他人からの評価が気になるとき




こんにちは、鈴木です。

先日の夜、ちょっとこんなことがありました。

仕事の帰宅途中での出来事です。

最寄りの駅から徒歩で帰宅中に、
地元にある大学から、にぎやかな音が聞こえてきました。

太鼓やおはやし、大勢のかけ声。

どうやら学生たちが、舞踊発表のようなことをしているようでした。

学内にある、小高い山の上の広場から聞こえてきたので、
確認できるのは音だけ。

しかし、それが何とも爽やかな、楽しい感じなのです。

私は思わずその場で道路に立ったまま、
その音に10分ほど聴き入ってしまいました。

帰宅して早速、ネットで調べてみると、
そこの芸術学部の学生の発表会をやっていたようです。

私はどうしてもその公演を観たくなり、
問い合わせをして、翌日その発表会を観に行きました。

3つの演目が行われ、合計で1時間ほどでした。

学生たちの情熱、笑顔、元気、真剣さ。

演目の質の高さ、スタッフの動きの見事さ。

私は、その場に参加できたことを、心から感謝しました。

そして、若い学生たちの全力投球を目の当たりにできて、
心の底から感動してしまいました。

夜の9時前に公演は終わりましたが、
その余韻はしばらく冷めることがありませんでした。

「こんな素晴らしい舞台を見せてくれて、ありがとう」

そういう気持ちで一杯で、会場にいる間、
ずっとずっと拍手を送り続けました。

この時、私のこころの中では、何が起きていたのか?

一言でいうと「感動」でした。

そう、学生たちの全力のパフォーマンスに、
こころから感動を覚えていたのです。

その感動の余韻が帰り道にも冷めず、
本当に元気がをもらった感じでした。

そして、この時改めて思いました。

感動体験は、私たちにものすごい力をくれる・・・と。

あなたは最近、なにか「感動体験」をしましたか?

こころが震え、元気が出たという実感を
経験したでしょうか?

日々のやるべきことばかりに追われていると、
私たちのこころは徐々に疲れ、枯れていきます。

気がつくと、いつのまにか気力が萎えていたり、
慢性的な疲労感に襲われているかもしれません。

こういう状態になるのは、一つには
日常生活に感動体験が無いからです。

芸術やドラマ・映画・音楽・ドキュメント。

私たちはこうしたものにふれると、感動することがあります。

ではなぜ、こうしたものにふれると感動するのか?

それは、そこに人間の全力投球の姿、
真剣に生きる姿を感じるからです。

一つの作品を生み出すまでの彼らの努力、葛藤、団結、
そういう心意気を感じ、そこに感動するのだと思います。

そして、人が一生懸命まっすぐに生きている姿に、
私たちは励まされ、勇気をもらいます。

最近話題の人、将棋の棋士である加藤一二三さん。

加藤九段は多くの人から愛されています。

愛される理由は、加藤九段の「キャラ」もあるでしょうが、
もう一つは「全力で将棋に向かう生き方」なんじゃないでしょうか。

将棋は加藤九段にとって人生そのもの。

もっと将棋に勝つことのできる人間になるために、
若い頃クリスチャンの洗礼を受けたほどです。

協会では、5時間も祈り続けることもあるそうです。

一途に、まっすぐに、ひたむきに物事に向かう生き方。

私たちはそういう人間の生きざまに、感動を覚えます。

つまり、そこに私たちの幸せな生き方のヒントがある。

私はそう思うんですね。

一途な、まっすぐな、ひたむきな生き方を目の当たりにした瞬間、
私たちはその生き方に「感動」を覚えます。

ということは、私たち自身がそんな生き方をすることで、
私たち自身も「感動」を覚えるはずです。

自分がしたいこと、正しいという信念をもてること。

そうしたことに自分の力を傾ける。

そういう生き方に、人は感動し、自分も感動できるはずです。

何も世間で評価されるようなことでなくてもいいんです。

会社や世間の評価ほど、もろくて頼りないものはありません。

そんな他人様の評価などよりも、
もっと大切なのは自分が自分に評価できることをする。

自分が自分をどういう人間だと思えるか。

これが生きていく上での拠り所の一つだからです。

自分が人として正しいと信じられることを、
人知れずでもやっていく。

街中でゴミを拾うとか、困っている人に声をかけるとか。

人が見ていないところでの努力とか。

こういう行為が自分に自信を深めてくれます。

人からの評価と関係ないことでも、一生懸命やる。

そういうことをしていると、自分のことを誇らしく思えます。

これが一番自分に自信を与えてくれます。

そして、そういう生き方を続けていくことで、
その生き方が「感動」につながっていきます。

努力、葛藤といった代償を払ったからこそ
得られるのは「感動」だともいえます。

先の学生たちのパフォーマンスは
本当に素晴らしいものでした。

でも、そこまでの彼らの道のりは、
きっと大変なものだったと思います。

何度も失敗し、何度も指導者からダメ出しをされ、
悩み、苦しみ、それでもあきらめなかった。

私が感動したのは、そういう重みを
彼らの舞台からヒシヒシと感じたからです。

舞台が終わり、私たちを見送ってくれた彼らの目から流れる涙に、
そのことが現れていると感じました。

「ありがとう」と言いたくなったのは、
そのことを彼らが身をもって教えてくれたからです。

繰り返しますが、世間様からみて立派かどうかは、
関係ありません。

人と自分を比べるところからは、
正直、何も生み出せないし、何も得られません。

今の自分にできること、
どんな小さなことでもいいと思います。

そういうことを一つ、また一つとやっていく。

その積み重ねがやがて小さな感動になっていく。

その小さな感動の積み重ねがエネルギーになって、
いざという時「がんばろう」と思える。

私自身も学生たちから、そう教わったような気がしました。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です