ワークライフバランスの実現と充実




こんにちは、鈴木です。

私は個人事業主なので、会社勤めの方と違って、
自由にスケジュールを立てられます。

しかし、気がつくと、仕事のスケジュールが埋まっていって、
完全なオフの日がなかなか作れませんでした。

一日、全く仕事をしない日というのは、
1カ月の中で1~2日あるか、ないか。

休みと決めても、何か思いつき、
ついついPCに向かってしまうんです。

それでも、自分がやりたくてやっている仕事。

やらされているというストレスはありません。

ありませんが、やっぱり休みは
大切だなあと思うようになりました。

そこで、昨年から休みも仕事のスケジュールと同じように、
きちんと入れていくようにしました。

それでやっと、休み=完全OFF が取れるようになりました。

そこで、先日、温泉旅行に行きました。

1泊2日ほどの小旅行でしたが、
これが想像以上に楽しかったのです。

温泉につかっている時の幸福感。

これは言葉にならない程でした。

自分はこの瞬間に、思っていた以上に、
「喜び」を感じるんだなと気づきました。

何事も、先ずはやってみるもんですね。

さて、話は私のプライベートな楽しみでは終わりません(笑)

ここからが、いよいよ本題。

この旅行を通して、フッと思いました。

楽しみや楽しいことって、向こうから勝手には来ない。

自分が「楽しもう」って決めて、
「楽しむ」っていう行動を取る。

そうしないと、楽しめないんじゃないかなあと・・・

そう思ったんです。

仕事に追われて一杯いっぱいだったり・・・

何かの問題に悩まされて、ヘトヘトになっていたり・・・・

そんな時って、私たちは気持ちに余裕がもてません。

心の中から「ゆとり」が失われてしまうんです。

だから、休むとか、遊ぶとか、楽しむとか、
そういう発想そのものが浮かびにくい。

仮に浮かんだとしても、自分で打ち消してしまう。

「そんなこと、やってる場合じゃない」という風に。

期限が決まっていて、どうしても時間がない。

もちろん、そういう場合は、
それを時間までに片づけることが優先されます。

そのために他を犠牲にするのは、仕方のないことです。

でも、そういう期限や締切があるわけじゃないときは、
「思い切って」休んだり、遊んだりしてみる。

それは、自分の命にとって、
すごく大事なことかもしれません。

人間、一旦疲弊しはじめると、
疲弊の度合いは加速しやすいんです。

気をつけないと、あっという間にボロボロに。

それでは、何のために頑張っているのか、
何のために生きているのか、わかりません。

休むとか楽しむ。

それって、ある時には「勇気」の要ることです。

でも、やっぱり楽しむことで、
私たちの身も心も充電される。

再び元気に立ち上がっていけるんです。

そして、楽しむって、やっぱり「動詞」です。

動詞には主語が必要です。

「あなた」という主語が必要なんです。

あなたが楽しむから、あなたは楽しくなる。

楽しみが向こうから歩いてきてくれるわけじゃない。

やっぱり、あなたが楽しむという「選択」をするんですよね。

自分の魂が生き生きとしてくること。

仕事でも、プライベートでも、それを追求していく。

そういう追及って、すごく大事だと思います。

もちろん、何か問題を抱えていたり、
アクシデントが発生したりしたのなら、
それは解決努力や対処が必要です。

でも、それとは別にです。

自分に骨休みを与えることって、大切です。

なぜなら、自分に余裕がないと、
人にやさしく出来なくなるからです。

楽しむ人生に変えていくことで、
私たちはずいぶんと人に優しくもできるんです。

そのためには、先ず、自分に優しくすること。

自分を労い、尊重してあげることと、
楽しむという選択は、やはりイコールです。

休みをしっかり取り、楽しいことをする。

それは、自分を大切にすることでもあります。

そうして自分を大切するからこそ、
人も大切にできるようになります。

なぜなら、自分に対する付き合い方と、
人へのつき合い方って、だいたい同じになるからです。

一人一人がやさしくなれれば、
世の中も変わります。

今はみんなが重い荷物を背負い続けて、
一杯いっぱいの状態です。

当然、人にやさしくできなくなってきて、
人間関係がギスギス、ピリピリしていきます。

楽しむという行動を選択することで、
自分にやさしく、人にもやさしくなる。

そういう生き方も、大切にしていきたいですよね。

そのために、時には楽しむ選択をしてみませんか?

