仕事のコツは、感情を入れないこと


こんにちは、鈴木です。

今日もSkypeカウンセリングを行っておりました。

その中で、仕事の仕方について、
これは良いなと思った話があったのでシェアします。

クライエントのBさんは、職場の人たちの意識の低さに
嫌気がさしていました。

自分はお客様の立場から、いろいろ仕事の仕方を見直してきた。

改善できることは改善し、日々、細かいところまで見直してきた。

ところが、同僚や上司は、それが面白くないのか、
自分のやり方を問題視してくる。

どう見ても、お客様のことをちゃんと見ていないのに、
全てわかったかのように言われる。

それが一番悔しい・・・・というのです。

お話しを聞いている限りでは、Bさんの仕事ぶりも含め、
最もなお話しだなと思って聞いておりました

ただ、Bさんのすごいところは、そこから自分で
職業観を進化させていったところです。

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

何度かカウンセリングしていくうちに、
Bさんは、こう言うようになりました。

結局、わからない人には、何を言っても通用しない。

そもそも、お互いの主張がぶつかるばかりで、
コミュニケーションにならない。

もちろん、自分にも至らない点はあると思う。

でも、ぶつかるばかりでは建設的ではないと思った。

そこで、Bさんは、同僚や上司が協力してくれないことはあきらめ、
自分の裁量で出来る範囲のことに全力で仕事しようと思い直しました。

出来る範囲のことに、力を尽くそうと思ったのです。

私はこの話を聞いて、それはとても賢明なことだと思いました。

仕事というのは、実は、こうして感情を入れないで、
淡々とやっていく方が上手くいくのです。

結果や周囲の人間の反応に、いちいち感情的にならない。

その代わり、感情ではなく、理性を使って仕事をする。

「出世」なんかも同じです。

別に、出世したければ、出世すればいいんですね。

ただそれを

「自分より働いてないあいつがなんで評価されるんだ?」

みたいに、感情を入れていくと、おかしなことになります。

ビジネスの成果や目標に対しても、
同じことがいえると思います。

達成しても、失敗しても、
そこに感情を入れないようにするのがコツ。

淡々と取り組んで、淡々と努力する。

達成したら感謝して、失敗したらやり直す。

それが一番モチベーションを失わない秘訣です。

実は、こんな理不尽な経験にも「学び」があります。

「なんであいつが・・・」と嘆くのではなく、
どうせなら「なんであいつが」と、真剣に考えましょう。

あの人はどうして、自分より仕事が出来ないのに、
自分よりも出世していくのだろうか?

よーく観察していくと、上司のご機嫌を取るのが上手い。

それで上司の覚えがめでたく、評価され、出世が早い。

そういうことが見えてきます。

ここで、

「そんなご機嫌取りなんか自分はしない」

という思ってもいいのですが、
一方でこんな捉え方だって出来るんです。

自分は仕事はあいつよりしっかりやってきた。

そして、正しいと思うことは、
誰であろうと主張してきた。

でも、仕事の成果を上げるためには、
上司の評価も大事になる。

ご機嫌取りではなく、上司の普段の苦労を察し、
ときおり労い(ねぎらい)の言葉をかけたり、
自分の手が空いたら、少し上司の仕事を手伝ってもいい。

ご機嫌取りではなく「配慮」によって、
上司の評価を得るわけです。

私はこれを、決して邪道な仕事の仕方だとは思いません。

むしろ、より賢明な仕事の仕方だとすら思っています。

そこで、ここが肝心なのですが、
ご機嫌取りのあいつが、自分にそれを、
こういう形で「教えてくれている」ともいえます。

そういう捉え方をしてみると、
嫌悪感しか覚えなかった「あいつ」から、
自分が学ぶことがあることになります。

先のBさんも、周囲の反応から、
自分の仕事の仕方を変えました。

立ち行かなくなったことで、
変えるしかなかったのかもしれません。

でも、周囲のそうした自分勝手な態度から、
Bさんは学び、より賢明な仕事の仕方を身につけます。

身につけちゃった者勝ちですよね(^^)

別に勝ちとか負けとかじゃないにしても、
身につけちゃった方が、自分が一番、得しますよね。

得ですし、徳にもつながります。

こうした苦労って、やっぱり「徳」を得ますよね。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

仕事と人間関係の妙

こんにちは、鈴木です。

なぜ、人は働かなければならないのでしょう?

生活の糧(お金)を得るため?

