傾聴の姿勢とコミュニケーション


こんにちは、鈴木です。

近年の社会問題を見てみると、
その多くが「こころの問題」に起因しています。

不登校や引きこもり、学校教育現場の問題、
職場のメンタルヘルス、人間関係、犯罪etc

その多くがこころの問題が発端となっていて、
そこから端を発して人間関係の問題となっています。

引きこもりはある意味、人間関係に裏切られたり、
人間関係を放棄してしまった状態ともいえます。

何度も裏切られ、長い年月傷つき続け、
その結果として引きこもりに陥ったともいえます。

職場のメンタルヘルスの問題も、
そのほとんどが人間関係です。

学級崩壊やクラスの人間関係の崩壊であり、
いじめも様々なトラブルも人間関係の中で起こります。

人のこころは人間関係の関係性によって育ちます。

その人の人間性がどう育つかも
どのような人間関係の中でどう成長してきたか?

ここに尽きるといってもいいでしょう。

その人間関係も、一つ一つの場面の連続で成り立っています。

どういうコミュニケーションをその時々で経験したか?

それが互いの人間関係を決めていきます。

そして、コミュニケーションの良否も、
その瞬間瞬間の言葉のやり取りにかかっています。

つまり、私たちが交わす一つ一つの言葉です。

この一つ一つの言葉をどう聞き、どう理解し、
そしてどう投げ返すかで、人間関係も決まります。

傾聴やカウンセリングの学習。

それらが様々な社会的な場面で見直されてきているのは、
こうした言葉の重要性が見直されてきているからです。

別な言い方をすれば、私たちは今、
言葉を介した意思の疎通が十分にできなくなってきている。

こうした背景が社会的な問題の陰には存在します。

養成塾ではセラピーや心理の分野だけでなく、
福祉や教育、医療、ビジネスなど、
様々な分野の方が学ばれています。

こうした多岐にわたる分野の方々が
傾聴やカウンセリングを学び始めたのには、
このような背景があるからです。

言葉を介した意思の疎通に様々な問題が発生しているのです。

傾聴の根本は何か?

それは相手に「まっすぐ関心を向ける姿勢」です。

相手に対するまっすぐな関心があるからこそ、
相手の話を集中して聞けるし、理解も深まります。

そして、まっすぐ関心を持たれた方(話し手)も、
そのことは肌で感じられるはずです。

私たちは自分自身にまっすぐ関心を向けられることで、
安心感を得ますし、相手に信頼も感じます。

そしてこの安心感や信頼感が積み重なることが
互いの信頼関係を築いていくことに通じます。

傾聴が知識やテクニックだけでは足りないといわれる所以です。

相手に関心をまっすぐ向けるということは、
どういうことなのか?

どんな感覚で、どんな意識が必要で、
どんな意味を見出せるのか?

そういうことをじっくり、丁寧に理解し、
自分のものとしていくことが大切です。

今年も臨床カウンセラー養成塾では、
こうした観点を大事に、
じっくり型の学習を大切にしていきます。

傾聴力を向上させるには、数をこなすことよりも、
一つ一つのケースをいかに深く丹念に学ぶかが大事です。

人に対する関心の寄せ方を含め、
寄り添い方、こころの向き合い方まで、
日々の生活に生きる学習を提供してまいります。

こうした内容をもっと知りたいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。
ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

>>無料メルマガを読んでみる 
 
メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。
購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。

興味のある方はご購読ください。 

【関連記事】
傾聴とは?実践的な技法、効果、練習法
傾聴スキル
人間関係を良くする方法

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

傾聴できる人、できない人、その違いは?




こんにちは、鈴木です。

養成塾に来られる皆さんは、一様にこうおっしゃいます。

「傾聴がなかなか難しい、思うようにできません」

今まで傾聴の学習や訓練をしてきたが、
実践するのが難しいし、効果的な学び方もわからないというのです。

そこで私は次のような質問をします。

「では、傾聴とは何ですか?」

こう質問すると、答えが全員違うのです。

傾聴は難しいということは一様に話される。

だけど「傾聴とは?」の答えが一人一人違う。

こうした不思議なことが起こるのです。

つまり傾聴というものがどういうものか?

