愛されるより愛する喜びの方が大きい

こんにちは、鈴木です。

「愛されるより愛する方が喜びが大きい」

Bさんがカウンセリングに訪れたのは、数年前の秋口。

自分の中にいくつかのコンプレックスがあり、
それが原因で人間関係が上手くいかなくなる。

だから自分の性格改善など、根本的に取り組みたい。

特にBさんは「女性に対するコンプレックス」を持っていました。

女性と会話はできるが、どうしても「信用できない」という気持ちが出てきてしまう。

そのために、女性と親しい関係にはなれなかったのです。

そうした諸々のコンプレックスを解消し、
結婚をして家庭を持てるようになりたいと、Bさんは切望するのでした。

ですので、Bさんはとても強い決意を持って、カウンセリングに通うこととなりました。

途中の経過は省きますが、最終的にBさんは十数回のカウンセリングを終了。

そしてガールフレンドが出来、結婚するということとなったのです。

結婚が決まったあたりのBさんは、
カウンセリング開始当初とは、大きく変化していました。

表情も穏やかになり、語り口も柔らかくなりました。

何かを怖れたり、何かに怒りを覚えたり、そんな起伏のあったBさん。

しかし、徐々に心の平穏を手に入れ、優しい笑顔が見られるようになりました。

そんなBさんを見ていて、私はこう思いました。

人間というのは、愛されることも喜びだけど、
愛することの方がもっと喜びが大きいのではないか・・・と。

結婚相手のことを語るBさんは、自分を選んでくれた彼女に対して、
ただただ感謝の気持ちだと語ってくれました。

それと同時に、彼女を守り、彼女と良い人生を築いていきたいと話してくれました。

その様子はまるで、彼女を愛することに、とても大きな喜びを感じているようでした。

自分が彼女に愛されているという喜びよりも、
自分が人を愛せるようになった喜びを、より強く噛みしめているようでした。

そんなBさんを見ていて、私はここに人間の幸せの一つがあると感じたのです。

私たちは人から愛されることもそうだが、
人を愛することで自分が救われ、癒されていくのだとも感じました。

私たちは人やもの、自然、いずれにしても
何かを大切にし、何かを愛し、何かを慈しんでいくことで、
自分の人生を豊かにできるのではないかと思うのです。

追伸:

ちなみに、Bさんとのカウンセリングですが、
「婚活成功」という絞った内容ではありませんでした。

Bさんがコンプレックスを持つようになった原因は何か?

Bさんの日頃の人間関係で、いったい何が起きているのか?

Bさんの様々な経験は、今のBさん、これからのBさんにどう影響があるのか?

こうした様々な角度からの話に及んだ結果、
Bさんの人となりが変化し、自分が一番望むものを引き寄せたのです。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。