ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

傾聴の姿勢とコミュニケーション


こんにちは、鈴木です。

近年の社会問題を見てみると、
その多くが「こころの問題」に起因しています。

不登校や引きこもり、学校教育現場の問題、
職場のメンタルヘルス、人間関係、犯罪etc

その多くがこころの問題が発端となっていて、
そこから端を発して人間関係の問題となっています。

引きこもりはある意味、人間関係に裏切られたり、
人間関係を放棄してしまった状態ともいえます。

何度も裏切られ、長い年月傷つき続け、
その結果として引きこもりに陥ったともいえます。

職場のメンタルヘルスの問題も、
そのほとんどが人間関係です。

学級崩壊やクラスの人間関係の崩壊であり、
いじめも様々なトラブルも人間関係の中で起こります。

人のこころは人間関係の関係性によって育ちます。

その人の人間性がどう育つかも
どのような人間関係の中でどう成長してきたか?

ここに尽きるといってもいいでしょう。

その人間関係も、一つ一つの場面の連続で成り立っています。

どういうコミュニケーションをその時々で経験したか?

それが互いの人間関係を決めていきます。

そして、コミュニケーションの良否も、
その瞬間瞬間の言葉のやり取りにかかっています。

つまり、私たちが交わす一つ一つの言葉です。

この一つ一つの言葉をどう聞き、どう理解し、
そしてどう投げ返すかで、人間関係も決まります。

傾聴やカウンセリングの学習。

それらが様々な社会的な場面で見直されてきているのは、
こうした言葉の重要性が見直されてきているからです。

別な言い方をすれば、私たちは今、
言葉を介した意思の疎通が十分にできなくなってきている。

こうした背景が社会的な問題の陰には存在します。

養成塾ではセラピーや心理の分野だけでなく、
福祉や教育、医療、ビジネスなど、
様々な分野の方が学ばれています。

こうした多岐にわたる分野の方々が
傾聴やカウンセリングを学び始めたのには、
このような背景があるからです。

言葉を介した意思の疎通に様々な問題が発生しているのです。

傾聴の根本は何か?

それは相手に「まっすぐ関心を向ける姿勢」です。

相手に対するまっすぐな関心があるからこそ、
相手の話を集中して聞けるし、理解も深まります。

そして、まっすぐ関心を持たれた方(話し手)も、
そのことは肌で感じられるはずです。

私たちは自分自身にまっすぐ関心を向けられることで、
安心感を得ますし、相手に信頼も感じます。

そしてこの安心感や信頼感が積み重なることが
互いの信頼関係を築いていくことに通じます。

傾聴が知識やテクニックだけでは足りないといわれる所以です。

相手に関心をまっすぐ向けるということは、
どういうことなのか?

どんな感覚で、どんな意識が必要で、
どんな意味を見出せるのか?

そういうことをじっくり、丁寧に理解し、
自分のものとしていくことが大切です。

今年も臨床カウンセラー養成塾では、
こうした観点を大事に、
じっくり型の学習を大切にしていきます。

傾聴力を向上させるには、数をこなすことよりも、
一つ一つのケースをいかに深く丹念に学ぶかが大事です。

人に対する関心の寄せ方を含め、
寄り添い方、こころの向き合い方まで、
日々の生活に生きる学習を提供してまいります。

こうした内容をもっと知りたいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

>>無料メルマガを読んでみる 
 
メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。
購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。