それが理解できていないということになります。

傾聴が何かを理解できなければ、実践は難しくなるのは当然です。

傾聴は辞書ではこう書いています。

「真剣に聞くこと」

「耳を傾けて熱心に聞くこと」

また、こんな誤解をしている方もいます。

とにかく「うん、うん」とただ話を聞けばいい。

こう誤解している人は、よくこう言います。

「傾聴だけしていては、セラピーにならない」

確かに傾聴だけでは進展しないことがあるのも事実です。

しかしこれは、本当に傾聴が実践できた上で検討できる話です。

私の師匠は傾聴に関して、こんなことを言っていました。

「私の場合、最初の25年間はひたすら聞いていた」

臨床経験45年のうち、最初の25年は傾聴に努めたというのです。

師はロジャーズ派随一の臨床家、友田不二男の直弟子。

しかも、その弟子の中でも群を抜いた腕を有していました。

その師匠の言葉だけに、重みがあります。

傾聴というのは、それほど実践に困難を伴うもの。

それほどに、奥が深いともいえます。

では、傾聴とはなんでしょう?

養成塾では言語の統一を図っています。

傾聴の定義と概念について、
次の3つの問いに答える形で話を進めてみましょう。

「傾聴ってどういうことですか?」

傾聴とは「クライエントの話を正確に聞くこと、聞けること」です。

正確にとは「一言半句漏らさずに」というレベルでです。

つまり傾聴とは

「クライエントの話を一言半句漏らさず(正確に)聞くこと、聞けること」

となります。

私はこのレベルの基礎を獲得するのに5年以上かかりました。

さて、次の問答にうつります。

「傾聴ができているかどうか、どう判断すればいいのですか?」

クライエントの話を一言半句のレベルで正確に聞けているか?

ここを厳密にチェックすればいいと思います。

判断基準は以下のようになります。

「クライエントの一番言いたいこと、訴えたいことは何か?」

この観点で正確に聞けているかをチェックすればいいわけです。

ただし、こうしたチェックは、
「正確に聞く能力」をもった人間でなければできません。

最後に具体的な学習・訓練の方法です。

「傾聴の力をつける適切な訓練方法はありますか?」

もちろんあります。

先ず、カウンセリング面接や自分の会話を録音します。

そして録音記録から逐語記録を起こします。

その録音記録と逐語記録を突き合せて徹底的に解析&検討します。

人間の記憶は実にあいまいなので、厳密にチェックするには、
もうこの方法しかありません。

ただし、これもチェック能力を有した人間による解析&検討が必要です。

養成塾では以前5分の会話記録を3時間近く解析検討したことがあります。

15分のカウンセリング記録を5時間かけたこともありました。

私自身が師匠と解析した時間の記録は、
35分の面接の解析に17時間以上かけたときです。

カウンセリングの技術、傾聴や応答技術は反射神経です。

反射神経を磨くには、このくらい微に入り細にわたる解析が必要です。

傾聴と共感的理解を実践していくと、
カウンセラーの応答語数は自然と少ないものになります。

ロジャーズをはじめ、日本の名だたる臨床家は
その応答に無駄がなく、簡潔明瞭です。

友田不二男、伊東博、佐治守夫などの臨床家。

更にはわが師、吉田哲にしても、逐語をみると応答は簡潔明瞭です。

長い応答はクライエントが聞いて理解するのが大変です。

また、長いと焦点がぼやけ、面接の進展を妨げます。

そして、本当の意味で傾聴や共感が実践できるようになると、
カウンセラーの応答は自然と短くなるものです。

応答がいつも長いカウンセラーは、実力不足だと断言できます。

そんなこと、どうして言えるのか?

証明できるのか?

