仕事で感情的にならない方法


鈴木の著書「感情は5秒で整えられる」が、
Amazonの在庫数が、残り10冊を切りました。

ご注文は下記よりお早めにお願いいたします。
https://goo.gl/kmfsrK

こんにちは、鈴木です。

「人間は感情の生き物(動物)である」

そういう言葉、聞いたことがあると思います。

この言葉は、人間や、人間関係の本質を
見事についた言葉だと思います。

私たちは人間関係の中でついつい、
次のような勘違いをしてしまうことがあります。

「正しいことをわかってもらえれば、人は動く」

これが正しいと相手に理解してもらえれば、
相手も自分の言いたいことをわかってもらえる。

こちらの正しさが通じれば、
相手もこちらの言うことをきいてくれる。

あなたもどこかで、
そう思っているところはないでしょうか?

人間関係を改めて考えてみましょう。

そうすると

実は、正しいことで回っていくことって、
以外に少ないんだということが見えてきます。

正しいから人は納得するとは限らない。

正しいから、人は行動を起こすわけではない。

この事を知っておくと、人間関係を円滑にできます。

何も、間違ったことを受け容れましょうとか、
そういうことじゃありません。

正しさだけで、人は動かないことが多い。

そういう側面もあるってことなんです。

現に、あなたの周囲の人を見てください。

職場の人たちにしても、お客さんにしても、
家族にしても同じです。

正しいことを言ったら、それで動いてくれるでしょうか?

どちらかというと、正しいことを言えば言うほど、
お互いに衝突したり、わかり合えなくなる。

そういうことの方が、多いのではないでしょうか?

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

学校の先生は、子どもたちに「正しいこと」を伝えます。

でも、子どもたちが全てそれを
受け容れるわけではありません。

職場の上司は、部下に正しいことを命令します。

でも、部下がその通り動けないこともあります。

お母さんは子どもに、正しいことを教えます。

でも、子どもはその場で
その通りに行動しないこともあります。

カウンセラーがクライエントに、
正しいことをアドバイスします。

でも、クライエントはそれで
自分の問題解決ができることは、ほとんどありません。

あなた自身はどうでしょう?

正しいことを言われたら、
全て受け容れる気になりますか?

正しいと理解できたら、
すぐに行動に移せますか?

おそらく、全て「イエス」とは言えませんよね。

正しいことだって頭ではわかっていても、
その通りにしたくない、できないって時、あると思います。

なぜ、正しいことを伝えているのに、
人は動かないのでしょうか?

そこには「感情」というものが存在するからです。

人間は理性より先に、感情が動きます。

いくら正しいことを言われても、
その通りに行動しないのは、そこに感情が起きるからです。

いくら正しいと(頭では)わかっていても、
心では納得できない。

それは感情が強く影響するからです。

拙著「感情は5秒で整える」にも書いたことですが、
ここでも取り上げてみます。

人は正しいか、正しくないかだけで
自分の行動を選びません。

好きか嫌いかという感情の方が、
行動を動かしている部分が大きいのです。

ですから、誰かに動いてほしいのであれば、
正論で迫っても上手くいきません。

感情が動くような働きかけをすることです。

いじめが正しい行為ではないということは、
誰もが知っていることです。

それでもいじめをするのは、
感情がそうさせるのです。

そういう人間に

「いじめは良くないからやめるべきだ」

こう迫っているだけでは、いじめはおさまりません。

厳しく罰したところで、恨み、憎しみなど、
余計に強い感情が残るだけです。

いじめをストップさせるには、
いじめを起こす「感情」にアプローチします。

怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬・・・・

こういう感情が人に意地悪やいじめをさせます。

この感情が解消されると、いじめはなくなります。

怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬・・・

これらが喜び、感動、楽しい、感心といった感情になると、
そもそもその人の中でいじめをする必要性がなくなります。

いじめをする人間は、心の中で、
こうした否定的な感情がいつもくすぶっているんです。

人間関係を気持ちよくするためには、
この「感情」にフォーカスすることが大切です。

目の前の相手の感情が、今、どういう状態にあるのか?

