人を、心を支えるとは?

こんにちは、鈴木です。

「支えるということ」

人を支えるというのは
簡単なことではないなと感じます。

支えたいと思っている方は
自分は支えていると思っていても、
相手はそう思えていないこともあります。

では、相手も「支えてもらっている」という実感があったら、
それは「支えている」と言えるのか?

これもそうとは言いきれなくて、
お互いそう思えていても、
客観的にみると支えていることになっていない。

こういうケースもあるわけです。

ここのところは、非常に難しい。

さらには、相手は支えられていると気づいていないけど、
客観的にみれば支えている。

この場合は「陰で支えている」と言えるかもしれません。

こう考えると私は
ここに人間関係の微妙さ、
機微というものを感じずにはいられません。

少なくとも私たちは
相手が「支えてもらっている」という実感を持てたり、
客観的にみて支えられている。

こういう形で人の力になれればと思うし、
願わくば両方が成り立っているような、
そんな支え方が出来ればいいなとも思います。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。