もちろん証明できます。

証明の方法は、実際にそのカウンセラーの逐語をもって証明できます。

こういう証明は理屈でゴチャゴチャ言うのではなく、
例えば私の逐語と他のカウンセラーの逐語を比較検討すればいいだけです。

抽象的な理論に逃げて、お茶を濁すのではなく、
あくまでも具体的に自分がやっていることから出発する。

一言半句にわたって厳密に比較検討する。

そうでなければ、学習する側は納得する材料が得られません。

逐語記録上でのカウンセラーとクライエントの会話の比率。
それは3:7以下が適切といっていいでしょう。

本当に実力のある臨床家の逐語をみると、
だいたいこの比率になっています。

もちろん、例外的な場面や面接もありますが、
「基本」はカウンセラー3に対して、クライエントが7程度です。

力のあるカウンセラーは、その応答が本当に無駄がなく洗練されています。

だからこそクライエントの心に自然に、そして深く響くのです。

ただ、これは単純に数値的な比率だけの話ではありません。

この比率が守られている上に、カウンセラーの応答には「ある条件」が必要です。

カウンセリングの祖であるロジャーズは、その条件を示しています。

その条件はある簡単な方法でチェックできてしまうのです。

では、どんな方法か?

これが実にユニークな方法です。

逐語記録のうち、カウンセラーの応答だけを隠します。

そうすると、逐語はクライエントの話だけになりますよね。

それで何が話されているかがわかればいい・・というのです。

カウンセラーの応答が長かったり不適切だとします。

すると、クライエントの話だけ読んでも、つじつまが合わなくなってきます。

カウンセラーがクライエントの言いたいこと、わかってほしいことを
正確に応答に反映させた場合、こういうことは起こりません。

しかも、簡潔で(短く)適切な応答ならば、
クライエントの話は洞察が進み、その中に立ち直る方向性が現れます。

クライエントの話だけ読んでそれが見て取れれば、
カウンセラーの応答は適切であるという判断ができるというのです。

実際やってみれば、その通りだと得心がいきます。

なぜ、傾聴によってクライエントの精神機能が回復していくのか?

そもそも傾聴できなければ、共感的理解も洞察もリードも明確化も生まれません。

傾聴なくしてケースの的確なアセスメントもできません。

傾聴はセラピーの基本であり、しかも高いクオリティーを求められるのです。

カウンセリングマインド養成コース(短期集中個別レッスン)
※Skypeコース、対面コースがあります。

追伸:

「誤解されている傾聴スキル8つの真実」

傾聴や共感などのカウンセリングの真実とその勉強法とを
「誤解されている傾聴スキル8つの真実」(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
また、フォローアップとして「臨床カウンセラー養成塾」からメルマガを
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 


鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

雑談でも傾聴が必要なわけ




こんにちは、鈴木です。

今から40年前に出版された教育書。

その執筆陣に、私のカウンセリングの師匠が
名を連ねておりました。

その本の中で、師匠は衝撃的なことを書いています。

どういう事かというと・・・・・

カウンセリングの授業の一つに、
「読み方教室」というものをやっていた。

その授業で何を教材にするかというと、
小学校3年生の国語の教科書。

その教科書に書いてあることを
正確に読み取るという授業だったそうです。

ところが、小学校3年生の教科書の文章を
正確に読める大人が誰もいなかった。

長きにわたり、そうした授業を行い、
多くの大人たちが参加したが、
ほとんど読める大人がいなかった。

この調子でコミュニケーションを取っているのなら、
その人間関係は惨憺たるものだろう。

こういう衝撃的な内容が書かれてあったんです。

時代は40年ほど経って、現代です。

果たして、大人たち(私たち)の読み取り能力は、
40年前よりもレベルアップしたでしょうか?

あなたはどう思いますか?

