作り笑いに疲れた?愛想笑いしかできない?実はどちらも大切です




こんにちは、鈴木です。

先日、仕事の打ち合わせの雑談の中で、
こんな話が出てきました。

話題は「作り笑い」に関してでした。

世の中に「作り笑い」で悩んでいる人がいる。

「作り笑い」が嫌だという人が、けっこういるというのです。

その話を聞いた後、私もいろいろ考えました。

作り笑いが嫌だ。

これは、立場や状況によっていろいろありそうです。

例えば、作り笑いで接してこられるのが嫌だ。

あるいは、自分が作り笑いをするのが嫌だ。

作り笑いになっている自分が嫌だ。

作り笑いに対して、いろいろな捉え方があると思います。

これが作り笑いではなく、自然な笑顔だったら、
話しは全然違ってくるのでしょう。

心からの笑顔、つまり、笑顔に「ウソ」がないということですね。

こういう笑顔であれば、好感も持てるし、
受け容れられるという話になるんでしょう。

確かにそうかもしれません。

しかし、作り笑いというのも、
捉え方によっては、ちょっと違ったものになります。

例えば、接客業の場合、最初は声の出し方や
笑顔の練習をしたりしますよね。

練習するわけですから、初めはね、
そう「作り笑い」です。

笑顔を「作る」わけですね、練習ですから。

ただ、初めは作り笑いであっても、
それを繰り返していくと、段々と板についてくる。

やがて、自然な笑顔になってくる。

そういうこともありますよね。

接客業で必要な笑顔って、誰に対しての笑顔でしょう?

そう、お客様に対しての笑顔ですね。

お客様に対して笑顔で接するようにしていく。

そのための研修でもあります。

接客される側で考えてみてください。

すごく無愛想で接客されるのと、笑顔で接客されるのと、
あなたはどちらが気持ちよいでしょう?

当然、笑顔ですよね。

無愛想に接客されると、
されたこちらは良い気持ちはしません。

・・というか、ちょっと不安にもなってきますよね。

だから、接客時の笑顔って、相手のための笑顔。

相手のことを想っての笑顔です。

その笑顔を自然にしていくには、
やっぱり最初は作っていくしかないですよね。

作り笑いしている自分って、正直、嫌かもしれません。

でもね、そこを通っていくからこそ、
笑顔が自分のものになっていくんです。

こう書いていて、私はあることを思い出しました。

6年前の3月11日、私は都内の高層ビルにいました。

仕事の打ち合わせで、40階にいたんです。

そうしたら、あの揺れが起こりました。

高層ビルの揺れって、想像を超えたものです。

そこにいた誰にとっても、
忘れることのできない恐怖の経験になりました。

そんな状況で、私はある人の作り笑いに接することになります。

そこはホテルのラウンジだったので、
その時、ホテルの従業員の方が対応をされました。

従業員の方も、本当に怖かったと思います。

若い従業員の女性には、涙をこらえて
対応されている方もいました。

そんな中、ベテランのというか、
責任者とみられる男性従業員。

彼は、笑顔でこう言って歩いていました。

「皆様、大丈夫ですか?何かできることはございますか?」

この声のかけ方は、緊急対応のマニュアルにあるのでしょう。

よく考えられたフレーズだと思いましたが、
私が注目したのは、その方の笑顔です。

私は50年近く生きていますが、
その人生の中で観たこともないほどに、
その方の笑顔は・・・・・

「引きつっていた」のです。

作り笑い・・・なんてものではないですよ。

明らかに動揺し、困惑し、無理に笑顔を作っていました。

見ていてこっちが痛々しくなるほどでした。

でもね、その作り笑いに、私は心の中で拍手を送ったんです。

状況を考えて、その方は自分の任務を全うしようと、
とにかく必死だったと思います。

そこにいる人たちのことを考え、
自分が果たすべきことに徹しようとされていた。

そんな葛藤も丸わかりの笑顔でしたが、
私は頭が下がる思いがしました。

そのフロアで大きな揺れの恐怖におびえ、
不安でいっぱいの私たちに対する笑顔。

少しでも心を落ち着けてもらおう。

そういう思い、責任感からの笑顔。

私は、引きつった作り笑いに対して、
これほどのリスペクトを感じた瞬間は、
後にも先にもこの時だけだと思います。

そう考えてみると、作り笑いもね、
捨てたもんじゃないんです(^^)

