人生を変えるプラス・マイナスの法則とは?


なぜオリンピック競技を観ると感動するのでしょう?

メダル獲得に向けて、全力で挑むアスリートの姿は
いろいろなことを私たちに教えてくれます。

メダルを手にするという目標のために、
あるいは自分で掲げた目標の成績を残するために、
彼らは4年間全力で練習や実践を重ねて臨みます。

だからこそ、メダルを獲得できた時の喜びは大きく、
目標に届かなかったときの悔しさは深いものがあるでしょう。

この心の躍動や動きこそ、感動そのものではないでしょうか。

もちろん、メダルを獲得できるのは、
ごく限られたアスリートだけです。

多くのアスリートが手にできずに終わったり、
失望や挫折を味わうことも事実です。

メダルを手にしたり、目標の成績をあげるには、
それだけの努力と忍耐が必要になります。

例えば、金メダルを取ろうと思えば、
当然、他の競技者の誰よりも努力が必要になります。

練習メニューの研究、トレーニング方法の選択、
食事や日常生活の仕方、膨大の練習量。

身体のメンテナンスを適宜行ったり、
競技そのものの技術向上や、戦略の練りあげ、
メンタルトレーニングなどなど・・・・

本当に様々な努力と工夫、忍耐、知恵を総動員して、
オリンピックの本番に臨むはずです。

そして少なくとも金メダルを取るためには、
誰よりも質の良い練習を誰よりも多くこなす。

そうした努力と引き換えに・・という話になると思います。

さて、私はこの世界はプラスとマイナスの
両方で成り立っていると思います。

私たちが何かプラスを得ようと思ったら、
それと引き換えにマイナスが必要になるというものです。

オリンピックで金メダルというプラスを手にするためには、
それ相応の努力や忍耐というマイナスが必要になります。

厳しい練習を続けるというマイナスと引き換えに、
金メダルや目標達成というプラスを手にできるといえます。

そしてこれは、何もオリンピックだけの話ではないでしょう。

仕事で成果を上げるためには、
成果が上がるだけの努力や工夫が必要です。

成果というプラスを手にするには、
努力や試行錯誤といったマイナスが必要です。

いろいろなことを我慢したり、新しいことに挑戦したり、
そのための勇気やセルフコントロールが求められます。

大きなプラスを得るには、
大きなマイナスを支払うことが必要になります。

大きな買い物をするには、
大きな金額を支払いますよね。

リターンというプラスを得るために、
それ相応の投資というマイナスが必要になります。

いずれにしても、プラスを得るためには、
それ相応のマイナスを支払うわけです。

何事も「等価交換」ということになりますね。

心の問題解決も、基本的には同じです。

ネガティブな気持ちを明るく前向きにするには、
それだけの努力というマイナスが必要になります。

落ち込みそうな気持をグッと堪えるとか、
前を向こうと意識に注意するとか、
捉え方の幅を広げる工夫や勉強を続けるなどですね。

人間関係を良くしたいのであれば、
自分の態度、行動、言葉をチェックして改めたり、
難しい人との付き合い方に工夫を施す必要が出てきます。

コミュニケーションを良くするには、
いろいろな「セルフコントロール(自律)」がカギです。

加えて、相手の人間性の観察・研究や、
人間心理の勉強や理解に努める必要も出てきますね。

自分に自信がなく、自己否定観がぬぐえないのであれば、
自分自身に対する捉え方の幅を広げたり、
自己理解を深め、自分との付き合い方を工夫する。

子育てで子どもとの関係を良くしようと思えば、
親として様々な努力が要る。

何か問題や困難に直面し、克服しようと思うなら、
乗り越えるための努力や工夫を粘り強く続ける。

こうした「努力」や「工夫をする」というマイナスと引き換えに、
良好な人間関係や自信、問題解決というプラスを手にできます。

手にできるだけの努力や忍耐、勇気が必要になります。

しかし、実際はというと、なかなか
思うようにいかないことも多いでしょう。

気持ちが滅入っているとき、余裕がなかったり、参っているときは、
なかなかこうしたマイナスを引き受けることができません。

それ相応の努力や負担を
引き受けなければならないとわかっていてもです。

そんなとき、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

ポイントは「焦らないこと」です。

いきなり大きな結果を出そうとしないことです。

先ずは小さな結果、自分が無理なく出せる程度の結果です。

