自分を変えるか、受け容れるか

こんにちは、鈴木です。

「変わるか、受け容れるか」

私たちは生きていく中で、いつも二つの問題に遭遇します。

一つは、自分の努力で解決できる問題。

受験や仕事の成績とか、人間関係の問題など、
ある程度、自分の努力で変えられる部分がありますね。

解決につながるための何らかの努力や、
試行錯誤をすることで解決していく問題ですね。

この場合は、自分自身がそうした努力の経験を通して、
人間的な成長をすることで、問題が問題でなくなっていくわけです。

もう一つは、自分の努力だけでは解決できない問題。

家族の病気などの問題は、自分の努力だけではどうにもならない部分があります。

この場合、先ずは事実を受け容れていくという姿勢が必要になります。

目の前で起きていること、自分の環境や状態など、
今すぐ変えられない場合も、先ずはそうした現実を受け容れること。

実はこうした問題は、受け容れるところからスタートをきることができるんです。

自分を変えたくないし、受け容れるのも嫌だ。

これではやはり、苦しみは更なる苦しみを生み、
トラブルが新たなトラブルを呼んでしまうでしょう。

「よし、ここ(この現実)から、自分の出来ることを見つけてやっていこう」

こうして現実を受け容れることによって、新たなスタートが切れます。

まあ、よく考えれば、ここにも自分の人間的成長が起きていますね。

今まで受け容れられなかったことを受け容れる。

これは大変な成長・自己改革といえますからね。

カウンセリングに訪れる方の問題やテーマは、
どれ一つをとっても困難を極めるものです。

しかし、そうした問題やテーマと向き合っていると、
それは必要だから起きた問題かもしれない・・と思う時があります。

その人(クライエント)にとって、この問題はどういう意味があるのか?

カウンセリングではそうした捉え方もするのですが、
そういう視点で捉え直すと、そこに「意味」を見出すことがあります。

この問題を乗り越えたとき、あるいは共に生きると決めたとき、
その人を見ていると、そこには人間的な成長を感じます。

私は、生きるというこは、人間として成長することだと思っています。

身近に起こるいろいろな問題も、そのための「解決すべき課題」なのかもしれません。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。