興味のある方はご購読ください。 

【関連記事】
傾聴とは?実践的な技法、効果、練習法
傾聴スキル
人間関係を良くする方法

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

失敗して落ち込む必要はないよ




こんにちは、鈴木です。

私はカウンセラーという仕事を初めて、
14年目になります。

これまで、本当に多くの方がカウンセリングに訪れ、
セミナーや講座に足を運んでくださいました。

そして多くの方が卒業をされたわけですが、
時々久しぶりに顔を見せに来てくださる方がいます。

久しぶりにカウンセリングやセミナーに
来てくださって、その後の報告や
近況を教えてくれるんです。

学校の先生が久しぶりに教え子に会えた心境は
こんな感じなのかな・・と思いました。

独身だったけど、結婚して
お子さんの親御さんになっている方。

仕事を辞めたいと悩んでいたのに、
今もずっとその仕事を続けている方。

転職して前の職場より生き生きと働けている方。

時の流れと同時に、その方の努力の跡を感じます。

いずれも自分自身をしっかりと向き合い、
試行錯誤しながらその後の人生を生きておられます。

久しぶりにお会いして、幸せになっているのを見ると
私も本当に嬉しい気持になります。

また、わざわざ来てくださることも
ありがたいことだなあと思います。

こうして人生のステップを一歩、また一歩と歩んでいる方々も、
最初にカウンセリングやセミナーに訪れた時は、
本当に人生のどん底にあったんです。

中には、生きるか死ぬかといった問題に
直面している方もいました。

そんな状況から試行錯誤し、紆余曲折もありながら
あきらめずに少しずつ
自分自身の問題と向き合っていきました。

人生でぶつかる問題は、時には耐え難いものがあります。

向き合う勇気が持てなくて、
目をそむけてしまうことだってあるでしょう。

私も含め、人間は弱いところがあります。

誰だって「逃げたい」「避けたい」という気持ちに
悩まされたことはあるのではないでしょうか。

その辛さや苦しみに耐えられないと思うからです。

自分の人生をうらめしいと思うこともあるでしょうね。

しかし、残念ながら向き合えない限り、
その問題が解決することはありません。

人生の問題というのは避ければ避けるほど
大きく、深く、深刻になっていくんです。

私はいつも、そうした場面を見るたびに、
これは厳しい現実だな・・・と思います。

また、人生の問題というのは、
多くが簡単には解決できない場合が多いんです。

だから、途中で挫折したり、放り出したり、
逃げ出したいという衝動に駆られることもあります。

取り組み続けるには、粘り強さも必要になります。

何度も挫折しそうになりますが、
それでも取り組み続けることで、
人生の先を開いていくことが出来ます。

そう、問題を解決するには、
その問題そのものに向き合い続けるしかありません。

先に書いた人たちは、そうした取り組みを
ずっと続けてきた人たちでもあります。

そう、カウンセリングを卒業した今も、
彼らは自分自身と向き合い続けているんです。

その歩み、その積み重ねが、人生を変えてきました。

その道のりを改めて聞かせて頂くと、
私も正直、頭が下がりますし、
背筋が伸びる思いにもなります。

中には10年以上前に卒業された方が、
セミナー等に顔を見せてくれる方もいます。

どうしてそういうことになるかというと、
それは10年以上にもわたり、
鈴木のメルマガを読み続けているからです。

ずっと鈴木のメルマガを読み、書かれている言葉を胸に
ここまで生きてきましたとおっしゃるんです。

メルマガではなくても良いのですが、
「学び続ける人生」には、多くの意義があります。

自分が少しでも向上するために、
どんな小さなこともヒントにしていく。

日々、そうした気持ちで過ごしてきた結果、
気がつくと人生が変わっていたのです。

久しぶりに顔を見せてくださった方を観ていると、
そうした努力の跡を感じます。

そのまなざしや顔つきに、
そうした年輪を感じるんです。

一歩一歩はほんの小さな歩みに過ぎないのですが、
やっぱり積み重ねていくことが大切ですよね。

そういうことを彼らが教えてくれた思いがしました。

自分自身と向き合い続けていくこと。

向き合い続けて、損することはありません。

得になることはあっても、損はないんです。

時には、向き合えないこともあるでしょう。

先にも書いたように、私たち人間は弱いものです。

そんな時は、また向き合おうとすればいいんです。

私たちは何度も過ちを繰り返すものです。

でも、なぜ何度も過ちを繰り返すのでしょうか?

カウンセリングを続けてきて、
私はあることに気づきました。

カウンセリングを卒業できるのは、
直面した問題や困難に向き合う過程で、
その人が人間的に成長したから。

私はメルマガでも、そうお伝えしてきました。

そこから、あることが見えてきました。

人が何度も過ちを繰り返すのは、
その都度、学ぶためなのではないか?

自分に学ぶ必要のあることがあって、
その都度、過ちを犯すのかもしれない。

そんな風に捉え直してみると、
人生の過ち失敗、そして挫折は
私たちにとって必要なことかもしれません。

普通は失敗や挫折は、まあ、招かれざる客ですよね。

でも、自分が成長するために必要だと捉え直せば
より向き合うことができそうです。

その先に成長があり、人生の変化が待っている。

カウンセリングで一緒に取り組む時には、
お互いにそんなイメージを持ちながら取り組んでいきます。

【関連記事】
会社を辞めたいとき
失敗が怖い心理と克服法
心を強くする方法

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

【動画】意外と知らないカウンセリングの成功率を上げる枠組みとは?


【無料視聴(抜粋)版】2018年1月25日UP!
「意外と知らないカウンセリングの成功率を上げる枠組みとは?」



下記より「オンライン講座(会員制)」にご入会頂くと、動画セミナーを全てご視聴頂くことができます。

臨床カウンセラー養成塾「オンライン講座」より

運を良くする、運のいい人の特徴とは?




