冬季うつ病、冬は気持ちが落ち込みやすい?


こんにちは、鈴木です。

※この記事は2016年冬に書いたものです。

ここのところ、急に寒くなってきましたね。

数日前には11月だというのに東京でも雪が・・・・・

ビックリしました。

いよいよ冬到来といったところですが、
冬になると全国的に日照時間が少なくなります。

この日照時間が少なくなることで、
私たちにはある「変化」が起こりやすくなります。

その「変化」とは何か?

「冬季うつ病」というものがあります。

簡単にいうと、日照時間の減少が影響します。

日照時間が減るということは、
こうした影響が脳に起きることもあるのです。

曇りや雨の日は、何となく憂鬱・・・

そんな経験はないでしょうか?

陽に当たる時間が少ないと、
脳はネガティブになりやすいのです。

ですから私たちは日中、
なるべく陽に当たる方が良いのです。

天気の良い日は特にです。

空き時間を使って、散歩などしてください。

オフィスや屋内でPCやスマホばかりしていると、
脳はネガティブな要素を蓄積していきます。

ですから、日常生活の中で、
少しでも陽に当たり、軽い運動をしましょう。

散歩やウォーキングを10分でもすると、
脳がリフレッシュします。

また、日照時間が減少すると、
気温が低下しますよね。

これは私たちの体温の低下も招きます。

体温が下がると、体内の免疫力は低下します。

免疫力が低下すると、
病気になりやすくなります。

うつ病の原因として
「低体温」等も指摘されていますね。

風邪など引くと発熱するのも、
体温を上げてウィルスに抗おうとする
身体機能なんですね。

ですから、これから寒くなるので、
なるべく暖かいもの、
身体の温まるものを食べましょう。

また入浴も、40~41度の湯船に
15分程度は浸かるようにしましょう。

シャワーだけで済ますのは、よくありません。

しっかりと身体を暖めることにより、
低体温を防ぎ、免疫力は高くなります。

こうした習慣や心がけというのは、
ある意味、自分自身を大切にする行為です。

自分の楽しみを持つとか、自分の時間をもつ。

これも、自分を大切にすることですよね。

自分に自信がもてない人や、
仕事に忙殺されている人。

こうした人たちは、知らず知らずのうちに
自分をないがしろにしていることがあります。

お酒を毎日ガンガン飲んでというのも、
肝臓が悲鳴をあげているかもしれません。

心が病んでいくと、
自傷行為を行うことがあります。

自分で自分を傷つけていく行為ですね。

心の底で「自分なんてどうでもいい」という思いが
こうした行為に走らせるともいえます。

いずれにしても、自分の心と身体を
大切にしてください。

自分を守れるのは、最終的には
自分自身でしかありません。

自分を幸せにするということを
もっと真剣に考えてみるんです(^^)