そして、何事もまずは「作ったところ」から始まります。

最初はぎこちない。

とっても不自然で、違和感もある。

でも、それでもその努力を続けていくからこそ、
その先に何かがあるんですよね。

仕事を覚えなきゃならないとします。

最初は何をやってもぎこちない。

失敗の連続です。

でも、仕事を覚えるためには、
そこを通っていかないと覚えられません。

それで恥をかくことをただ嫌がっていては、
やっぱり仕事って覚えられないですよね。

人間関係が苦手で、会話が苦手。

それを克服しようと思ったら、
最初はぎこちない会話になりますよ。

とっても気まずい雰囲気にもなる。

どうしたって、最初はそうなります。

だって、苦手なことなんですから。

でもね、それでも続けていくと、
やがてぎこちなくはなくなり、自然になっていく。

違和感もいつのまにかなくなり、
自分のものになっていきます。

そういう意味で人生、ときには
作り笑いに価値が出てくることもあるんじゃないかと。

だから、ぎこちなくても、不自然でも、
先をみてそれを経験することも、時には大事。

そう思って自分を変えるってこと、
改めて捉え直してみると、可能性を感じられないでしょうか?

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸にご相談したい方

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人間関係がめんどくさいという方へ


こんにちは、鈴木です。

先日、面白い本を読みました。

経営コンサルタントの藤村正宏さんという方の

「『つながり』で売る!7つの法則」

という本です。

印象に残ったのは、こういう内容でした。

今、SNS全盛の時代にあって、
商品やサービスはそうした「口コミ」「ネットコミ」によって、
その情報が拡散していく時代に入った。

やがて、消費そのものが、企業の広告や販促PRによってではなく、
そうしたつながりによって成り立っていくであろう。

有名だから買おうではなく、知っている人だから、
あの人だから買おうという時代になるというのです。

これはなかなか大胆な予測ではありますが、
私は、示唆に富んだ指摘だと思いました。

なぜなら、私自身も、「つながり」が、
これからの時代、とても重要になると思っているからです。

ハーバード大学などの調査によると、
自分は幸せだと答えた人の多くが、
人とのつながりを重視していることがわかりました。

「幸せだ」と回答した人の多くが、
人とのつながりを重視していたり、
より多くの人とつながっていたのです。

a9dbfe6d4c5d2dbe621e95b2425edfdc_s

人といかにつながっていくか?

どんなつながりをもっている人間なのか?

ビジネスだけの話ではありません。

これからの時代は、ますますそこが
幸せに生きる上でカギになると思います。

なにも、SNS全盛だからというわけではありません。

SNSは、あくまでもツールの一つです。

必ずしも、SNSに重きを置くからといって、
幸せになるということではありません。

ただ、SNSの中に、そうしたつながりによる消費や、
社会や文化の変化を見てとることはできます。

同時にこれからの社会は、
自立、自活の時代に移行するでしょう。

あれ?ちょっと待って?

たった今「つながりが大切」って言ったのに・・・・

・・・と思ったのではないでしょうか?

