幸せになるコツは捉え方にある




こんにちは、鈴木です。

私たちの人生を幸福にするもの、不幸にするもの、
それはいったい何でしょう?

お金でしょうか?仕事でしょうか?
結婚や家族でしょうか?運・不運でしょうか?

結論からいうと、私はそれは、
その人の人生の「捉え方」だと考えています。

人生は「幸福だ」と捉えれば幸福で、
「不幸だ」と捉えれば不幸になります。

私たちは、自分の捉え方次第で、
自分の人生を幸福にも、不幸にもします。

なぜなら、自分の捉え方から見える世界を、
自分が生きている世界だと、それこそ捉えるからです。

私たちは常に、自分の捉え方から世界を捉えます。

電車のダイヤがトラブルで乱れたとき、
とてもガッカリしたり、苛立ちを覚えたり・・・

それは、その人の捉え方が起こす感情です。

自分の思い通りに事が運ばないことに対して、
「あり得ない」「許せない」という捉え方があれば、
否定的な感情はそれだけ強く出てきます。

ところが、同じように電車のダイヤが乱れても、
まったく落ち着いていられる人もいます。

落ち着いていられるのは、その人が
「思い通りにいかないのが人生」「そういうこともあるさ」と、
落ち着いていられる捉え方をしているからです。

うつになってしまった場合もそうです。

うつという苦難を自分がどう捉えられるか?

あるいは、この人生の苦難をどう捉え直せるか?

その捉え方によって、うつの状態、精神状態は
大きく変わってくる側面があります。

私たちは「捉え方の世界に生きている」といえます。

だから、同じ出来事に遭遇しても、
人によって反応が違います。

その反応の積み重ねが精神状態を変えていきます。

この反応を生むものが、普段から無意識に持っているであろう
あなた自身の「捉え方」なんですね。

だから私は、一つの物事に対して、
できるだけ複数の捉え方をすることをおススメしています。

複数の捉え方をするというか、
できるようにしておくというか・・・

そうすると、物事を否定的な面からだけでなく、
肯定的な面からも眺めることができます。

肯定的な面から捉えられると、
当然、感情も精神状態も肯定的になります。

「うつ」というのは、ある意味、様々な理由から、
一つの捉え方から脱することができないことで、
否定的な思考や感情で脳がパンパンになった状態です。

だから、この捉え方が変わらない限り、
薬を飲み続けても予後が悪かったりします。

うつを生む要因になった捉え方があるのなら、
その捉え方を変える(変わる)必要があります。

ここをセットでケアしていかないと、
薬が手放せないという悪循環に陥ります。

反対に、精神状態が穏やかで、安定していて、
とても心地よい状態は、どうして訪れるのか?

あなたは、どうしてだと思いますか?

私はそれは「感謝」しているときだと思います。

人間の精神状態が最も理想的な状態とは、
感謝の念を覚えているときだと思うのです。

感謝している状態こそ、理想の精神状態です。

そして感謝というのは、人生に対して
感動できているときだとも思います。

カウンセリングを卒業されていく方々は、
卒業の際に感謝の言葉を残してくれます。

おかげ様で、自分を取り戻すことができたとか、
この困難を経験できて良かったといったことです。

人それぞれ違いはありますが、共通することは、
そこに感謝の念が生まれてくることです。

そして、カウンセリングを卒業される方々は、
今の自分や自分の人生にも感謝します。

では、感謝できるときというのは、どういう時でしょう?