残念ながら、答えは「ノー」でしょう。

レベルアップどころか、ますますもって、
読み取る力はおぼつかないといえます。

そして、読み取れないということは、
やはり「聞き取れない」「聞けない」につながります。

傾聴レッスンなどをやってみても、
相手の話を正確に聴くということに、四苦八苦。

こうした背景がありますから、
職場などの人間関係は問題が頻発。

家族のコミュニケーションも、
半ば崩壊しているところも少なくない。

学校の教室の人間関係も、
先生と児童生徒の関係も同じ。

相手の話を正確に聞こうと思っても、
なかなか正確に聞くことができない。

そして、当の本人は、聞けていると思っている。

このギャップが大きければ大きいほど、
コミュニケーションや人間関係では苦労します。

逆にいうと、相手の話を正確に聞ければ、
人間関係の苦労は、少なく見積もっても「半減」します。

これは職場でも、家庭でも、学校でも、
場所と相手を選ばない話です。

それぞれの人間関係が安定し、信頼関係が生まれれば、
仕事も家庭も幸せな自分の居場所になる。

私自身、相手の話を正確に聞けるようになったことで、
仕事も人間関係も大きく変わりました。

新しい世界がドンドン開けていった感じです。

難しい人間関係も、難しい問題の解決も、
様々なトラブルや困難を克服するにも、
相手の話を正確に聞くことで、そのの可能性が広がります。

この「相手の話を正確に聞くこと、聞けること」を、
カウンセリングでは「傾聴」と呼んでいます。

「傾聴」は心理などの狭い世界でしか通用しないものではなく、
ビジネスや家庭などのあらゆる人間関係を開拓するものです。

日常会話からビジネスの交渉、営業、
もちろん福祉や心理の現場でも同様です。

学校の友達同士、先生と生徒、保護者同士も同じ。

家族関係も人間関係ですから、
その関係性はコミュニケーションで決まります。

傾聴は、全ての人間関係を左右するもの。

だから、誰にとっても、
身につけることに意義があるものなんです。

相手の話を正確に聞くことで、
私たちには、いろいろなメリットがあります。

正確に聞くことで、相手の情報が正確にインプットできます。

相手の人間性、人生観、生活の背景など、
「その人」をよく知ることにつながります。

人間関係というのは、相手を知れば知るほど、
理解できればできるほど良くなります。

なぜなら、相手のことを理解できたという実感は、
確実に相手にも伝わるからです。

そう、相手にしてみたら「理解してくれた」
「わかってもらえた」と感じられます。

私たちは、自分のことをわかってくれる人、
こちらに理解ある人を信じたくなります。

だから、傾聴姿勢で接していくことで、
相手との関係性が良くなっていく。

いつも傾聴していけば、関係はさらに深まっていく。

人間関係が良いというのは、
相手から信頼されることと、ほぼ、イコール。

だから、人間関係を良くする関わり方として
傾聴はとても心強いものなんです。

相手に純粋な関心を寄せて、
相手の伝えたいことに耳を傾ける。

すると、見えてくるもの、わかってくることがある。

「そうだったんだ」「なるほどな」

こちら側のこうした「実感」は相手に伝わり、
相手との距離が良い感じになってくるんですね。

雑談であっても、他愛のないやり取りであっても、
傾聴してみると、その時間が楽しい、心地よいものになりますよ。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

なぜ様々な現場・職場で「傾聴」が有効なのか?




こんにちは、鈴木です。

職場の人間関係での悩み、仕事の業績や評価、
家庭のコミュニケーション、社交的なお付き合い。

こうしたあらゆる場面で「傾聴」は必須です。

逆にいうと「傾聴」さえマスターできれば、
人間関係でも仕事でも、かなりのことが出来ます。

家族関係も良好になるし、社交的なお付き合いも楽しくなる。

子育てだって、親の傾聴によって
子どもの心の成長は著しく違ってきます。

では、なぜ「傾聴」が、生活の様々な場面で
それほどまでに影響を及ぼすといえるのでしょうか?

先ず、傾聴というのは、相手の話を正確に聞くことです。

それは同時に、相手を正確に理解することでもあります。

相手に関する様々な情報を
出来る限り正確にインプットすることです。

つまり、そう考えてみると、
傾聴というのは「観察」の一つなんです。

いえ、傾聴とは相手や出来事に対する
正確な観察そのものともいえます。

聞くという行為だけでなく、観る、察する、
感じる、捉える、洞察するなど・・・・

様々なことを同時に行っているともいえるんです。

わかりやすい例を書きます。

ある中学生2年生の男の子が、
こんな風な言葉をお母さんに言いました。

「(自分は)学校のこと考えると、不安なんじゃないかと思う」

この言葉を聞いて、あなたはどう思いましたか?