いきなり100の結果ではなく、先ずは1の結果からです。

辛い時は早く大きな結果が欲しくなるものです。

大きな結果を出せないと不安になるからです。

でも、100の結果を出すということは、
100のマイナスを引き受けなければならなくなります。

100のマイナスを引き受けなければと思うと、
ハードルが高すぎて挫折してしまいます。

例えば、メンタルの不調で休職した人が復職する際に、
この失敗を犯しやすいんです。

周りに迷惑をかけたとか、自分の居場所がなくなるとか、
そうした自責の念や焦りから無理をするからです。

100ではなく、先ずは1のマイナスを引き受けてみましょう。

マラソンでいえば、いきなりフルマラソンとか
ハーフマラソンを走ろうとするから、めげてしまうのです。

先ずは100メートルから練習を始めることです。

これでは少な過ぎるかな?というところから始めてみます。

別な言い方をすれば、絶対に出来るというレベルからスタートするんです。

今の自分なら、これくらいなら出来るという目標です。

オリンピックに出場するアスリートでも、
ケガなどで休んでいた場合も、同じです。

いきなりメダルを・・と焦っても、またケガをします。

先ずは、1の目標をクリアする。

1という小さなマイナスをクリアすることに、
自分の気持ちを集中させることです。

そして、1をクリアすることを低く評価せずに、
本気で1をクリアしにかかります。

結果、クリアできたら、気持ちは思いのほか楽になるものです。

自分が0か100かという思考に陥っていないか?

1なんかクリアしても意味がないと思っていないか?

結果が全てだと、結果に縛られていないか?

もう一度、自分の無意識の捉え方をチェックしてみてください。

こうした記事をメルマガ「幸せな生き方」読むことができます。
読者が6500人以上の評価の高いメルマガです。
読んでみたい方はこちらからご購読ください

【関連記事】
人生の目的
前向きに生きる
生き方がわからない

追伸:
こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記の登録フォームからご登録頂けます。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 
              

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

この記事の投稿者:鈴木雅幸(心理カウンセラー・講師)のプロフィール

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書「感情は5秒で整えられる」(プレジデント社

以上

行動心理学のようなやさしいお話




こんにちは、鈴木です。

例えば、これはセミナーでもお伝えしたんですけど、
スイーツが食べたいと「思う」だけでは、
スイーツは食べられないですよね。

お店に行って注文するとか、購入するとか、
そういう「行動」を起こすから食べられます。

何事も同じで、自分で何かを得たいとか、
何かを変えていきたいというとき。

得たり変えたりするための「行動」を起こす。

これが最も影響力があります。

ところが、多くの人たちが、
この「行動」が起こせずに悩むことになります。

私も時々、行動が起こせない状態に陥ることもあります。

そういう時は、行動を邪魔する心理や思い込みが、
自分のなかでブレーキになっているのがわかります。

感情でいうと、怖れ、不安、迷いなど。

こうした感情が起こるのにも、実は、理由があります。

この理由、メカニズムを知ると、行動できるようになります。

人間、どうしても行動を起こせない。

そういう状態に何度も何度も陥ります。

そういう時は、自分以外の周りの人間が
全て行動的に見えるものです。

そんな周囲と自分とを、ついつい比べてしまい、
「やっぱり自分はダメなんだ・・・」と思ってしまう。

そういう思いが余計に、
自分の行動のブレーキになっていきます。

こういう悪循環、経験したことありませんか?

もちろん、私も何度もありますし、
カウンセリングでも、こうしたご相談ばかりです。

どうしても、行動を起こせない。

いかに、行動を起こせるのか?

最終的にはこの「行動」がカギになります。

本当に、いかに行動できるか?

それも、解決に必要な行動がとれるかです。

状況を変えるのも、自分を変えるのも、
全ては行動がそのカギを握ります。

でも、なかなか行動に移せない。

このジレンマと格闘するのが人生ではないか?