これをしっかり観察した上で見極めます。

その感情に合わせて、働きかけると、
人の心は動いていくものです。

ただ、例外もあります。

どうしてもわかり合えない相手というのもいるからです。

その場合、無理はできません。

そういう相手からは距離を取り、
場合によっては離れることも必要です。

同じ職場で一緒に仕事をするなど、
関わることが避けられない場合。

最低限のコミュニケーションを取り
ある程度の距離感を保つしかありません。

あとは、自分が好きな人、話していて楽しい人。

そういう人との交流を大事にするといいです。

「人間は感情の生き物(動物)である」

人間関係を考えるとき、
いつもこの言葉を意識してみてください。

例えば、目の前の相手が

「正しいことを言われるのが面白くないんだな・・・」

とわかったとします。

こういう場合は、いくら正論をつきつけても、
かえって関係はこじれるだけです。

「これが正しいのに、どうしてわからないんだ!」

気持ちはわかりますが・・・・・

わからないというより、
受け容れたくないんです。

正しければ正しいほど、受け容れたくない。

筋が通っていればいるほど、拒絶したくなる。

そういう心理状態ってあるんです。

そんな状態の相手には、正しさを説いても通じません。

むしろ、正しければ正しいほど、
怒りを買うだけかもしれません。

なぜなら、私たちは感情の生き物だからです。

「正論は、時には人を追い詰める」

だから、人間関係では、まず感情を考えましょう。

相手の感情状態に気づき、
どう関わればいいかを判断します。

私は人間関係では、多少の「ご機嫌取り」も
必要だと思っています。

別な言い方をすると「社交的な働きかけ」です。

それは「自分が嫌われないように」という動機ではありません。

相手への配慮、心づくしとして、
多少のご機嫌取りもありだと思います。

素敵なお写真ですね。

素晴らしい実績ですね。

そのアクセサリー、お似合いですね。

これは相手を敬う、立てる、大事にするということです。

ある意味、大人の対応ともいえます。

自分が気に入られるようにという動機だと、
相手にはそう伝わります。

でも、相手を尊重し、大事に想う。

そういう動機で言うと、相手も嬉しいものです。

相手と関わるとき、感情を先にプラスにもっていきます。

その方が、その後の関係性も良好になりやすいんです。

「おもてなし」というのも、相手を大切する行為です。

相手のことをひたすら考え、相手を敬う行為です。

つまり、相手の感情に配慮した行為だといえますね。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

心が折れたとき




こんにちは、鈴木です。

心が折れそうになった経験。

きっとあなたにもあったと思います。

もしかしたら、今、そんな状態かもしれません。

38f7b7f68e243bf196a3a1cffaf02d60_s

人間、辛いこと、受け止めきれないことがあれば、
誰だって折れそうにもなりますよね。

そしてそれは、突然やってくることも。

当然、心の準備はできていないわけです。

それだけに、ショックも大きい。

受け止めきれない自分を責めてしまうかもしれません。

自分で自分を責める。

これは本当に辛い状態になります。

唯一の味方のはずの自分でさえ、
味方できなくなった状態ですから・・・・・

こういうとき、私たちって、
どういう状態に陥っているのでしょうか?