この子はどうして「不安になる」ではなく、
「不安なんじゃないかと思う」と言ったのでしょう?

なぜ、まるで他人事のようにも聞こえるような
このような表現になったのでしょう?

こんな風な疑問が浮かんでくるのなら、まだいいんです。

そもそも、この「不安なんじゃないかと思う」を、
正確に聞けず「不安なんだ」と聞いてしまう。

こういうことが、おそらく日常会話の中で
そこ、ここに溢れかえっているはずです。

「不安なんじゃないかと思う」を、不安なんだと聞いてしまう。

そうすると、この子の微妙なニュアンスを選んだ感覚や、
複雑な胸の内などには、思いが至らなくなります。

意思の疎通は、こうしたすれ違いによって、
ドンドンと難しくなっていってしまいます。

傾聴の講座などで、ロールプレイをやると、
こうしたすれ違いがたくさん見られます。

中には「不安なんだ」という微妙な聞き間違いでなはなく、
こちらの言いたいことをいつ言おうかという体で聞いている。

すると、もうそれは、相手の話自体が、
全然入ってきません。

もっと怖いのが、入っていないにも拘わらず、
聞き手本人は、しっかりと聞き、理解したつもりになっている。

ここに生まれるギャップの、なんと大きいことか・・・・

そしてこれは何も極端な例ではなく、
日常生活で多くの人が頻繁に経験していることです。

しかも、そこに「自覚」すらない場合も多い。

一つ一つの会話のやり取りのズレに、
全く無自覚なまま、会話が進んでいくわけです。

これではもう、お互いの意思疎通もなければ、
お互いを理解しあうこともできない。

これが職場、家庭、社交的な人間関係など、
あらゆる場面で起こっているわけです。

これでは、人間関係で様々な問題が起きるし、
そのためにストレスも絶えることがないでしょう。

だから、もう一度話を戻すと、傾聴というのは
限られた現場で必要な専門スキルなどではないんです。

もうすでに、誰もが日常生活のあらゆる場面で
必要とされている「あり方」であり「姿勢」です。

人と関わるとき、子どもと接するとき、
必ず求められる「あり方」「姿勢」であり、必須のスキルです。

私たちは意思の疎通がしっかり出来れば出来るほど、
「ふれあい」「つながり」「絆」を実感できます。

この実感こそ、人生を本当の意味で豊かにし、
こころに安心と平穏をもたらし、
将来の希望と今の幸せをしみじみ味わわせてくれるわけです。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

共感と共感できたフリとの違いとは?




