スランプこそチャンス

こんにちは、鈴木です。

「スランプは歓迎すべき?」

スポーツ選手に限らなくても、スランプは経験するでしょう。

仕事で思うように結果を出せない。

期待されているのに、それに応えられない。

物事の流れが悪い方、悪い方に流れていく。

そんな経験があなたにもあると思います。

スランプ、つまり物事が思うようにいかなくなること。

それまで当たり前のように出来ていたことが、出来なくなることです。

例えば、ゴルフでパットをする時、パターを右に動かせなくなる。

これをイップスといい、プロですら陥る重度のスランプの状態です。

相当名のあるプロゴルファーですら経験している、スランプの代表的なものですね。

なぜこんなことが起きるのかについては、いろいろ研究されているようです。

その研究内容については、専門機関にゆずります。

今日は、スランプの脱出法と、スランプは歓迎すべきもの・・という話です。

脱出法はともかく「スランプは歓迎すべきもの」という表現に、
ここまで読んだあなたは「?」と思ったかもしれません。

それはそうでしょう。

普通に考えれば、スランプになりたい人間などいないし、
結果が思うように出ないということは辛いし、とても困ることです。

そんな状態を「歓迎すべきもの」というわけですからね。

でも、ご安心ください。

ちゃんと説明をします。

わかりやすいので、スポーツ選手を例に説明します。

超一流のスポーツ選手であっても、スランプを経験しています。

スランプなど一度も経験したことがない・・という一流選手の話を、
私はこれまで聞いたことがありません。

超一流選手でも、スランプは何らかの形で、ある期間経験しています。

その期間や回数は個人差がありますが、ゼロということはないわけです。

超一流選手でも皆、スランプを経験している。

この事実をしっかりと頭に入れて、ここから先を読んでください。

そう、全ての一流選手はスランプを経験しているのです。

言い方を変えれば、こう言えるのではないでしょうか?

「スランプを乗り越えたから超一流選手になれた」

自分のやりたいことができない。

かつて出来たことが今は出来なくなっている。

努力しているのに、思うような成果や結果が出せない。

考えただけでもしんどい話ですし、実際しんどいですね。

こういう時ほど、落ち込んだり、自暴自棄になりやすいでしょう。

どうしても否定的な方向に考えたり行動したくなる。

そういう自分に自己嫌悪を覚えて余計に辛くなる。

負のスパイラルのパターンをあげたらきりが無いくらいです。

ただ、こういう状況や心理状態のままでは、もちろんスランプから抜け出せません。

そこで、気持ちを立て直し、なぜスランプになったのかを考えましょう。

スランプになるには、なるだけの理由が必ずあります。

その理由を探るには、精神的にしっかりとする必要があります。

スランプになるということは、何かに気づいたり、
何かを学んだりする必要があることを意味しています。

やり方を変える必要性だったり、捉え方を変える必要性だったり、
心構えを新たにする必要性だったりします。

そうしてあきらめずに改善すべく試行錯誤を続けていると、
やがてスランプから抜け出すことができます。

そうしてスランプに直面し、格闘し、乗り越える。

この経験はあることをあなたにプレゼントしてくれるんです。

何をプレゼントしてくれるのかというと、
一言でいえば「鍛えられる」ということです。

精神的にたくましくなり、技量も磨かれ、その結果、
人間的に成長するという経験をすることになります。

そう考えるとスランプというものは、人間的に一段も二段も
成長するためにやってくるものだといえるかもしれません。

つまり人生という学校から出される「宿題」のようなものですね。

学力は宿題をこなすことによって向上します。

人生においても「スランプ」という宿題を出され、これを解くことによって、
人間力が向上していくという風に考えてみてはどうでしょう?

つまり、スランプに陥ったときこそ、こんな風に考えればいいのです。

「このスランプから私は何を学べばいいのだろう?」

あのイチローも、本田圭佑も、浅田真央も、スランプを乗り越えて、
アスリートとしても、人間的にも、一回りも二回りも大きくなりました。

そしてそれは、一流アスリートだけの話ではないはずです。

あなたが今、ぶつかっているかもしれない人生のスランプ。

それは「人間として成長するために学ぶべきもの」を
教えようとしている”人生”という学校から出された「宿題」です。

宿題はやらないと、いつまでも宿題のままですね。

人生の宿題は真正面から取り組むしかないわけです。

その宿題を避けていると、いつまでも追っかけてきます。

解き方がわからないといって頭を抱えていても、宿題はなくなりません。

そう、宿題はやはり「解く」しかないわけです。

そして「解けた」その先には、必ず人間的な成長が待っています。

仕事でより成果を出せるようになり、人間関係も良好になり、
自分に自信ももてるようになり、生きる喜びを感じられるようになります。

スランプという人生の宿題に、ぜひ真正面から取り組み、
その先にある充実した人生をゲットしてください。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

スランプから脱出する方法

こんにちは、鈴木です。

「スランプ脱出のカギは“白紙”にすること」

調子の悪いときってどうしてますか?

いわゆるスランプのときの対処法といいますか・・・・

こういうのは、スポーツ選手や経営者の話を聞くと、
けっこう参考になることが多いです。

私の場合、スランプになった場合には、次の4つ

1)リフレッシュする(休む・寝る・遊ぶ)

2)読書をする

3)元気な人に会う

4)淡々と仕事し、淡々と過ごす

といった感じで切り抜けてきました。

あと、ここ1~2年は「感謝を思い出す」ことかな。

それから直面している問題が
「自分にとってどういう意味があるのか」
「ここから学べることは何か」を考えるようになりました。

人間思うようにいかないことが多いと思うんですけど、
だったら思い通りにしないというか、
「こうしたい」という思いをいったん白紙にする。

できるだけ努力はするんですけど、
結果は神様にお任せしたほうがいいかな。

少なくとこれで精神的に
自分を追い込むことは少なくなります。

そして、そのほうが何となく道が拓けてくる気がします。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。