自分を変えると世界が変わる~泣き崩れたMさん~


こんにちは、鈴木です。

「泣き崩れてしまいました」

先日の勉強会に参加されたMさん(30代女性)。

とても驚いたという表情で、こんな話をしてくれました。

自分の誕生日のときのこと。

家族がサプライズプレゼントをくれた。

今まで、こんなことは一度もなく、初めてのこと。

嬉しくて泣き崩れてしまった・・・というのです。

Mさんが泣き崩れてしまったのには、理由があります。

Mさんは、過去にとても辛い経験をたくさんしました。

その心の傷とずっと闘ってきたMさん。

カウンセリングにも通い、勉強会にも積極的に参加。

その結果、トラウマを一つ一つ克服していきました。

自分の心の傷と闘ってきたMさんは、
あるとき、覚悟を決めます。

もう、人から自分がどう見られたっていい。

心ある人とのつながりを大切にしていけばいい。

そして、今まで子どもたちにも迷惑をかけてきた。

これから本気でその分を取り返していこう。

サプライズプレゼントは、
Mさんがそう腹を括ってしばらくのことだったのです。

もちろん、その決意のほどは、家族には直接伝えてはいません。

自分の中で決心したことなのです。

本気になった、覚悟が定まった途端、
自分の周囲の状況が変わる。

実は、こうしたことは珍しくはないのです。

カウンセリングを続けていくと、こうしたことはよく起こります。

自分の内面がはっきりと変わった。

決心した、覚悟が決まった、本気になった。

すると、それに呼応するかのように、周りの状況が変わる。

今までなかった急展開が起きたり、
周囲の人たちの態度が大きく変わったり・・・・・

京都大徳寺大仙院の住職で、現在は閑栖である尾関宗園氏。

その宗園氏の言葉に、こんな言葉があるんです。

「覚悟が定まったとき、勝負はすでについている」

Mさんは心の中で覚悟を決めました。

過去のトラウマから自分を解き放とう。

そのために、怖いけど勇気をもとう。

そうなった瞬間、周囲の状況が変わり始めたのでしょう。

「これって、偶然ではないですよね?」

Mさんは、私にそう訊いてきました。

もちろん、偶然ではありません。

子どもたちにも本気で関わろう。

そのためには、どんなことでもやっていこう。

そう決心した直後、今までなかったサプライズが、
ご主人とお子さんたちからプレゼントされた。

偶然だと考える方が、不自然です(笑)

そうはいっても、誰もがMさんのようにいくとは限りません。

私たちは、本気になろうと思っても、なかなかなれないもの。

覚悟を決めようと思っても、簡単には決まらないものです。

私たちが本気になれるとき。

覚悟が定まるとき。

それは、やっぱり「余程のとき」なのです。

余程のことを経験することで、覚悟につながるんですね。

Mさんも、この覚悟が決まるまで、本当にいろいろな思いをしました。

大変なことを何度も経験し、悲しみ、苦しみ、絶望感さえ抱きました。

でも、その経験がMさんを変えていったことも事実です。

「もう、四の五の言っていられない」

「もう、なりふり構ってはいられない」

「もう後がない!」

そういう切迫感が人を変える要因の一つです。

それから、

「もしかしたら、自分は変われるかもしれない」

「人生、捨てたもんじゃないな」

といった小さな希望も、覚悟を後押ししてくれます。

いえ、切迫感と小さな希望。

この両方が揃うことで、
私たちは「前に進む勇気」を得るのかもしれません。

本気で変わろうと決める。

こうした固い決意、強い思い。

それが、最終的には未来を切り開いていく。

クライエントの皆さんが、いつも私に、そう教えてくれるのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

自分を信じるには

こんにちは、鈴木です。

「少しずつ、少しずつ」

人から自分がどう思われているかを気にするよりも、
自分が人をどう思っているかに気がつく。

するとなにか発見がある。

人と自分を比べても、何もいいことはないし、何も生まれない。

比べたり、ジャッジしたり、そこに未来はないはず。

自分ができることを一つ一つ丁寧に、心をこめてやる。

未来はその先に開けてくると信じて。

そういう自分だと思えることで、自分を少しずつ、少しずつ
信じてもいいのかな・・と思えるようになるかもしれない。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。