どうしても許せない人がいるあなたへ




こんにちは、鈴木です。

私たちは、いつも調子が良いとは限りません。

時には、やることなすこと、上手くいかなかったり、
いくつものトラブルが同時に起きたり・・・・

あなたにもそうした経験が、
今までにありませんでしたか?

スポーツ選手でいえば、スランプがそうですね。

何をやっても、思うように結果が出ない。

それどころか、今まで当たり前にやれていたことすら、
全く上手くできなくなってしまう。

そのうち、ケガなどの故障が発生したり、
登録抹消などの問題にも直面したり・・・・

私たちの例でいえば、仕事や人間関係で
やはり同じような事態にぶつかることがあります。

仕事も人間関係も、いつも順調にいってくれれば、
こんなに楽なことはありません。

しかし、思うようにいかなくなった時こそ、
私たちは真価が問われるところがあります。

先に書いた悪天候下での判断と同じです。

交通がマヒした際に、どうすればいいのか?

悪天候に際し、どんな対策や行動を取ればいいのか?

仕事や人間関係など、
ものごとが思うようにいかないとき。

私たちはどうしても、
イライラしたり、落ち込みます。

つまり、感情的になって、
冷静な判断ができなくなります。

感情的になると、視野が狭くなりがちです。

だから、自分の身に起きている事を
正確に見据えることが、
どうしても出来なくなります。

カウンセリングでも、多くの人たちが
狭い視野の中で苦しんでいるケースが目立ちます。

だから、カウンセリングで感情が落ち着いてくると、
自然に視野が広がる(戻る)ので、
いろいろなことに気づきが生まれてきます。

こうした気づきを経験することで、
更に感情が落ち着き、視野が広がります。

この好循環に入っていけば、
カウンセリングに通えば通うほど、
状態(や状況)が良くなっていくわけです。

逆にいえば、この段階にたどり着くまでが、
一つの踏ん張りどころといえます。

以前「仕事で裏切られた」という経験によって、
そのトラウマに苦しんでいる方が
カウンセリングに来られました。

40代のHさん(男性)です。

心の中に「許せない相手」や、
「許せない出来事」がある。

こういう時は、本当に苦しい感情に苛まれるものです。

許せないという感情は怒りの感情です。

誰かを責めずにはいられない。

これは苦しいことなのです。

そして、そういう自分をもまた、
責めてしまうことが多いです。

人を許せない自分、
そういう自分が嫌だなと思うんです。

つまり、自分自身をも許せていない状態。

こうした感情の状態がずっと続くわけですから、
何をするにも苦しさがつきまといます。

Hさんも、こうした感情に苦しみ続けてきました。

しかし、どうにも自分の努力だけでは解決できない。

そこで専門家の力を借りたいと
カウンセリングに来られたのです。

カウンセリングに通っていくうちに、
Hさんは思いもよらぬことに気づきます。

それは、自分が

「許せないという感情は、
人間が抱いてはいけない感情だ」

「許せないという感情は、
決して抱いてはいけない感情だ」

と捉えていたことです。

そのことに気づいたと同時に、
Hさんは、もう一つのことに気づきます。

「許せないと思ってもいいのではないか?」

「許せないという感情も、
人間の自然な感情なんじゃないか?」

Hさんは自然と自分の許せないという感情を
受け容れるようになっていきました。

許せないという気持ちがあってもしょうがない。

ならば、今はこの
「許せない」という気持ちと共に生きていこう。

そうすると、Hさんの精神状態が大きく変化しました。

「許せない気持ちを抱く自分」を「許した」ことで、
ものすごく気持ちが楽になったというのです。

その結果、過去に対する気持ちにも
少しずつ変化が出てきました。

許せないという気持ち一色だったその相手や出来事に対し、
もっと幅の広い捉え方が出てきたのだそうです。

そして、Hさんは、最後の面談でこう言って
カウンセリングを卒業されました。

「裏切られたことそのものは、今も辛く悲しいことです。

でも、あの経験やこの苦しみがあったからこそ、
今の自分があると思えます。」

「この経験があって良かったとさえ、今は思える。

過去のあの出来事に、一方で感謝の気持ちすら覚えます」

自分で認めたくない感情を
もう一度、丁寧に見つめ直していく。

すると、これほどの変化を経験することもあります。

思うようにいかない状況をどう捉えるのか?

