自己イメージも未来も変える

こんにちは、鈴木です。

前々回「家族の幸せ」についてお伝えしました。

その反響がとても大きかったので、
下記にアップして読めるようにしました。

●家族の幸せとは?

家族の幸せとは?

また、これまでのメルマガのバックナンバーも読めるようにしました。

中には「全部読みました!」なんて方もいましたが、
まとめて読むもよし、興味のあるタイトルだけ読むもよし。

下記より読めるようにいたしました。

●メルマガのバックナンバー

ブログ

スマホの方は、ページの下の方にある「テーマ別メッセージ」から、
気になる内容をチョイスして読めます。

PCの方は、サイトの左サイドバーの「テーマ別メッセージ」から
興味のあるテーマの記事を読むことができます。

さて、今日の本題です。

「自信がなくて、職場でも上手くいかないんです」

Nさん(20代女性)は、うつむき加減でそう言いました。

自分に自信がもてないというNさん。

それで、職場でも自分のやることに自信がもてないというのです。

Nさんは若いので、職場の人の大半は年上で、先輩。

そんな中で、思うようにコミュニケーションが取れません。

そのため、仕事でわからないことがあっても、
尋ねる機会を逃すことも多いそうです。

疑問が解決しないまま、仕事は進んでいきます。

更にわからないことが出てきて、それでも尋ねられない。

そのうち「ちゃんと質問しなさい」と怒られる。

こうした悪循環にも悩んでいました。

また、職場の男性上司からセクハラを受けてもいました。

意地悪な女性上司には、何かときつく当たられました。

Nさんは仕事の悩みとセクハラ、パワハラという、
二重、三重の問題に苦しみました。

そして、根底には自分に対する自信のなさもあったのです。

さて、Nさんはこの悪循環を断ち切ることが出来たでしょうか?

結論からいうと、断ち切ることに成功しました。

では、どうやって?

自分に自信がもてない。

そういう人の共通点は、自己イメージが低いことです。

自己否定感が強いともいえます。

何らかの原因で、自分に対する評価が低かったり、
自分に対する捉え方が否定的なんです。

それは、いじめや家族の問題といった過去のトラウマ、トラブルかもしれません。

生まれつき、内向的な結果・・・という人もいます。

そうした人たちが、自分に自信を取り戻す。

自己イメージ・自己評価を高め、
自分に対する捉え方を肯定的にする。

そのために、必要なことは何だと思いますか?