本当にそう思うほどです。

仕事でも、新しいことをやってみる。

それが成果や改善につながるものであれば、
必然的に事態は良くなるはずです。

人間関係を変えたいとしたら、
そのための適切な態度・コミュニケーションを取ってみる。

そして、それを続けていけばいくほど、
少しずつ人間関係は良くなっていきます。

自分自身を変えたいとしたら、
自分が変わるための行動を取り続けます。

今までと習慣を変えたりする。

これが一番自分を変えていきますよね。

特に、自分に自信をつけたいとしたら、
行動するのが一番近道なんですね。

自己啓発の本を読んでも、自信をつけたいとずっと考えても、
最終的にはそのための行動を起こすしかない。

そのための行動を取り続けるしかない。

そうすると、経験値が積みあがっていきますから、
やっぱり一番確かな自信がついていきます。

自分の中の経験値ほど、
自分の中で説得力をもつものはないんです。

私たちは、自分が経験したことで傷つき、
怖れや不安、怒り、迷いを感じます。

ということは、自分が経験できたことで
逆に喜びや安心、感動という実感が持てれば、
それが一番確かな自信になるのではないでしょうか?

この実感を得られないからこそ、
私たちは自分に自信をもったり、
自分を変えることがなかなか出来なかったりします。

この実感を得るためには経験値が必要で、
その経験値を得る最も手っ取り早い方法。

それが「行動」なんですね。

でも、焦ることはないんです。

焦っても、やっぱりいいことってないんです。

先ずは、なぜ自分が行動できないか?

そこを理性的に分析してみましょう。

この分析は、かなり有効です。

ノートに思いつく限りのことをかき出し、
自己分析してみてください。

かき出してみることで、意外と気づきが多いです。

頭の中だけでグルグル考えていたことも、
言葉や文章にしてみると、ハッキリすることが多いです。

一人では難しければ、信頼できる人や、
その道の専門家に手伝ってもらったっていいんです。

行動できないのは、行動できない理由が必ずあるからです。

ほとんどの人が、自分のそうした理由に、
気づいているつもりでも、気づいていません。

先ず、気づくことですね。

行動できない理由はこうだ・・と気づく。

これでエンジンが入ります。

今まで、そこが見えていなかったから、
行動しようといくら強く思っても、行動できない。

自分で知らないうちに、ブレーキを踏んでいるからです。

自己分析をきちんとして、行動できない理由に納得できれば、
ブレーキから足を降ろすことができます。

行動できない理由。

ブレーキになっている原因。

例えば、失敗が怖いからというものがあります。

行動した自分を、周りが否定的に見るのではないかという不安。

結果が出せなかった場合のショック。

こうしたことを「考えて」しまって、
傷つくことを怖れるあまり、行動できない。

そういうご相談もすごく多いです。

しかし、行動できないことそのものにも、
私たちは傷ついているものなんです。

行動して、すぐに成果が出ない。

すると、やる気が萎えてきそうになります。

でも、結果はすぐに出ないことの方が多いんです。

だから、結果を気にするのではなく、
行動しているということ、そのものに価値を置く。

行動することで得られる様々な経験。

これこそが自分の力に変わるということを知りましょう。

行動できるか、できないか。

どうすれば行動できるのか?

行動そのものに価値を置けるか?

経験値の効力の大きさに気づけるか?

そうした引き出しを自分に持てるといいと思います。

追伸:

9月23日に、このテーマでコラボセミナーを東京でやります。

今までお話しなかった新しい心理学のお話を公開します。

ビジネスに、人間関係に、自己啓発に、
そして、幸せな人生を獲得するために必要なことをお話します。

●「誰でもできるモチベーションに頼らない行動学」9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人生で後悔しない仕事選び




