他人からの評価が気になるとき




こんにちは、鈴木です。

先日の夜、ちょっとこんなことがありました。

仕事の帰宅途中での出来事です。

最寄りの駅から徒歩で帰宅中に、
地元にある大学から、にぎやかな音が聞こえてきました。

太鼓やおはやし、大勢のかけ声。

どうやら学生たちが、舞踊発表のようなことをしているようでした。

学内にある、小高い山の上の広場から聞こえてきたので、
確認できるのは音だけ。

しかし、それが何とも爽やかな、楽しい感じなのです。

私は思わずその場で道路に立ったまま、
その音に10分ほど聴き入ってしまいました。

帰宅して早速、ネットで調べてみると、
そこの芸術学部の学生の発表会をやっていたようです。

私はどうしてもその公演を観たくなり、
問い合わせをして、翌日その発表会を観に行きました。

3つの演目が行われ、合計で1時間ほどでした。

学生たちの情熱、笑顔、元気、真剣さ。

演目の質の高さ、スタッフの動きの見事さ。

私は、その場に参加できたことを、心から感謝しました。

そして、若い学生たちの全力投球を目の当たりにできて、
心の底から感動してしまいました。

夜の9時前に公演は終わりましたが、
その余韻はしばらく冷めることがありませんでした。

「こんな素晴らしい舞台を見せてくれて、ありがとう」

そういう気持ちで一杯で、会場にいる間、
ずっとずっと拍手を送り続けました。

この時、私のこころの中では、何が起きていたのか?

一言でいうと「感動」でした。

そう、学生たちの全力のパフォーマンスに、
こころから感動を覚えていたのです。

その感動の余韻が帰り道にも冷めず、
本当に元気がをもらった感じでした。

そして、この時改めて思いました。

感動体験は、私たちにものすごい力をくれる・・・と。

あなたは最近、なにか「感動体験」をしましたか?

こころが震え、元気が出たという実感を
経験したでしょうか?

日々のやるべきことばかりに追われていると、
私たちのこころは徐々に疲れ、枯れていきます。

気がつくと、いつのまにか気力が萎えていたり、
慢性的な疲労感に襲われているかもしれません。

こういう状態になるのは、一つには
日常生活に感動体験が無いからです。

芸術やドラマ・映画・音楽・ドキュメント。

私たちはこうしたものにふれると、感動することがあります。

ではなぜ、こうしたものにふれると感動するのか?