例えば、自分が心から楽しいと思えることをする。

自分が大好きなことをする時間を確保する。

こうしたことも、自分を大切にすることです。

自分を大切にできる人こそが、
本当の意味で周りの人たちをも大切にできる。

私はそう思っています。

自分を大切にしていれば、
自分の心にゆとりが生まれます。

心にゆとりがあるからこそ、
他人に優しくなれるはずです。

そのためにも、日々の生活の中で、
自分で自分をケアすることも必要です。

自分が楽しみ、好きなことをする。

そういう時間があるからこそ、
仕事などもモチベーションが出てくるというもの。

楽しい時間、癒しの時間があるからこそ、
「やる時はやる」自分になれるはずです。

そして、出来ればですが、こうした時間は
一人ではなく誰かと一緒にわかち合うとベターです。

美味しいものを食べて「美味しかった」

楽しい時間を過ごせて「楽しかった」

こうした「経験」や「気持ち」を
誰かとわかち合えることは、
人の心をパワフルにします。

一人で味わうのも、
それはそれで良いところがあります。

しかし、誰かとわかち合えると、
その心地よさは2倍になります。

私たちは、心の余裕がなくなると、
どうしても一人の世界に埋没しがちです。

仕事やトラブルを、一人で抱え込んでしまう。

これは本当に辛いことになります。

自分のことを、誰もわかってくれない。

こういう思いになるのが、一番辛いことです。

そんな時こそ、心の扉を自分で開くことです。

心に余裕がないとき、辛いときには、
人とつながりを切らさないのは難しいことです。

最終的には、自分の人生は自分で切り開きますが、
人とのつながりやわかち合いは、
その「きっかけ」をもたらします。

内にこもる気持ち、閉ざしたくなる心の扉。

これを「意識して」外側に向けていく。

そのために、陽の当たる場所で散歩をしたり、
自分の楽しみ、好きなことを誰かとする。

こんな事を意識して生活に取り入れて、
この寒い寒い冬も、乗り切っていってください。

「自分は一人ぼっちだ」と思っていると、
本当に一人ぼっちになっていきます。

孤独というのは、
自らが招き寄せている部分もあります。

孤独を打ち破るのは、自分自身です。

人とつながろう、外の世界に出て行こう。

こうした気持ちが「人とのつながり」を生み、
人生を前に進めていくこともあります。

人と喜びを分かち合えるのも、
外で楽しい経験を求められるのも、
最初に自分自身の選択があるからです。

あきらめなければ、必ず道は拓けます。

その第一歩として、外に出て、
陽の当たる場所を歩いてみましょう。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

心が折れたとき


こんにちは、鈴木です。

心が折れそうになった経験。

きっとあなたにもあったと思います。

もしかしたら、今、そんな状態かもしれません。

38f7b7f68e243bf196a3a1cffaf02d60_s

人間、辛いこと、受け止めきれないことがあれば、
誰だって折れそうにもなりますよね。

そしてそれは、突然やってくることも。

当然、心の準備はできていないわけです。

それだけに、ショックも大きい。

受け止めきれない自分を責めてしまうかもしれません。

自分で自分を責める。

これは本当に辛い状態になります。

唯一の味方のはずの自分でさえ、
味方できなくなった状態ですから・・・・・

こういうとき、私たちって、
どういう状態に陥っているのでしょうか?

一言でいえば、こうなります。

「感情的になっている」状態だと・・・・

不安感情、恐怖感情、怒り感情などなど、
否定的な感情に押しつぶされそうになっている。

そういう状態が、心が折れそうな状態です。

気をつけないと、あるとき本当に、
「プツっ」と折れてしまいます。

そうなる前に、立て直す方法をお伝えします。

今回は具体的にお伝えしますね。

まず、呼吸を整える。

これ、ものすごく大事なことです。

ゆっくり鼻から息を吸い、
吸った時間よりも長くゆっくり息を吐く。

これを何回も続けてください。

時間にして最低5分は。

呼吸しながら、自分の身体感覚から、
自分の大きな強い感情を感じるはずです。

身体が震えている感覚や、
胸がわさわさしている感覚を覚えるかもしれません。

それが今、あなたの感情の感覚です。

続いて、呼吸を整えながら、ほほ笑んでみてください。

感情的な自分にやさしくほほ笑みかけているイメージです。

神様に「ありがとう」とほほ笑みかけているイメージです。

感情的な自分に対しては、
こうして多少、強引に介入することも必要です。

目的は「冷静になること」です。

別な言葉で言えば、「理性的な自分になる」です。

シンプルですが、強力です。

自分がいかに呼吸が浅くなっているか、気づいてください。

いかに身体が硬直し、萎縮しているか、気づいてください。

そうして事態を今、捉えている捉え方とは、
違った捉え方で捉えてみます。

大変だけど、きっといい経験になる。

難しいけど、自分には学びになる。

苦しいけど、そんなに苦しくとらえなくてもいいかもしれない。

何か良いアイディアがあるはずだ。

そんな風に「視野を拡げる」ようにします。

一人で難しければ、専門家の力を借りましょう。

私もこれは、実践しています。

感情的になると、とにかく視野が狭くなります。

その視野の狭さが、更なるトラブルを引き寄せます。

リセットとは、感情的な自分から理性的な自分になること。

そして、狭くなった視野を拡げることを意味します。

日常生活にお何気ない場面でも、ぜひおためしください。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

うつにならないために

こんにちは、鈴木です。

「”うつ”にならないために」

3年ほど前だったと思います。

とある中小企業支援機構にて「メンタルヘルス基礎講座」という
職員研修を担当させて頂いたことがありました。

講座の内容については、私が自分で考えて実施。

その中で

「うつの診断される人は、国内で年間100万人にも及ぶ」

というお話をしました。

また、男女の内訳は、女性が男性の2倍の人数です。

100万人というのは大変な数です。

日本人のおよそ10人に一人が、うつだと診断されたことになります。

しかも、クリニックを受診するほどではないが、
ストレスが溜まって体調を崩している人の数は、さらにいるはずです。

日本が1億総ストレス社会(国家)といわれても、不思議はないわけです。

今日は「うつ」にならないために、
毎日の生活の中でできることをお伝えします。

また、うつの回復を促進する場合もあり、
日常生活でのストレス解消にもつながります。

では、うつ予防とストレス解消につながることとは、なんでしょうか?

