これが自分を変える習慣


こんにちは、鈴木です。

「今の自分を変えたいです」

カウンセリングに訪れたり、セミナーに来てくださる方。

その思いはまさにこの「今の自分を変えたい」です。

皆さん、お金を払ってわざわざ足を運ばれるわけです。

その思いは、強いものがあります。

ですから私も、自分を変える「きっかけ」を
全力で提供しようと努めます。

そう、残念ながら、私が与えられるのは「きっかけ」だけ。

自分を変えられるのは、やっぱり「自分」なんですね。

ですから、今日は
その「きっかけ」になることを書いていきます。

自分を変えるために必要なことは、何か?

変えるために必要なのは、次の2つです。

1)大きなインパクト

2)繰り返し(継続)

この2つが必要になります。

説明しますね。

人が変わるという現象を引き起こすのは、
先ず、大きなインパクトが必要です。

衝撃的な出来事、こころを揺さぶるような経験ですね。

トラウマやこころの傷につながる経験もそうです。

身の危険を感じるほどの恐怖体験、
自尊心を脅かすような経験。

そうした「インパクト」が心に深く刻み込まれてしまい、
それがトラウマとなっていきます。

学校や職場で受けた心ない一言。

たった一言でも、私たちは
心の底から傷つくことがあります。

それは、あまりにも心ない一言、
その心なさの大きさもあります。

また、他の人にしてみたら大したことではなくても、
自分にとってはキツかった・・という場合もあります。

もう一つは「繰り返し(継続)」です。

何度も傷つくような体験をしたり、
長期間傷つくような環境に置かれる。

そうすると、私たちはやはり、
こころに深い傷を負うことになっていきます。

家庭で否定的な態度を取られ続けた。

長期間、学校で辛い状況に置かれた。

それで私たちはやっぱり深く傷ついていきます。

こうしたトラウマをどう克服できるのか?

こころの傷から、いかに立ち直れるのか?

ここに、「自分を変える」ためのカギがあります。

では、そのカギとは何か?

大切なのは、つぎの2つです。

1)大きなインパクト

2)繰り返し(継続)

そう、同じなんです。

マイナスの出来事や経験を、
大きなインパクトと、
繰り返し(長期間)によって、
記憶に刻まれてしまった。

それならば、プラスの出来事や経験を、
大きなインパクトと
繰り返し(長期間)によって、
こころに刻み直していくことです。

もう一度書きます。

プラスの出来事や経験を、
大きなインパクトと繰り返し(長期間)によって、
こころに刻み直していく。

では、プラスの大きなインパクトとは何か?

それは「感動(体験)」です。

感動すること、感動によってこころが大きく動くこと。

そういう経験をすることです。

日々、感動できることを、生活の中に織り込んでいきます。

感動できること、例えばどんなことがあるでしょう?

人によって感動ポイントも違います。

例えば

・良い物語にふれる
・自然のすばらしさにふれる
・人と暖かい経験をわかちあう
・一生懸命生きている人に出会う
・自分を心から想う人の言葉にふれる

いろいろあります。

自分の心がゆり動かされるような経験。

それが、こころの傷を癒し、克服する力を与えてくれます。

もう一つ、「繰り返し(継続)」ですね。

自分を変えることにつながると思うこと。

それを、どんな小さなことでも、繰り返し行います。

・身近な人に優しくする。

・自分が口にする言葉を「愛のある言葉」にする。

・目の前のことに、神経を集中させる。

・これまで以上に、今の自分の状況に深い感謝の念をもつ。

・気がついたら深呼吸をする。

ここで、こんな風に思ってしまう人が
いるかもしれません。

「そんなことしたからって、どうなるの?」

「そんなことで、本当に自分を変えられるの?」

早く結果が欲しくなると、
どうしてもそう思ってしまいます。

しかし、結果って、すぐに出ないものです。

ここを理解できるかが、実はとても重要なんです。

「結果は早く出ないもの」

だから繰り返し繰り返し、同じことをやります。

ちょっとしたことを、ずっと続けていきます。

なぜなら、そうしないと「結果」って
出ないようになっているんです。

いっそ、結果は横において、
「何事も経験」って捉えた方が、続けられます。

これは私もよく、意識する捉え方です。

繰り返し(継続)で、そこまで深い傷が刻み込まれた。

先ほどそう書きました。

ならば、繰り返し(継続)で、
改めてプラスの要素を深く刻みこめるんです。

繰り返し(継続)には、それほど絶大な力があります。

ですので、ぜひ、自分にプラスになることを
繰り返してインプットして頂きたいと思います。

なぜなら、繰り返し(継続)の影響力は絶大だからです。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

今の自分を変える。

私たちは、このために人生を生きていると思います。

自分が変化、成長していくこと。

人生にとって、これほど大きな
喜びと幸せはないんではないでしょうか?

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

自分を変える秘訣

こんにちは、鈴木です。

「自分を変える、その秘訣とは?」

このメルマガをお読みのあなたに、一つ、質問があります。

あなたは、自分自身のことを、日頃どう思っていますか?

あなたは自分のことを、いつもどう捉えているでしょうか。

「私は自分のことを●●な人間だと思っている」

もしあなただったら●●にどんな表現や言葉を入れたくなるでしょうか。
※●●は2文字じゃなくてもかまいません。

いろいろな言葉や表現が入ると思いますが、
そこに入る言葉や表現が、自分に対する見方だということになります。

これをカウンセリングでは「自己概念」と呼んでいます。

自分に対するイメージということで、セルフイメージともいえますね。

実はこの「自己概念」あるいはセルフイメージは、
あなたの生活、いえ、人生を左右する重要なものなんです。

例えば「自分はダメな人間だ」とあなたが思っていたら、
物事の決断や捉え方、行動の仕方、人間関係の結び方等に大きな影響を与えます。

つまり、自分のことをダメな人間と思ってしまえば、
それに準じた決断、捉え方、行動の仕方、人間関係となります。

逆に「自分は●●ができる」とあなたが思えることがあれば、
その●●については、積極的な決断や捉え方、行動になり、
人間関係でも積極的な働きかけが自然と出来てしまうでしょう。

つまり「自己概念」つまり「セルフイメージ」が肯定的であれば、
決断も捉え方も行動もコミュニケーションも積極的になるわけです。

ところが、私たちの多くは、この自己概念やセルフイメージを
否定的、悲観的に抱いていることが多いんです。

そうした否定的、悲観的な自己概念を肯定的に変えようと思うと、
これがなかなか思うように変えられないことが多いのです。

では、どうしたら否定的な自己概念を肯定的に変えられるのでしょうか?

方法はいろいろあるわけですが、重要なことは、
先ずは自分がどんな自己概念を持っているかを知ることと、
それがどのように形成されてきたかを知ることが大切です。

そこがしっかりと理解できていない状態で、
意識だけで無理やり「肯定的に」とか「前向きに」なろと思っても、
実際問題なかなか上手くはいかないものです。

そして、多くの人たちがここで躓いているのが実態なんですね。

何らかの原因や経験が影響して、否定的な自己概念が形成された。

それを「前向きになるぞ」という意識的な努力だけで変えようとしても、
心はそれに従ってはくれない場合がほとんどです。

先ずは自分がどんな自己概念をもっていて、
それはどのように形成されてきたかをしっかりと知ること。

そこにこそ「自分を変える」ための秘訣があるといえるでしょう。

カウンセリングで取り組んでいることは、そういう意味での「自分を知る」ということです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。