一言でいえば、こうなります。

「感情的になっている」状態だと・・・・

不安感情、恐怖感情、怒り感情などなど、
否定的な感情に押しつぶされそうになっている。

そういう状態が、心が折れそうな状態です。

気をつけないと、あるとき本当に、
「プツっ」と折れてしまいます。

そうなる前に、立て直す方法をお伝えします。

今回は具体的にお伝えしますね。

まず、呼吸を整える。

これ、ものすごく大事なことです。

ゆっくり鼻から息を吸い、
吸った時間よりも長くゆっくり息を吐く。

これを何回も続けてください。

時間にして最低5分は。

呼吸しながら、自分の身体感覚から、
自分の大きな強い感情を感じるはずです。

身体が震えている感覚や、
胸がわさわさしている感覚を覚えるかもしれません。

それが今、あなたの感情の感覚です。

続いて、呼吸を整えながら、ほほ笑んでみてください。

感情的な自分にやさしくほほ笑みかけているイメージです。

神様に「ありがとう」とほほ笑みかけているイメージです。

感情的な自分に対しては、
こうして多少、強引に介入することも必要です。

目的は「冷静になること」です。

別な言葉で言えば、「理性的な自分になる」です。

シンプルですが、強力です。

自分がいかに呼吸が浅くなっているか、気づいてください。

いかに身体が硬直し、萎縮しているか、気づいてください。

そうして事態を今、捉えている捉え方とは、
違った捉え方で捉えてみます。

大変だけど、きっといい経験になる。

難しいけど、自分には学びになる。

苦しいけど、そんなに苦しくとらえなくてもいいかもしれない。

何か良いアイディアがあるはずだ。

そんな風に「視野を拡げる」ようにします。

一人で難しければ、専門家の力を借りましょう。

私もこれは、実践しています。

感情的になると、とにかく視野が狭くなります。

その視野の狭さが、更なるトラブルを引き寄せます。

リセットとは、感情的な自分から理性的な自分になること。

そして、狭くなった視野を拡げることを意味します。

日常生活の何気ない場面でも、ぜひおためしください。

「人生を変えるグループコンサルティング」8/5 東京

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


感情的になったとき

こんにちは、鈴木です。

「落ち着くことは大事」
何か不測の事態にあったり、感情的になりそうになったとき。

そんな時ほど、「冷静になる」ことが大事になります。
「冷静になる」というのは、感情を失うこととは違います。

機械的、事務的な反応をしたり、感情を抑えこんでしまうのではなく、

全体に改めて視野を向ける気持ちのゆとりを取り戻すことです。

つまりは「落ち着くこと」です。
感情的になりそうになった時ほど、

この「落ち着く」ということが大事になってきます。

仕事でも人間関係でも、感情的になって上手くいくことはまずありません。

にもかかわらず、実に多くの人が感情的になり、仕事や人間関係で傷を拡げてしまいがちです。
感情的になりそうになったら、深呼吸したり「落ち着け」と自分に言い聞かせてみましょう。
私たちは感情的になってしまうと、物事を的確に判断できなくなります。

落ち着きを取り戻すことによって、的確な判断ができるようになります。
また、自分ではどうにも判断が下せなかったり、事態にどう対応したらいいかわからない場合は、

誰か信頼できる人に相談してみるのもいいかもしれません。

相談することで、自分では気づかなかったことや、それまで見落としていたことに気づくことができます。
落ち着いたら「今すぐできること」と「今すぐできないこと」を分け、

出来ることは着手して、出来ないことは様子を見るか受け容れる。

こうした判断ができると、かなりのことに対処できるようになります。

「落ち着く」ということは、こうした時にはとても大事になってきますね。

 

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

心を安定させる

●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断

こんにちは、鈴木です。

「心を安定させるもう一つの秘密」

自信をもつためにもう一つ隠れた秘密があるといったら・・・

あなたは興味ありますか?