それは、そこに人間の全力投球の姿、
真剣に生きる姿を感じるからです。

一つの作品を生み出すまでの彼らの努力、葛藤、団結、
そういう心意気を感じ、そこに感動するのだと思います。

そして、人が一生懸命まっすぐに生きている姿に、
私たちは励まされ、勇気をもらいます。

最近話題の人、将棋の棋士である加藤一二三さん。

加藤九段は多くの人から愛されています。

愛される理由は、加藤九段の「キャラ」もあるでしょうが、
もう一つは「全力で将棋に向かう生き方」なんじゃないでしょうか。

将棋は加藤九段にとって人生そのもの。

もっと将棋に勝つことのできる人間になるために、
若い頃クリスチャンの洗礼を受けたほどです。

協会では、5時間も祈り続けることもあるそうです。

一途に、まっすぐに、ひたむきに物事に向かう生き方。

私たちはそういう人間の生きざまに、感動を覚えます。

つまり、そこに私たちの幸せな生き方のヒントがある。

私はそう思うんですね。

一途な、まっすぐな、ひたむきな生き方を目の当たりにした瞬間、
私たちはその生き方に「感動」を覚えます。

ということは、私たち自身がそんな生き方をすることで、
私たち自身も「感動」を覚えるはずです。

自分がしたいこと、正しいという信念をもてること。

そうしたことに自分の力を傾ける。

そういう生き方に、人は感動し、自分も感動できるはずです。

何も世間で評価されるようなことでなくてもいいんです。

会社や世間の評価ほど、もろくて頼りないものはありません。

そんな他人様の評価などよりも、
もっと大切なのは自分が自分に評価できることをする。

自分が自分をどういう人間だと思えるか。

これが生きていく上での拠り所の一つだからです。

自分が人として正しいと信じられることを、
人知れずでもやっていく。

街中でゴミを拾うとか、困っている人に声をかけるとか。

人が見ていないところでの努力とか。

こういう行為が自分に自信を深めてくれます。

人からの評価と関係ないことでも、一生懸命やる。

そういうことをしていると、自分のことを誇らしく思えます。

これが一番自分に自信を与えてくれます。

そして、そういう生き方を続けていくことで、
その生き方が「感動」につながっていきます。

努力、葛藤といった代償を払ったからこそ
得られるのは「感動」だともいえます。

先の学生たちのパフォーマンスは
本当に素晴らしいものでした。

でも、そこまでの彼らの道のりは、
きっと大変なものだったと思います。

何度も失敗し、何度も指導者からダメ出しをされ、
悩み、苦しみ、それでもあきらめなかった。

私が感動したのは、そういう重みを
彼らの舞台からヒシヒシと感じたからです。

舞台が終わり、私たちを見送ってくれた彼らの目から流れる涙に、
そのことが現れていると感じました。

「ありがとう」と言いたくなったのは、
そのことを彼らが身をもって教えてくれたからです。

繰り返しますが、世間様からみて立派かどうかは、
関係ありません。

人と自分を比べるところからは、
正直、何も生み出せないし、何も得られません。

今の自分にできること、
どんな小さなことでもいいと思います。

そういうことを一つ、また一つとやっていく。

その積み重ねがやがて小さな感動になっていく。

その小さな感動の積み重ねがエネルギーになって、
いざという時「がんばろう」と思える。

私自身も学生たちから、そう教わったような気がしました。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

作り笑いに疲れた?愛想笑いしかできない?実はどちらも大切です




こんにちは、鈴木です。

先日、仕事の打ち合わせの雑談の中で、
こんな話が出てきました。

話題は「作り笑い」に関してでした。

世の中に「作り笑い」で悩んでいる人がいる。

「作り笑い」が嫌だという人が、けっこういるというのです。

その話を聞いた後、私もいろいろ考えました。

作り笑いが嫌だ。

これは、立場や状況によっていろいろありそうです。

例えば、作り笑いで接してこられるのが嫌だ。

あるいは、自分が作り笑いをするのが嫌だ。

作り笑いになっている自分が嫌だ。

作り笑いに対して、いろいろな捉え方があると思います。

これが作り笑いではなく、自然な笑顔だったら、
話しは全然違ってくるのでしょう。

心からの笑顔、つまり、笑顔に「ウソ」がないということですね。

こういう笑顔であれば、好感も持てるし、
受け容れられるという話になるんでしょう。

確かにそうかもしれません。

しかし、作り笑いというのも、
捉え方によっては、ちょっと違ったものになります。

例えば、接客業の場合、最初は声の出し方や
笑顔の練習をしたりしますよね。

練習するわけですから、初めはね、
そう「作り笑い」です。

笑顔を「作る」わけですね、練習ですから。

ただ、初めは作り笑いであっても、
それを繰り返していくと、段々と板についてくる。

やがて、自然な笑顔になってくる。

そういうこともありますよね。

接客業で必要な笑顔って、誰に対しての笑顔でしょう?

そう、お客様に対しての笑顔ですね。

お客様に対して笑顔で接するようにしていく。

そのための研修でもあります。

接客される側で考えてみてください。

すごく無愛想で接客されるのと、笑顔で接客されるのと、
あなたはどちらが気持ちよいでしょう?

