仕事のコツは感情を入れないこと?




こんにちは、鈴木です。

仕事の成果を継続的にあげていくコツは、
仕事に「感情」を入れないでやっていくことです。

以前、あるSkypeカウンセリングでのお話です。

その中で、仕事の仕方について、
非常に示唆に富んだ話が出てきました。

クライエントのBさんは、職場の人たちの意識の低さに
嫌気がさしていました。

自分はお客様の立場から、いろいろ仕事の仕方を見直してきた。

改善できることは改善し、日々、細かいところまで見直してきた。

ところが、同僚や上司は、それが面白くないのか、
自分のやり方を問題視してくる。

どう見ても、お客様のことをちゃんと見ていないのに、
全てわかったかのように言われる。

それが一番悔しい・・・・というのです。

お話しを聞いている限りでは、Bさんの仕事ぶりも含め、
最もなお話しだなと思って聞いておりました

ただ、Bさんのすごいところは、そこから自分で
職業観を進化させていったところです。

何度かカウンセリングしていくうちに、
Bさんは、こう言うようになりました。

結局、わからない人には、何を言っても通用しない。

そもそも、お互いの主張がぶつかるばかりで、
コミュニケーションにならない。

もちろん、自分にも至らない点はあると思う。

でも、ぶつかるばかりでは建設的ではないと思った。

そこで、Bさんは、同僚や上司が協力してくれないことはあきらめ、
自分の裁量で出来る範囲のことに全力で仕事しようと思い直しました。

出来る範囲のことに、力を尽くそうと思ったのです。

私はこの話を聞いて、それはとても賢明なことだと思いました。

仕事というのは、実は、こうして感情を入れないで、
淡々とやっていく方が上手くいくのです。

結果や周囲の人間の反応に、いちいち感情的にならない。

その代わり、感情ではなく、理性を使って仕事をする。

「出世」なんかも同じです。

別に、出世したければ、出世すればいいんですね。

ただそれを感情的になり、

「自分より働いてないあいつがなんで評価されるんだ?」

「あんな風に自分は仕事するもんか!」

「どうしてみんな、自分のことをわかってくれないのか?」

みたいに、仕事に感情を入れていくと、おかしなことになります。

ビジネスの成果や目標に対しても、
同じことがいえると思います。

達成しても、失敗しても、
そこに感情を入れないようにするのがコツ。

淡々と取り組んで、淡々と努力する。

達成したら感謝して、失敗したらやり直す。

それが一番モチベーションを失わない秘訣です。

実は、こんな理不尽な経験にも「学び」があります。

「なんであいつが・・・」と嘆くのではなく、
どうせなら「なんであいつが」と、真剣に考えましょう。

あの人はどうして、自分より仕事が出来ないのに、
自分よりも出世していくのだろうか?

よーく観察していくと、上司のご機嫌を取るのが上手い。

それで上司の覚えがめでたく、評価され、出世が早い。

そういうことが見えてきます。

ここで、

「そんなご機嫌取りなんか自分はしない」

という思ってもいいのですが、
一方でこんな捉え方だって出来るんです。

自分は仕事はあいつよりしっかりやってきた。

そして、正しいと思うことは、
誰であろうと主張してきた。

でも、仕事の成果を上げるためには、
上司の評価も大事になる。

ご機嫌取りではなく、上司の普段の苦労を察し、
ときおり労い(ねぎらい)の言葉をかけたり、
自分の手が空いたら、少し上司の仕事を手伝ってもいい。

ご機嫌取りではなく「配慮」によって、
上司の評価を得るわけです。

私はこれを、決して邪道な仕事の仕方だとは思いません。

むしろ、より賢明な仕事の仕方だとすら思っています。

そこで、ここが肝心なのですが、
ご機嫌取りのあいつが、自分にそれを、
こういう形で「教えてくれている」ともいえます。

そういう捉え方をしてみると、
嫌悪感しか覚えなかった「あいつ」から、
自分が学ぶことがあることになります。

人の批判をしていると、その批判は
違った形でやがて、自分に返ってきます。

また、批判ばかりしていると、
「批判仲間」で盛り上がるようにもなります。

これは正直、後々いろいろなものを失います。

批判したくなったときは、
そこに「学び」がないかと捉え直してみましょう。

先のBさんも、やりきれない思いの中から
その状況を捉え直そうとしました。

結果、周囲の反応から、
自分の仕事の仕方を変えました。

立ち行かなくなったことで、
変えるしかなかったのかもしれません。

でも、周囲のそうした自分勝手な態度から、
Bさんは学び、より賢明な仕事の仕方を身につけます。

身につけちゃった者勝ちですよね(^^)