もちろんそれも主要な目的です。

しかし、その目的を達成するためには、いろいろなことを必要としますね。

仕事の算段を考え、試行錯誤する。

トラブルに適切に対処するために動く。

良い成果をあげるために、様々な努力をする。

注目すべきは、そこに必ず「人間関係」があるということです。

仕事を進めていく上で、この「人間関係」は、避けて通れないもの。

どんな仕事でも、必ず人間関係を通して進めていくものです。

ネットビジネスにしても、お客さんや委託先とのやり取りがありますね。

仕事を通した人間関係のミソは、相手を選べないことが多いこと。

年齢や地域、性別などは選べても、お客さん一人一人は選べません。

また、社内の(職場の)人間関係も同様です。

自分と相性の良い人ばかりであればいいのですが、そうもいかない。

自分とはタイプや価値観の違う人間もいる。

性格的に、あるいは生理的に、どうも合わないという場合もある。

それでも、一緒に仕事をしていかなければなりません。

ある住職が、こう言ったという話を聞きました。

「山に籠ったり、滝に打たれたりするよりも、
日常の人間関係をこなすことが、最大の修行となる」

まさに、人間関係は、時には修行のように難しくなる。

その代表的なものが仕事を通した人間関係です。

3e648dc0d5fac1ad927ac525026da6d9_s

社外の人脈を築くにしても、そこには様々な努力が求められます。

気の合う仲になれたからといって、最低限の礼節は必要になる。

「親しき仲にも礼儀あり」とは、よく言ったものです。

これは家族同士でもあてはまる言葉。

家族や家族同然の仲だからこそ、必要な距離感もありますね。

仕事と人間関係の話に戻ります。

私たちには仕事によって、日々の糧を得なければならないし、
課せられた責任を果たさなければならない。

だから、自分とは性格も価値観も違った人間と、
いかに折り合って仕事を進めていくか。

いかに巻き込まれずに自分のペースを保ちつつ、
コミュニケーションを取りながら仕事を進めていくか。

そうしたことが試される場面であり、
それをやっていかないとならないのが「仕事」です。

様々なタイプの人たちとコミュニケーションをするには、
自分の器を拡げ、引き出しを増やす必要もあります。

器が拡がり、引き出しが増えないと、人間関係で必ず壁にぶつかります。

ただ、その器や引き出しは、まさに人間関係の経験が引き出してくれるのも事実。

自分が人間関係の中でもまれながら、人としてたくましくなっていく。

思慮深くなり、粘り強くなり、思いやる気持ちも深めていく。

物事の本質を見る力も養っていかれますね。

こういう経験が仕事をする、働く意味ではないかと思っています。

ですからカウンセリングでも、話し合いがそこにフォーカスされてくると、
やはり新たな進展が出てくることが多い。

ある意味、実によく出来たシステムなのではないか?

そう思うことがあるのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

 

 

 

 

 

仕事と人間関係の悩みを解消する

こんにちは、鈴木です。

人間関係と幸せには密接な関係があります。

アメリカのハーバード大学。

この大学は心理や人間関係の分野でも様々な研究・調査をしています。

そのハーバード大学が1万2000人以上の人たちを
30年以上にわたって追跡調査した研究があるそうです。

その研究からハーバード大は、一つの結論を導き出しました。。

「幸せになりたいなら、収入を増やすよりも、
よき家族や友人との関係を強める方が効果的である」

人間関係がその個人にどんな影響を及ぼすかといった研究は、
ハーバード大学に限らず、世界中で行われてきました。

そうした研究からは、実に面白い考察や結論が導き出されています。

一例をあげると、こんな報告がなされています。

「自分たちは仲が悪いと申告した夫婦は、仲が良いと申告した夫婦に比べ、
ケガが完治するのに約2倍以上の時間がかかった」

「友人、あるいは友人の友人の幸福度が高いと、
自分自身の幸福度が6%向上する可能性がある」

「内向的な人でもコミュニケーションの時間を少しでも長く持つと、
人生の全体的な質を高める効果がある」

どうでしょう?

実に興味深いものがありますね。

精神的な健康と人間関係は、密接な関係があります。

また、仕事のパフォーマンスの良い人は、
良好な人間関係に恵まれているというデータも複数あるようです。

この場合の良好な人間関係とはどういうことか?

これがまたちょっと興味深い内容です。

以前の研究では、多くの人に支えられている人が
仕事の成績も良いとされていました。

しかし、最近の研究によると、支えられるのではなく、
その人が周囲の人たちを支えようとしているということがわかりました。

つまり、仕事の業績の良い人の特徴の一つとして、
周りの人たちを援助し、フォローし、バックアップしようとする。

そういう特徴が共通にあるというのです。

ただ、これはそんなに簡単なことではありません。

人の仕事を手伝う余裕があるということは、
自分の仕事をある程度完遂していなければなりません。

あるいは、自分の仕事に対するプレッシャーはあっても、
それでも時間があれば人の仕事も手伝うメンタリティーが必要です。

しかし、だからこそ、こうした動きをする人は
仕事のパフォーマンスが良くなっていくともいえます。

職場の人間関係で困っている場合、
もちろんこうした動きをする余裕はありません。

自分の仕事で手いっぱいの状況でしょうし、
未完遂の仕事をいくつも抱えているかもしれません。

この状況が続くと、他の人に負担が及ぶかもしれません。

それを防ぐのは、とにかく一つでも自分の(目の前の)仕事を完遂させることです。

「終わらなかったらまた迷惑をかける」

「また上司に叱られる」

「なんで自分はダメなんだろう・・・」

上手くいかないとき、私たちはこう思いがちです。

こう思い始めると、目の前の仕事から注意がそれ、
完遂させるエネルギーが出てこなくなってしまいます。

しかし、本来どんな複雑で膨大な仕事でも、
タスクを一つ一つ分解して処理していけば完遂できます。

そして、自分の仕事を完遂できれば、周囲に負担もいきません。

つまり、たとえどんなに小さな仕事でも「完遂させること」が、
結果として周囲の援助になっているということです。

どんなに小さな仕事でも完遂させることが、
自分の自信を取り戻す最良の手段です。

私たちは「仕事の仕方」や「人間関係」について
学校できちんと教わった経験はありません。

しかし仕事も人間関係も、私たちの人生のあらゆる場面で存在し、
幸せとも密接に関係しています。

そして目の前の仕事を一つ、また一つと完遂させることが、
自分自身のメンタリティーを上げ、たくましくなっていくことにもつながります。

「もうダメだ・・・」と思う前に、誰かに相談したり、
もう一度自分の仕事の仕方を点検してみる。

打開の方法は必ずあります。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=suzuki&MagazineID=-1&MoreItem=1