一見すると、自立や自活と「つながり」は、
相容れないと思うかもしれません。

しかし、この両者、相容れないどころか、
ますます強い結びつきになると考えられます。

つまり、自立していて、自活できる人間、
その一人一人がそれぞれつながっていく。

自立、自活した人間同士が、
ドンドンつながっていくということです。

そういうつながりのコミュニティーから、
様々なアイディアやリソース、そしてチャンスが生まれてくる。

自立し、自活できる人たちのコミュニティーで、
様々な生きがいや学びを経験できる。

そういう時代になっていくと思います。

私はこれまで、いろいろなテーマのセミナーや
勉強会を開催してきました。

そこに集う(参加する)方々は、
いろいろな悩みやテーマを解決しようと参加されます。

それこそ、「人とつながれない」と悩み、
それを何とか克服しようという人たちです。

しかし、そのうち参加者同士の間に、
自分の問題を克服しようとする
同士のような感覚が芽生えます。

セミナーや勉強会という場が、
徐々に一つのコミュニティーに育っていきます。

自分の問題は自分で解決しようという意識の参加者が、
同じ場に集まることで、新たなつながりが生まれる。

まさに、自立、自活しようという人たちのつながりです。

そのような勉強会に参加した人の中には、
加えて私のカウンセリングに申し込む方もいます。

勉強をしながら、個別に自分自身を見つめ直す。

マンツーマンで、さらにきめ細かく
向き合っていこうというわけです。

一方、逆に、カウンセリングを受けていく中で、
あるいはカウンセリングを卒業した後に、
勉強会に参加するという方もいます。

この場合、自立、自活の学習と同時並行に、
あるいは自立、自活を得た次のステップとして、
勉強会というコミュニティーに参加するわけです。

私はどちらの「その人」も見ているので、
一人の人間が変化・成長する段階に立ち会えます。

そんなプロセスを何度も目の当たりにすることで、
先に書いた「つながり社会」の到来を予見したのです。

これからは「つながり」の時代がやってきます。

自分がどんな人と、どれだけ、
どんな風につながっているのか?

そこが問われる時代になっていくでしょう。

この時代を幸せに、充実して生きていくには、
自分をしっかりと見つめ直し、
人とのつながりを作れる「土台」が必要です。

人とつながる土台作りとして、私の所でいうと、
カウンセリングや小人数の勉強会が寄与しています。

世間ではオフ会、交流会、同窓会、趣味サークルなど、
つながりの起点となる様々な集まりもあります。

また、このような特別な場に参加しなくても、
仕事上やご近所さん、親戚などにも、つながりは生まれます。

「自分は、人とつながることが苦手だ」

「人とつながるなんて、とても出来ない・・・」

そんな風に思っているかもしれません。

でも、大丈夫です。

そんな方々が、カウンセリングを経験し、学び、
人間関係を学び、人生を捉え直していっています。

そして、その学びの場が、
そのまま「つながりへの切符」になっています。

カウンセリングでは

「人とつながることができません」という相談で
カウンセリングルームを訪れる人がたくさんいます。

これも、つながり社会に向けて、
多くの人が本能的に「何とかしなきゃ」
と思っている現れなのかもしれません。

そして、ここである秘密を明かします。

実は、カウンセリングというのは、
カウンセラーとの「つながり」を体感する場なんです。

カウンセラーとの人間関係を、
深く経験し、自立や自活、そして
つながりを築く土台づくりをする場です。

カウンセラーとのコミュニケーションを、
いわば「練習台」にして頂いていいわけです。

カウンセラーとは、その練習台としての専門家であり、
「練習台のプロ」といってもいいでしょう。

つながりの時代が到来する。

今からあなたにできる事は、
どんなことがあるでしょう?

重要なので、もう一度繰り返します。

これからは確実に「つながり」の時代に移行します。

今からその準備と練習、
そしてステップアップを目指しましょう。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

●コラボセミナー「いつまでも幸せな結婚の秘密」12月10日(土)

●人生を変えるグループコンサルティング12月17日(土)