別に勝ちとか負けとかじゃないにしても、
身につけちゃった方が、自分が一番、得しますよね。

相手を批判して溜飲を下げるよりも、
その批判を学びに転換した方が得ですし、徳にもつながります。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

上手くいかない人間関係を良くするには?




こんにちは、鈴木です。

5月に開催した「人生を変えるグループコンサルティング」。

5名の方の人生と、じっくりと向き合った感じです。

参加者、お一人お一人のお話を伺い、
私の方から、その場でアドバイスをします。

そしてその後、他の参加者から
暖かい言葉が送られます。

非常に濃い、充実したやり取りとなったので、
参加者の満足度がとても高かったようです。

参加者の感想文の中で目立った言葉が

「深くて感動した」「すごく響いた」「気づかされた」

「本当に驚いた」「参加して本当に良かった」というもの。

中でも、こんな印象的な言葉もありました。

「参加されている人たちがとても優しくて
人ってこんなに優しい、捨てたもんじゃないなと思いました」

最近ますます・・・なんですが、
セミナーやグループワークなどをすると、
会場の雰囲気がとても良いんです。

暖かくて安心できて、何か大事なものを
みんな「しみじみ」と、わかち合えている感じ。

今回も女性の方全員が、涙しながらのコンサルに。

でも終始、場の雰囲気は暖かい。

だから涙も含め、安心して「自分自身」を皆とわかち合える。

これって最高の人間関係といえます。

人間関係というと、いろいろな関係がありますね。

親子や友達や、夫婦も人間関係。

学校の先生と生徒も、会社の人間関係も同じ。

どの人間関係も、最も良い関係というのは、
そこに「暖かさ」と「安心感」があることです。

「暖かさ」と「安心感」があるってことは、
ある程度、自分自身を表現しても大丈夫ということ。

自分をある程度さらけ出しても、
大丈夫な関係性ってことですね。

わかち合える自分の感情の種類が
多ければ多いほど、その人間関係は「良好」ってことです。

今は学校でも会社でも、そして家庭でも、
こうした人間関係が失われつつあります。

いえ、失われつつあるというよりも、
かなり失われて”末期症状”といってもいい。

私はそう感じています。

なぜ、そんなことになったのか?

一言でいうと、みんな、こころに余裕がなくなった。

そう思います。

朝起きてから、夜眠りにつくまで、
やることに追われて、ゆっくりする時間もない。

何かゆっくりものを考える余裕もない。

先ずはそういう生活、つまり「時間」の問題です。

しかし、こころの余裕というのは、
時間的なことだけでは、測れないところもあります。

時間的に余裕のある人でも、
イライラしたり、感情的になりやすい場合も。

その場合は、何か感情をゆさぶるような問題や
感情的になる経験が原因だったりします。

時間的(物理的)な理由にしても、心理的な理由にしても、
余裕がない状態で人と接すれば、ギクシャクします。

殺伐とした職場など、その典型的な例。

職場の人たちが、一様にこころの余裕を失っているんです。

だから、暖かい人間関係を取り戻すには、
やっぱり一人一人のこころに余裕が必要。

どうしたら、その余裕を取り戻せるのか?

このことを真剣に考えるしかありません。

そういうこと、そろそろちゃんと考える時期に
私たちは来ているんじゃないかって思います。

改めて、自分の人生、どうしていきたいのか?

自分はどんな人間になりたいのか?