人間が感謝するときというのは、
意外に当たり前のことに対してだったりするものです。

いえ、その人にとって当たり前だと思っていることに対してですね。

そういうほうが、正確な表現になるでしょう。

今まで、当たり前だと思っていたことが、
当たり前どころか、とてもありがたいことだった。

私たちはそういう経験や気づきを得たとき、
その発見に感動し、そのことに感謝をします。

感謝というのは、そうした発見や気づきがあって生まれてきます。

身体が不自由なく、思うように動く。

これを毎日当たり前だと思っていたけれど、
それが当たり前ではない人もいる。

目が見えることが当たり前だと思っていたが、
自分の目でものを視ることができない人もいる。

毎日働いているが、それが当たり前じゃない人もいるし、
自分の当たり前は、自分が当たり前という捉え方をしているだけ。

本当に当たり前なことなど、一つもないかもしれない。

そう気づくと、一つ一つのことがとても新鮮に思えてきます。

そして、自分の生きている世界の当たり前が新鮮に見えてくると、
そこに「ありがたいな・・」という思いが生まれます。

この「ありがたいな・・・」という思いが「感謝」につながります。

この時の私たちの精神状態は、最も良い状態。

理想的な状態だといってもいいでしょう。

エリクソンという心理学者がいました。

元々ドイツの人で、戦時中にアメリカに亡命しました。

そのエリクソンが、ライフサイクル論というものを提唱しました。

エリクソンは、人生の終末を迎えるとき、
自分の人生を「感謝」で眺められるかどうかが、
幸福を考えるとき、とても重要だと説いています。

感謝ができるということは、
感謝ができるような出来事があったということではありません。

感謝できるような生き方をしてきたかが大事になります。

そして、感謝できる生き方というのは、
感謝できるような「捉え方」で生きるということです。

前にも書きましたが、同じ出来事であっても、
人によって感じ方は違います。

同じ出来事なのに、嬉しいという人もいれば、
悲しい、残念だ、許せないという人もいます。

なぜなら、そこには人それぞれの「捉え方」が存在するからです。

ちょっと考えてみてください。

自分にどんな出来事が起こるかなんて、
自分でコントロールできないでしょ?

突然のアクシデントとか、病気とか・・・・

仕事でも、人間関係でも、私たちの人生では、
思い通りにいかないことの方が多いものです。

だから、出来事や結果で幸・不幸は決まらないんです。

その出来事を自分がどうとらえるのかによって、
自分の人生の幸・不幸は決まります。

皆が心配し、気遣い、支えようとしているのに、
自分は孤独だ、人生はもうおしまいだと嘆く人もいます。

これは、その人の捉え方が生み出している不幸です。

一方、身体が不自由だったり、障害や病を得た人でも、
自分は幸せだという人もいます。

そういう人は、たくさんの人に支えられていることへの感謝や、
その不自由さや苦難から得る「学び」に目が向いています。

そうした学びから人間的な成長を重ねていく人生は、
不幸ではなく、やはり幸せな人生だ。

その人自身がそう捉えるのなら、
その人にとって人生は幸せなんですね。

だから、何を人よりたくさん持っているかとか、
何が人より足りないかとか、そういう一喜一憂の先に、
人生の幸せは見つけることはできません。

自分が自分の人生をどう捉えるのか?

あるのは「捉え方の選択」だけなんです。

あなたの捉え方はどうでしょう?

幸福につながるものでしょうか?

それとも、不幸につながるものでしょうか?

満足や充足感につながるものでしょうか?

それとも、不満や不足につながるものでしょうか?

あなたの捉え方は、あなたの人生の
感謝につながるものでしょうか?

この捉え方が、実は、人生の扉です。

どの扉(捉え方)を開くか(選ぶか)で、
あなたの人生は幸福にも、不幸にもなるということです。

決してお金や持っているもの、人からの評価、
病気や不自由な生活で全て決まるわけではありません。

カウンセリングを卒業された人は、
自分の捉え方を変えることができた人です。

あるいは、自分の捉え方の引き出しを
増やすことができた人です。

これからは、当たり前だと思っていたことを、
もう一度捉えなおしてみてください。

追伸:

9月23日に、このテーマでコラボセミナーを東京でやります。

今までお話しなかった新しい心理学のお話を公開します。

ビジネスに、人間関係に、自己啓発に、
そして、幸せな人生を獲得するために必要なことをお話します。

●「誰でもできるモチベーションに頼らない行動学」9/23 東京

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

行動心理学のようなやさしいお話




こんにちは、鈴木です。

例えば、これはセミナーでもお伝えしたんですけど、
スイーツが食べたいと「思う」だけでは、
スイーツは食べられないですよね。

お店に行って注文するとか、購入するとか、
そういう「行動」を起こすから食べられます。

何事も同じで、自分で何かを得たいとか、
何かを変えていきたいというとき。

得たり変えたりするための「行動」を起こす。

これが最も影響力があります。

ところが、多くの人たちが、
この「行動」が起こせずに悩むことになります。

私も時々、行動が起こせない状態に陥ることもあります。

そういう時は、行動を邪魔する心理や思い込みが、
自分のなかでブレーキになっているのがわかります。

感情でいうと、怖れ、不安、迷いなど。

こうした感情が起こるのにも、実は、理由があります。

この理由、メカニズムを知ると、行動できるようになります。

人間、どうしても行動を起こせない。

そういう状態に何度も何度も陥ります。

そういう時は、自分以外の周りの人間が
全て行動的に見えるものです。

そんな周囲と自分とを、ついつい比べてしまい、
「やっぱり自分はダメなんだ・・・」と思ってしまう。

そういう思いが余計に、
自分の行動のブレーキになっていきます。

こういう悪循環、経験したことありませんか?

もちろん、私も何度もありますし、
カウンセリングでも、こうしたご相談ばかりです。

どうしても、行動を起こせない。

いかに、行動を起こせるのか?

最終的にはこの「行動」がカギになります。

本当に、いかに行動できるか?

それも、解決に必要な行動がとれるかです。

状況を変えるのも、自分を変えるのも、
全ては行動がそのカギを握ります。

でも、なかなか行動に移せない。

このジレンマと格闘するのが人生ではないか?