こんにちは、鈴木です。

「結論から言うと、今の職場に残ることにしました。」

Mさん(25歳女性)は、力強く、そう言いました。

MさんとはSkypeによるカウンセリングを続けてきました。

先日のカウンセリングの冒頭で、
ここ数日悩みぬいて出した結論だと言いました。

人間というのは、こういう言い方をしたときは、
本当に腹がくくれた時なんです。

Mさんなりに、相当に悩み、考え抜いたことが、
その声の調子からも伝わってくるほどでした。

Mさんはそもそも、職場の人間関係に悩んで、
カウンセリングに申し込んできました。

いろいろな問題に行き詰まり、
自分に自信を失いかけてもいました。

そして、いろいろ考えた末、
今の職場を辞め、転職することに決めたのです。

その選択は、自分なりに考えた末ではありました。

しかし、転職活動を進めていくうちに、
自分の中に、何かひっかかりというか、
迷いのようなものがあったのでしょう。

ただ、職場にはもう、辞めることを伝えてしまいました。

その後、上司との面接がまたあり、
最終的に辞める方向で話が進みかけたとき・・・・・

Mさんは心が大きく揺れてしまいました。

「辞めるということでいいね」

そういわれた時、何かいろいろなことが
自分の両肩にズシリと重くのしかかったように感じたそうです。

そして、思わず自分の中に迷いがあることを、
その上司に打ち明けました。

上司からは「決まってから言ってほしかった」と、
そう言われたそうです。

上司にしてみれば、Mさんの辞めるという意向を受けて、
補充の件等も含め、社内でいろいろ動いたはずです。

そういう意味では、上司の言うことは
最もなことだったでしょう。

それでも上司は、最終的な進退の結論に、
改めて時間をくれたそうです。

ここからMさんの言葉を借りると、
人生でこれまでにないほど、悩み、考えたそうです。

およそ2~3日、考えて考えて、考えたと・・・・

そのプロセスの中で、Mさんは新たに気づいたことがありました。

お聞きしていて、私も考えさせられる内容でした。

Mさんがお話してくれたその内容は、
以下のようなことでした。

「お金を多くもらうということは、
それだけ大変な思いをするからこそだとわかった。

今まで自分は、その大変なことが
いかに無く働けるかという狭い考えの中にいた。

でも、大変なことを引き受けるからこそ、お金がもらえる。

そのことを改めて再認識できた。

自分は今まで、やりたい仕事は何か・・・と、
ずっと考えてきたけど、わからなかった。

でも、よくよく考えてみたら、自分は
やりたいことがいろいろあるとわかった。

そしてそれは仕事とは関係ないことでもあった。

今まで好きなことを
仕事にしなきゃいけないと思い込んでいた。

でも、そんな風にこだわることはないと気づいた。

でも、好きなことにはお金が要る。

だから自分はその分、お金を多くもらえる今の職場で
仕事を続けていこうと覚悟ができた。

そうしたら、自分の気持ちが
とてもフラットになって、腹がくくれた。」

Mさんの職場は大手の会社なので、
待遇はどちらかというと良かったのです。

でも、Mさんは、給与面だけに縛られて、
転職をあきらめたわけではありません。

自分の生き方をもう一度、真剣に洗い直し、
その結果として職場に残る決断をしたのです。

Mさんは、私が転職に関しても、
いろいろ調べたり相談にのった経緯もあったので、
決断を覆し、申し訳ないですと、何度も謝りました。

しかし、私にしてみたら、Mさんは
自分自身を改めて深く見つめなおし、
自分の人生の新たな選択をしただけです。

そんなMさんの決断を、私はこれまでと同じように
応援するだけだと伝えました。

Mさんは、さらにこんな気づきを得たと、
教えてくれました。

これも示唆に富んだ内容です。

「お金を多くもらえるということは、
それと引き換えに、それだけ大変な思いをするということ。

そんな当たり前のことだけれど、
自分は嫌な思いをするということに対し、
ちょっと消極的だったと思った。

先ずは、好きなことをして楽しむ人生を歩みたい。

でも、そのためにはお金が必要になる。

ならばそのためにも、
大変な思いを自分は受け容れていこうと思う。

また、どんな選択をしたとしても、
そこには形を変えて大変なことがあると思う。

だったら、どんな選択をするにせよ、
大変なこと、嫌なことを受け容れる。

そういう姿勢を持とうと思ったら、
自分の気持ちがすごくフラットになった。」

Mさんは、上司にこの決断を伝え、
先ずはお詫びしようと思うと言っていました。

ご迷惑をおかけしたことは間違いないので、
仕事で返したいと・・・・・

私はMさんに、