自分を変えるのに、遅すぎるなんてことはありません。

いくつになっても、「変えたい」と思ったら、
そこにスタートラインがあるわけですから。

スタートラインが見つからないのなら、
自分で引いてしまうことです。

引いてしまえば、後は自分でスタートを切るだけ。

人生なんて、何事もそんなものかもしれません。

周囲の人間にあまり影響されずに、
自分の考えや哲学に生きる。

そういう生き方が出来ると、
周囲の雑音や多少の騒動の中にあっても、
落ち着いた自分でいられるようになります。

先にお伝えしたグループコンサルティングの面々。

年齢も性別も、その半生も様々でした。

家族構成だって、仕事だって違う。

しかも、お互いは「初めまして」だったんです。

でも、たった4時間で生まれた、あの一体感。

私も含め、6人でわかち合った、あの暖かさ、安心感。

しかも、一人目のコンサル位が終わる頃には、
もう皆が一体感と暖かさをわかち合い始めてました。

グループコンサルティングが始まった時の
少し緊張気味だった皆さんの顔が、
終わりの頃には晴れやかで柔らかい表情に。

こういう人間関係の輪が、
もっともっと広がっていったらなあ・・と思いました。

今の時代、本当に必要な人間関係です。

「人生を変える幸せな生き方」(開運の法則)7/29 東京

「人生を変えるグループコンサルティング」8/5 東京

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

ワークライフバランスの実現と充実




こんにちは、鈴木です。

私は個人事業主なので、会社勤めの方と違って、
自由にスケジュールを立てられます。

しかし、気がつくと、仕事のスケジュールが埋まっていって、
完全なオフの日がなかなか作れませんでした。

一日、全く仕事をしない日というのは、
1カ月の中で1~2日あるか、ないか。

休みと決めても、何か思いつき、
ついついPCに向かってしまうんです。

それでも、自分がやりたくてやっている仕事。

やらされているというストレスはありません。

ありませんが、やっぱり休みは
大切だなあと思うようになりました。

そこで、昨年から休みも仕事のスケジュールと同じように、
きちんと入れていくようにしました。

それでやっと、休み=完全OFF が取れるようになりました。

そこで、先日、温泉旅行に行きました。

1泊2日ほどの小旅行でしたが、
これが想像以上に楽しかったのです。

温泉につかっている時の幸福感。

これは言葉にならない程でした。

自分はこの瞬間に、思っていた以上に、
「喜び」を感じるんだなと気づきました。

何事も、先ずはやってみるもんですね。

さて、話は私のプライベートな楽しみでは終わりません(笑)

