるから、余計に視野も狭まります。

視野を拡げ、物事を正確に観ようとする。

そうすると、感情に支配されにくくなります。

起きている事や自分自身を正確に見られるので、
今まで否定した自分も、受け容れられるようになります。

どうしても前向きになれないとき、
物事を客観的に、正確に
「そのまま」認識しようとする。

ぜひ、お試しください。

心のあり様に変化が起きるはずです。

「人生を変える幸せな生き方」セミナー(東京)
4月16日(日)【残席3名】

「人生を変える幸せな生き方」グループコンサルティング(東京)
5月14日(日)【満席】
6月4日(日)【残席5名】

「雑談(話し方・聞き方)講座」(東京)
5月21日(日)【残席4名】
5月24日(水)【募集開始】

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上