答えは「行動」なんですね。

自分を変えるための「行動」を起こす。

行動することによって、私たちは自己イメージを変えることができます。

なぜなら、行動する度に、新たな「経験値」が得られるからです。

行動せずに、ただ頭だけで考える。

「自信が欲しい」と念じている。

それでは、実際はなかなか自信は手に入らないものです。

なぜなら、「経験値」というステップ材料がないからです。

頭だけで考えたり心の中でイメージする。

それより何よりも行動すること。

行動を起こすことが、自信を獲得する一番最短ルートになります。

行動すれば、何かを経験します。

自分の頭の中にも、心の中にも、新しい風が吹きます。

それが刺激になり、今までとは違う捉え方につながります。

しかし、行動のブレーキになる問題があります。

もし、失敗したら・・・・・

そう、失敗が怖いという気持ちです。

正直、私も失敗は怖いと思うときがあります。

私の心臓には、少なくとも毛は生えていないですからね。

しかし、失敗を怖がりながら、冷や汗をかきながら、
オドオド、ビクビクしながらも、行動してみるしかありません。

小さな行動でかまわないんです。

誰かに電話する。

自己分析の日記を書き始める。

職場であいさつをしっかりする。

些細なことからでいいのです。

カウンセリングに通うというのもそうですね。

信頼できる勉強会やセミナーに行く。

趣味の集まりに参加してみる。

これも行動を起こしたことになります。

こうした行動を起こすことで、私たちは、
自分に一つ、また一つと決心をさせることができます。

自分は変わるのだ。

変わるために新しいことに挑戦するんだ。

そういう決意の灯を、たとえ小さくても、一つ、また一つと灯していけます。

行動すれば、今まで知らなかったことを知ることもあります。

気がつかなかったことに気がつく。

見えていなかったことに目が向く。

そうした手応えが必ず出てきます。

その第一歩は、行動なんですね。

先にご紹介したNさんも、そうでした。

まず、カウンセリングに通ってみる。

職場の人たちを怖がるばかりではなく、落ち着いて観察する。

なぜ、失敗したかを冷静に振り返る。

怖いけど、でも、声をかけて訪ねてみる。

そういう小さな行動を一つ、また一つと起こしました。

すると、必ずそこには、今まで得られなかった「学び」があります。

Nさんは、上司のセクハラ等を受けて、転職を決意します。

しかし、ただ逃げるように辞めたくはないと言いました。

そこで、退職の意向の伝え方、転職の動き方など、
自分で納得し、悔いのないよう、一つ一つ考え、行動しました。

その行動が、Nさんに少しずつ自信を与えたのでしょう。

Nさんの顔つき、言動に、少しずつ「たくましさ」が出てきました。

その後、Nさんは転職しました。

新しい職場では先輩に恵まれ、とても良くしてもらえたそうです。

「一生懸命仕事を覚えようとする子」という評価をもらったのです。

カウンセリングに来たばかりのNさんは、少し違いました。

もちろん、誠実で責任感もある方でした。

しかし、自信のなさからくる消極的な行動で、ちょっと損をしていました。

そのNさんが、自ら行動を起こすことで、積極的になりました。

その結果、新しい職場で、評価を得られたわけです。

つまり、Nさんは転職するまでに、最善を尽くそうとしたわけです。

今いる場所で、自分にできることをひた向きにやる。

そうして転職をすると、転職先で上手くいくことが多いです。

しかし、問題を先送りにした形で転職すれば、
転職先で、同じ問題にぶつかったり、新たな問題にぶつかります。

今、自分にできることは何か?

そして、その行動を起こしてみる。

状況を変えるにしても、自分自身を変えるにしても、
先ずは行動することが第一歩です。

Nさんの場合、セクハラは自分に落ち度はありません。

相手(職場)の問題であり、とても理不尽な話です。

しかし、Nさんはその中で、自分にできることを、あきらめずに探しました。

そして、一つ一つ行動を起こし、状況を変え、自分を変えていきました。

その原点は「今、できる事を行動に移すこと」だったんですね。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

セルフイメージを高める

こんにちは、鈴木です。

「セルフイメージを高める」

あなたは、自分のことをどう思いますか?

自分をどんな人間だと思っていますか?

心理学ではこれを自己像(セルフイメージ)、カウンセリングでは「自己概念」と呼びます。

このセルフイメージ、実は、あなたの人生に大きな影響を及ぼしています。

そもそも考えてみてください。

あなたの人生はこれまで、どのように築かれてきましたか?

それはあなたの「選択」によって築かれてきたはずです。

仕事にしても、日常生活にしても、あなたはいつも選択を迫られてきました。

朝起きて先ず何をしようか。午前中は何をしようか。

お昼ご飯は何を食べようか?今日の仕事はどこまでやろうか。明日は・・・・

こう考えると毎日の生活はこの選択によって成り立っていると思いませんか?

つまり、あなたの人生はこの選択の積み重ねだといえます。

そして重要なのはここからです。

あなたの選択は、あなたがどんなセルフイメージを抱いているかで決まります。

ほんとうに重要なので、もう一度お伝えします。

「あなたのセルフイメージがあなたの選択に大きな影響を与える」

例えば「これは自分にもできる」と思えば、積極的な選択をするはずです。

逆に「これはできない」と思えば、それをしないという選択をするかもしれません。

つまりその時どきであなたは「これができる自分」
「これができない自分」というセルフイメージを抱いているはずです。

いかがですか?