本当にそう思うほどです。

仕事でも、新しいことをやってみる。

それが成果や改善につながるものであれば、
必然的に事態は良くなるはずです。

人間関係を変えたいとしたら、
そのための適切な態度・コミュニケーションを取ってみる。

そして、それを続けていけばいくほど、
少しずつ人間関係は良くなっていきます。

自分自身を変えたいとしたら、
自分が変わるための行動を取り続けます。

今までと習慣を変えたりする。

これが一番自分を変えていきますよね。

特に、自分に自信をつけたいとしたら、
行動するのが一番近道なんですね。

自己啓発の本を読んでも、自信をつけたいとずっと考えても、
最終的にはそのための行動を起こすしかない。

そのための行動を取り続けるしかない。

そうすると、経験値が積みあがっていきますから、
やっぱり一番確かな自信がついていきます。

自分の中の経験値ほど、
自分の中で説得力をもつものはないんです。

私たちは、自分が経験したことで傷つき、
怖れや不安、怒り、迷いを感じます。

ということは、自分が経験できたことで
逆に喜びや安心、感動という実感が持てれば、
それが一番確かな自信になるのではないでしょうか?

この実感を得られないからこそ、
私たちは自分に自信をもったり、
自分を変えることがなかなか出来なかったりします。

この実感を得るためには経験値が必要で、
その経験値を得る最も手っ取り早い方法。

それが「行動」なんですね。

でも、焦ることはないんです。

焦っても、やっぱりいいことってないんです。

先ずは、なぜ自分が行動できないか?

そこを理性的に分析してみましょう。

この分析は、かなり有効です。

ノートに思いつく限りのことをかき出し、
自己分析してみてください。

かき出してみることで、意外と気づきが多いです。

頭の中だけでグルグル考えていたことも、
言葉や文章にしてみると、ハッキリすることが多いです。

一人では難しければ、信頼できる人や、
その道の専門家に手伝ってもらったっていいんです。

行動できないのは、行動できない理由が必ずあるからです。

ほとんどの人が、自分のそうした理由に、
気づいているつもりでも、気づいていません。

先ず、気づくことですね。

行動できない理由はこうだ・・と気づく。

これでエンジンが入ります。

今まで、そこが見えていなかったから、
行動しようといくら強く思っても、行動できない。

自分で知らないうちに、ブレーキを踏んでいるからです。

自己分析をきちんとして、行動できない理由に納得できれば、
ブレーキから足を降ろすことができます。

行動できない理由。

ブレーキになっている原因。

例えば、失敗が怖いからというものがあります。

行動した自分を、周りが否定的に見るのではないかという不安。

結果が出せなかった場合のショック。

こうしたことを「考えて」しまって、
傷つくことを怖れるあまり、行動できない。

そういうご相談もすごく多いです。

しかし、行動できないことそのものにも、
私たちは傷ついているものなんです。

行動して、すぐに成果が出ない。

すると、やる気が萎えてきそうになります。

でも、結果はすぐに出ないことの方が多いんです。

だから、結果を気にするのではなく、
行動しているということ、そのものに価値を置く。

行動することで得られる様々な経験。

これこそが自分の力に変わるということを知りましょう。

行動できるか、できないか。

どうすれば行動できるのか?

行動そのものに価値を置けるか?

経験値の効力の大きさに気づけるか?

そうした引き出しを自分に持てるといいと思います。

追伸:

9月23日に、このテーマでコラボセミナーを東京でやります。

今までお話しなかった新しい心理学のお話を公開します。

ビジネスに、人間関係に、自己啓発に、
そして、幸せな人生を獲得するために必要なことをお話します。

●「誰でもできるモチベーションに頼らない行動学」9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

幸せになるために必要なこと

こんにちは、鈴木です。

「幸せになるために必要なことは」

幸せになるために必要なことってなんだろう・・・
と考えてみました。

考えてみて、やっぱり「人として成長すること」だと思いました。

誤解を恐れずにいうと、人として成長し、
以前より自分の器が大きくなる。

そうすると、今まで嫌だったこと、苦痛だったことを、
また違ったものとして受け容れることができますね。

カウンセリングでいろいろな人と
膝を突き合わせて話し合ってきた経験から言えること。

それは、

「人は成長することそのものに大きな喜びを感じる」

ということです。

以前より人にやさしくできる自分。

以前よりおおらかになれる自分。

以前より困難に挑戦できるようになった自分。

以前よりあきらめずに取り組めるようになった自分。

以前よりも笑顔でいられるようになった自分。

そんな成長した自分に、人は「誇り」と「喜び」を、
そして「感謝」を感じるんじゃないかと思うんです。

だから「成長することそのものが大きな喜び」だと感じるのだと思います。

そしてそのことを忘れないことが、
幸せな生き方につながるのではと、そう思うのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。