交通網がマヒしたとき、
過去のトラウマに向き合うとき。

何かを捉え直すことで、
新しい心境や道が見つかるかもしれませんね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

パワハラを上司が・・その対処法


こんにちは、鈴木です。

先日、facebook上で、私のサイトの記事を紹介しました。

毎日100近くアクセスのあるページです。

紹介したところ、ものすごい反響となりました。

「意地悪な人の心理、特徴と人間不信」
http://counselinglife.com/i-phone/?page_id=5716

いじめや意地悪をする人間の心理と背景について書いたページ。

パワハラ、セクハラ、人を平気で傷つけるなど、
自分勝手で我がままな人間について書きました。

こうした人間も、元々はそんな意地悪ではなかったはず。

赤ちゃんの頃は、とてもかわいい赤ちゃんだったでしょう。

でも、いろいろな経験を積み重ね、心がねじ曲がってしまったのです。

そういう人間の及ぼす影響というのは、実に甚大です。

嫌がらせなどに遭った人なら、よくわかるはずです。

人格攻撃を主としていて、しかも執拗に繰り返します。

厄介なところは、仕事や役職を利用するところですね。

3daab7f3075f773f88fc1c56fd689028_s

例えば、あなたが仕事で何か失敗をしたとします。

すると、その失敗のフィードバックという形を取って、
こちらの人格否定を執拗に続けるのです。

職場中に聞こえるような大きな声で、
こちらを侮辱するようなことを言います。

それを仕事のミスに絡めて言ってくるので、
こちらは堂々と反論ができなくなるのです。

仕事のミスへのフィードバックと人格否定は別です。

ですが、こうした意地悪な人間は、これをセットでやります。

正論をふりかざし、人格攻撃を行っているかのようです。

だから、反論できないし、ひたすら聞くしかなくなるので、
こちらの精神的なダメージは大きくなりやすいのです。

こうした状況に置かれたら、一体どうすればいいのでしょうか?

主に次の三つが対処の基本です。

1)とことん闘う

2)とことん無視する(相手にしない)