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

人生を変えるグループコンサルティング【残席3名】

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人間関係に疲れているあなたへ


こんにちは、鈴木です。

「人間関係は学ぶためにある」

私のカウンセリングで非常に多いご相談内容。

それが「職場の人間関係」です。

仕事を通しての人間関係。

これが、数ある人間関係の中でも、
最も難易度の高い人間関係です。

仲良しではないが、一体感が必要です。

お互い背負っている責任と役割は、
その質も大きさも、みな違います。

それぞれのパーソナリティーだって違います。

そういう「違い」を以て、一つの仕事を一緒にする。

そこに難しさがあるといっていいでしょう。

拙著「感情は5秒で整えられる」のP30に
下記のような項目を入れました。

「小さなこと」こそ人間関係で「大切なこと」

これ、私自身も骨身にしみているテーマです。

私のカウンセリングの師匠は、吉田哲先生です(故人)。

厳格で、常にブレず、臨床一筋のカウンセラーでした。

たった一言の重さ、危うさを学んだのは、
この吉田先生からでした。

先生ご自身、自らが発する言葉に、本当にスキがない。

どの一言をとっても意味と深みがありました。

ちょっと完璧すぎて、
近寄りがたい雰囲気もありましたけどね。

私は師の人柄というより(笑)、
その臨床家としての姿勢や力にほれ込みました。

たった一言が、相手にどんなに大きな影響を与えるのか。

そのことを骨身に沁みる形で学べたのは、
この吉田先生のおかげなのです。

カウンセリングという仕事を通して学んだことも同じです。

人間関係というのは、小さなことにこそ、
大きな意味があるということです。

人間関係、一事(いちじ)が万事(ばんじ)。

私も含め、人の言動、態度は、一事が万事とみられるし、
実際にそれが本質だと思います。

そのことを知り、私も人間関係に
幅が持てるようになった気がします。

ビジネスも人間関係です。

ビジネスで活躍されている方の多くに、
言葉をいかに大切にしているかという姿勢を感じます。

そして言葉もそうですが、人間関係にも、
一種の法則のようなものがあります。

その法則を知り、実践すると、
確かに人間関係が変わります。

そんな話も、事例を交えて書かせて頂いています。

940c77d3cc962a2846f65be0ae4049bd_s - コピー1111

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

何のために働くのか?働く意味とは?

こんにちは、鈴木です。

仕事をするというと、結果ばかりに目を奪われがちです。

例えばお金だったり、評価だったり、数字的な成果だったり・・・・

もちろん、そうしたことを念頭におき(目標とし)、
全力で取り組むことが大切ではあります。

しかし、そうして目標に向かう中でする「経験」こそが、
実はとても大切なんです。

何のために仕事をするか。

その答えが「お金」「評価」「成果」だけだと、行き詰る可能性が高くなります。

こうした捉え方では、お金にならない仕事の価値を低く見ます。

社会的にも、周囲にも評価を受けない仕事は、疎かにしがちです。

目に見える成果が出ないと、やる気が失われていきます。

それは、「お金」「評価」「成果」のみに目を奪われているからです。

あなたにも、そんな経験はなかったですか?

これらのみに価値を置き、仕事をするならば、
そこに生まれるのは奪い合いです。

お金、評価、目に見える成果の争奪戦が繰り広げられます。

職場で次々とメンタルダウンを起こす人が生み出される。

その背景には、こうした偏った価値観(お金・評価・成果崇拝主義)があるともいえます。

そこで、メンタルダウンを起こさない。

それどころか、仕事をすることで幸せになる。

そのためには、仕事というものを、どのように捉えていけば良いのでしょう?

仕事をするためには、避けて通れないことがあります。

それは、困難と人間関係です。

仕事というのは、いつもいつも思い通りにはいきません。

むしろ、思い通りにいかないことの方が多いかもしれません。

「こんなはずじゃなかった」とか「やってしまった」とか・・・・

そうした苦い経験は、どうしても避けて通れないものです。

あるいは、仕事をしていくということは、一人ではできません。

必ず誰か他人との関わりを通して進めていくものです。

たとえ、個人事業主であっても、たった一人では仕事はできません。

そこにはお客様がいて、取引先があり、支えてくれるスタッフがいます。

一人ひとり人格も違うし、立場も思惑も違います。

そうした人たちと様々な形を通して関わり、それで仕事は成り立っていきます。

当然、こちらの思う通りに、全ての人たちが動いてくれるわけではありません。

様々な人格、立場、思惑を視野に入れながら、
いろいろな要素をコーディネートしていくことで仕事は回ります。

私は、仕事をするということは、そうした経験を通して、
自分自身の心を磨いていく意味があると考えています。

そうした苦労を経験し、心を磨くためには、いろいろな困難が必要になります。

そうした困難がトレーニング効果となって、心が磨かれていきます。

そういう意味で「お金」「評価」「成果」というものを目標に置けば、
それはトレーニング効果としては最高になるというわけです。

これはちょっとした違いなようで、大変大きな違いとなっていきます。

「お金」「評価」「成果」のみに固執してしまうと、
自分の思い通りに物事をしたくなります。

そうすると、人格も立場も思惑も違う人たちと衝突します。

ビジネスや職場で起きるトラブルや、人間関係の問題は、まさにその象徴です。

自分は、仕事を通して心を磨いていくんだ。

そのために「お金」「評価」「成果」を得るという目標を置き、
苦心惨憺していく経験こそに、意味があるんだ。

そうした苦労から気づけたこと、学んだことには、
それこそ千金に値する価値があるんだ。

仕事というものをそういう捉え方で見ていくと、
困難に直面したときの捉え方も姿勢も違ってきます。

そして、仕事を通して感謝や幸せを感じ、
メンタルダウンや人間不信、自信喪失などには陥りません。

真の自信というものも、こうした経験を通して備わっていくものなんですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

仕事の人間関係に悩み、辛いとき

こんにちは、鈴木です。

「仕事の問題?人間関係の問題?」

仕事についての悩みの相談の中で、
「仕事の人間関係」についてのご相談があります。

「仕事の人間関係」ということでのカウンセリングでは、
問題の根っこが次のどちらにあるかを見極めます。

1)仕事で自信を失い、それが人間関係に波及

2)人間関係が上手く築けず、それが仕事にも波及

「人間関係が上手くいかない」という訴えであっても、
よく聞いてみると「仕事のつまずき」が原因の場合があります。

また「仕事でミスを連発」という訴えであっても、
よく聞いてみると「人間関係のつまずき」が原因の場合もあります。

基本的にはこの両者のどちらかを見極めます。

そうすることで、どちらから先に取り組むかも決まってきます。

ケースによっては両方に着手する必要のある場合もあります。

いずれにしても、どちらかによって取り組み方も大きく違ってくるので、
先ずはじっくりと状況をお聞きすることにしています。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。