結果がすぐ出ないのは当たり前?




こんにちは、鈴木です。

「結果がすぐ出ないのは当たり前?」

泳げない自分が泳げるようになりたい。

そのためには、練習をしますよね。

それも、かなりまとまった量の練習をしないとならない。

本人の気持ちとしては、すぐにでも泳げるようになりたい。

1週間後には、いえ、1か月後には・・・

でも、実際はその何倍もかかるのが普通。

幼いころ、自転車についていた補助輪をはずす。

きっとこの時も「すぐに乗れるようになりたい」
と思ったはずです。

だから、なかなかうまく乗れないことに、
苛立ったり、悔しくなったりしたのでしょう。

スポーツで上手くなる。

これも一緒。

「上達する」ためには、それなりの練習と時間が必要です。

物事「上手くなる」「出来るようになる」には、
かなりまとまった時間が必要です。

特に、はじめのうちは
いくら努力しても結果が出ない。

あきらめずに練習や試行錯誤を続けても、
一向に上手くならず、結果も出ない。

こんなことが続くと私たちはやがて、
気持ちが萎えていきます。

やる気が失われ、後ろ向きな気持ちになりがち。

結局、その努力や試行錯誤を・・・やめてしまいます。

つまり、続かなくなる、続けられなくなる。

「成長曲線」という言葉、聞いたことあるでしょうか?

何かが出来るようになるまでに、
特に最初の方は結果が出ないというもの。

例えば、成果が出たり、上達するには、
1000時間かかるとしましょう。

この1000時間のうち、900時間までは、
何の変化もなく、手ごたえも得られない。

しかし、900時間を過ぎたあたりあら、
急激に変化・手応えが現れる。

・・・という法則です。

そしてこの法則は、いろいろな事に当てはまります。

仕事でもスポーツでも同じです。

努力や練習を始めても、はじめのうちは、
ずっとずっと成果も手応えもない。

ふつうはそれで、努力や練習をやめたくなります。

それでも努力や練習を続けます。

やはり、なかなか成果や手応えがないまま。

でも、それでも更に、努力や練習を続けます。

するとやがて、ある時から「急激に」
成果や手応え、つまり結果が出てきます。

しかし、努力する人間にしてみれば、
やっぱりすぐに「結果」が欲しくなります。

すぐ補助なしに乗りたいし、泳げるようになりたいし、
「努力してるんだから」早く上達したい。

この「結果がすぐほしい」という気持ちと
実際のタイムラグに耐えられなくなり、
結局、努力が続きません。

あなたもきっと、こんな経験があったはず。

実はこれ、カウンセリングにも当てはまります。

初めのうちは目立った変化や改善が見られません。

時々、ちょっとした工夫などで
すぐに改善がみられる要素もあります。

しかし「本質的」とか「根本的」なところでは、
その変化や改善はすぐには見られないことがほとんど。

そうしたタイムラグに耐えられず、
あきらめてカウンセリングを止めてしまう人もいます。

でも、粘り強く取り組み続けることで、
ある時から急激な変化・改善が見られます。

だから、こう考えて(捉え直して)みませんか?

「はじめは結果が出ないもの」

「すぐには、何も変わらないもの」

取り組むテーマによっても違いますが、
補助輪の自転車はともかく、かなりの時間が必要です。

練習や試行錯誤の努力を始めても、
最初の3か月や半年は変化が出ません。

テーマによっては結果が出るまでに
1年や2年必要なものもあります。

会話がしっかりできるようになりたい。

自分にもっと自信をもてるようになりたい。

ならば、そうなるために必要な練習や試行錯誤、
そういう努力をするしかありません。

そして、その努力の成果が実感できるのは、
やっぱり3か月後、半年後、
場合によっては年単位です。

急に短時間で変わったということも起こります。

この場合は、それまでの積み上げがあったか、
気分がたまたま高揚しただけか、思い込みの偶然によるか。

このいずれかです。

気分の高揚や思い込みの場合、
すぐにまた出来なくなったり、自信を失います。

それまでの積み上げがあった場合は、
簡単には後退ぜずに、それが実力として定着します。

取り組むのなら、この「実力の定着」を目指したいところです。

重要なので、もう一度。

努力を続けても、しばらくは結果は出ません。

3か月・半年・年単位なんて当たり前。

それでも「続ける」ことでしか先に進めないんです。

逆にいうと、黙々と、いえ、淡々と続けること。

これが最強の方法だってことになります。

積み上げて得たものは、あなたの「実力」になります。

どうせなら結果を「実力」として、
ずっと定着させたいですよね。

そのためには、その努力の方向性が正しいことも条件。

信頼できる指導者にサポートをもらいながら、
自分がすべき努力を「ひたすら」続けていく。

シンプルですけど、実力をつける。

つまり「自分を変える」にはこれが最強です。

【関連記事】
あきらめない生き方とは?
前向きになる方法
自己変革

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です