ここからが、いよいよ本題。

この旅行を通して、フッと思いました。

楽しみや楽しいことって、向こうから勝手には来ない。

自分が「楽しもう」って決めて、
「楽しむ」っていう行動を取る。

そうしないと、楽しめないんじゃないかなあと・・・

そう思ったんです。

仕事に追われて一杯いっぱいだったり・・・

何かの問題に悩まされて、ヘトヘトになっていたり・・・・

そんな時って、私たちは気持ちに余裕がもてません。

心の中から「ゆとり」が失われてしまうんです。

だから、休むとか、遊ぶとか、楽しむとか、
そういう発想そのものが浮かびにくい。

仮に浮かんだとしても、自分で打ち消してしまう。

「そんなこと、やってる場合じゃない」という風に。

期限が決まっていて、どうしても時間がない。

もちろん、そういう場合は、
それを時間までに片づけることが優先されます。

そのために他を犠牲にするのは、仕方のないことです。

でも、そういう期限や締切があるわけじゃないときは、
「思い切って」休んだり、遊んだりしてみる。

それは、自分の命にとって、
すごく大事なことかもしれません。

人間、一旦疲弊しはじめると、
疲弊の度合いは加速しやすいんです。

気をつけないと、あっという間にボロボロに。

それでは、何のために頑張っているのか、
何のために生きているのか、わかりません。

休むとか楽しむ。

それって、ある時には「勇気」の要ることです。

でも、やっぱり楽しむことで、
私たちの身も心も充電される。

再び元気に立ち上がっていけるんです。

そして、楽しむって、やっぱり「動詞」です。

動詞には主語が必要です。

「あなた」という主語が必要なんです。

あなたが楽しむから、あなたは楽しくなる。

楽しみが向こうから歩いてきてくれるわけじゃない。

やっぱり、あなたが楽しむという「選択」をするんですよね。

自分の魂が生き生きとしてくること。

仕事でも、プライベートでも、それを追求していく。

そういう追及って、すごく大事だと思います。

もちろん、何か問題を抱えていたり、
アクシデントが発生したりしたのなら、
それは解決努力や対処が必要です。

でも、それとは別にです。

自分に骨休みを与えることって、大切です。

なぜなら、自分に余裕がないと、
人にやさしく出来なくなるからです。

楽しむ人生に変えていくことで、
私たちはずいぶんと人に優しくもできるんです。

そのためには、先ず、自分に優しくすること。

自分を労い、尊重してあげることと、
楽しむという選択は、やはりイコールです。

休みをしっかり取り、楽しいことをする。

それは、自分を大切にすることでもあります。

そうして自分を大切するからこそ、
人も大切にできるようになります。

なぜなら、自分に対する付き合い方と、
人へのつき合い方って、だいたい同じになるからです。

一人一人がやさしくなれれば、
世の中も変わります。

今はみんなが重い荷物を背負い続けて、
一杯いっぱいの状態です。

当然、人にやさしくできなくなってきて、
人間関係がギスギス、ピリピリしていきます。

楽しむという行動を選択することで、
自分にやさしく、人にもやさしくなる。

そういう生き方も、大切にしていきたいですよね。

そのために、時には楽しむ選択をしてみませんか?

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

人生を変えるグループコンサルティング【残席3名】

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人間関係に疲れているあなたへ


こんにちは、鈴木です。

「人間関係は学ぶためにある」

私のカウンセリングで非常に多いご相談内容。

それが「職場の人間関係」です。

仕事を通しての人間関係。

これが、数ある人間関係の中でも、
最も難易度の高い人間関係です。

仲良しではないが、一体感が必要です。

お互い背負っている責任と役割は、
その質も大きさも、みな違います。

それぞれのパーソナリティーだって違います。

そういう「違い」を以て、一つの仕事を一緒にする。

そこに難しさがあるといっていいでしょう。

拙著「感情は5秒で整えられる」のP30に
下記のような項目を入れました。

「小さなこと」こそ人間関係で「大切なこと」

これ、私自身も骨身にしみているテーマです。

私のカウンセリングの師匠は、吉田哲先生です(故人)。

厳格で、常にブレず、臨床一筋のカウンセラーでした。

たった一言の重さ、危うさを学んだのは、
この吉田先生からでした。

先生ご自身、自らが発する言葉に、本当にスキがない。

どの一言をとっても意味と深みがありました。

ちょっと完璧すぎて、
近寄りがたい雰囲気もありましたけどね。

私は師の人柄というより(笑)、
その臨床家としての姿勢や力にほれ込みました。

たった一言が、相手にどんなに大きな影響を与えるのか。

そのことを骨身に沁みる形で学べたのは、
この吉田先生のおかげなのです。

カウンセリングという仕事を通して学んだことも同じです。

人間関係というのは、小さなことにこそ、
大きな意味があるということです。

人間関係、一事(いちじ)が万事(ばんじ)。

私も含め、人の言動、態度は、一事が万事とみられるし、
実際にそれが本質だと思います。

そのことを知り、私も人間関係に
幅が持てるようになった気がします。

ビジネスも人間関係です。

ビジネスで活躍されている方の多くに、
言葉をいかに大切にしているかという姿勢を感じます。

そして言葉もそうですが、人間関係にも、
一種の法則のようなものがあります。

その法則を知り、実践すると、
確かに人間関係が変わります。

そんな話も、事例を交えて書かせて頂いています。

940c77d3cc962a2846f65be0ae4049bd_s - コピー1111

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

何のために働くのか?働く意味とは?

こんにちは、鈴木です。

仕事をするというと、結果ばかりに目を奪われがちです。

例えばお金だったり、評価だったり、数字的な成果だったり・・・・

もちろん、そうしたことを念頭におき(目標とし)、
全力で取り組むことが大切ではあります。

しかし、そうして目標に向かう中でする「経験」こそが、
実はとても大切なんです。

何のために仕事をするか。

その答えが「お金」「評価」「成果」だけだと、行き詰る可能性が高くなります。

こうした捉え方では、お金にならない仕事の価値を低く見ます。

社会的にも、周囲にも評価を受けない仕事は、疎かにしがちです。

目に見える成果が出ないと、やる気が失われていきます。

それは、「お金」「評価」「成果」のみに目を奪われているからです。

あなたにも、そんな経験はなかったですか?