どういうことか、ご説明しましょう。

一般的に自分に自信をもつには、何かを達成することが必要だと思われています。

仕事でも学業でも成果を上げ、好結果を得ることによって自信がつくというものです。

そして、それによって周囲に評価され、認められることでさらに自信がつく。

そう思っている人は非常に多いと思います。

次に、自分に対する捉え方を否定的なものから肯定的にすることも重要でしょう。

自己評価をいたずらに低くするのではなく、もっと高いものにしていく。

これは仕事や学業の成果が上がるのを待たずにできますね。

「自分なんか、何をやってもどうせ上手くいくはずがない」

「人は自分のことを”使えない人間だ”という目で見ているかもしれない」

「自分は周りから”存在価値”がないと思われているのではないか」

このように自分を責め、低く評価することで、自信喪失につながってしまうわけです。

つまり、自分の自信を削いでいるのは、他ならぬ自分自身だということになります。

そこで、自分に対する捉え方を変えていきます。

「自分ならできるかもしれない」

「周りがどう見ていようと、自分のできることを精一杯やるしかない」

こんな風に自分に対する捉え方(言葉)を入れ替えてみるのもいいでしょう。

実際私も自分に価値があるかどうかなど、あまり考えたことはないんです。

価値なんかなくても生きていけるし、生きてもいいんだと思っているところがあります。

まあそれはともかく、こうした自分自身へのアプローチによって、
自信をもてるようにするということですね。

ただ、これらはあくまでも自分一人に焦点を当てたものですね。

「個」に焦点を当てた考え方といえるでしょう。

しかし、社会で生きていくためには、
一人だけでなく、いろいろな人と関わりが必要です。

あなたもこれまで誰かから影響を受けたり、誰かに影響を与えたりしてきたはずです。

ということは、人との関わりといった経験から自信を得たり、
逆に自信を失ったりしてきたかもしれませんね。

実は、ここにあなたが自信をもつための重要なカギがあります。

ある意味それは、一般に言われる自信という概念をも超えたものかもしれません。

精神的な安定感とか人としてのバランスの良さ・・といった感覚に通じるものですね。

では、あなたがそうした精神の安定感を手に入れるために
必要な経験とは、どのようなことなのでしょうか?

心に安定をもたらすその瞬間とは、実は、次のような瞬間なんです。

「自分の本当の気持ちに深く共感されたとき」

ポイントはあなたの”本当の”気持ちというところです。

そして共感されること、それも”深く”ですね。

自信を失った多くの人たちが、自分の本当の気持ちを否定された経験をもちます。

逆に、自分の本当の気持ちを肯定されるような経験があると、自信がもてるようになっていきます。

人間として成熟するためには、自分の様々な感情を受け入れてもらえたという経験が必要です。

自分の本当の気持ちを受け入れてもらえるということは、自分が様々な感情を抱いてもいいのだと思えること。

そんな風に自分の様々な感情にあなたがOKを出せれば、生きるのがとても楽になります。

そして自分の気持ちを肯定されたという経験の中で、
最もそれが強く実感できる瞬間が、人から共感された瞬間なんですね。

自分と同じ気持ちになってくれたという経験によって、
限りなく肯定されたという実感を得ることになるんです。

「ああ、わかってくれたんだ・・・」

誰かに自分の本当の気持ちに共感してもらえたら、
あなたは限りない安心と心強い感覚を覚えるはずです。

共感される、理解されるということは、それほど大きな喜びなんですね。

そしてその共感の度合いが深ければ深いほど、救われたり、勇気を得られるものです。

カウンセリングのグループセッションで「エンカウンターグループ」というものがあります。

近々開催予定ですが、このグループセッションも同様です。

グループメンバーから自分の本当の気持ちを深く共感される経験をする。

その経験が心の安定、安らぎ、そして勇気を与えてくれるんです。

何か結果を出して、評価を得ることで自信をもつこともあります。

自分自身の捉え方を意識的に変えることで自信をもつこともあります。

そして今回お伝えしたように、自分の本当の気持ちを深く共感されることによっても同様です。

つまり、あなたが心の安定を得るには、知識や意識的な努力だけでなく、
心が動かされる経験が必要だったということになります。

自分の正直な思い、気持ちを深く共感してもらえたという経験。

ああ、わかってもらえたんだ・・という実感。

それがあなたの心を動かし、力へと変わり、結果的に自信につながっていくわけですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。