当然、笑顔ですよね。

無愛想に接客されると、
されたこちらは良い気持ちはしません。

・・というか、ちょっと不安にもなってきますよね。

だから、接客時の笑顔って、相手のための笑顔。

相手のことを想っての笑顔です。

その笑顔を自然にしていくには、
やっぱり最初は作っていくしかないですよね。

作り笑いしている自分って、正直、嫌かもしれません。

でもね、そこを通っていくからこそ、
笑顔が自分のものになっていくんです。

こう書いていて、私はあることを思い出しました。

6年前の3月11日、私は都内の高層ビルにいました。

仕事の打ち合わせで、40階にいたんです。

そうしたら、あの揺れが起こりました。

高層ビルの揺れって、想像を超えたものです。

そこにいた誰にとっても、
忘れることのできない恐怖の経験になりました。

そんな状況で、私はある人の作り笑いに接することになります。

そこはホテルのラウンジだったので、
その時、ホテルの従業員の方が対応をされました。

従業員の方も、本当に怖かったと思います。

若い従業員の女性には、涙をこらえて
対応されている方もいました。

そんな中、ベテランのというか、
責任者とみられる男性従業員。

彼は、笑顔でこう言って歩いていました。

「皆様、大丈夫ですか?何かできることはございますか?」

この声のかけ方は、緊急対応のマニュアルにあるのでしょう。

よく考えられたフレーズだと思いましたが、
私が注目したのは、その方の笑顔です。

私は50年近く生きていますが、
その人生の中で観たこともないほどに、
その方の笑顔は・・・・・

「引きつっていた」のです。

作り笑い・・・なんてものではないですよ。

明らかに動揺し、困惑し、無理に笑顔を作っていました。

見ていてこっちが痛々しくなるほどでした。

でもね、その作り笑いに、私は心の中で拍手を送ったんです。

状況を考えて、その方は自分の任務を全うしようと、
とにかく必死だったと思います。

そこにいる人たちのことを考え、
自分が果たすべきことに徹しようとされていた。

そんな葛藤も丸わかりの笑顔でしたが、
私は頭が下がる思いがしました。

そのフロアで大きな揺れの恐怖におびえ、
不安でいっぱいの私たちに対する笑顔。

少しでも心を落ち着けてもらおう。

そういう思い、責任感からの笑顔。

私は、引きつった作り笑いに対して、
これほどのリスペクトを感じた瞬間は、
後にも先にもこの時だけだと思います。

そう考えてみると、作り笑いもね、
捨てたもんじゃないんです(^^)

そして、何事もまずは「作ったところ」から始まります。

最初はぎこちない。

とっても不自然で、違和感もある。

でも、それでもその努力を続けていくからこそ、
その先に何かがあるんですよね。

仕事を覚えなきゃならないとします。

最初は何をやってもぎこちない。

失敗の連続です。

でも、仕事を覚えるためには、
そこを通っていかないと覚えられません。

それで恥をかくことをただ嫌がっていては、
やっぱり仕事って覚えられないですよね。

人間関係が苦手で、会話が苦手。

それを克服しようと思ったら、
最初はぎこちない会話になりますよ。

とっても気まずい雰囲気にもなる。

どうしたって、最初はそうなります。

だって、苦手なことなんですから。

でもね、それでも続けていくと、
やがてぎこちなくはなくなり、自然になっていく。

違和感もいつのまにかなくなり、
自分のものになっていきます。

そういう意味で人生、ときには
作り笑いに価値が出てくることもあるんじゃないかと。

だから、ぎこちなくても、不自然でも、
先をみてそれを経験することも、時には大事。

そう思って自分を変えるってこと、
改めて捉え直してみると、可能性を感じられないでしょうか?

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸にご相談したい方

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

周りの人の目が気になる・・を克服




こんにちは、鈴木です。

昨秋から気候が穏やかではないですね。

一日の中でも気温差があったり、
とても暖かい日のあとに寒~い日になったり

私たちの身体には、正直、堪えます。

これだけの変化にさらされると、
私たちの免疫力は下がってきます。

この気候の影響は、脳にも出てきます。

精神的に不安定になりやすかったり、
何か気力が低下してしまったりします。

私も少し体調を崩したりして、
しばらく気力が低下していました。

ですので、仕事する時間も
少しセーブしていました。

カウンセリングでもよく出る話なんですが、
こういう状態のときは、無理は禁物です。

仕事も時には断る勇気も必要です。

何となく一人で仕事を抱え込んでしまうと、
それが周囲からも当たり前になってしまうんです。

「この人は仕事を断らない」

「上手く頼めば、何でもやってくれちゃうな」

もちろん、こんなズルい人ばかりじゃないでしょうけど(笑)

でも、あまり職場では
「都合の良い人」にならないことです。

この記事を読んでくださっている方は、
おそらく真面目で責任感の強い人が多いと思います。

メルマガ読者のタイプって、
書き手のタイプと似てくるからです(笑)