3)転職(転属)する

実際にこうしたケースの相談を数多く受けてきた経験からいうと、
3)転職(転属)が賢明な対処だといえます。

闘うというのは、一見潔く聞こえるかもしれません。

しかし、実際はとんでもないことになります。

反論したら、10倍返ってくる。

他の同僚や部署も巻き込んで反撃してくる。

会社も事を大きくしたくないので、
あまり関わりたくないという態度が多いです。

相談しても、解決行動は消極的なことが多い。

結局、精神的にボロボロになる可能性の方が高いです。

仮に、闘って良い結果になった人もいるかもしれませんが、
万人にお勧めできる話ではありません。

それに、闘ったり議論したりすると、
周りは案外冷ややかに見てしまうものなんです。

議論していても、議論の中身やどちらが正論かより、
「議論している」という捉え方しかされません。

「人を動かす」という名著を残したディール・カーネギー。

そのカーネギーも、著書の中で
「議論に打ち勝つ最良の方法は、議論を避けること」と書いています。

2)のとことん無視

相手の攻撃を上手にかわせればいいのですが、
最近の人格攻撃は巧妙で逃げ場がなくなることが多い。

ですので、無視すればするほど、
これも執拗に攻撃がエスカレートしてくるのです。

闘ってもダメで、かわすこともできない。

そうなるともう、「逃げるが勝ち」なんです。

そんな職場、そんな人間と関わる意味がない。

ただ、転職といっても簡単ではありませんから、
そこは慎重に一つ一つ対応を考えてはいきます。

会社の辞め方から就活の仕方、
転職先のリサーチ、転職後の職場適応の仕方・・・

細かく一つ一つクリアできるように話し合っていきます。

繰り返しますが、最近の職場のいじめ、意地悪は、
本当に質(たち)が悪くなってきています。

仕事のミスと職責をを利用してくるので、
こちらの動きを封じ込めてくるからです。

また、ミスを何度も責められていくと、
中には「ミスをする自分がダメなんだ」と思い込んでしまう人もいます。

自分はミスをするから、人格攻撃を受けても仕方ない。

執拗に責められると、人間はそんな風に
自分を否定するようにすらなることもあります。

こうして心がドンドン萎縮するので、
さらにミスを連発します。

ミスを連発すれば、向こうの思うツボ。

こうした悲劇は、やはり避けなければなりません。

繰り返しますが、ミスへのフィードバックと
ミスした人への人格否定は別です。

本当のフィードバックというのは、失敗を責めるのではなく、
失敗の原因を明確にし、改善行動を具体的に伝えることです。

重要なので、もう一度書きますね。

フィードバックとは

「失敗の原因を明確にし、改善行動を具体的に伝えること」

これのどこにも、人格否定や攻撃の要素、ありませんよね?

無理せず、先ずは自分をいかに守れるかを考えてください。

そして一人で抱え込まず、信頼できる人に相談しましょう。

社内に味方が一人もいないという事態もよくあるので、
その場合は社外で信頼できる人に相談するのがいいと想います。

私たちは、精神的に追い詰められればられるほど、
問題を一人で抱え込んでしまうところがあいります。

そんな時ほど、信頼できる人の力を活用し、
問題や困難を切り抜けていくことも、時には必要ですね。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

仕事で感情的にならない方法


鈴木の著書「感情は5秒で整えられる」が、
Amazonの在庫数が、残り10冊を切りました。

ご注文は下記よりお早めにお願いいたします。
https://goo.gl/kmfsrK

こんにちは、鈴木です。

「人間は感情の生き物(動物)である」

そういう言葉、聞いたことがあると思います。

この言葉は、人間や、人間関係の本質を
見事についた言葉だと思います。

私たちは人間関係の中でついつい、
次のような勘違いをしてしまうことがあります。

「正しいことをわかってもらえれば、人は動く」

これが正しいと相手に理解してもらえれば、
相手も自分の言いたいことをわかってもらえる。

こちらの正しさが通じれば、
相手もこちらの言うことをきいてくれる。

あなたもどこかで、
そう思っているところはないでしょうか?

人間関係を改めて考えてみましょう。

そうすると

実は、正しいことで回っていくことって、
以外に少ないんだということが見えてきます。

正しいから人は納得するとは限らない。

正しいから、人は行動を起こすわけではない。

この事を知っておくと、人間関係を円滑にできます。

何も、間違ったことを受け容れましょうとか、
そういうことじゃありません。

正しさだけで、人は動かないことが多い。

そういう側面もあるってことなんです。

現に、あなたの周囲の人を見てください。

職場の人たちにしても、お客さんにしても、
家族にしても同じです。

正しいことを言ったら、それで動いてくれるでしょうか?

どちらかというと、正しいことを言えば言うほど、
お互いに衝突したり、わかり合えなくなる。

そういうことの方が、多いのではないでしょうか?

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

学校の先生は、子どもたちに「正しいこと」を伝えます。

でも、子どもたちが全てそれを
受け容れるわけではありません。

職場の上司は、部下に正しいことを命令します。

でも、部下がその通り動けないこともあります。

お母さんは子どもに、正しいことを教えます。

でも、子どもはその場で
その通りに行動しないこともあります。

カウンセラーがクライエントに、
正しいことをアドバイスします。

でも、クライエントはそれで
自分の問題解決ができることは、ほとんどありません。

あなた自身はどうでしょう?