これらのみに価値を置き、仕事をするならば、
そこに生まれるのは奪い合いです。

お金、評価、目に見える成果の争奪戦が繰り広げられます。

職場で次々とメンタルダウンを起こす人が生み出される。

その背景には、こうした偏った価値観(お金・評価・成果崇拝主義)があるともいえます。

そこで、メンタルダウンを起こさない。

それどころか、仕事をすることで幸せになる。

そのためには、仕事というものを、どのように捉えていけば良いのでしょう?

仕事をするためには、避けて通れないことがあります。

それは、困難と人間関係です。

仕事というのは、いつもいつも思い通りにはいきません。

むしろ、思い通りにいかないことの方が多いかもしれません。

「こんなはずじゃなかった」とか「やってしまった」とか・・・・

そうした苦い経験は、どうしても避けて通れないものです。

あるいは、仕事をしていくということは、一人ではできません。

必ず誰か他人との関わりを通して進めていくものです。

たとえ、個人事業主であっても、たった一人では仕事はできません。

そこにはお客様がいて、取引先があり、支えてくれるスタッフがいます。

一人ひとり人格も違うし、立場も思惑も違います。

そうした人たちと様々な形を通して関わり、それで仕事は成り立っていきます。

当然、こちらの思う通りに、全ての人たちが動いてくれるわけではありません。

様々な人格、立場、思惑を視野に入れながら、
いろいろな要素をコーディネートしていくことで仕事は回ります。

私は、仕事をするということは、そうした経験を通して、
自分自身の心を磨いていく意味があると考えています。

そうした苦労を経験し、心を磨くためには、いろいろな困難が必要になります。

そうした困難がトレーニング効果となって、心が磨かれていきます。

そういう意味で「お金」「評価」「成果」というものを目標に置けば、
それはトレーニング効果としては最高になるというわけです。

これはちょっとした違いなようで、大変大きな違いとなっていきます。

「お金」「評価」「成果」のみに固執してしまうと、
自分の思い通りに物事をしたくなります。

そうすると、人格も立場も思惑も違う人たちと衝突します。

ビジネスや職場で起きるトラブルや、人間関係の問題は、まさにその象徴です。

自分は、仕事を通して心を磨いていくんだ。

そのために「お金」「評価」「成果」を得るという目標を置き、
苦心惨憺していく経験こそに、意味があるんだ。

そうした苦労から気づけたこと、学んだことには、
それこそ千金に値する価値があるんだ。

仕事というものをそういう捉え方で見ていくと、
困難に直面したときの捉え方も姿勢も違ってきます。

そして、仕事を通して感謝や幸せを感じ、
メンタルダウンや人間不信、自信喪失などには陥りません。

真の自信というものも、こうした経験を通して備わっていくものなんですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

仕事の人間関係に悩み、辛いとき

こんにちは、鈴木です。

「仕事の問題?人間関係の問題?」

仕事についての悩みの相談の中で、
「仕事の人間関係」についてのご相談があります。

「仕事の人間関係」ということでのカウンセリングでは、
問題の根っこが次のどちらにあるかを見極めます。

1)仕事で自信を失い、それが人間関係に波及

2)人間関係が上手く築けず、それが仕事にも波及

「人間関係が上手くいかない」という訴えであっても、
よく聞いてみると「仕事のつまずき」が原因の場合があります。

また「仕事でミスを連発」という訴えであっても、
よく聞いてみると「人間関係のつまずき」が原因の場合もあります。

基本的にはこの両者のどちらかを見極めます。

そうすることで、どちらから先に取り組むかも決まってきます。

ケースによっては両方に着手する必要のある場合もあります。

いずれにしても、どちらかによって取り組み方も大きく違ってくるので、
先ずはじっくりと状況をお聞きすることにしています。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。