ビジネス書なんかでも、こんな風に書かれてます。

「頼まれた仕事は全て断らずにやると成長する」

確かにそうかもしれませんが、
自分がつぶれてしまったら、意味がないです。

仕事を抱え込むことで、イライラしたり、
ストレスで調子を崩したり・・・・・

もし、それで休職になっても、
会社が全面的に面倒を見てくれるわけじゃないんです。

ものすごく大手企業で余裕のある会社は、
けっこう手厚くしてくれるところもあります。

でも、そういう企業は稀であって、
最後には自分のことは、自分で守るしかありません。

私たちは、働くために生きているわけじゃありません。

生きるための手段の一つとして、働いています。

忙しくなり、生活が仕事に埋没してくると、
こうしたことがあべこべになっていきます。

もうこれ以上働くと、危ないな。

そういう感覚まで麻痺してくるんです。

カウンセリングでは、そうした判断基準を助言したり、
仕事の上手な断り方、頼み方も一緒に考えます。

仕事が断れないという人の中には
「嫌われたくない」という心理もあります。

この「嫌われたくない」という気持ち。

実は、私も含め、誰にでもあります。

こういう気持ちがある程度働くからこそ、
相手への配慮を考える部分もありますからね。

だから「嫌われたくない」と思ってもいいのですが、
問題はその「程度」なんですね。

家族や親友など、特定の人には嫌われたくない。

できることなら、なるべく人に嫌われたくない。

この程度ならいいんです。

問題は次のような場合です。

全ての人から嫌われたくない。

出逢う人全てから嫌われたくない。

こんなことは、不可能です。

不可能ですし、何の意味もないことです。

なぜなら、人生、嫌われることで
学べることもあるからです。

嫌いな人、苦手な人だからこそ、
学べることもあるからです。

では、なぜこれほどまでに
人に嫌われることが怖くなってしまうのでしょう?

それは、これまでの人生の中で、
強烈に自己否定体験をした場合。

また、長い間、自己否定される経験が続いた場合。

そういう場合、これ以上自己否定されたくないし、
もう傷つきたくないという思いが出てきます。

そのため、人に嫌われたくないという思いが
余計に強くなり「全ての人から・・」となります。

でも、この捉え方は結局は、
自分を守っているようで、自分を傷つけていきます。

先にあげたように、仕事を断れず、頼むことも出来ず、
自分で全部抱え込んでしまう状況にもつながります。

職場の人の多くが意地悪で強引で、
断ることが難しい。

カウンセリングでそういう話も良く出てきます。

そういう場合は、いくら断る術を工夫しても、
そういうことが通りません。

その場合は転職も考えます。

ひたすら理不尽なことを耐えてばかりいると、
心が壊れてしまうからです。

ひたむきに働く。

そういう経験から得るもの、確かに多いですよね。

でも、一方で無理をしないということも大切。

自分を本当の意味で守れるのは、
自分しかいないというのも、また真実です。

自分が自分の最大の味方である。

自分こそが自分自身の最良の理解者である。

本当の意味でそういう自分になれるよう、
日頃から「無理をしない」ことも大切ですよね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング


鈴木雅幸の著書はこちら

以上

人と自分を比べて落ちこまない方法

こんにちは、鈴木です。

「人と自分をどうしても比べてしまって・・・」

こうしたご相談。

実は、とても多いんです。

人と自分を比べる。

すると、ほとんどの人が落ち込みます。

あの人に比べ、自分はダメだ。

そういう比べ方になっているからです。

自分では、人と比べるなんて意味がないとわかっています。

自分はダメだと落ち込むことはナンセンスだということも。

でも、どうしても、ついつい比べてしまう。

それはもう、無意識に、気がつくとやってしまう。

カウンセリングで多くの人が、そう訴えます。

そして、こうした悩みを訴えた後、皆さん、同じことを質問します。

「こんな事で悩んでいるのは、私だけですか?他にもいますか?」

そう、やっぱり気がつくと比べてしまうんですね。

無益だとわかっていても・・・・

比べて元気が出るならまだしも、比べて落ち込むのなら、
やっぱり比べないに越したことはないですよね。

まあ、比べて元気が出るというものちょっと(笑)

それって優越感をもつことですからね。

やっぱり劣等感からも、優越感からも、
プラスのエネルギーは生まれないでしょう。

では、どうすれば人との比較をやめられるでしょう?