正しいことを言われたら、
全て受け容れる気になりますか?

正しいと理解できたら、
すぐに行動に移せますか?

おそらく、全て「イエス」とは言えませんよね。

正しいことだって頭ではわかっていても、
その通りにしたくない、できないって時、あると思います。

なぜ、正しいことを伝えているのに、
人は動かないのでしょうか?

そこには「感情」というものが存在するからです。

人間は理性より先に、感情が動きます。

いくら正しいことを言われても、
その通りに行動しないのは、そこに感情が起きるからです。

いくら正しいと(頭では)わかっていても、
心では納得できない。

それは感情が強く影響するからです。

拙著「感情は5秒で整える」にも書いたことですが、
ここでも取り上げてみます。

人は正しいか、正しくないかだけで
自分の行動を選びません。

好きか嫌いかという感情の方が、
行動を動かしている部分が大きいのです。

ですから、誰かに動いてほしいのであれば、
正論で迫っても上手くいきません。

感情が動くような働きかけをすることです。

いじめが正しい行為ではないということは、
誰もが知っていることです。

それでもいじめをするのは、
感情がそうさせるのです。

そういう人間に

「いじめは良くないからやめるべきだ」

こう迫っているだけでは、いじめはおさまりません。

厳しく罰したところで、恨み、憎しみなど、
余計に強い感情が残るだけです。

いじめをストップさせるには、
いじめを起こす「感情」にアプローチします。

怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬・・・・

こういう感情が人に意地悪やいじめをさせます。

この感情が解消されると、いじめはなくなります。

怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬・・・

これらが喜び、感動、楽しい、感心といった感情になると、
そもそもその人の中でいじめをする必要性がなくなります。

いじめをする人間は、心の中で、
こうした否定的な感情がいつもくすぶっているんです。

人間関係を気持ちよくするためには、
この「感情」にフォーカスすることが大切です。

目の前の相手の感情が、今、どういう状態にあるのか?