それは「気分転換」です。

え?と思われたかもしれません。

しかし、この「気分転換」は、あなたが思っている以上にあなたを支えてくれるんです。

気分転換というのは、それをすることでパッと気持ちが好転します。

ただ、気分転換は、しばらくすると気分がまた落ち込んでしまうことが多いでしょう。

気分転換なんて・・と思うのは、それを一時しのぎだと考えるからです。

しかし、この一時しのぎはとても大切です。

一時しのぎであっても、一旦は気持ちが良くなったり、心の洗濯につながります。

嫌なことを忘れ、楽しい気分になる。

そういう時間を少しずつ体験することは、うつ予防、ストレス解消には重要なんですね。

日常生活でちょっとした気分転換をチョコチョコと入れていく。

これがうつ予防の「コツ」なんですね。

では、具体的にどんな気分転換があるでしょうか?

ほんとうにすぐにできることから挙げてみます。

●深呼吸

ストレス状態、不安な状態、イライラしているとき、
おそらくあなたの呼吸は浅く、そして速くなっているはずです。

ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。

コツは吸うより吐く方を長くすることと、吐くときに身体の力を抜くこと。

気持ちがスッと落ち着いてくるはずです。

●身体を動かす

腕を振る、肩を回す、関節を回したり伸ばしてみる。

ちょっとした時間でできることですよね。

血流が良くなり、緊張が解けやすくなります。

身体のコリ予防にもいいと思います。

ラジオ体操は、心身の健康にものすごく良いです。

●散歩する

とにかく歩くというのは、心身の健康にとても良いですね。

私などは仕事で煮詰まった時など、散歩することにしています。

すると、気分が落ち着いて、ものがしっかりと考えられるようになります。

ジョギングなど、軽く汗をかくのも良いでしょう。

●土にふれる

アナタは日常生活の中で、土にふれる時間がどのくらいありますか?

人間は土を離れては生きられないという専門家もいます。

土や植物、自然には癒しの効果があります。

土屋自然にふれる時間を、少しでも多く入れていくと、
精神のバランスが取りやすくなります。

●お風呂にゆっくり入る

湯船に最低10分間は入ってみましょう。

それも毎日です。夏もです。

入浴で汗をかくことで、身体の毒素が出ていきます。

ですからゆっくりとした入浴は、ストレス解消、疲労回復にはとても有効です。

湯船のお湯の温度は40度前後が適切だといわれています。

いかがでしょう?

どれも日常生活の中ですぐにできることではないでしょうか?

どうか「散歩したから何になる?」などと思わないでくださいね。

実はスポーツ選手や経営者など、第一線で忙しくしている人たちも、
こうした時間を敢えて生活の中に入れています。

忙しい人ほど、気分転換の時間をチョコチョコと入れていますね。

なぜ彼らは、忙しいにもかかわらず、こうした時間を持つのでしょう?

それは、バリバリ働き、活躍していても、
時間に忙殺され、疲労やストレスが溜まります。

無理にでも気分転換をしていかないと、心身がもたなくなってくるからです。

健康を維持し、心のバランスを保つには、
気分転換を細かくと入れることが大切。

そのことを彼らは身をもって経験から知っているのですね。

ですから「深呼吸したって何も変わらない」などと思わないでください。

小さなことを整えていけば、いずれ大きな変化につながっていきます。

気分転換をマメに続けていく習慣は、
あなたを見えないところでしっかりと支えてくれることでしょう。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