おそらく「比べないようにしよう」と思っても、
気がつくと、また比べてしまうでしょうね。

それは「比べないようにしよう」と思うことで、
さらに「比べること」を意識してしまうからです。

そう、カギを握るのは、意識の向け方です。

比較とは「別のこと」に意識を向けられれば、
人と比べて落ち込むという悪循環から抜け出せます。

ここで重要なポイントが一つあります。

人と比べてしまうのは、自分や人を見る「ものさし」が少ないからです。

自分という人間を、ある一面からしか見れていない。

だいたいが「否定的な面」「否定的な捉え方」からになります。

捉え方が狭かったり一面からだったりする。

しかも、それは否定的な面のみ。

自分の否定的な面から他人を見れば、他人は自分より優れているとなります。

自分の捉え方が否定的だから、「自分はダメだ」と落ち込むのも道理。

ポイントは、自分や人を見る「ものさし」を増やすことです。

いろいろな(多面的な)面から、自分や人を捉えられるようになることです。

Fさん(30代女性)は、中学時代にいじめに遭いました。

そのトラウマで、ずっと「自分はダメな人間だ」と思っていました。

正確にいうと「いじめられるような自分は、ダメな人間だ」という捉え方でした。

もちろん、この捉え方は間違っています。

しかし、もっと問題なのは、Fさんがこの一面からしか、
自分や人を捉えられなくなっていたことです。

Fさんの中では、中学時代に、教室でいじめをを受け、
居たたまれない気持ちで苦しんだまま、時計が止まっていたのです。

Fさんとのカウンセリングでは、様々な面から
自分を、そして周囲の人たちを捉えなおす時間を持ちました。

辛いことを思い出したり、整理する作業は、
決して楽なものではありませんでした。

しかし、辛いこととまっすぐ向き合えると、
不思議と思ったほど、辛くはないものです。

正確にいうと、そこには発見が出てくるので、
辛いだけではなくなるという感じです。

カウンセリングが進むと、Fさんに変化が出てきました。

自分や人に対する捉え方、「ものさし」が増えるにつれて、
人と比較する必要性がなくなっていったからです。

自分にはこういう気持ちがあった。

自分はこういうところがあるんだ。

あの人は、こんな一面もあったんだ。

そんな発見の繰り返しの中で、Fさんの心は開かれていきました。

一つ、また一つと気づきを経験することで、
止まっていたFさんの時間は前に進み始めました。

人と比べて落ち込まないようにするには、
このように「捉え方」「ものさし」を増やすことが有効です。

狭い捉え方、限られたものさし。

これらをいかに広げ、引き出しを増やしていけるか。

カギはそうした取り組みにあったのです。

そして、その上で人と自分を比べると、
劣等感や優越感とが違う捉え方が出来るようになります。

つまり、自分より優れた人に対しては、尊敬や目標にするという捉え方。

自分より苦労している人には、手を差し伸べたり、
応援するような気持ちで見守ろうとする捉え方。

こうした捉え方や気持ちになるからこそ、
いろいろな人と良い人間関係が結べることになるんですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

人の目が気になるとき

こんにちは、鈴木です。

人の目が気になる。

人から自分がどう思われるかが気になる。

人間関係に自信がない人から聞かれる言葉です。

誰だって人から良く思われたいとか、
人に好かれたいという想いはあると思います。

しかし、その想いに振り回され、
自分自身を見失ってしまったら・・・

自分のやること一つ一つに自信がもてなくなりますね。

第一、そんな自分自身を
否定的にしか見れなくなってもきます。

この「自分を否定的にみる」というのが、
実は、あらゆる悩みの元だったりします。

逆にいえば、自分自身を肯定的に見れることが、
悩みを解消し、幸せな生き方につながるといえます。

人からどう思われるかを気にするのではなく、
自分が自分をどう思っているかを気にしませんか。

人から好かれるように振る舞うのではなく、
自分で自分が好きになる生き方をしてみてはどうでしょう。

自分の行動、言葉、考えていること一つで、
自分を肯定的に見れるようになるのではないでしょうか?

人に評価される生き方ではなく、
自分で自分を信じられる生き方ができればいいですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。