これをしっかり観察した上で見極めます。

その感情に合わせて、働きかけると、
人の心は動いていくものです。

ただ、例外もあります。

どうしてもわかり合えない相手というのもいるからです。

その場合、無理はできません。

そういう相手からは距離を取り、
場合によっては離れることも必要です。

同じ職場で一緒に仕事をするなど、
関わることが避けられない場合。

最低限のコミュニケーションを取り
ある程度の距離感を保つしかありません。

あとは、自分が好きな人、話していて楽しい人。

そういう人との交流を大事にするといいです。

「人間は感情の生き物(動物)である」

人間関係を考えるとき、
いつもこの言葉を意識してみてください。

例えば、目の前の相手が

「正しいことを言われるのが面白くないんだな・・・」

とわかったとします。

こういう場合は、いくら正論をつきつけても、
かえって関係はこじれるだけです。

「これが正しいのに、どうしてわからないんだ!」

気持ちはわかりますが・・・・・

わからないというより、
受け容れたくないんです。

正しければ正しいほど、受け容れたくない。

筋が通っていればいるほど、拒絶したくなる。

そういう心理状態ってあるんです。

そんな状態の相手には、正しさを説いても通じません。

むしろ、正しければ正しいほど、
怒りを買うだけかもしれません。

なぜなら、私たちは感情の生き物だからです。

「正論は、時には人を追い詰める」

だから、人間関係では、まず感情を考えましょう。

相手の感情状態に気づき、
どう関わればいいかを判断します。

私は人間関係では、多少の「ご機嫌取り」も
必要だと思っています。

別な言い方をすると「社交的な働きかけ」です。

それは「自分が嫌われないように」という動機ではありません。

相手への配慮、心づくしとして、
多少のご機嫌取りもありだと思います。

素敵なお写真ですね。

素晴らしい実績ですね。

そのアクセサリー、お似合いですね。

これは相手を敬う、立てる、大事にするということです。

ある意味、大人の対応ともいえます。

自分が気に入られるようにという動機だと、
相手にはそう伝わります。

でも、相手を尊重し、大事に想う。

そういう動機で言うと、相手も嬉しいものです。

相手と関わるとき、感情を先にプラスにもっていきます。

その方が、その後の関係性も良好になりやすいんです。

「おもてなし」というのも、相手を大切する行為です。

相手のことをひたすら考え、相手を敬う行為です。

つまり、相手の感情に配慮した行為だといえますね。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

会社を辞めたくなったとき

こんにちは、鈴木です。

「周囲の観察で道が拓ける」

今回は「職場の人間関係」について、このようなご相談が寄せられました。

———————————————–
初めまして。職場での人間関係に悩んでいます。
28歳 女です。

新しい職場になって、四ヶ月経ちましたが、今だに職場の雰囲気に馴染めません。

周りは年下がほとんどです。

同期が2人いますが、その2人も最初は仲良く話していたのに、
何故か急に話しかけてこなくなりました。

私が話しかけないと話さない。
悪口を言ったり、意地悪をした覚えはありません。

同期2人のうち、1人は同い年で、相手から敬語じゃなくていいよ。と言ったのに、
いきなり敬語で話すようになりました。

2人は、周りにも馴染んで色んな人と楽しそうに話しています。
見ると羨ましくなります。

元々、人見知りな上に口下手なのでなかなか自分からみんなに話しかけられずにいます。

仲良くなれば、ジョーダンを言ったりかなりお喋りになるのですが…
仲良くなるまでに時間がかかります。

お昼のときは、色んな人に自分から話しかけようと努力はしていますが、
会話がなかなか続かずにすぐ終わってしまいます。

職場の人たちは、意地悪をするような人はいません。

仕事自体は楽しいのですが。。。また新たに職場を変えようか悩んでいます。

こんな私にアドバイスをお願いします。

追申
来月 職場の忘年会がありますが、行くのが憂鬱です…
新人は強制参加なので行くしかないのですが…
———————————————–

先ず、同期のお二人が、ある時期から
「他人行儀」な感じになったということですね。

「距離を置かれるようになった」ということかもしれません。

それで元々ご自身では「人見知り」「口下手」だということですね。

そして周りに意地悪をされるということではない。

仕事自体は楽しいということのようです。

この文面に限って考えられることとして、
先ずはこの方の態度が緊張のあまり「ぎこちなさ」があった。

そういう可能性があります。

ぎこちない態度の人に対してよくあることとしては、
周囲の人たちは「どう接したらいいのかな?」と考えたり、
「あまり話しかけない方がいいのかな?」という気遣いが生じること。

そのために話しかける頻度が減っていくという現象ですね。

ただ、この方自身は、お昼に自分からいろいろな人に話しかけるという
この方なりの努力をなさっているようですね。

今は居たたまれない感じが強くなってしまうかもしれませんが、
折角ですから、次のことを心がけてみるといいでしょう。

「周囲の人たちをじっくりと観察する」

おそらく今は、相手が話しかけてくれないことや、
こちらから話しかけても会話が続かないことによって、
不安が増しているのではないかと思います。

これはある意味、相手の「快い反応」の期待が強くて
それが得られないことでガッカリしてしまう部分があるのではないでしょうか。

この際、相手の反応を期待するのは一時的に止め、
周囲の人間、一人一人がどういう人間か。

どんなコミュニケーションを取っているのか。

「人間研究」をするつもりで、しばらく観察してみてください。

人間関係が上手くいかない場合によくあるのが、
周囲が十分に見えなくなるということです。

自分の不安や残念な気持ちでいっぱいになってしまうため、
周囲を冷静に観察する余裕がなくなってしまうのです。

しかし、改めてよ~く観察してみると、意外な発見があるものです。

それによって気が楽になったり、会話の仕方の
ヒントが得られることも少なくありません。

先ずはじっくりとした「観察」をしばらく行い、
その上で次の手を考えることをおススメします。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。