物事が上手くいかないことが続くと、どうしてもセルフイメージが低くなりがちです。

物事が上手くできない自分を、つい、否定的に捉えてしまいがちです。

「情けない自分」「ダメな自分」「生きている価値のない自分」

そんなセルフイメージで物事を選択すると、どうしても失敗しやすくなるものです。

逆に、物事が上手くできるというセルフイメージであれば、積極的な選択ができます。

失敗しても「また別な方法でやろう」と気持ちを切り替えて行動できます。

「自分はこれができる」「自分の力で達成できる」

つまり自分に自信をもっている状態です。

実際、こういう状態は、セルフイメージを抱いているというよりは、
自分がやるべきこと、やりたいことに集中しているという感じです。

自分の行動に迷いなく集中できているわけです。

つまり、セルフイメージが肯定的であれば、物事が上手くいくことになります。

人間関係も良好になっていくでしょうし、仕事も順調、家庭も円満になります。

人生がいい方向に変わる可能性が、それだけ上がることになります。

ですが、ここでちょっと考えて頂きたいことがあります。

多くの人たちがこう聞くと、セルフイメージをすぐに変えようとするのです。

「自分はできる」と何度も念じたり、大声を出して「できる」と唱えたり・・・・

これで上手くいく人は実際、とても少ないのです。

なぜだと思いますか?

答え、大雑把だからです。

何が大雑把かというと、セルフイメージの分析が大雑把なんです。

自分は否定的なセルフイメージなんだ。

確かにそうかもしれません。

でもそれだけでは分析できたとはいえません。

否定的なんだ・・じゃあ肯定的に変えよう。

ちょっと無理があると思いませんか?

多くの人が「無理あるな・・・」と思いつつ「できる」と念じます。

結果として疲れ果ててしまい「やっぱりダメな自分だ」に戻ってしまいます。

一度上げようとしたセルフイメージがまた下がってしまう。

下手をすると、元よりもっと下がってしまうかもしれません。

これは正直、とても辛いです。

そこで、今回の結論です。

重要なのは、どう否定的なのかを知ることです。

自分がどのような否定的セルフイメージを抱いているのか?

それは単純に一つではないんです。

「会議で上司に報告をする時、口ごもる自分」

「大勢の人前で必ず話すのを失敗する自分」

このように場面別だったり、相手によって違ったりします。

いろいろな形で自分を否定的に捉えているのが普通です。

そして理由もなく否定的に捉えてきたはずもないでしょう。

どうしてそういう否定的なイメージを抱くようになったのか?

その理由もしっかりと分析する。

そうすれば、どうやって肯定的なセルフイメージを抱けるかがわかります。

そこに気づいてからのほうが、早く肯定的なセルフイメージに変えられます。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

言葉は人を創る

●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断

こんにちは、鈴木です。

「言葉は人を創る」

言葉というのは、これがまた、なかなか奥の深いものです。

その人の言葉の使い方に、実は、その人の「人と成り」が現れているなと感じることがあります。

乱暴な言葉をよく使う人は、その思考や性格も乱暴な感じになります。

慎重な言葉を使う人は、考えや行動もやはり慎重なものとなります。

批判的な言葉を多用する人は、批判的な人だといえます。

穏やかな言葉を使う人は人柄も穏やかですし、綺麗な言葉を使う人は、やはりその人間性も洗練されているように感じます。

その人の人間性は、その言葉によってよく表れているといってもいいと思うのです。

そして逆もまた真なりといえるかもしれません。

それは、使う言葉によって、その人の人間性が形成されていくということです。

ですから、自分はひねくれているけれども、素直な人間になりたいと思うなら、素直な言葉を多用するといいかもしれません。

優しい人になりたいのなら、いつも優しい言葉を使うようにする。

思慮深い人になりたいのなら、思慮深い言葉の使い方をする。

そう考えると、言葉が人格を創っていくという、そういう側面もあるといえるのではないでしょうか。

言葉は人を創る。

ならば、私たちが日常で、半ば無意識に使っている言葉・表現は、もしかしたら一考を要するかもしれません。

日常で口にする言葉、その一つ一つをしっかりと吟味して使う。

それが自分の人格に影響を与え、自分が関わる人間関係にも影響を及ぼすはずです。

ということは、言葉は人を創り、人間関係を変え、人生に影響を与える。

そういっても、決して過言ではないのではと思います。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。