「胸を張って頭を下げたらいいですよ」

と言いました。

Mさんは、私のその言葉を「そうですね・・・」と、
Skypeの向こうで、かみしめているようでした。

Mさんとは、カウンセリングをスタートして、
もうすぐ1年が経とうとしていました。

その間、Mさんの成長は著しいものがありました。

Mさん自身も、この1年は劇的な1年で、
自分の中では最も大きな1年であったと振り返りました。

今の倍、生きたら50歳、さらに75歳・・・

自分の人生、やっぱり限りがあることを考えると、
これからを楽しみ、大切に過ごしていきたい。

そう話すMさんの言葉が、
印象的でした。

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

人生の転機を好転させる3つのカギ




こんにちは、鈴木です。

最近のカウンセリングのテーマとして、
「転機」というテーマが目立ちます。

「転機」といっても、相談者によっていろいろです。

転職という場合もあれば、
誰かとの関係を絶つというものも。

いずれにしても、人生の転機だなというほど
大きなテーマになっていることが多いです。

こうした人生の転機を「好転」させるためには、
いろいろなことをしっかりと振り返る必要があります。

振り返る必要があることは、主に次の3つです。

1)状況(問題)を振り返る

今の状況を正確に把握することですね。

どんな状況にあるのか?

そもそもなぜ、この状況(問題)が起きたのか?

こうしたことを正確に振り返ります。

2)人間関係を振り返る

どんな出来事でも、そこには必ず人間関係があります。

私たちは一人で生きているわけではなく、
いろいろな人との関わりの中で生きています。

だから、相手や周囲との関係性がどうなっているのか?

なぜそのような関係になったのか?

ここを「感情を入れずに」「理性的に」振り返ります。

3)自分自身を振り返る

実は、これが最も難しいことであり、
一番大事なところでもあります。

この3つの中で、自分自身を振り返ることが出来れば、
他の2つも正確に振り返ることが可能になります。

逆にいうと、1)と2)をいくら振り返ろうとしても、
この3)が出来なければ、
結局、1)も2)も振り返りが不十分になります。

私たちは、自分のことを一番よく知っています。

他の誰よりも、自分のことをわかっています。

しかし、同時に自分のことを一番知らないのも自分。

自分を一番わかっていないのも、
実は自分自身だったりするんです。

この両極が同時に存在するところが、
自分を振り返るのを難しくしているんですね。

でもね、やっぱり自分を振り返る。

そして、自分を変える(成長させる)。

これが一番大切なんです。

もちろん、どう変えるか(変わるか)ってことが大事。

どんな風に自分を成長させられるかが重要です。

でも、先ずは自分を変えようって
固く決意しちゃうと、あとがとっても楽です。

どうしてそんなことが言えるかっていうと、
そういう人をカウンセリングを通してたくさん見てきたから。

そして鈴木自身がそういう経験をしてきたから。

自分を変えるっていうのは、変えるまでは、
決して楽ではないんですよ。

何よりも「勇気」や「思い切り」が必要になるからですね。

でも、変えてしまえば、本当に楽になります。

というか、変えようって自分の中で「覚悟」できたら、
その瞬間からドンドン楽になっていきます。

楽になれないのは、まだ本当の意味で
自分の中で変えようと決まっていないから。

つまり、変える(成長する)覚悟が持ててない。

本気になりきれていないからなんです。

確かに楽ではないんですよ。

この壁を越えられるかどうかっていうのは。

ただ、自分で限界だと思っているところを超えられるかどうか?

それって、方法とか理論とか要りません。

大事なのは、先にも書いた「思い切りと勇気」です。

理論や見通しや方法論など持っていなくても、
思い切りと勇気さえあれば、大丈夫なんです。

方法論や見通しは、その後からついてきます。

そうして自分と向き合えると、
状況も人間関係も振り返ることができます。

そして、状況そのものを変える力を得ます。

ここまで自分で整えれば、
誰かの助けを借りることで乗り切れることも増えます。

この辺を整えないまま誰かに頼ると、
それは「依存」になってしまうんです。

先の3つを揃えてからなら、
人の力を上手に借りることもできます。

カウンセリングやグループコンサルでは、
状況&人間関係&自分という3つの振り返りから一緒に考えます。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上