今ある不安を解消する2つのカギ


そもそも、私たちはどんな時に不安を感じるのか?

それは経験のない未知の事柄についてです。

「先がどうなるかわからない」

この状況は不安になる状況です。

私たちの脳は「空白」を嫌います。

答えがない曖昧な状況=空白を嫌がるんです。

この先、どうなるかわからない。

そんな空白を、脳は無意識に埋めようとし始めます。

そこに「身の危険」の可能性があると判断するからです。

危険という前提で空白を埋めようとすると、どうなるか?

「否定的な推測」を次々と立てていくことになります。

つまり、失敗や危機的な状況になるという推測です。

「こうなったらどうしよう」

「もし、とんでもないことになったら・・・」

失敗して責められたり、笑われたり、恥をかいたら・・・・

立ち直れないほどの挫折につながったら・・・・

そんな思考が働き、やがて否定的な感情が起きてきます。

そう、それが不安の正体といっていいでしょう。

空白を埋めるのに、先ず危険回避のモードになる。

危険を推測することで、否定的な感情が起きる。

それが不安や怖れですね。

私たちは何かを「失う」ということに、強い不安や恐れを感じるようです。

では、この不安や怖れを克服するには、どうすればいいのでしょうか?

実は、この答えはビックリするほどシンプルなものなんです。

ポイントは次の2つです。

1)最悪の事態も受け入れる

2)出来ることから淡々と行動を起こす

この2つだけです。

最悪の事態を受け容れられないがために、私たちは不安や怖れを抱きます。

でも、受け容れてしまうと、そ怖れや不安が小さくなります。

言葉にすれば「失敗してもいいや」です。

次に、とにかく何でもいいので、行動してみることです。

ネットや図書館で調べる。

人に相談し、助言をもらう。

資料の1ページ目を読み始める。

スケジュールを立て始める。

何でもいいですし、小さな一歩でいいんです。

そんな行動をしてみると、それまであった不安が少しだけ小さくなることがわかります。

そうなんです、行動すればするほど、不安や怖れは小さくなっていくんです。

行動した分だけ、気持ちが少しずつ楽になっていくんです。

行動しないで、頭だけで考えている状態が、実は一番不安を増幅します。

昔の人は、このことをこんな言葉で表しました。

「案ずるより産むが易し」

始める前は不安でも、実際にやってみると思ったほど困難ではない。

そういう意味ですね。

もし今、何か不安なこと、心配なことがあるのであれば、この2つを実行です。

1)最悪の事態も受け入れる

2)出来ることから淡々と行動を起こす

きっと、その不安、小さくなっていくはずです。

こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】


メルマガの購読をご希望される方は、下記の登録フォームからもご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です