こんにちは、鈴木です。

先日、あるカウンセリングで、こんな話が出ました。

中学生の息子さんが不登校になられたお母さんが、
「共感」について、こう言いました。

よく「共感しましょう」って本に書いてあったり、
勉強会なんかでも言われます。

でも、それがなかなか出来ないんです。

なぜって、息子と会話がなかなか無いから・・・・

学校の話しも一切しないし、
会話があっても学校とは全然関係無い話ですし・・・

このお母さんは「共感しなきゃ」と思うあまりに、
とても焦っていたというのです。

そもそも、会話が十分できないのだから、
共感したくても難しいと・・・

この話には、いろいろな問題提起を感じます。

別な言い方をすると、ヒントが隠れているんです。

共感というのは「実感」が必要なんです。

共感できたという実感ですね。

あるいは「わかった」「そうだったのか」という反応です。

この実感や反応があるからこそ、
それが相手(息子さん)にも伝わる。

だから、お互いの関係性が変わっていくんですね。

実感のないまま、共感できるよって態度を取る。

それは「共感」ではないんです。

共感できた振りをするっていいます。

わかっていないのに、わかったような態度を取る。

それって、相手からするとすごく虚しいし、
場合によっては苛立つことなんです。

だから、実感もないまま、実感があったかのようにふるまうと、
特に思春期の子どもは、猛烈に反発するんです。

「わかってもいないくせに、わかったようなことを言うなよ!」

これ、不登校になっているお子さんだじゃなく、
思春期の子どもの一般的な反応です。

思春期じゃなくても、デリケートな心理状態にある子は、
こういうところ、すごく敏感なんですね。

ある意味「うそ」や「矛盾」に対して、
嗅覚がものすごく鋭くなっている。

こちらに「わかった」「そうだったのか」といった実感がない。

だったら、実感ないなあって言っていた方が、
まだ正直でウソがない態度ですよね。

信頼関係を築くには、そこに「ウソ」が無いこと。

これがとっても重要になってきます。

人間、本当に共感できたとき、
静かだけど確かな「そうか」って反応が起きるんです。

なるほどっていう実感は、大きくはないけど、
そこに「間違いない」って感覚があります。

もう、それ以外にあり得ない、そういうことなんだ。

こういう「確かな感覚」があります。

こういう実感があるから、それは自分の言葉になりやすい。

自分なりに理解を持てたからこそ、
その理解を自分の言葉で伝えられる。

これが「共感」です。

だからね、おうむ返しにはならないんです。

おうむ返しになりようがない。

自分の言葉がちゃんと浮かんでくるんです。

先の中学生のお母さんの証言。

実感がないのにある振りなんかできない。

そういう心情の吐露でもある。

共感は人から言われて出来るものではなく、
自分が実感するものなんですね。

どうぞ、自分の実感を大事にしてください。

そして、この実感を得るためには、
やっぱり相手を徹底的に観察できないとならない。

この観察の一つとして会話上でなされるのが
「話を正確に聞く」ということ、つまり傾聴です。

実態のある共感を得るためには、
徹底的に観察が要るし、
傾聴ってそのために必要なんです。

ということは、会話が成立しない状況であっても、
徹底的な観察はできますよね。

先の中学生のお子さんでいえば、
日々、家の中でどいう風に過ごしているかです。

昼夜逆転の有無、食欲の有無、顔つきや言動。

昼間や夜に多く過ごす部屋、過ごさない部屋。

どの話にどういう反応を示すか?

学校に関係した話題やワードには、
どの程度の抵抗を示すか、示さないか?

朝・昼・夕、そして夜の生活パターンはどうか?

外出する時は、どんな時か?

どの程度外出をするのか、しないのか?

学校の手紙を目にしたとき、どんな反応を見せるか?

先生が家庭訪問する時、どういう様子か?

友達が様子を見に来たときは?

その様子は、友達によって違うのか?

こうしたことは、会話が出来なくても観察可能ですよね。

こうした観察から得られる情報をもとに、
どんなアプローチが可能かを判断していきます。

そして、こうした観察から
「そうか」「なるほど」ということが見つかった時。

「この子はこういう思いだったんだ」

「そんなことを考えていたんだ」

という実感が得られたとき。

これも一つの「共感(的理解)」になります。

実感もないのに、「辛いね」「苦しいね」っていう
そういう言葉を投げかけることじゃないんです。

つまり、実感が得られるまでは、
徹底的に観察する(話を聞く)しかないってことです。

こう捉え直せば、不登校で会話もない。

そういう関係の中でも、
出来ることはあるってわかってきます。

どんな小さな動きも見逃さないってことが
どれほど大事かってこともわかってきます。

共感というのは「わかったという反応」であり、
自分なりに得心(とくしん)がいったという「実感」なんですね。

だから相手にもそれが伝わるし、
相手も「わかってもらえた」っていう「実感」が持てるんです。

だから、いかにこの実感を得られるかを考えて
人と対話していくことが共感につながります。

10月27日(金)「傾聴スキルセミナー」(東京)

11月19日(日)「傾聴スキルセミナー」(東京)

12月2日(土)「雑談スキル(話し方・聞き方)講座」(東京)

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上