職場の人間関係とうつ

こんにちは、鈴木です。

【労働環境と人間関係】

年間でうつ診断数が100万人を超えた。

そのことは、前回も指摘したとおりです。

この数字は今後、増えることはあっても、減ることはなさそうです。

その根拠は、昨今深刻になっている労働力不足です。

これは業種によって「この賃金(時給)では合わない」といって敬遠されているケースもあります。

しかし、話はそれだけに終わりません。

確かに運送業や飲食業を筆頭に、看護師や介護職、保育士など、労働力不足が顕著です。

ですが業種に限らず、日本では全体的に「労働人口の減少」という問題を抱えています。

この「労働人口の減少」による労働力不足が今後加速します。

労働力不足によって、各職場では、様々な問題が発生するでしょう。

すでに現在、業種や会社によっては、そうした問題が深刻化しています。

その深刻な問題をメンタルな分野で見ていくと、次の3つが大きな問題になってきます。

1)長時間労働による疲弊からくるストレスの増大

人が減ったからといって、仕事の量は減りません。

ですから一人当たりの仕事量がどうしても増えてきます。

その結果、従業員の補充、業務効率や作業・分業やマネジメントの見直し等をしない限り、長時間労働を強いられます。

その典型的な例が外食チェーンの「すき家」で発生した深夜営業の中止でしょう。

メンタル面でいえば、筆舌に尽くしがたいほどの「疲弊」を経験します。

これは精神的な健康にはとても良くない状態に追い込まれるリスクをはらんでいます。

2)パワハラの増加によるストレスの増大

業務量の急増により、職場の雰囲気は悪くなります。

完遂しない業務が発生すれば、上司も神経質になり、パワハラが生まれやすくなります。

パワハラによる自殺訴訟の中で公開される内容。

それによると、長時間労働の強要によって精神的に追い込まれたケースも多いですね。

3)職場の人間関係の悪化によるストレスの増大

一人一人が一杯一杯で余裕が失われるため、人間関係も当然ギスギス、ピリピリしてきます。

作業を完遂できない事態が頻発し、それによって居たたまれない人が出てきます。

その人たちは、いわゆる「針の筵(はりのむしろ)」のような心境になり、ストレスが増大します。

このように職場の人間関係は、コミュニケーションスキルの改善だけでは解消できないケースがあります。

逆にいえば、労働環境や業務改善が行われれば、自動的に人間関係の問題もある程度解消される。

そういうケースも多々存在するといえます。

しかし、こうした改善は個人の力では限界があります。

やはり企業努力、経営陣の改善努力が必要になるところに、この問題の難しさがあります。

私の所で相談を受ける場合、様々な検討を行った結果、転職によって解決できたケースもあります。

もちろん転職もいろいろなハードルがあるので、その一つ一つを話し合っていきます。

しかし、経済的な事情から無理をして精神が破たんしてしまうのは、とてもやりきれないことだと思います。

こうした問題で一番深刻なのは自尊心が打ち砕かれることと、人間不信に陥ることです。

この深い心の傷、精神的なダメージをどこまで回復していけるのか。

これも大きな社会問題として考えていかなければなりません。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

心のゆとり、ありますか?

こんにちは、鈴木です。

電車に乗っていると感じます。

以前にも増して、
イライラしている人が増えたのではないかと・・・

人にぶつかっても、何も言わない人、
ちょっとぶつかったら、すごく不機嫌になる人・・・

そのつもりでウォッチングしてみると、
やっぱり以前より増えたなあ・・と実感します。

カウンセリングでいろんな相談を受けますが、
相変わらず「職場の人間関係」のご相談が多い。

それで話を聞いてみると、こちらでもいるんですね。

同じ職場にいつもイライラ、不機嫌な人が・・・

そういう人に悩まされているという相談が多いんです。

不機嫌な人というのは、自分が不機嫌だって自覚が薄い。

自分の不機嫌さが周りの人を嫌な気分にさせている。

そういう自覚は更に薄かったりします。

つまり、迷惑行為を直接しなくても、
不機嫌だというだけで、かなり迷惑をかけているんですね。

現に、不機嫌な態度をされて困っているという相談も多い。

それだけ心のゆとりを失った人が増えてきているのかもしれません。

私たちはいつから、そんなに心のゆとりを失ってしまったのでしょう?

一人でも多くの人が心のゆとりを取り戻すには?

これは、今の社会、これからの世の中を考える上で、
ものすごく重要な、大事なテーマになってくると思います。

みんな自分のことで精一杯?

周りの人を思いやる余裕がない?

その人にはその人の事情や理由があるかもしれません。

でも、イライラ、不機嫌という人がもっと増えたら・・・・

やっぱりこれは考えないとならないと思うんです。

心のゆとりとは、周りが与えてくれるものというより、
自分が創造していくものだと感じます。

それは、カウンセリングで多くの人たちと話し合っていく中で、
やはり自らが心がけ、取り組んでいくテーマだと感じたからです。

こう書いている私自身がまず、心のゆとりを今以上に持つ。

これが第一歩かもしれません。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。