願い事のコツ

こんにちは、鈴木です。

これは面白いですね。

ある本にこんなことが書いてありました。

「神様に自分のお願いをするのではなく、
自分が神様のお役に立つようにしたいと願えば、
その願いは叶う」

神様にこうしてほしい、こうなってほしくないとお願いするのは、
ある意味、神様に「命令」していることかもしれません。

でも、神様の望むとおりにしますといえば、
神様も喜んでくれるかもしれません。

例えばそれは、

「人に優しく接する人間にしてください」とか、
周囲の人たちを笑顔にできる人間にしてください」とか・・・

そういうお願いなら、それは神様も望むところでしょう。

だから叶えてもらえるのかもしれません。

それから「こうなって欲しいな」とか
「こうなって欲しくないな」という思いが出てきたとき。

最近は「あとは(神様に)お任せ」と思うことにしました。

そうすると気持ちが楽になるからです。

やるだけのことはやって、結果は神様にお任せ。

結果を「こうしてください」というのも、
神様に命令しているのと一緒かもしれません。

でもできるだけの努力をして、
結果は「お任せ」にした方が、気持ちは楽です。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。