こんにちは、鈴木です。

今回は「運」ということについて、考えてみます。

私は実は「運」ということについて
いろいろと調べたりしてきました。

そこでわかってきたことがあるので、
今日はそのことをお伝えしたいと思います。

よく「運がよかった」「運気があがる」という言い方をします。

これはある意味、運を受動的に捉えた言い方です。

運というものは、自分の努力とは関係なく、
何か降ってくるものであるかのような表現です。

しかし私は、運について調べ、カウンセリングで多くの人を見てきて、
「運」は自分で呼び寄せるものだと思うようになりました。

例えば、思わぬ病気や事故に遭ったとします。

普通はこの時点で「運が悪い」と思いたくなりますよね。

しかし、運とが良いか、悪いかは、
ここから始まる話だと気づきました。

病気になったり事故に遭ったりしたとき、
その事態をどう受け止め、そこからどう生きていくか。

その「受け止め方」と「生き方」こそが
「運」を呼び寄せてくるんです。

つまり、そこからの受け止め方や生き方によって、
良運が来るのか、悪運が来るのかが決まります。

でも、そうやって仮に悪運がきたとして、
それで「やっぱり運が悪い」とするのか?

それとも、その悪運(と思うこと)を
どう受け止め、そこからどう生きるのか?

結局、考えたりやったりすることは、同じになります。

だから、パワースポットに行ったり、
運気アップのグッズを買ったりしただけでは、
当然、良い運は呼び寄せられません。

パワースポットに行った後、グッズを買った後、
そこからどう生きるのかで
運気がアップするかどうかがが決まります。

ということは、パワースポットに行くのも、
グッズを買うのも、そのこと自体に効力はありません。

行くこと、買うことで努力しようと誓いを立てる。

そこに意味があるし、運を呼び込む力が生まれるといえます。

神社ではお願いをするのではなく、
ごあいさつと誓いを立てるべしと言われる所以です。

つまり、運を呼び込むために必要なことは、
結局は「努力」ということになります。

主に「自分を変えようとする努力」でしょうか。

カウンセリングで運を呼び込んだクライエントの皆さんは、
「自分を変える努力」によって、運を呼び込みました。

不登校だった子どもが学校に行くようになった。

うつで休職まで追い込まれたが、
無事に職場復帰を果たした。

一人で寂しく、苦しかったけど、
パートナーに出会え、結婚し、家族に恵まれた。

親に恵まれなかった(良い親ではなかった)けど、
自力で生き抜く、自分の人生を築いた。

人間関係が苦手で上手くいかなかったけど、
徐々に人と心の交流が出来るようになった。

仕事のことですごく悩んでいたけど、
今では恵まれた職場で働けると実感できるようになった。

こうしたプロセスを歩めたクライエントの皆さんは
「自ら自分を変える努力」を続けていきました。

自分の努力が運を呼び込んだのです。

運は良くなるものではなく、良くするもの。

運気は上がるものではなく、上げるもの。

こう捉え直すことが、良運を呼び込む
「秘訣」といえるかもしれません。

運を良くするのは自分自身であると、
そんな風に能動的に捉え直してみましょう。

そして自分自身を変える、成長させることを
真ん中に据えて日々を過ごしてみましょう。

これが運気向上の最も確かな方法かもしれません。

【関連記事】
不運が続くとき
幸せになる方法
幸福への近道

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガ(読者6375人)でお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

