伊那食品工業で感じた「幸せな働き方」とは?




こんにちは、鈴木です。

もう先月になりますが、私は長野県のある企業の
視察ツアーに行ってきました。

伊那食品工業という会社で、
「かんてんぱぱ」のブランドを有しています。

ここは「日本で一番大切にしたい会社」の代表格で、
社員が笑顔で幸せな会社としても有名です。

なぜ、わざわざ東京から長野の会社に視察に行ったのか?

それは、「社員が幸せな会社」とはどんな会社か、
この目で直接確かめたかったからです。

私は日々、カウンセリング活動を通して、
「仕事」や「職場の人間関係」の問題に取り組んでいます。

本当にたくさんの方が、こうしたご相談に来られます。

その中で語られる企業の現状を聞くにつけ、
いつも胸が痛む思いがしていたんです。

業績が良かったり、収益を上げていても
社員が疲弊していたり、離職者が絶えない。

企業規模の大小にかかわらず、
私はそんな現状とも日々向き合っています。

だからこそ「会社の目的は社員の幸せ」と言い切れる
伊那食品工業という会社に足を運びたかったのです。

社員を大事にすれば、その社員がお客様を大事にできる。

結果として会社の経営も上手くいく。

一見、絵に描いた餅に聞こえる話ですが、
この会社は48年増収増益という記録も打ち立てています。

つまり、社員の幸せ、顧客の幸せ、仕入れ先の幸せに
本気で取り組めば、経営も上手くいく。

この考え方を実現してきた会社なんです。

立役者である塚越会長の書「年輪経営」を読み、
私は心底嬉しくなりました。

こんな会社が日本にあったんだと・・・・

その後、このような中小企業が
日本中にあることを知ることにもなります。

ツアーでは、伊那食品工業の井上社長の講義を聞き、
会食をご一緒することもできました。

社長の言葉、社員とのコミュニケーションを直接拝見し、
この会社の言行一致の精神にふれる思いがしました。

社長と社員の関係性が、きちんとした規律の上に
家族のような温かさを感じさせるものだったんです。

二日間のツアーでしたが、この会社に感じたことは
「一つたりとも疎かにしないスピリッツ」でした。

実際、このような会社でも、悩む社員の方はいるそうです。

力になってあげられなかった社員のエピソードも、
社長が包み隠さず、お話くださいました。

こうした社長や社員の皆さんの姿から感じたことは、
結果も大事だが「どんな気持ちで取り組んでいるか」は
もっともっと大事なんだといういうことでした。

翻って、私たちにもそれは当てはまると思います。

この社会は「結果主義」に侵されている。

時々、そんな風に思うことがあります。

多くの人たちが結果に追われ、結果に振り回され、
結果に怯え、傷つき、追い込まれていきます。

結果が全てで、結果が出せない人間はダメな人間。

そう本気で思っている人たちも少なくありません。

でも、先の伊那食品工業ですら、エピソードを聞き、
100点満点の結果なんか出せないんだと思いました。

そして大事なのは「どんな気持ちでやっているか」
ではないでしょうか?

日々、どんな気持ちで働いているのか?

どんな気持ちで人に接しているのか?

どんな気持ちで、日々、過ごしているのか?

先日ある方が、毎朝感謝の言葉を口にすることを
習慣にしていると教えてくれました。

感謝の言葉を口にして過ごすと、
食事一つも違った味わいになるそうです。

感謝を唱えていくうちに自然と
「社会や人の幸せ」を願うようにもなったそうです。

これこそまさに「どんな気持ちで生きているのか」
ということに他ならないと思いました。

感謝、願いを胸に生きていけば、
やっぱり「こころ穏やかに過ごせる」ようになるでしょうね。

私もこのお話を聞いたとき、
わが身を反省させられました。

こうした生き方のほうが、自分自身も
人間として成長ができるのではないでしょうか?

あなたはこれまで、どんな気持ちで過ごしてきましたか?

どんな思いで生きていきたいですか?

そして、どんな人間に、どんな生き方ができるように
人として成長したいと思いますか?

今回のツアーで「本気で生きている人たち」と交流し、
私自身も自分の生き方を見つめ直す機会となりました。

【関連記事】
仕事とストレス
職場の人間関係に疲れたら
心が強くなる生き方

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

5年後を決める生き方

こんにちは、鈴木です。

「5年後、10年後の人生を決めるもの」

AさんとBさんという2人の人がいます。

Aさんは、日々食事に気をつけて、運動も適度に続けています。

Bさんは、お腹周りが気になったときだけ食事や運動を慌ててします。

さて、10年後、AさんとBさんはどうなったでしょうか?

Aさんは、10年後、身体も絞られ、健康面もグンとレベルアップしました。

体力も筋力も、そして気力も向上し、10年前より逆に若返って見えるほどでした。

Bさんは、10年後、体重がグンと増え、健康面でもいろいろ問題が出ていました。

体力・筋力そして気力も衰え、同年齢の人間よりも年老いて見えるほどです。

さて、もしあなただったらAさんとBさん、どちらの人生を選びますか?

Aさんのような日々の備え、心がけによって充実した人生がいいでしょうか?

それともBさんのように、不安になった時だけ何かをはじめ、
その不安が和らぐとすぐ辞めるという、場当たり的な人生がいいでしょうか?

私はもちろん、Aさんのような生き方、日々の姿勢をおススメします。

Bさんのような場合、辛くなると慌てて努力をし、
ちょっと楽になると、その努力を辞めてしまいます。

「喉元(のどもと)過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があります。

熱いときだけ大騒ぎをして、過ぎてしまうと何事も無かったように忘れてしまう。

こういう生き方をしていると、同じトラブルや問題に何度もぶつかることになります。

つまり、成長がない、学びのない人生となってしまうのです。

一方、Aさんのような場合、辛さが軽減しても、努力を辞めません。

一時的に楽になっても、自分の根本の問題やテーマに目が向いているので、
目標を意識しながらその努力を続けるのです。

結果としてAさんのような人は人間的に大きく成長するので、
同じ問題でつまづくことはなくなります。

それどころか、様々な問題を自分の力で克服することもできます。

さらに重要なことがあります。

それは10年前にはできなかったようなことが、出来るようになるということ。

つまり、不断の努力や心がけによって、その人の実力が上がるということです。

よく見てみると、場当たり的な生き方をしている人は、世の中、意外に多くいるなと感じます。

そういう人は、同じような過ちを繰り返し、同じような問題に苦労します。

本人は「なんで自分ばっかりこんな目に・・」としか思えません。

でも、そうした問題を呼び込むような生き方をしてしまっているわけです。

一方、晴れになろうが雨が降ろうが、常に備えを怠らない。

好景気になろうが不景気になろうが、変わらず努力を続ける。

そういう生き方をしている人の元には、良い結果、幸運、好循環が訪れます。

好不調に関係なく、常に同じように努力をする。

そういう姿勢や生き方は、やはり良い結果をもたらします。

あなたはどんな生き方をしてきたでしょうか?

そして今から、Aさんの生き方とBさんの生き方、どちらを選びたいでしょうか?

人生、今の選択が3年後、5年後、そして10年後を決めます。

今どんな生き方を選ぶかによって、その後の人生が大きく変わります。

カウンセリングの中でも、よくこのような話になります。

5年後、そして10年後を見据えて「今、何を選ぶか?」を話し合っています。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。