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

人間関係に疲れているあなたへ


こんにちは、鈴木です。

「人間関係は学ぶためにある」

私のカウンセリングで非常に多いご相談内容。

それが「職場の人間関係」です。

仕事を通しての人間関係。

これが、数ある人間関係の中でも、
最も難易度の高い人間関係です。

仲良しではないが、一体感が必要です。

お互い背負っている責任と役割は、
その質も大きさも、みな違います。

それぞれのパーソナリティーだって違います。

そういう「違い」を以て、一つの仕事を一緒にする。

そこに難しさがあるといっていいでしょう。

拙著「感情は5秒で整えられる」のP30に
下記のような項目を入れました。

「小さなこと」こそ人間関係で「大切なこと」

これ、私自身も骨身にしみているテーマです。

私のカウンセリングの師匠は、吉田哲先生です(故人)。

厳格で、常にブレず、臨床一筋のカウンセラーでした。

たった一言の重さ、危うさを学んだのは、
この吉田先生からでした。

先生ご自身、自らが発する言葉に、本当にスキがない。

どの一言をとっても意味と深みがありました。

ちょっと完璧すぎて、
近寄りがたい雰囲気もありましたけどね。

私は師の人柄というより(笑)、
その臨床家としての姿勢や力にほれ込みました。

たった一言が、相手にどんなに大きな影響を与えるのか。

そのことを骨身に沁みる形で学べたのは、
この吉田先生のおかげなのです。

カウンセリングという仕事を通して学んだことも同じです。

人間関係というのは、小さなことにこそ、
大きな意味があるということです。

人間関係、一事(いちじ)が万事(ばんじ)。

私も含め、人の言動、態度は、一事が万事とみられるし、
実際にそれが本質だと思います。

そのことを知り、私も人間関係に
幅が持てるようになった気がします。

ビジネスも人間関係です。

ビジネスで活躍されている方の多くに、
言葉をいかに大切にしているかという姿勢を感じます。

そして言葉もそうですが、人間関係にも、
一種の法則のようなものがあります。

その法則を知り、実践すると、
確かに人間関係が変わります。

そんな話も、事例を交えて書かせて頂いています。

940c77d3cc962a2846f65be0ae4049bd_s - コピー1111

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

人間関係が上手くいく人、いかない人

こんにちは、鈴木です。

「人間関係が上手くいく人、いかない人」

人間関係がうまくいく秘訣とは何か?

そのヒントは、実は恋愛関係や結婚生活が上手くいく秘訣にあるのです。

恋愛関係や結婚生活が上手くいく人といかない人、その違いとはいったい何でしょうか?

上手くいかない人は、自分の中にある足りない何かを埋めたいという
そういう欲求のために異性を求める傾向があります。

たとえば寂しさ、不安などの心の飢餓感や何らかの劣等感を埋めるためなどです。

だから自分を大事にしてほしい、自分のことをわかってほしいという
そういうところにこだわる傾向が強くあります。

結果として恋愛や結婚生活は破たんしやすくなります。

一方、上手くいく人は、自分が人間的に成長するために
人生のパートナーとの歩み方を考えます。

自分の人格を向上させることであり、人間的な成熟、発展を求めるため、
相手を大切にし、配慮を欠かさず、パートナーへの敬意の念をもっています。

そうした関係では、お互いがお互いから学びあう関係が成り立ちます。

一緒にいることで、一緒に生活を共にすることで、
互いが人間的に一段も二段もレベルアップしていくことになります。

時にはケンカもしますし、互いに意見が合わなくなることもあります。

しかし、基本的な信頼感は失われないため、長きに渡って人生を共に歩めるのです。

こうした関係を築ける人であれば、
当然それは社会的な対人関係でも同じ傾向が現れます。

相手が友人でも、ビジネスのパートナーでも、相手に対する敬意の念、
相手の人格や言動を尊重しようとする姿勢が垣間見えます。

劣等感を埋めるためだったり、心の飢餓感を満たすためという動機では
やはり物事は本当の意味では成就しなくなるでしょう。

自分が人間的に成長することを中心に、社会貢献を意識して人と関わり、
物事を行う人は、やはり周囲の人たちから信頼されることでしょう。

そしてまた、自分も人間的に成長したいという人たちを引き寄せ、
人間関係にも自然と恵まれていくようになるわけです。

人間関係が上手くいく人、いかない人の違い。

それは、相手を求めるときの「動機の違い」にあったわけです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。