幸せな家族のカギ、それは「言葉」




こんにちは、鈴木です。

子育てだけではないのですが、言葉の大切さは以前にもお伝えしました。

どんな言葉を使うのか。それをどんな気持ちで言うのか。

こちらの選んだ言葉、言い方、言っているときの気持ち。

こうしたことが、子どもの心に様々な影響を与えていきます。

綺麗な言葉を使えば、子どもの心も穏やかになります。

落ち着いた言い方をすれば、子どもの心も落ち着きます。

暖かい気持ちで言葉を発すれば、子どもの心も満たされていきます。

乱暴な言葉や荒い表現を使えば、子どもの心も穏やかではいられません。

感情的な言い方をすれば、子どもも感情的になりやすくなります。

荒んだ気持ちで言葉を発すれば、子どもの心も荒んでいきます。

「言葉」「言い方」そして「その時の気持ち」。

子どもと接するとき、この3つの要素を改めて捉えなおしてみると、いろいろなことが見えてきます。

心がささくれだって、イライラしているとき。

そんなときは、どうしたって言葉も荒くなるものです。

感情的になり、ついつい乱暴な言い方や表現になってしまいますよね。

また、心が不安で一杯なとき。

そんなときは、その不安が言葉や態度に現れてきます。

つい否定的な表現や言葉遣いが多くなりがちです。

「こんな大人になったらどうしよう」「こんな生活に陥ったらどうしよう」

そういう将来不安から、つい「なんでこうしないの!」といった言い方になったり・・・

また、お母さん自身の不安も子どもに伝わります。

お母さん自身が、今の生活や将来に不安を抱えている。

カウンセリングをしていると、そういうお母さんの胸の内をお話しくださる場合もあります。

職場の人間関係、仕事の悩み、夫婦の問題、自分に自信がないなどの悩み。

こうした問題が子育てという子どもとの関わりの中で、どうしても影響は出てきます。

自分の心の状態というのは、言葉に見事に反映してしまうものです。

子どもは、そういう微妙な言葉や表現を、とにかくよく聞き取っているものです。

そして、こうした要素をスポンジのように見事に吸収してしまうのです。

そう、こういう時こそ、言葉が大事になってきます。

心がささくれ立ってイライラしている時こそ、言葉は穏やかなものを選びます。

なぜなら、穏やかな言葉、穏やかな言い方をあえて選ぶうちに、自分の気持ちも穏やかになっていくからです。

楽しいから笑えるけれども、笑っているから楽しくもなる。

気分がいいから快活な言葉になるけど、快活な言葉を使うから気分も良くなる。

幸せだから幸せと言えるけれども、幸せだといっているから幸せな気持ちになっていく。

昔から言われてきたことでもあり、心理学の世界でも常識となっていることです。

使う(選ぶ)言葉が、その人の感情や思考に影響を与えていくということですね。

お母さんが、自分の使う言葉によって、自分の気持ちが変わってくるということです。

当然、その言葉を聞く子どもも良い影響を受けます。

今、家族(家庭)の中では、どんな言葉が使われていますか?

否定的な言葉や表現が多いと、お子さんも否定的な言葉や表現を使うようになります。

そして、お子さんの思考や心理状態も、そういう言葉を使えば使うほど、否定的なものになっていきます。

ですから、お子さんの言葉遣いが気になるなら、お母さんはご自分の言葉遣いをちょっとチェックしてみるといいです。

意外に、お母さん自身の言葉の使い方に、お子さんが影響を受けて踏襲している場合があるからです。

家族の中でどういう言葉や表現によって、互いにコミュニケーションが成されているか?

これも一度、しっかりと観察&チェックしてみるといいです。

「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」
「行ってきます」「行ってらっしゃい」「ただいま」「お帰り」「ありがとう」「ごめんね」「良かったね」

こうした言葉が日常の家庭の中で、どれほどしっかりと使われているでしょうか?

これらは相手の幸せを願う言葉であったり、相手の気持ちを心底思いやる言葉です。

夫婦で乱暴な言葉で会話をしていると、やっぱりお子さんも同じような言葉を使い始めます。

優しく細やかな言葉や表現を選んで使っていくと、お子さんの言葉の使い方もそれに倣います。

そして、優しく細やかな言葉を使うことによって、優しく細やかな気持ちも、より育っていくものです。

大人でもそうなのですが、コミュニケーションの上手な人は、言葉をとても大切にします。

自分が発する言葉に、相手への配慮を十分に働かせます。

この「相手への配慮」とは、自分が人から悪く見られないようにという意味ではありません。

本当に相手の立場に立って、相手にしっかりと関心を寄せたところからのものです。

自分が相手に好かれるか、嫌われるかという言葉選びではありません。

相手が元気になるような、相手が気持ちよく受け取れるような言葉選びということです。

相手が理解しやすいように、相手の助けになるような言い方ということです。

こうした「言葉に対する意識」を改めてもって、お子さんとも会話をしてみてください。

「自分はダメだなあ・・」なんて落ち込むことはありません。

私たち親は、常に未熟なものです。私も例外ではありませんでした。

常に学んでいけばいいんだと思います。

私たちは学ぶために生きています。

そしてそのために、私たちはずっと未熟なんです。

なぜならば、未熟だからこそ、学びも深くなるからです。

深く学ぶために、私たちはあえて未熟なんですね。

今日から言葉を意識して変えてみましょう。お子さんの様子はすぐに変わっていきます。

それは言葉を通して伝わってくるお母さんの気持ちに反応していくからです。

穏やかな言葉を選んで使っていれば、心根も穏やかになっていくものです。

そして、穏やかな心根になれば、当然、言葉もさらに穏やかなものになっていく。

そういう好循環を作ってしまうと、その後は、とても気持ちよくコミュニケーションが出来るようになっていきます。

どんな言葉を使うかで、自分の気持ちも、相手の気持ちも変わっていく。

そして、家の中の空気も雰囲気も大きく変わっていきます。

そう、言葉は一瞬で空気を、そして人間関係を変えてしまいます。

子どもが安心していられる空気を創る。

子どもがいつでも帰ってきたいと思える雰囲気にする。

そのための大きなカギを握るものの一つが「言葉」「言い方」「込める思い」です。

言葉で家庭を幸せにしていくという発想も、実はとても大切なことなんですね。

こうした言葉の使い方によって、家庭の笑顔がもっと増えていくといいですね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガ「子育て応援クラブ」でお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


↓こちらからも簡単に登録できます
子育て応援クラブのメルマガに登録

鈴木雅幸の著書はこちら


以上